yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

稲村ヶ岳

2016年5月28日(土)
洞川エコミュージアムP~法力峠~稲村小屋~稲村ヶ岳
2016_0528_28.jpg

稲村ヶ岳撮影ツアーに参加!



5月28日(土)。
天川村洞川エコミュージアムセンター主催の稲村ヶ岳撮影ツアーにke-nさんと参加してきた。講師はke-nさんが通う写真教室の講師、米谷先生と林先生。先生方とは、2013年5月末に深仙ノ宿で偶然お会いして以来。再会をとても楽しみにしていた。

当日、ke-nさんと合流後、ke-nさんに乗せて頂きエコミュージアムPに到着。さぁ、出発するぞというところで、カメラを自分の車に置いてきたことに気付く。もうスマホでいいやと思っていたら、ke-nさんが快く7Dを貸して下さった。5DⅢと2台体制だったようで、ご好意に甘えてお借りすることにした。その節はどうもありがとうございましたm(__)m

さて、今回は母公堂からではなく、エコミュージアムPにほど近い登山口から出発。エコミュージアムの職員に導かれ、稲村ヶ岳を目指す。

ke-nさんと米谷先生。快適なペースでどんどん進んでいく。
2016_0528_0.jpg 
法力峠では、稲村小屋のオーナー赤井さんによる特別講義も。参加者に幼馴染の方がおられて特別に接待頂いた。
2016_0528_1.jpg 
先頭はエコミュージアムの若手職員。2番手は林先生。後続と少しずつ離れてきた。
2016_0528_1b.jpg

そんな時たまたま一株のコケイランを発見。これを機に一気に撮影モードとなり、皆、好きなペースで稲村小屋に向かうこととなった。
2016_0528_2.jpg

コケイラン激写中の米谷先生。
2016_0528_3.jpg

ツクバネソウ
2016_0528_4.jpg

テンナンショウ、地獄のスライダー!
2016_0528_6.jpg

とりあえず普通にも撮っておいた。
2016_0528_5.jpg

ギンリョウソウは少しだけしか見つからなかった。
2016_0528_7.jpg

新緑が眩しい。
2016_0528_31.jpg  
今年は咲くのが早かったのでもう見れないと思っていたが、いい具合に咲いていた。
2016_0528_8.jpg
 
チゴユリ
2016_0528_9.jpg 
コウライテンナンショウ?オオミネテンナンショウ?
2016_0528_10.jpg 
ネコノメソウ
2016_0528_11.jpg 
稲村小屋に着いた人から順に昼休憩をとっていく。
2016_0528_11b.jpg 
今日はさっと食べられるコンビニ食。
2016_0528_11c.jpg 
他の参加者が続々到着されたが、時間があったので一人撮影タイム。小屋の近辺も新緑が美しい。
2016_0528_12.jpg 
オオイタヤメイゲツの葉裏が綺麗。
2016_0528_13.jpg 
新緑フェチには堪りません。
2016_0528_14.jpg 
その後、エコミュージアム職員と山頂に行く班と、稲村小屋ご主人とクロモジ尾根シャクナゲ撮影に行く班に分かれた。僕はクロモジ尾を選んだ。
2016_0528_14b.jpg 
シャクナゲ群生地には大日撮影ポイントもある。クロモジ尾はしっかりと踏み跡があったが、シャクナゲ群生地ははっきりしない箇所もあった。
2016_0528_15.jpg 
地を這うように咲いていたシャクナゲ。可憐で可愛らしかった。
2016_0528_16.jpg 2016_0528_16b.jpg 
皆、思い思いに撮影を楽しみ大日山取り付きまで行くことに。

ワチガイソウ
2016_0528_17.jpg 
コイワカガミは至るところに群生していた。他の方たちが大日山を登られてる間に、一人で稲村山頂までシャクナゲを見に行くことにした。
2016_0528_18.jpg 
花付きがもっと良ければいい感じだったかも。
2016_0528_19.jpg 
山頂到着。また新しい注意喚起の看板が立てられていた。登山者ブームが引き起こしている問題の一つだろう。
2016_0528_20.jpg 
辛うじて大普賢岳が見えた。
2016_0528_21.jpg

可愛らしいコイワカガミ 
2016_0528_22.jpg 2016_0528_23.jpg 2016_0528_24.jpg 2016_0528_25.jpg 
上の方にオオミネコザクラが残っていた。別の場所にももう一輪あった。この後、稲村小屋でコーヒーをよばれてから下山した。
2016_0528_26.jpg 
ルイヨウボタンは今年も花は見れずだった。
2016_0528_27.jpg  
先生方と食堂「幸助」にて晩御飯。好物のカツ丼を頂いた。(一応、田中陽希の真似ではないw)
2016_0528_29.jpg

撮影ツアーという、いつもとは違う山歩きだったけど、皆が好きなように撮りながら歩いたり、山と写真の濃い話が出来たりして、楽しい撮影ツアーだった。

稲村小屋のオーナーからは鉄剣のことも少しお話を伺うことが出来た。昔、雨乞いの為に山に鉄剣を奉納し、登るたびに雨降りを祈っておられたとのこと。最近は登山者が立ち入っていることをとても危惧されていて、宗教的な面や吉野熊野国立公園特別地域であることから、立ち入るのはやめてほしいとのことだった。今まで何度か見に行ったことがあったけど、これからは立ち入らないようにしたい。

ke-nさん、講師の先生方、参加者の方々、どうもありがとうございました。


◆GPSログ(HOLUX M-241) 
 

◆C.T.
7:50 稲村ヶ岳登山口
9:02 法力峠 9:12
11:02 山上辻 11:52
12:07 クロモジ尾シャクナゲ群生地 12:27
12:52 大日岳取り付き
13:07 稲村ヶ岳 13:10
13:45 稲村小屋 14:17
15:10 法力峠 15:20
16:09 母公堂
16:30 稲村ヶ岳登山口


撮影機材
EOS 7D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF100mm F2.8L・Macro・IS・USM

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

その節はご参加いただきありがとうございました。
新緑、シャクナゲ、コイワカガミが美しく、
そして楽しい撮影ツアーでした。

今回は赤井五代松さんが作られたと言う新道から入り、
現在の小屋主の赤井さんにもたくさんの話を聞かせていただきましたね。
稲村小屋の歴史に触れた気がしました。

あのペースでこれだけ写真を撮られているのは驚きですね。
僕は同じ写真教室のご年配の方々もおられたこともあって、
後から見ると、ほとんど撮ってなかったですよ(笑。

| ke-n | 2016/07/10 19:42 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

こちらこそ7Dまで貸して頂き、お世話になりましたw
撮影ツアーという、いつもと違う雰囲気を楽しめました。

稲村小屋のご主人からお話を伺えたのは貴重な体験でした。
道楽で登らせて頂いてること自体に気がひけますね。

写真は、途中で自由行動っぽい感じになってからは、
知らない間に枚数がすごいことになってました。
人数が多かったので、事故もなく無事に楽しめてよかったです。
また機会がありましたら参加したいと思います。

| COOPER | 2016/07/10 23:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/437-af4b8a4f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT