yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

弥山

2017年8月19日(土)
2017_0819_17.jpg

ほぼ毎年行っている「夏のゆるり弥山テン泊」に今年も行ってきた。(八経ヶ岳は登らない!)
24-70F4Lのマクロと、6DⅡでの星撮影を楽しんだ。
マクロ撮影ではライブビューが大活躍。
フレーミング、構図、ピントなど、全てにおいて6Dよりもやりやすくなっている。
星撮影ではタイムラプスも遊んでみたがなかなか面白い。
撮影時間がとても長くなるのでしょっちゅうは出来ないけど、
気が向いた時にまたやれればいいかな。
撮影の途中で、三脚シェルパアクティブⅡの脚の固定パーツが破損してしまった。
撮影は何とか続行出来たけれど、結局、後日山用の三脚を新調することとなった。
翌朝は綺麗な朝景も見れ、涼しくなり始めた晩夏の弥山をのんびりと楽しむことが出来た。



ガス湧く八経ヶ岳。
2017_0819_1.jpg

可愛らしい赤い苔。
2017_0819_2.jpg

24-70F4Lのマクロ機能で撮影。
2017_0819_3.jpg

6DⅡのライブビューは使い勝手がいい。
2017_0819_4.jpg

2017_0819_5.jpg

2017_0819_6.jpg

DPP4でノイズリダクションを掛けると眠たくなるし、外すとノイズが目立ってくる。PCだとISO3200あたりでも大丈夫そうだが、プリントだとISO800くらいに抑えないと厳しそうだ。このあたりは6Dとあまり変わらないように感じた。
2017_0819_8.jpg

2017_0819_9.jpg

タイムラプスをしている間に、どんどん天の川が南に移動していく。
2017_0819_10.jpg

2017_0819_11.jpg

朝景は、いつもの場所が満員だったので、登山道を5分ほど下った展望地から朝景を撮影。
2017_0819_12.jpg

何でもない斜面がドラマチックに。
2017_0819_13.jpg

2017_0819_14.jpg

見応えある朝景だった。
2017_0819_16.jpg

大普賢岳と雲海。
2017_0819_18.jpg


EOS 6D MarkⅡ
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/491-d88b75a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。