yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

山上ヶ岳

2016年10月2日(日)
2016_1002_43.jpg

大峰の秋、始動!



9月28日に山上ヶ岳で行方不明になられた方が10/2に発見されました。
謹んでお悔やみ申し上げます。
---------------------------------------------------------------------------------------


さて、ぼちぼち色付き始めの情報が飛び交い始めた10月初旬。今年は少し遅い、色付きが悪い、葉が傷んでいるなどの声をよく聞いていたが、実際どうなのか。紅葉本番の被写体探しも兼ねて山上ヶ岳へ行ってきた。

6時過ぎ、雨予報の中出発。出来るだけ雨には遭いたくないが、傘もレインも持ってるので多少の雨は大丈夫だ。
2016_1002_1.jpg

太陽が出ない薄暗い登山道を寂しく歩いて行く。
2016_1002_2.jpg

ガスが上ってきたので急いで三脚を出してスタンばったけど、これ以上上がってこなかった。一本松茶屋で休憩中、雨が少し強まってきたので悩んだけど、もう少し行ってみることにした。
2016_1002_3.jpg

樹林帯を抜けた先には明るい光が待っている。
2016_1002_4.jpg

次のカーブも光へ向かって進む。濡れた木道に光が反射して雨の雰囲気たっぷり。
2016_1002_5.jpg

振り返ると、暗闇に戻されそう。
2016_1002_6.jpg

なんか登山道ばかり撮ってしまう。雨は弱まって小雨になった。
2016_1002_7.jpg

2016_1002_8.jpg

雨の日は、少しの光でも森が明るくなる。
2016_1002_9.jpg

2016_1002_10.jpg

依然、幻想的なガスに包まれながら洞辻茶屋で休憩をとった。
2016_1002_11.jpg

休憩中、一人の青年が到着して話してみると、小笹宿へ水を採りに行かれるとのことで2L空容器を8本担がれていた。この方とは後々FB友達になるが、それはまだ先のこと。(真田丸ナレーション風)
2016_1002_12.jpg

大峰の木々はガスがよく似合う。
2016_1002_13.jpg

2016_1002_14.jpg

苔もしっとりしてる。
2016_1002_15.jpg

2016_1002_16.jpg

2016_1002_17.jpg

鐘掛岩からの道と合流。雨だからかほとんど人と会わない。
2016_1002_18.jpg

色付き始めた木が出てきたが、情報どおり葉の状態はあまりよくない。
2016_1002_19.jpg

2016_1002_20.jpg

空が青くなり、雲が流れる直前の感じになってきた!
2016_1002_23.jpg

そして遂に太陽の光を浴びる!
2016_1002_24.jpg

西の覗で若者二人がやってきて、めまぐるしく流れるガスを一緒に楽しんだ。
2016_1002_25.jpg

2016_1002_26.jpg

2016_1002_40.jpg

2016_1002_27.jpg

2016_1002_28.jpg

山上ヶ岳に到着。
2016_1002_29.jpg

そのタイミングで一気に雲が流れて日差しが入ってきた。
2016_1002_30.jpg

嘘みたいにジャストなタイミング。
2016_1002_31.jpg

定点撮影してるオオイタヤメイゲツ。
2016_1002_41.jpg

ちょうど色付き始めでいい感じだったけど、やっぱり傷みは激しかった。
2016_1002_32.jpg

お花畑でもまさかの青空。雨予報だったのに、こういうこともあるんだなと。
2016_1002_33.jpg

稲村ヶ岳と大日山。うぶな紅葉との絡みが何とも言えない。完全に熟した時にも撮ってみたい。
2016_1002_43.jpg

2016_1002_34.jpg

谷の紅葉はまだもう少し先。
2016_1002_35.jpg

2016_1002_36.jpg

巻き道から見える洞川温泉街。
2016_1002_37.jpg

下山まで太陽がもってくれた。
2016_1002_38.jpg

山上ヶ岳の紅葉は、情報通り傷みが激しく落葉が目立ったが、場所によっては綺麗なままの木も見つかったので、それらを撮りに再訪してみよう。色付き始めた紅葉は初々しく、熟した鮮やかな紅葉とはまた違った趣があって、心が癒される。悪天ながらも本番に向けて撮影を楽しむことが出来た。


◆GPSログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
6:00 清浄大橋
7:40 洞辻茶屋 7:53
9:09 西の覗 9:23
9:40 山上ヶ岳 11:00
11:37 洞辻茶屋
12:29 清浄大橋


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

雨には雨の良さがあり、
思いがけない日差しに輝く葉も楽しめて、
やっぱりよほどの荒天でなければ行ってみるもんですね。

嵓と嵓の間にガスが入ると、一気に立体感が増し、
西の覗きの次のカットは良いですね~!

濡れた登山道というか、ここは参拝道でしょうか。
これもしっとりと好きな感じです。

| ke-n | 2016/11/04 16:57 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

雨も土砂降りでない限りはそれほど問題にはならないですよね。
足元だけは面倒くさいですが。
天気が回復した時の輝きも楽しめますね。
西の覗からの一枚ありがとうございます。
ガスの流れが凄く早かったですが、岩峰かっこよかったです。
濡れた登山道は雨の雰囲気がたっぷり出たかなと思いますw

| COOPER | 2016/11/04 23:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/448-5c91aa65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT