yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

行者還岳

2016年5月22日(日)
90番~行者還岳
2016_0522_48.jpg

祝、山デビュー!



昨年末から、弟が山に登ってみたいと言っていたので、季節のいいこの時期にどこか連れて行こうと思っていた。弟はマラソンをしているので体力的には問題ないだろうと、山デビュー定番の金剛山・岩湧山ではなく、いきなり大峰に連れていくことにした。とはいっても、ロングや難しいコースはさすがに避け、短めで歩きやすくて、ほどほどにアスレチックな箇所もある行者還岳にした。

道の駅杉の湯川上に寄り、8時前に90番からスタート。花の時期ということで、すでに車が数台停まっていた。
2016_0522_1.jpg 
このあたりの標高はまだまだ新緑がいい感じ。
2016_0522_1b.jpg 2016_0522_2.jpg 
このルートは魅力的な木が多い。
2016_0522_2b.jpg

2016_0522_2c.jpg 

2016_0522_2d.jpg

2016_0522_2e.jpg 

2016_0522_2f.jpg 

マラソンとは使う筋肉が少し違うのか、登り始めはしんどそうに見える。それを口実に、撮影しながら適当にペースダウンを図った。
2016_0522_2g.jpg
 2016_0522_3.jpg 2016_0522_3b.jpg 
大普賢岳。この景色には弟も感動している様子。
2016_0522_50.jpg 
四季の中で、僕は新緑の時期が一番好きだ。大峰に来ると、そう思わせてくれる景色にいつも出会える。
2016_0522_5.jpg 

大峰奥駈道に合流。ここで中休憩を取る。1,400m付近ではシロヤシオが見頃で弟と一緒に撮影会となった。
2016_0522_6.jpg

ここは世界遺産の大峰奥駈道といい、これを辿っていくとあの弥山・八経ヶ岳まで行ける。八経ヶ岳は近畿最高峰で1,915mだ。この景色を見ながらそんなことを教え込んだが、帰る頃には忘れているだろう。
2016_0522_7.jpg

花付きのいいシロヤシオ
2016_0522_8.jpg 

2016_0522_9.jpg 
今年はなんやかんや当たり年だったのかな。
2016_0522_9b.jpg

アフロちっくなブナ。
2016_0522_10.jpg 

シロヤシオやブナの新緑がとても綺麗で、弟は心底感動している様子。特に新緑に驚いていたが、初めてこの景色を見たら、自然風景に興味がなくても感動するだろう。
2016_0522_10b.jpg 2016_0522_10c.jpg 
バイケイソウの海。
2016_0522_11.jpg 
のんびり歩きながら行者還岳に到着。避難小屋で小休憩して外に出たらDCTさんが山頂から戻って来られたところだった。昨年の釈迦以来の再会。ヤマレコではひこにゃん贈呈ですっかり有名な方だ。これから高塚山へ向かわれるとのことだった。
2016_0522_12.jpg 
いよいよアスレチックゾーンに差し掛かる。木製階段がちょっと怖いところなので、3点支持を教えて慎重にゆっくりと登ってもらった。
2016_0522_13.jpg 
無事奥駈道に合流し、左に折れて行者還岳に向かう。
2016_0522_14.jpg 
この辺はカエデの新緑が素晴らしかった。紅葉もさぞ綺麗なことだろう。
2016_0522_15.jpg 
山頂手前でシャクナゲがお出迎え。
2016_0522_16.jpg 
ほどなく山頂に到着!お疲れ様!初登頂が90番から行者還岳なんてそうそう経験出来ないだろう。
2016_0522_17.jpg 
山頂はこのシャクナゲが一番花付きが良かった。他の木はどれもまばらだった。
2016_0522_18.jpg 
稲村ヶ岳。
2016_0522_19.jpg 2016_0522_20.jpg 
裏の展望地にて。弥山・八経がどっしりと構えている。
2016_0522_21.jpg

奥駈道の稜線は美しく、広がる自然林が豊かな森を演出している。
2016_0522_22.jpg 

シャクナゲを見納めて、小バエの多い山頂を後にする。
2016_0522_22b.jpg 
下山もシロヤシオの撮影で何度も足を止めた。
2016_0522_23.jpg 
初夏のような陽気で、木陰に入ると稜線を抜ける風が心地いい。
2016_0522_23b.jpg 
八経ヶ岳。次はオオヤマレンゲの時期かな。
2016_0522_23c.jpg 
このエリアのシロヤシオは特に見応えがある。
2016_0522_25.jpg 2016_0522_26.jpg 
弟は疲れて休憩してるのではなく、僕の撮影待ちだ。
2016_0522_27.jpg

木陰は本当に昼寝したくなるくらい気持ちよかった。
2016_0522_28.jpg   
奥駈道から続く弥山・八経ヶ岳。この景色が大好きだ。
2016_0522_49.jpg

シロヤシオシャクナゲ、豊かな新緑。これらを晴天の大峰で見てもらえて、これとないデビューとなった。登山道は、奥駈道に出てからはかなり歩きやすかったようで、快適に歩いていた。大峰の山深さも堪能出来たようで、山のイメージが大きく変わったと言っていた。まずは成功だったかな。次は秋にでも誘うつもりだ。この後、169号でke-nさん&55さんとすれ違い、杉の湯に寄ってから帰阪した。(90番から奥駈道で夕景撮影、ニアミス!) 次の日、弟からメールで筋肉痛が酷いとのことだった(^^)

前週まで入院中だった6Dも戻ってきて、久しぶりに撮影を楽しめた。GWの七面山の初日に、柔らかい倒木にカメラを落としてしまい、上面表示パネルにヒビが入り表示しなくなってしまった。幸い、他に故障もなくレンズも無傷だったが、修理費はカバーユニット(上部)交換で17,884円と痛い出費だった。


◆GPSログ(Holux M-241)



◆C.T.
7:50 309号線90番
8:53 大峯奥駈道分岐 9:10
9:50 天川辻
9:56 行者還避難小屋 10:10
10:15 行者の水場
10:43 行者還岳 11:07
11:35 行者還避難小屋
12:46 大峯奥駈道分岐 12:48
13:15 309号線90番


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
EF100mm F2.8L・Macro・IS・USM


関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 19:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

初の登山が大峰行者還岳とは、さすがCOOPERさんの弟さん。
マラソンをされていると脚力もスタミナもあるので、今後どこでも大丈夫そうですね。

大峰の新緑は、カエデに代表されるように鮮やかな緑の葉が多く、
本当に美しいですよね。
僕も紅葉より新緑派かなと思います。

90番ルートの自然林の撮影、同じ日の朝と夕なのに似たようなカットが多々あります(笑。
シロヤシオ、今年は中当たりぐらいでしょうか。
花の付いていない樹もちらほらあったようです。

| ke-n | 2016/07/02 20:48 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

マラソンをしてるとやっぱり登山にも強いですよね。
そこそこ付いてきてましたが、ランニングシューズだったので
ちょっと辛そうでした。
大峰の新緑は癒されますよね。
冬の霧氷は別として、紅葉よりも春は新緑も花も楽しめていいですね。
90番ルートは、撮る木が同じのばかりになってきたので
違う木も見つけないとと思っていますw
シロヤシオは確かに花がないのもありました。
それでもそこそこいい感じでしたが、来年がどうなるか気になりますね。

| COOPER | 2016/07/03 21:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/436-d9b8096e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。