yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鉄山

2016年5月14日(土)
大川口~鉄山
2016_0514_15.jpg

被写体の宝庫、鉄山へ!



GW最終日に金剛山で今年初戦をクリアした嫁さん。このまま勢いづくのか、この日も山に行きたいということで、次は大峰に行くことにした。昨年嫁さん用に購入したツェルトⅡロングの練習もそろそろさせたかったので、ツェルトⅡロングを自分で担いでもらい、適当なところで練習することにした。ついでにシロヤシオ、シャクナゲなんかも愛でられればという魂胆で、嫁さんは未踏の鉄山に連れて行った。

今回カメラは6Dが入院中なのでEOS Mで撮影することとなった。

新緑が綺麗な川迫川。
2016_0514_1.jpg  2016_0514_1b.jpg  
最初の入口を登ったところに木製階段が出来ていた。
2016_0514_2.jpg  
眩しい太陽と新緑が清々しい。
2016_0514_2b.jpg  
じわじわと登りながら今日の調子を確かめている。
2016_0514_2c.jpg  2016_0514_3.jpg  2016_0514_4.jpg  
このあたりでは、見上げるとどこも新緑祭りだった。
2016_0514_6.jpg  
バリゴヤノ頭の後ろは稲村ヶ岳かな。
2016_0514_7.jpg  
標高1,200m付近でシロヤシオが見ごろを迎えていた。
2016_0514_8.jpg  2016_0514_9.jpg  
花の状態はちょうどいい感じ。
2016_0514_11.jpg  
花付きもまずまず。
2016_0514_13.jpg

嫁さんもコンデジ(クリエイティブオート)でプチ撮影会。
2016_0514_13b.jpg

辺りはシャクナゲも咲いていた。
2016_0514_14.jpg  
行者還岳とシャクナゲ
2016_0514_15.jpg  
またまたシロヤシオを発見。今回は観念し、二人ともザックをおろすことにした。
2016_0514_17.jpg  2016_0514_19.jpg  
シロヤシオの海
2016_0514_19b.jpg  2016_0514_22.jpg  
今年は花付きがいい木とそうでない木の差が激しい。
2016_0514_23.jpg  
2016_0514_24.jpg  
ちらっと見えてるのは大日かな。
2016_0514_25.jpg  
今回一番花付きがよかったシャクナゲ。花の状態もちょうどいいタイミング。標高はまだ1,200m地点。30分以上滞在している。
2016_0514_26.jpg  
新緑と青空が清々しい。さっきの花撮りとこの新緑でC.T.はもうどうでもよくなった。
2016_0514_27.jpg

2016_0514_28.jpg

特徴のある木が多い。
2016_0514_29.jpg

前回来た時にお気に入りになったブナ。バーチャルな世界にいそうな動物に見える。
2016_0514_29b.jpg  
行く手を阻むエイリアン2016_0514_29d.jpg  2016_0514_32.jpg  
斜面のツツジも綺麗だった。
2016_0514_35.jpg  
カエデの新緑。ここは紅葉も良さそうだ。
2016_0514_36.jpg  2016_0514_36b.jpg  
鉄山の手前の開けた場所にようやく到着。稜線に上がるとツェルトの練習ができそうな平らな場所があった。
2016_0514_36c.jpg  
眼下には川迫川が見える。右手にバリゴヤノ頭や稲村ヶ岳、山上ヶ岳もよく見える。
2016_0514_39.jpg  
聖宝谷。龍の爪跡なんて呼ばれている谷だ。
2016_0514_40.jpg

どっしりした弥山が見えるとなぜか安心した。

鉄山は手前の小ピークを越えてから最後の急登を登る。そこはなかなか急な鎖場になっている。
2016_0514_43.jpg

急斜面の倒木の下を潜り、ラストの急登を慎重に登れば山頂だ。
2016_0514_44.jpg  
山頂のシャクナゲはまだ蕾。しかも花付きは疎らだ。
2016_0514_46.jpg  
山頂には木製の立派な名板がくくりつけられている。
2016_0514_47.jpg  
行者還岳から大普賢岳。
2016_0514_48.jpg  
反対側へ少しだけ下ってシャクナゲをチェックした。咲きかけているのがいくつかあったが、花付きはやはりイマイチだった。
2016_0514_50.jpg  
聳える岩峰、行者還岳
2016_0514_52.jpg  
稲村ヶ岳から山上ヶ岳
2016_0514_53.jpg  
大普賢岳
2016_0514_54.jpg  
展望を楽しんで、さっきの開けた場所で昼食を食べることにした。
2016_0514_55.jpg  
今日もコンビニのミニ弁当とロールパン。
2016_0514_56.jpg  
昼食後、今日のメインのツェルト張り練習を開始。手順を教えて実際にやってもらったが、簡単に出来た。
2016_0514_57.jpg  
ちょっと出入り口の部分の張りが甘いかな。
2016_0514_57b.jpg  
昼食時間も合わせると、なんやかんや2時間ほどのんびりしてしまった。
2016_0514_58.jpg  
下山時もシャクナゲやシロヤシオに見惚れてしまった。
2016_0514_60.jpg  2016_0514_61.jpg  2016_0514_77.jpg  2016_0514_78.jpg  2016_0514_79.jpg  
ギンリョウソウ
2016_0514_80.jpg

今年のシロヤシオは、記事を書いている現時点までの山行を含めても今回の鉄山が一番良かったかもしれない。シャクナゲも1,200mあたりで見れたし、いいタイミングに来れて良かった。

ke-nさんから教えて頂いたことだけど、鉄山平~弥山までの区間は宗教的な関係で入るべきではないことが分かったので、今回は計画に入れなかった。いい森だけど、今後も歩くことはないだろう。
あと気になったことが一点。登り始めの序盤で焚き火らしき跡があった。法的にどうなのかは勉強不足で正しく理解出来ていないが、ちょっと驚いた出来事だった。


◆GPSログ(HOLUX M-241)  

◆C.T.
9:00 大川口
11:53 草つきの展望台地 12:01
12:30 鉄山 12:42
13:03 草つきの展望台地14:44
16:31 大川口


撮影機材
EOS M
EF-M 11-22mm F4-5.6 IS USM
EF-M 22mm F2 IS STM
EF50mm F1.4 USM

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

真っ新のようなシロヤシオ、
蕾からまさに開いたばかりのようなシャクナゲ、
やはり花は旬が大事ですね。
お気に入りのブナ、覚えています。
立派なヒメシャラの木も多かったところですね。

登山口の立ち入り禁止の看板はまだありましたか。
立派な階段が作られて、登山は完全に解禁となったのかな?と思いますが、
たき火が原因で、持ち主の方が立ち入り禁止にされたようなので、
たき火跡の記載は気になります。

鉄山、こうして見ると写真を撮るにも良い山であることがわかりますね。
ツェルトの張り方、僕も指導して欲しいです(笑顔。

| ke-n | 2016/06/19 18:07 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

今朝からタイに来ていますw

シロヤシオとシャクナゲはまさに旬で綺麗でした。
ブナやヒメシャラが多く、じっくり撮るにはいいですね。

登山口の看板はまだありました。
看板の奥に綺麗な木の橋ができていましたし、
少し登ったところに4枚目の新しい木の階段もできていました。
僕も登山者はOKというのをどこかで読んだことがあります。

火事の件は僕も知っていたので現場を見てとても驚いた次第です。
基本的に沢以外の山中で安易に焚き火はやるべきではないと
認識しています。

鉄山はまた秋に行きたいと思ってますが、色々と時期がかぶりますね。
ツェルトは思ったより楽でしたよ~w

| COOPER | 2016/06/19 19:05 | URL |

鐡山

COOPERさん、こんにちわ!
鐡山にこれだけの美しい花があるとは驚きです。
とゆうのも初めて登ったのが年末だったのでw


しかし焚火の跡は気になりますね。。。

| RED EYE | 2016/06/29 14:03 | URL |

Re: 鐡山

RED EYEさん、こんばんは。

鉄山のシャクナゲは結構有名なようですが、
シロヤシオは前回登った時に気になってました。
この新緑の時期は素晴らしいので是非!
焚き火跡はほんまにあかんですね。

| COOPER | 2016/06/29 20:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/435-4f76fb70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT