yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山川

2016年9月11日(日)
熊渡~弥山川コース~河原小屋跡~P1598コル~カナビキ尾根分岐~熊渡
2016_0911_63.jpg

2ヶ月ぶりの大峰は、久しぶりの弥山川コースへ!



暑さが少し和らいだ9月中旬、久しぶりに大峰を歩いてきた。大峰の一般登山道としては難易度の高い弥山川コースをアンニョンさんと歩く予定だったが、ke-nさん、express55さん、narakumaさん、ratoさんたちも弥山川に行かれることが分かり、一緒に歩かせて頂くことになった。石の双門にも寄る計画なので、長丁場になりそうだ。ということで、カメラ機材を少し減らすことにして、三脚も担がなかった。逆に、昼食休憩時にタープ張りのテストをしたくて、LOCUS GEARのタイベックシートを持参した。Khufuでも十分軽いので今後もタープ張りは不要かなと思っていたが、あの解放感が気になっていたので、試してみることにした。

林道の途中、雲がいい感じに焼けた。さすがに、皆、反応が早かった。
2016_0911_1_20161023230558f93.jpg

アケボノソウ。花弁の枚数が色々あるらしい。この時は5枚と6枚が見られた。
2016_0911_2_20161023230600d80.jpg

アンニョン先生がexpress55さんに花の講義中。
2016_0911_3_201610232306020cb.jpg

釜滝の水量は極小だった。上のダムで取水しているようだった。
2016_0911_4_20161023230603b3d.jpg

ヤマジノホトトギス
2016_0911_5_20161023230604890.jpg

2016_0911_6.jpg

撮影中のke-nさん、を撮影中のratoさん、を撮影。
2016_0911_7.jpg

沢に降り立ち小休憩。今日はこまめに休憩を挟みながら撮り歩く。
2016_0911_8.jpg

この場所は、いつも渡渉が厄介なポイントのすぐ手前のところ。とてもいい雰囲気で、紅葉がどうなるか気になった。ふと振り向くと、ratoさんと55さんが並んでいたのでその場を後にした。
2016_0911_9.jpg

カツラの全員集合!
2016_0911_10.jpg

難所の一つ、へつり部。水量が多くて1ヶ所難儀したが、何事もなく越えることが出来た。徐々にアスレチックな場面が登場する。
2016_0911_11.jpg

一ノ滝にて少し涼んだ。
2016_0911_12.jpg

激写中の55さん。
2016_0911_13.jpg

物色中?のke-nさん。
2016_0911_14.jpg

2016_0911_15.jpg

長い梯子が続々登場。
2016_0911_16.jpg

コース案内人、アンニョンさん。もうこのコースは何回目?
2016_0911_17.jpg

これは最長の梯子だったかな。一気に行くべし!
2016_0911_18.jpg

岩場に立つと展望が開けます。稲村ヶ岳と大日山が。
2016_0911_19.jpg

双門の滝を眺められるテラス。ここからだと毎回同じ感じに撮ってしまう。
2016_0911_20.jpg

シラヒゲソウ
2016_0911_21.jpg

そのまんまの花の名前。
2016_0911_22.jpg

頂仙岳。雲が秋の様相。
2016_0911_23.jpg

そして、テープを追いながら石の双門へやってきた。
2016_0911_24.jpg

写真で伝わるだろうか、この迫力は間近で見た者にしか分からないかも。
2016_0911_25.jpg

2016_0911_26.jpg

グズグズ、ガラガラで、ズルズル滑りやすい。
2016_0911_27.jpg

ke-nさんも慎重に足場を確認しながら降りていた。
2016_0911_28.jpg

ド迫力の石の双門。いつか、きちんと撮りに来たいところ。
2016_0911_29.jpg

アンニョンさんのガイドにより、ザックをデポしたポイントへ見事にピンポイントで戻ってきた。皆、興奮冷めやらぬ様子。それほど石の双門は圧巻だった。
2016_0911_30.jpg

55さん、歓喜のガッツポーズ!といってもまだコース半分。すでに出発から5時間半が経過しているので、狼平までは非常に厳しくなってきた。
2016_0911_31.jpg

満面の笑みを浮かべる55さん。
2016_0911_32.jpg

2016_0911_33.jpg

ke-nさんナイス突っ込み!
2016_0911_34.jpg

このコースは何度か沢に降り立つことがあるが、水を取れたり(浄水は必須)、クールダウンも出来るのでオアシスになっている。
2016_0911_35.jpg

もうここで昼食にする?いやいや河原小屋跡まで行ってしまおう。ということでもう少し歩くことに。
2016_0911_36.jpg

とても心地よい木漏れ日だった。今現在この写真を見ると、早くも夏が恋しくなってきた。
2016_0911_37.jpg

昼食場所はもう少し!
2016_0911_38.jpg

河原小屋跡の少し手前に到着。予定どおりここで昼食にする。狼平はまた次の機会ということに。アンニョンさんはラーメン。
2016_0911_39.jpg

写真家集団の皆さんは軽食。
2016_0911_40.jpg

僕は久しぶりに棒ラーメン(とんこつ)。コーラ300mlも一気に飲み干した。
2016_0911_41.jpg

昼食後、タイベックシートでタープ張りをやってみた。張るのはめちゃくちゃ簡単でほんの数分で完成した。室内?のスペース的には問題ない感じだ。あとは、実際に現地で風向きを考えて張れば十分寝れそうだ。いつかトライしてみようと思った。
2016_0911_42.jpg

ナベの耳エスケープの取り付きから登り、途中で北進してP1598のコルに出た。踏み跡は途中からほとんどなかったが、地形が難しくなかったので全く問題なかった。
2016_0911_43.jpg

熊渡ではバーベキューを楽しむ観光客が大勢いた。
2016_0911_44.jpg

写真のように横列駐車だと、縦列駐車の時よりも停められる台数が1.5倍ほど増える。
2016_0911_45.jpg

危険なので飛び込み禁止!
2016_0911_46.jpg

皆さんとワイワイ・ガヤガヤと弥山川コースを楽しむことが出来た。石の双門は圧巻の景色で、必ず再訪したいと思った。エスケープルートは今後の参考となり、色々と収穫の山行となった。同行頂いた皆さん、どうもありがとうございました!!


◆GPSログ(アンニョンさんログ)



◆C.T.
5:16 熊渡
5:47 金引尾根・弥山川分岐
6:06 釜滝
7:45 一ノ滝・二ノ滝 7:56
9:11 仙人嵓のテラス 9:29
12:18 河原小屋跡 13:11
13:30 P1598コル
13:50 カナビキ尾根分岐 13:58
15:06 金引尾根・弥山川分岐 15:12
15:42 熊渡


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 01:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

今思い出しても石の双門は圧巻でしたね。
できれば紅葉と絡めたいものですが、今がちょうどぐらいですかねぇ。
お写真はアンニョンさんが良いスケールになってくれてますが、
人物を入れずにこの迫力をどう出すかも面白く、
双門三枚目の樹がスケールとなった撮り方などは流石だと感じ入ります。

このコースはしんどいですが、沢や嵓や巨木など、
どこもかしこが見どころで楽しいですね。
エスケープルートが使えるので、また季節も変えて歩いてみたいなと思います。

当日はまことにありがとうございました。

| ke-n | 2016/10/24 20:36 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

双門圧巻でしたね~!
紅葉も面白そうですが、画面内で紅葉の面積をどう増やすかが
腕の見せ所になりそうな現場でしたね。
アンニョンさんがめちゃ小さく写ってるので、
岩の大きさが伝わりやすくなりましたが、
小さいアンニョンさんが無性に可愛らしく見えてちょっと笑えました。
双門三枚目ありがとうございます!
無意識にフレーミングしてました。

弥山川はしんどいコースですが、アスレチックで飽きないので、
何度でも行きたくなるコースの一つになってます。
紅葉の時期は陽が短いので計画をしっかり立てる必要ありますね。
皆さんと楽しい山行が出来、とても感謝しています。
ありがとうございました!

| COOPER | 2016/10/24 21:46 | URL |

COOPERさんはじめましてインフォ猫と申します。


私も海と山に挟まれた生活を送っていますが
COOPERさんの写真を見ると
私が知っている山ではありませんでした💦


ラーメンを作る機械?すごいですね(^^♪
水が透き通って綺麗だし
山で食べる食事美味しそう!


登山のこと全く分かってなくて
すみません。。
いきなりコメント失礼いたしました(o_ _)o))

| 島在住 インフォ猫 | 2016/10/25 16:11 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

インフォ猫さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
海と山に囲まれてるなんて羨ましいですね。

ラーメンは山で食べると格別に美味しいです。
初めて山でカップヌードルを食べた時は衝撃的でした。
山は実際に入ってみると、外から見たのとは全然違います。
素晴らしいですよ~。
山の写真ばかりですが、また覗いてみてください。
今後ともよろしくお願いします。

| COOPER | 2016/10/25 23:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/446-a2ae7566

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT