yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

蝶ヶ岳

2016年7月24日(日)
三股~蝶ヶ岳ピストン
2016_0724_18.jpg

明けない梅雨に業を煮やして!



今年の関東甲信越はなかなか梅雨明けしなかった。7月3連休も結局梅雨明けしなかったが、それほど悪天ではなかったものの、どうも踏ん切りがつかずに遠征はお預けとした。その翌週、業を煮やし日曜日のAMの僅かな好天を狙って遠征することに決めた。前日は名古屋で仕事だったので(車)、大阪に戻ってから長野へ移動するのはかなり気合が必要だったが、モヤモヤする気持ちを抑えきれずいざ出陣!

AM3時頃に三股登山口駐車場に到着すると7割くらい埋まっていた。2時間ほど仮眠するともう駐車場はいっぱいだった。W.C.を済ませ、少し冷え込む中5時20分頃出発。
2016_0724_1.jpg

10分ほど林道を歩くと三股に到着。ここにもW.Cがあり、係の方が登山届の受付もされていた。有難いことだ。
2016_0724_2.jpg

シシウド
2016_0724_3.jpg

常念岳との分岐。今日は直進の蝶ヶ岳方面へ。
2016_0724_4.jpg

清流に架けられた橋を渡りいよいよ登山道に入る。
2016_0724_5.jpg

2016_0724_6.jpg

2016_0724_7.jpg

ジャングルのような深い森。森林限界を越えた景色だけが北アルプスじゃないということを実感させられる。
2016_0724_8.jpg

2016_0724_9.jpg

ミヤマシャジン
2016_0724_10.jpg

センジュガンピ
2016_0724_11.jpg

ゴジラの木
2016_0724_12.jpg

ダケカンバにアルプスを感じながら、序盤の急登をハイペースで登っていく。夏の北アルプスは9時を過ぎると雲が湧き始めて景色が見えなくなる可能性が高いので、頑張ってペースを上げた。
2016_0724_13.jpg

蝶槍かな。
2016_0724_14.jpg

まめうち平という地点でしばし休憩。昨日蝶ヶ岳ヒュッテに泊られた方たちが今日の朝は素晴らしかったよと教えてくれた。
2016_0724_15.jpg

標高2,000mのこの地点がほぼ中間地点になる。
2016_0724_15_2.jpg

ゴゼンタチバナ
2016_0724_16.jpg

しばらく登ると常念岳と前常念岳が目の前に現れた。
2016_0724_17.jpg

常念岳はどこから見てもピラミダルで存在感がある山だが、隣のここから見ると凄い迫力だった。やはり一度登らないといけない山だ。
2016_0724_18.jpg

グリーンシャワーの登山道はとても気持ちいい。
2016_0724_19.jpg

2016_0724_19_2.jpg

突然現れたお花畑に心身ともに癒された。
2016_0724_20.jpg

ミヤマキンポウゲ?
2016_0724_21.jpg

2016_0724_22.jpg

モミジカラマツ
2016_0724_23.jpg

クルマユリ
2016_0724_24.jpg

ウサギギク
2016_0724_25.jpg

ハクサンフウロ
2016_0724_26.jpg

大滝山との分岐点。
2016_0724_27.jpg

見上げるとお花畑と青空が最高!そして稜線の匂いがプンプンしてきた。
2016_0724_28.jpg

ハクサンシャクナゲ
2016_0724_29.jpg

ハイマツ帯を抜けるとようやく稜線に出た。最高の気分!ヒュッテもすぐ近くに見えている。
2016_0724_30.jpg

分岐点にテン場があり、奥には槍穂高も見えている!頑張ってハイペースで登った甲斐があった!
2016_0724_31.jpg

撮影・休憩込みで約3時間30分で蝶ヶ岳山頂に到着!(標準C.T.は5時間) 槍穂高が見えた瞬間は来てよかったと思えた。
2016_0724_32.jpg

左から前穂・奥穂・涸沢岳・北穂高岳!
2016_0724_34.jpg

同じく南岳・中岳・大喰岳・槍ヶ岳!うっとりしてしまう絶景!
2016_0724_35.jpg

山頂からみた位置関係はこんな感じ。山頂のすぐ下にヒュッテが建っているなんて、写真家としてはこれとないロケーションだ。
2016_0724_36.jpg

今日もグレトラ2のTシャツだったので何度も声をかけられた。毛玉が付きまくろうがまだまだ着る予定。
2016_0724_37.jpg

槍ヶ岳
2016_0724_38.jpg

大キレット
2016_0724_39.jpg

梓川
2016_0724_40.jpg

北鎌尾根
2016_0724_41.jpg

右手には表銀座のヒュッテ西岳。その奥には裏銀座の水晶・鷲羽岳あたりも見えている。
2016_0724_42.jpg

岩峰を見ると心がざわつくのは山好きの性か。
2016_0724_43.jpg

前穂北尾根と奥穂高岳。穂高連峰は別格の雰囲気が漂っている。
2016_0724_44.jpg

奥穂と涸沢岳に雲が湧いてきた。やはり9時を過ぎるとそろそろダメなようだ。
2016_0724_45.jpg

2016_0724_46.jpg

ヒュッテのすぐ近くの瞑想の丘に移動し、明けない梅雨のうっぷんを晴らすべく、存分に槍穂高の眺望を楽しんだ。
2016_0724_47.jpg

2016_0724_48.jpg

ヒュッテでコーラとバッヂとバンダナをゲット。途中まで一緒だった方たちも順に登ってこられて山談議となった。結局1時間ほどのんびりと過ごした。テーブルクロスは愛用している北横岳ヒュッテのバンダナ。
2016_0724_62.jpg

10時を過ぎた頃には随分雲が湧いてきたのでそろそろ下山することにした。山頂でのんびり楽しめたのは1時間ほどだったが、無理をしてでも来てよかったと思える景色に出会え、次なる目標も固まり収穫の蝶ヶ岳となった。
2016_0724_50.jpg

2016_0724_51.jpg

ガスのお花畑もアルプスらしい景色。
2016_0724_53.jpg

2016_0724_54.jpg

まめうち平から駐車場までは軽めにランして45分ほどで下った。(標準C.T.100分) すぐ近くのほりでーゆー四季の郷の温泉に浸かり、約5時間の帰路についた。
2016_0724_55.jpg

梅雨の合間を狙った「超」が付く弾丸遠征登山となったが、次なる目標が定まり大変有意義な山行となった。蝶ヶ岳は初めて登ったが、予想以上の急登に加えペースを上げた為、後半の登りで少し疲れてしまった。蝶ヶ岳からの槍穂高の眺望は一級品で、これは実際に来て是非味わってもらいたいものだ。下山はまめうち平以降は走りやすい登山道で快適に駈け降りれた。山頂で余力があったので常念岳まで縦走しようか迷ったが、帰阪の時間が遅くなるので別の機会にとっておいた。常念~槍穂高エリアは、面白そうな登山道がいくつもあり、興味深いエリアであることは間違いない。当分通うことになるかもしれない。


◆GPSログ(HOLUX M-241)



◆C.T.
5:20 三股登山口駐車場
5:30 三股
6:45 まめうち平 7:00
8:57 蝶ヶ岳 9:05
9:10 蝶ヶ岳ヒュッテ・瞑想の丘 10:10
11:30 まめうち平 11:35
12:15 三股
12:22 三股登山口駐車場


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)

関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

サクッとここまで日帰りで登ってこられる体力、
気力も充実していますね。

瞑想の丘、ものすごい山の塊たちを前に、ゆっくりと夕景を撮ってみたい場所です。

スケールの大きな風景あり、可愛い夏花の写真もありで、
いつも楽しませてもらってありがとうございます。

| ke-n | 2016/08/25 14:35 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

このような強行登山は若いうちだけですね。
いつも以上に家に帰るまで気が抜けません。
瞑想の丘の夕景はさぞかし興奮しそうですね。
槍穂の贅沢な景色を見ながら夜も朝もゆっくり楽しめそうです。
写真ありがとうございます。
山ばかりですがまだまだ飽きる気配はないですねw

| COOPER | 2016/08/25 22:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/441-7b2510e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT