yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山への道

2012年4月1日(日)
熊渡~狼平ピストン
2012_040139.jpg

残雪大峰、春への歩み…



弥山へ向かうキャンプ地として人気のある狼平ですが、
まだ行ったことがなく、どんなところかずっと気になっていました。
しかし、トンネル西口側と比べるとそこそこ歩くイメージが強かったため、
何となく避けていたように思います。

今週は、相変わらず天気も優れず、桜もまだ少し早い中途半端な週末だったので、
下見がてら、今シーズン本当に最後?の大峰スノーハイクを楽しんできました。
今回の目的は弥山登頂ではなく、狼平到達です。

いつものように寝坊して、7時頃に309号熊渡に到着。
準備をして7時30分頃に出発します。
2012_04011.jpg

みたらい渓谷付近の川は、エメラルドグリーンの綺麗な色。
2012_04012.jpg

親切な看板。特徴的なユニークな画です。
2012_04013.jpg

30分ほどで林道終点に到着。
2012_04014.jpg

振り返るとこんな感じに。右から登ってきました。
左へ行くとP1518に行けるようです。
2012_04015.jpg

尾根に乗っかって20分ほど登ると、開けた地点に出ます。
ここから斜め左にルートを取り尾根を乗り換えます。
地形図でも確認出来ました。
今日は初めてのルートなので、一応、地形図とコンパスも活用しました。
2012_04016.jpg

坪内林道と合流する手前の尾根に乗ったところで、雪が深くなってきて滑り始めました。
久しぶりのアイゼンを装着します。
2012_04017.jpg

歩き始めて2時間ほどで川合からの道と合流しました。
ここで小休憩です。
これから向かう方向や来た方向などを地図で確認し、
帰りに見失わないようしっかりとこの風景を目に焼き付けます。
2012_04018.jpg

しっかりカナビキ尾根と熊渡って書いています。
2012_04019.jpg

岩に積もった雪が凍っています。
今日は今週の中で一番寒いかもしれませんが、気温はマイナス3℃ほど。
2012_040110.jpg

川のように溜まった水が凍ってます。
上を歩くと、バリバリ音がしました。
2012_040111.jpg

P1598手前の鞍部。
さっきからパラパラ降り出した雪がこの画を作り出したのでしょうか?
2012_040112.jpg

頂仙岳を巻き中。
思ったより雪が締まっていたので歩き易かったんですが、
ところどころ石や枝が雪に埋まっていて、アイゼンの歯を何度か引っ掛けたりと、
足の置き方には注意を払いました。
2012_040113.jpg

頂仙岳を巻いた後の鞍部でシカが2頭こちらをずっと見ています。
ほとんど動かずにガン見されたので、ちょっと怖かったです。
2012_040114.jpg

この辺りは、これぞ森って感じがして結構好きでした。
2012_040115.jpg

11時頃、高崎横手に到着です。
右へ行くと明星ヶ岳、左が狼平です。
ここを左へ行きます。
2012_040116.jpg

弥山方面でしょうか、曇って頂上が見えませんでした。
2012_040117.jpg

2012_040118.jpg

2012_040119.jpg

11時30分。
登山開始から4時間ほどで狼平に到着です。
高崎横手からは20分くらいでした。
ちょうど単独さん1名が弥山から戻って来られました。
昨日狼平で泊だったそうです。
他に今日弥山まで行かれた方は2名いました。
2012_040120.jpg

2012_040121.jpg

避難小屋の中はとても綺麗でした。
2012_040122.jpg

2012_040123.jpg

2012_040124.jpg

今日のお昼は担担麺です。体が暖まります。
2012_040125.jpg

現在気温約1℃。小屋の中はこれでもまだ暖かいほうです。
2012_040126.jpg

久しぶりの自分撮りです。
暗過ぎた為、スローシンクロしているので、0.5sec間じっと我慢です。
窓の縁にカメラを置いて撮影しました。
2012_040127.jpg

もう少し早く来ていれば弥山も行けたのに。
今日は初めてのルートなので、無理はしません。
嫁さんに行き先を伝えるのも忘れてしまったので、
早く電波の届くところにも戻りたかったし。
体力的にはまだ余力がありましたけど。
2012_040128.jpg

ここで40分ほど休憩し、そろそろ帰ろうかと思ったころから晴れ間が出ました。
2012_040129.jpg

2012_040130.jpg

2012_040131.jpg

2012_040132.jpg

12時半。
綺麗な景色を満喫し、そろそろ戻ることにします。
2012_040133.jpg

2012_040134.jpg

弥山でしょうか?また近いうちに来たいと思います。
2012_040135.jpg

狼平から25分ほどで高崎横手に戻ってきました。
2012_040136.jpg

頂仙岳巻き道のちょっといやらしいトラバース道。
2012_040137.jpg

2012_040138.jpg

この写真は地味にストロボを焚いてます。
焚く前は、左の木がかなりアンダーになってました。
2012_040140.jpg

大日と稲村ヶ岳。
ところどころに残雪が見られます。
2012_040141.jpg

カナビキ尾根との分岐点まで戻って来ました。
ちょっと開けた場所なので、印象に残りやすい地点です。
見落とすことはなさそうです。
正面はP1518です。
来シーズンは、スノーハイクをしに来たいと思います。
2012_040142.jpg

10分ほど休憩タイムです。
お湯でホッとします。
2012_040143.jpg

下山途中で弥山から戻られた方に抜かれました。
金引川でアイゼンやブーツを軽く洗っている間に追いつかれたようです。
2012_040144.jpg

15時50分。
駐車地の309熊渡に帰着しました。
嫁さんに下山報告をし、天の川温泉入浴後、19時に帰宅しました。
2012_040145.jpg

今回は、ヘッデン覚悟でちょっと頑張れば弥山も行けたかもしれませんが、
あまり無理をすることもなさそうだったので予定通りとしました。
狼平は予想通りのとても綺麗な場所で、テン泊したくなる気持ちが分かりました。
また雪の無い時期に来てみたいです。

登山道は、カナビキ尾根はさすが破線のルートって感じですが、
比較的はっきりと登山道が分かり、テープも多く、よく踏まれた感もあって
歩き易い登山道でした。ここも普通に行けば迷うことはなさそうです。

トン西からのルートと比べると距離は若干長くなりますが、
僕はこっちの方が好みかな。



撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 01:03 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

雪の狼平、お疲れ様でした。
やはり標高1500m以上はまだ冬ですね。

つり橋と弥山川と青空を広角で撮られたお写真、最高です。

| ke-n | 2012/04/04 08:34 | URL | ≫ EDIT

やっぱ良いですね狼平は~☆
雪の狼平はまだも行ったことないし、
熊渡から歩いた事も無いので非常に参考になりました☆
大峰の山はやっぱ良いですね♪
写真見るだけでテンション上がって来ます。
青空良いなぁ~(*´▽`*)

| AKiNoBu | 2012/04/04 09:17 | URL | ≫ EDIT

ヘリポートのある林道から狼平は歩いた事がありますが
熊渡りからは未踏です。参考になりました。
小屋の中も綺麗ですね~。
それにしても大峰はまだ冬ですね。。

| 段平 | 2012/04/04 11:46 | URL |

COOPERさん、こんばんわ

狼平ではないですが、去年の夏、
ke-nさんにだまされて!(笑)
白川八丁から弥山川双門三の滝まで行ってまいりました。
正直生きて返ってこられるのかな?と思ったほどでした(汗)
機会があれば狼平、更には弥山まで登ってみたいです。

後、10-22mmのレンズいいですね!(笑)
ke-nさんと同じですがつり橋と弥山川のお写真美しいです。

| express55 | 2012/04/04 21:29 | URL |

ke-n様

1,500m以上はまだ冬でした。
思っていたより雪が残っていました。
つり橋と弥山川と青空の写真は、いい感じに太陽が出てくれましたが、
水平がめちゃくちゃですね(笑)
でも雰囲気が伝わる写真になったので僕も気に入ってます。
ありがとうございます。

| COOPER | 2012/04/04 22:55 | URL |

AKiNoBu様

狼平が愛されているのがよく分かりました。
落ち着く場所ですね。
熊渡は、坪内林道が当分復旧しそうにないので
川合よりも短いこちらにしました。
合流してからは比較的楽な道でしたが、
それまでは少々急坂が続くところがありましたよ。
12時半ごろまでは全く晴れず、天気予報に裏切られたと
諦めてました(笑)

| COOPER | 2012/04/04 23:08 | URL |

段平様

ヘリポートから狼平、行かれてましたね。
前にレポ拝見しました。
熊渡からは最初ちょっと不安だったのですが
思っていたより分かりやすい道でした。
小屋はすごく綺麗でよかったんですが、
イメージではもう少し大きいものと思っていました。

完全に頭が春モードになっていたので、
冬モードに戻すのは結構しんどかったです(笑)

| COOPER | 2012/04/04 23:15 | URL |

express55様

三の滝のレポ拝見しました。
一枚岩で転倒しなくて本当によかったです(笑)
僕もいつか行ってみたいですね。
狼平~弥山は是非行ってください!
日が長ければ十分日帰り出来ると思います。

吊り橋と弥山川の写真、ありがとうございます。
10-22の特徴がよく出た一枚になりました。
このレンズ、やっぱり解像度が相当高いですね。
めちゃくちゃクリアです。

| COOPER | 2012/04/04 23:53 | URL |

こんにちは。

この狼平の道は傾斜としてはトンネル西口からのルートに比べると
だいぶ緩やかなのでしょうかね?歩きやすかったですか?
避難小屋が綺麗で素敵ですね。

まだ先の話ですが、いずれ子連れでと思ってまして、どちらから
登ろうか・・・と思案しております。

| anz | 2012/04/09 09:40 | URL | ≫ EDIT

anz様

こんばんは。
狼平からの道は緩やかな登りで、道もしっかりしてましたので
歩き易かったですよ。

トン西から奥駈出会いまでは、太い根っこが露出した急坂が続き、
全身でよじ登る箇所が少しあります。その区間は非常に歩きにくく
ストレスが溜まります。(木登りのイメージが近いかも)
そして傾斜は比べ物にならないくらいこっちの方が急です。
ですが、奥駈出会いからは急に平坦になり、聖宝の宿から1時間ほどの
急坂をクリアすると弥山です。
遅くても4時間で行けるのがメリットでしょう。登山者も多いですよ。

歩き易さで選ぶなら、時間は掛かりますが狼平経由でしょう。
僕は完全に狼平派になりました(笑)
奥駈出会いまでの根っこ道は今まで歩いた全ての山の中で一番嫌いな登山道です。
(あくまで個人的な意見です)

| COOPER | 2012/04/10 00:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/85-962e7073

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT