yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

穂高連峰縦走 DAY1

2016年8月12日(金)~2016年8月13日(土)DAY1
上高地~岳沢~奥穂高岳
2016_0812_109.jpg

久しぶりに夏の穂高へ!



2016夏休み!今年テーマにしている穂高へ行ってきた。この冬は西穂高岳に登り、初夏には蝶ヶ岳から槍穂高を眺めた。西穂高岳は夏にも是非登っておきたいと思っていたので、西穂から槍ヶ岳まで歩く計画を考えたが、一般登山道の中でも北アルプス屈指の難度を誇る穂高縦走。体力・技術において簡単ではないことが想像出来る。今の岩稜歩きの実力を知る為にも、この長い岩稜線を分割して歩くことにした。槍穂縦走を経験済みの先輩アンニョンさんから、大キレットは普通にいけば問題ないが奥穂~西穂の区間は怖かったと聞いていたこともあり、ジャンダルムは今回パスして奥穂~槍までを歩く計画とした。

アカンダナ駐車場に1時頃に到着し、開門3:30まで門の前で仮眠して待った。始発のバスで上高地線に入ると、朝の気持ちいい景色が車窓から飛び込んできた。大正池で三脚を立てるカメラマン、梓川の河原を歩く人たち、清々しく心地よい時間が流れていた。上高地に着くと売店が開いていたので、コロッケと豚汁を注文し、小腹を満たした。上高地は相変わらず登山者で溢れていて、前日開催された山の日全国大会の賑わいに劣らない混雑ぶりだった。
2016_0812_1.jpg

朝の河童橋は空気がおいしくてとても気持ちいい。正面に見えている吊尾根と奥穂に向かって、快晴の中歩きだす。
2016_0812_2.jpg

反対側は焼岳が見えた。
2016_0812_3.jpg

朝の光が最高に心地よかった。
2016_0812_4.jpg

2016_0812_5.jpg

岳沢湿原はとても幻想的で、のんびり撮影したかった。
2016_0812_6.jpg

素通りするのがもったいなくて、少しだけ贅沢な時間を過ごす。
2016_0812_7b.jpg

2016_0812_7.jpg

ここから岳沢への登山道に入っていく。
2016_0812_8.jpg

30分ほどすると7番標識の風穴に到着。岩の隙間に手を入れるとひんやりした風が気持ちいい。
2016_0812_9.jpg

岳沢までの登山道は綺麗に整備されていてとても歩きやすい。花も咲いていて癒される。
2016_0812_10.jpg

開けた枯れ沢に出ると、奥穂とジャンダルムが見えた。ここから樹林帯や枯れ沢を行ったり来たりしながらじわじわ標高を上げていく。
2016_0812_11.jpg

ミヤマシャジン
2016_0812_11b.jpg

ヤマハッカ?
2016_0812_11c.jpg

アザミ
2016_0812_11d.jpg

トリカブト
2016_0812_11e.jpg

サラシナショウマ
2016_0812_11f.jpg

2016_0812_11g.jpg

少し気の早い紅葉も。今年はどうなることか。
2016_0812_11h.jpg

上高地からのんびり撮影しながら2.5時間ほどで岳沢小屋に到着。
2016_0812_12.jpg

行動食を食べながらゆっくりしていると登山者が続々と登ってくる。中国語?を話す5~6人のグループや、比較的軽装な中高年ペアや、若い単独女性など。皆、この連休に合わせて色々調整してきたんだろうなぁと思いながら眺めていた。岳沢小屋は数年前に雪崩の倒壊から復活した小屋で(前身は岳沢ヒュッテ)、上高地から奥穂へ一気に登れるので最近人気が高まっているらしい。水源は2ヶ所の湧水となっていて、通過者は100円で好きなだけ分けてもらえたが、9/3以降は水枯れにより100円/1Lになったようだ。

岳沢小屋から少し登ると小さなお花畑があり、秋の花と夏の花が入り混じって咲いていた。前回の蝶ヶ岳といい、今年もアルプスのお花を見れて良かった。
2016_0812_13.jpg

お花畑を過ぎるとここからほとんど岩場の登りとなる。
2016_0812_14.jpg

振り返ると焼岳と乗鞍岳、手前には上高地が見えた。よく見るこの景色だが実際に見ると、日本じゃないみたいな錯覚に陥る。20年ほど前に、観光ツアーでバンフを歩いたことがあるが、その時の景色を思い出した。
2016_0812_15.jpg

展望のいい休憩地だが、そろそろ日差しが厳しくなってきた。
2016_0812_16.jpg

今回歩きたかった西穂~奥穂のライン。
2016_0812_17.jpg

人だかりの見える突き出た岩塊が恐らく紀美子平だろう。その先は前穂高岳へのルートか。どちらにしてもずっと岩場が続いていて、下りの方たちが難儀されていた岩場もあったりした。
2016_0812_18.jpg

適度なアスレチックに、焼岳と乗鞍の展望、最高の登山道だ。
2016_0812_19.jpg

11時。岳沢小屋から2.5時間ほどで紀美子平に着いた。標準CTより少し短いくらいだったが、岩場が続いたり何度も渋滞したりして、思ったよりも時間がかかった。
2016_0812_19b.jpg

西穂から奥穂の岩稜線がカッコいい。来年是非歩いてみたい。
2016_0812_20.jpg

前穂に行くか悩んでいたが、穂高岳山荘でテントを張りたかったので、前穂はパスして先を急ぐことにした。
2016_0812_21.jpg

序盤は吊尾根を南側に巻きながら進む。最初に1ヶ所怖い岩場があり、そこでも少し渋滞したが、それ以外は特に怖い場所はなかった。
2016_0812_22.jpg

2016_0812_23.jpg

涸沢と常念山脈。
2016_0812_24.jpg

こういった巻き道だけなら楽だけど、半分以上は岩場だったように思う。
2016_0812_25.jpg

蝶ヶ岳
2016_0812_26.jpg

常念岳
2016_0812_27.jpg

2016_0812_28.jpg

山頂が徐々に近づいてきた。ここから道はさらに険しくなる。
2016_0812_29.jpg

大天井岳から東鎌尾根、燕岳、後立山連峰。手前は北穂高岳南稜コース。
2016_0812_29b.jpg

トウヤクリンドウ
2016_0812_31.jpg

ほぼ同じペースで歩かれた方たち。
2016_0812_32.jpg

途中から同じペースだったソロのトレラン女子と、大学山岳部のグループ。
2016_0812_33.jpg

2016_0812_33b.jpg

2016_0812_34.jpg

もう山頂は目の前だ。
2016_0812_35.jpg

無事に奥穂高岳に初登頂!
2016_0812_36.jpg

なかなか来れなかったけど、ようやく登ることが出来た。
2016_0812_38.jpg

南を見るとガスがジャンダルムを包んでいた。馬ノ背を越えて向かってくる登山者を見ると、やっぱり歩いたら良かったかな~なんて思った。
2016_0812_37.jpg

長居することなく下山開始。穂高岳山荘に着くとテントはびっしり張られていて、受付に行くと、テン場はもう埋まったので素泊まりしかないと言われた。それと同時に「本日テント場満席」の案内板が立てられた。あと数10分早ければと思うと悔やまれた。
2016_0812_39.jpg

部屋に荷物を置いてから、外のテラスで小腹を満たした。その後、夕食はお米を炊飯し、レトルトカレーを食べた。伝熱プレートとセラミックコートしたチタンコッヘルでうまく炊くことができた。同じテーブルで、年配の女性ペアと山岳会所属のソロ男性と楽しい山談議をさせて頂いた。大阪、兵庫、京都と、皆関西だったので地元の山の話しも出来て大いに楽しめた。
2016_0812_39_2.jpg

食後は夕景を撮りに涸沢岳に登った。小屋から15分ほどで、南に奥穂高岳、北は北穂と槍ヶ岳が見える。
2016_0812_40.jpg

ジャンダルム
2016_0812_40b.jpg

傾き始める夕陽が絶景を見せ始める。
2016_0812_41.jpg

2016_0812_42.jpg

2016_0812_43.jpg

雲が似合うジャンダルム
2016_0812_44.jpg

2016_0812_45.jpg

2016_0812_46.jpg

槍ヶ岳
2016_0812_47.jpg

2016_0812_48.jpg

2016_0812_48b.jpg

3人だけの贅沢な時間が流れた。
2016_0812_49.jpg

2016_0812_50.jpg

雄大な穂高連峰の夕景は、近畿の山とはスケールが違うのは十分分かっていることだが、やはり圧巻の景色だった。
2016_0812_51.jpg

ぎゅうぎゅう詰めの布団でなかなか眠れず、しかも熱中症の症状が出てきたので、流星群はパスして寝ることにした。夜中になってようやく眠ることが出来た。いつもそうだけど、収容人数の多い人気の山小屋では、細かいことを含めなかなか思うように過ごせないことが多く、ストレスが溜まる。自由に生活出来るテン泊に慣れているせいだけど、もう少し山小屋での過ごし方を学ばないといけないかな。

つづく。
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 17:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

湿原や梓川に霧が湧く上高地の風景、撮りたい気持ちと先を急ぐ気持ちとがまさに葛藤しまくりそうですね。
奥穂高山荘の光景も、まだ山慣れしていない頃に行って泊まったことが懐かしく思い出されます。

それにしてもいつも良い山旅をされますね。
羨ましいけれど、怖い岩場などなど、付いていけないんだろうなと指を咥えてみています。

| ke-n | 2016/09/17 18:26 | URL |

素晴らしい!

圧巻です。
やはり近畿の山とは別物ですね。
私なんか最初の湿原で一日、撮影してしまいそうです。

お天気にも恵まれて・・・日頃の行いですかね~(^^ゞ

| rato | 2016/09/17 22:08 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんにちは。

上高地や岳沢湿原での朝景は素晴らしかったです。
皆で登山も兼ねた撮影合宿に行きたくなりました。
穂高岳山荘はとても立派な山小屋ですね。
人が多いのは仕方ないですし、あの稜線上にあることはとても有難いです。

今年も北アルプスや八ヶ岳に来る機会が多くなってますので、
絶景を見れるチャンスも多いかもですね。
槍ヶ岳や剱岳もクリアしたことでようやく岩場にも慣れてきた感じです。
僕が歩く岩峰ルートはke-nさんなら全然問題ないと思いますよ(^^)

| COOPER | 2016/09/18 12:19 | URL |

Re: 素晴らしい!

ratoさん、こんにちは。

近畿の山ももちろん素晴らしい樹木や渓谷や山容を持った山がありますが、
この圧倒的な景観はアルプスならではです。
岳沢湿原はratoさんならずっと撮影されてたかもですw
穂高下山後に小梨平でキャンプして翌朝ゆっくり撮影するという山旅を
いつかやろうと思ってますが、せっかちなのかいつも早く帰りたくなってしまいます。。。
お天気は日頃の行いですかね~(^^)

| COOPER | 2016/09/18 14:45 | URL |

岩峰!!

COOPERさん、こんばんは。

奥穂は学生時代に登って良い思い出があります。
山頂からの槍ヶ岳、ジャンダルムと絶景でしたね。

テン場が満席とは残念でしたね。
ぎゅうぎゅう詰めの小屋はテン泊の自由を知っているのでキツいですね。

来シーズンは、お気をつけてジャンダルムルート制覇してください。

| climb like | 2016/09/19 21:54 | URL |

Re: 岩峰!!

climb likeさん、こんばんは。

likeさんはワンゲル時代以来ですか。
随分?昔ですかねw
ジャンダルムとガスがカッコよかったです。
テン場はもっと張れると思いましたが、ちょっと厳しいなと思いました。
素泊まりでも有難いですが、テントに比べたら居心地がよくないですね。
ジャンダルム、来年か再来年か分かりませんが、頑張ってきます。
その時はもしかしたらご一緒出来るかもですね(^^)

| COOPER | 2016/09/20 20:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/443-0fecb9f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT