yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

木曽駒ヶ岳、宝剣岳

2016年8月7日(日)
千畳敷~乗越浄土~木曽駒ヶ岳~宝剣岳~極楽平~千畳敷
2016_0807_20.jpg

会社メンバーとゆく、夏の中央アルプス!



会社メンバーとの練習登山第2弾!今回は標高を上げることとなり、手軽な木曽駒ヶ岳へ行くことにした。深夜に大阪組が集結し恵那峡SAで愛知組と合流。総勢9名で駒ケ根に乗り込んだ。6時30分に登山口に着くと、駐車場は満車状態。近くの有料Pに停めると、乗り合いタクシーの運転手が話しかけてきて、バスより安く、早くロープウェイ駅まで運んでくれた。

ロープウェイを降りたらすぐ絶景!今日は天気も当たりで最高の一日の予感。
2016_0807_0.jpg

2016_0807_0a.jpg

高山植物もたくさん咲いていた。
2016_0807_1.jpg

甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳などなど。南アルプスの未踏の山々。
2016_0807_1b.jpg

すでに強烈な日差しで濃紺の空に吸い込まれそう。
2016_0807_2.jpg

登り始めは皆しんどそう。でも、前回の大普賢岳がいい練習になったみたいで余裕が伺える。
2016_0807_3.jpg

乗越浄土に到着。
2016_0807_3b.jpg

この標高に慣れたからかトレーニングの成果なのか、この標高でも息苦しさはなくいつもと同じパフォーマンスを出せるようになっている。それでもさすがは3,000m級、半端ない日差しに体力を奪われる。
2016_0807_3c.jpg

宝剣岳で岩場も経験してもらいたいところだが、まずは木曽駒ヶ岳に登り、本日唯一の宝剣登頂経験者に相談することにした。
2016_0807_3d.jpg

三ノ沢岳は気持ち良さそうな山容で一度歩いてみたい。
2016_0807_3e.jpg

2016_0807_4.jpg

中岳から御嶽山。
2016_0807_5.jpg

khufu Tyvekを発見。床もTyvekシートを使われていた。
2016_0807_6.jpg

最後のプチ急登をノンストップで駆け上がり、木曽駒ヶ岳山頂に到着。
2016_0807_6b.jpg

遠く北の方角にはこの夏のテーマにしている穂高連峰が聳えている。どこから見ても存在感は抜群だ。
2016_0807_7.jpg

2016_0807_8.jpg

皆が揃ったところで記念撮影。今回のメンバーはフルマラソンや各スポーツをしているメンバーが揃っているので、体力的には皆余裕だったようだ。ということで、大休憩してから宝剣岳に登ってみることとなった。
2016_0807_9.jpg

2016_0807_10.jpg

画になるトンガリ、宝剣岳。
2016_0807_11.jpg

富士山は時間とともに霞んでいき、1時間後にはほとんど見えなくなっていた。
2016_0807_12.jpg

サントリー「白州」の源、甲斐駒ヶ岳。
2016_0807_13.jpg

御嶽山
2016_0807_14.jpg

2016_0807_15.jpg

恵那峡SAのF.M.で買ったミニ弁当と、頂上山荘のフランクフルト。テーブルクロスは先日登った蝶ヶ岳ヒュッテのバンダナ。
2016_0807_16.jpg

2016_0807_17.jpg

宝剣岳の取り付きまで戻ってきたが、登山者はどんどん増えてきて、観光地ならではの光景となっていた。
2016_0807_17b.jpg

ここからは気合を入れて宝剣岳へGO!体力があるといっても岩場初心者の方がほとんどなので、三点支持やホールド・スタンスの選び方や置き方、態勢のポイントなんかをレクチャーしながらゆっくりゆっくり登った。
2016_0807_18.jpg

最初はぎこちない感じもあったが、徐々に慣れてきて1名以外は危なげなく登れていた。
2016_0807_19.jpg

2016_0807_19b.jpg

山頂に着くと、てっぺんに登る岩がありそこに立つ人がいた。僕たちの中にも何人かは登りたそうだったが、狭い山頂でプチ渋滞となり、今回は断念することとなった。
2016_0807_19c.jpg

なかなか爽快な景色で気持ちいい。
2016_0807_20.jpg

2016_0807_21.jpg

2016_0807_22.jpg

2016_0807_22b.jpg

ロープウェイ駅がそれほど遠くないところに見えている。カール地形と岩山のお陰か、とても開放的な山頂だ。
2016_0807_23.jpg

下山は極楽平方面へ下ることにした。上から見るとオーバーハング気味に見えたこの岩場も、近づくと鎖がありそれほどではなかった。
2016_0807_23b.jpg

2016_0807_24.jpg

2016_0807_25.jpg

2016_0807_26.jpg

少々際どい岩場の下りが続き、多少のアップダウンもあったり。
2016_0807_27.jpg

1名が岩下りがどうも怖いようでおぼつかない感じだったので、途中までマンツーマンで下った。最後はかなり余裕が出来てきた様子だったが、下りの怖さはよく知っているので最後まで慎重にいってもらった。
2016_0807_28.jpg

2016_0807_29.jpg

2016_0807_30.jpg

ラストの岩場を無事に通過し、一安心。なかなか歩き応えのある岩場で気が抜けなかった。本番赤岳(文三郎尾根)の最後の岩場より険しいように感じた。中には、前回の大普賢岳の方が怖かったという参加者もいた。
2016_0807_31.jpg

2016_0807_33.jpg

快適な稜線を進めばすぐに極楽平に到着。
2016_0807_34.jpg

ここまで来ればあとは綺麗な登山道を下るだけ。
2016_0807_35.jpg

ロープウェイ駅に着くと、大勢の観光客が並んでいて整理券を渡された。1時間待ちとのことで暑い日差しを避けて待っていたが正味1時間かかった。行きに乗ったタクシー会社にTELし、1時間後に来てもらうようにお願いした。1時間後、ロープウェイを下りると待ってくれていたタクシーに乗り、楽々と駐車場まで戻った。早太郎温泉こまくさの湯に浸かり、いつもの明治亭ソースかつ丼のそば定食を食べて帰阪した。宝剣岳を登れた今回のメンバーは、赤岳も間違いなく登れるだろうと確信した。本番は総勢16名。大勢を引き連れる山行となる為、気を引き締めて挑みたい。


◆GPSログ(HOLUX M-241)



◆C.T.
7:50 千畳敷駅
8:38 乗越浄土
9:00 中岳 9:10
9:28 木曽駒ヶ岳 9:55
10:03 木曽駒ヶ岳頂上山荘 10:30
10:45 天狗荘 10:55
11:15 宝剣岳 11:25
12:17 サギダルの頭
12:26 極楽平
12:43 千畳敷駅


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
関連記事
スポンサーサイト

| 中央アルプス、木曽山脈 | 22:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

練習登山と言いながら宝剣も登ってしまうとは(笑)、
とってもレベルの高い登山部で、本番も心配要らないですね。

岩場の下りは僕も怖いです。
登山靴を信用していても滑ると思うと、動きがぎこちなくなりますね。

夏山の好天ならではの景色がたくさん見れました。
雲が目線のレベルにあると言うのはやはり気持ちが良いです。
リーダー、お疲れ様でした。

| ke-n | 2016/09/09 14:53 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

宝剣岳は思ってたよりスリルを味わえました(^^)
それなりにいい練習になりましたよ。
レクチャーしていると自分も気をつけようと思いますしね。
岩場の下りは怖いですよね。
重心移動もより慎重になりますし、精神的にも疲れますね。
この日はこれぞ夏山といった好天で、参加者の皆も感動してました。
遠くまで連れて行った甲斐がありました。

| COOPER | 2016/09/09 21:43 | URL |

蒼い‼

COOPERさん、こんにちは!!

日帰り遠征お疲れ様です。
木曽駒とは、相性が良いですねー。
朝イチの濃い蒼の世界がたまりません。

大人数のパーティーを引き連れてのリーダーもお疲れ様です。
レクチャーすると初心を思い出して、自分のためになるのは、良いことですね。
皆さんの笑顔がステキです!!

| climb like | 2016/09/12 10:33 | URL |

Re: 蒼い‼

climb likeさん、こんばんは。

そろそろ山に戻られる頃でしょうか、
またご一緒するのを楽しみにしています(^^)

木曽駒はいいですね、池のルートも行ってみたいですし、
まだまだ訪れることになりそうです。
濃紺の空は僕も久しぶりかなと思いますが、とてもよかったです。

大勢を引き連れての登山となり気を使いましたが、
下山出来た後の満足感はいつも以上でした。
自分自信のスキルアップにも繋がのもありますが、何より楽しいですね。

| COOPER | 2016/09/12 23:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/442-331356f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT