yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

釈迦ヶ岳

2016年10月9日(日)~2016年10月10日(月)
2016_1009_85.jpg

素晴らしき夕焼けに出会えた撮影行でした。



10月3連休。大峰の秋が本格的に始まったが、紅葉が例年より少し遅めだったので標高が高い山を考えていた。昨年は弥山・八経だったので、今年は釈迦ヶ岳へ行くことにした。そういえば釈迦ヶ岳の紅葉はまだ撮りに来たことがなかったので、楽しみにしていた。千丈平のテント泊といえば…そう、最近一緒に歩いていなかったmakosurfさんに声をかけると二つ返事でOKしてくれたので、千丈平で各自適当な時間にテントを張って待ち合わせることにした。

道中の林道。標高が低い場所でもすでに色付きが始まっていた。
2016_1009_1.jpg

駐車場に11時前に到着。風が強く小雨が降っている。makosurfさんはあと2時間ほどかかりそうだったので、先に登ることにした。登山届のBOXが新しくなってる気がしたけど違うかな?
2016_1009_2.jpg

艶々なヒメシャラ。
2016_1009_3.jpg

稜線に出ると風が唸り出した。予報通り夕方から晴れることを祈りながら先へ進んだ。
2016_1009_5.jpg

ガスの景色が綺麗だったので、のんびり撮影しながら歩いた。
2016_1009_8.jpg

2016_1009_9.jpg

2016_1009_10.jpg

オスを見たのは久しぶりだった。
2016_1009_11.jpg

2016_1009_12.jpg

風を避けられる場所を見つけ、2張り分確保。張り終わってから30分ほどしてmakosurfさんが来られた。
2016_1009_13.jpg

makosurfさんは最近Khufu CTF3を買われ、やっと一緒にKhufuを張ることが出来た。軽量化と見た目で選んだら行きつくところが同じだったということか。久しぶりにお会いして、積もる話をたくさんした。
2016_1009_15.jpg

17時前になり、少し青空が見え始めたので山頂へ行くことに。ちなみに、写真右下のテントの方は、2013年GWにアンニョンさんと南奥駈けをやった時に楊枝ヶ宿でご一緒した方だった。今回、少し訳あってお話する機会があり、なんと後日FB友達にもなったがそれはまだ先のこと。(真田丸ナレーション風)
2016_1009_16.jpg

山頂手前の展望地まで登ってスタンバイ。
2016_1009_20.jpg

何かの放牧の大移動みたいにガスが一気に流れていく。
2016_1009_21.jpg

2016_1009_22.jpg

めまぐるしく変わる景色の中で光芒が見え隠れする。
2016_1009_23.jpg

台形のピークを持つ笠捨山が目立っている。
2016_1009_24.jpg

2016_1009_25.jpg

光が溢れて、お釈迦さまが神々しい。
2016_1009_26.jpg

makosurfさんもうっとり。
2016_1009_28.jpg

2016_1009_88.jpg

躍動の日没ショーはいよいよフィナーレへ。
2016_1009_86.jpg

2016_1009_90.jpg

ピンクに染まった雲が相変わらずのスピードでどんどん大移動している。置いていかれないように連射で対応する。
2016_1009_34.jpg

2016_1009_35.jpg

夕焼けショーは夜の部へと移る準備が整い、強い風の音だけが残った。
2016_1009_91.jpg

テントに戻り夕食タイム。今日はいつもの鍋キューブキムチ味。具材を担ぎすぎてお腹いっぱいになった。
2016_1009_36.jpg

食後は少しだけ星景撮影。月が出て明るい夜だった。
2016_1009_92.jpg

2016_1009_95.jpg

ツインKhufu!
2016_1009_39.jpg


翌朝3時過ぎ。山頂へ登って少し星を撮った。月はもう沈んだ後だったので、満天の星だった。
2016_1009_40.jpg

2016_1009_41.jpg

2016_1009_43.jpg

2016_1009_44.jpg

2016_1009_82.jpg

星が見えなくなると、次は狭間の時間に突入。お釈迦様はシルエットも画になるので、もう撮りつくされてるであろうと分かっていても撮ってしまう。
2016_1009_47.jpg

孔雀岳と仏生ヶ岳の稜線。
2016_1009_49.jpg

大台、又剣山方面。ke-nさんやnarakumaさんたちは又剣山で撮影中と思っていたが、直前に変更となり玉置山だった。
2016_1009_50.jpg

七面山東峰に沿って流れる雲海。少しずつ流れていく様子が綺麗だった。
2016_1009_54.jpg

八経ヶ岳と弥山。右後の山上ヶ岳に滝雲っぽく流れる雲海が見えた。弥山から見たら凄いことになってたと思う。
2016_1009_56.jpg

孔雀岳。日の出時間を過ぎても太陽が雲に隠れて昇ってこない。昨日の夕景が良かっただけに残念。
2016_1009_59.jpg

遅れてきた太陽に照らされる熊野灘。海が見える山頂っていい。
2016_1009_60.jpg

ようやく太陽が出たと思ったら、幻想的な光芒が熊野の山々を照らしていた。
2016_1009_61.jpg

昨日と違って今日はいい天気になりそうだ。
2016_1009_65.jpg

戻ってきて二度目の朝食。
2016_1009_67.jpg

撤収の時間はつまらなく、寂しさを感じる時間でもある。コーヒーを飲みながら、名残惜しくのんびりとテント泊の余韻を楽しんだ。
2016_1009_68.jpg

嵐の後の秋らしい雲。季節が一気に進みそうな予感がした。
2016_1009_70.jpg

2016_1009_73.jpg

確実に大峰の秋は始まっていることを実感しながら下山した。
2016_1009_74.jpg

2016_1009_76.jpg

2016_1009_77.jpg

見頃間近の釈迦ヶ岳を久しぶりにmakosurfさんと楽しむことが出来た。
2016_1009_79.jpg

風庵の定食!言わずもがな、美味!
2016_1009_sm_1.jpg

湯泉地温泉 泉湯に浸かって帰阪した。
2016_1009_80.jpg

釈迦ヶ岳はもう10回以上来ているが、なぜこれほど同じ山に来てしまうのかよく分からない。単純に、何度でも見たい・歩きたい景色があるからに他ならない、ということだろう。そんな今年の大峰紅葉撮影行は、まだ始まったばかりだ。


◆GPSログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
<1日目>
11:48 太尾登山口
12:28 P1468 12:35
13:40 古田の森
14:25 千丈平~幕営・晴れ待ち 16:53
17:17 釈迦ヶ岳 17::56
18:10 千丈平

<2日目>
3:25 千丈平
3:40 釈迦ヶ岳 6:50
7:10 千丈平・朝食・撤収 9:00
11:08 太尾登山口


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
Velbon E545M

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

山でガスが晴れていく瞬間は、ぞくぞくするほどの景観ですよね。
そして素晴らしい夕景、星空も堪能と、テント泊の醍醐味を味わってこられましたね。
素晴らしい写真がたくさん、お気に入りを絞りきれないぐらいです。

釈迦像と星、いつかはやりたいなと思っていますが、
釈迦ヶ岳はもうスペシャリストのCOOPERさんに任せておこうかなとも(笑。

makosurfさんもお元気そうでなりよりでした。

| ke-n | 2016/11/09 19:27 | URL |

ke-nさん、こんばんは。

今回はぞくぞくしましたね~。
玉置山も凄かったことと思います。
ジャストなタイミングは久しぶりでした。

写真ありがとうございます。
今回、本当は山頂以外に別の撮影場所を3つほど予定してたのですが、
条件が合わず一つもチャレンジ出来ずでした。
最近FBであげたやつはそのうちの一つで、やっとファーストトライ出来ました。
スペシャリストなんてとんでもないですが、
まだまだ釈迦ヶ岳で撮りたい画があるので試していきたいですね。
makosurfさん元気そうで、翌週また東北を歩くと言ってましたよ。

| COOPER | 2016/11/09 21:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/449-7a24529a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT