yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

七面山 DAY2

2016年4月30日(土)~2016年5月1日(日)DAY2
楊枝ヶ宿小屋~七面山~熊渡
2016_0430_91.jpg

楊枝ノ森で大峰の奥深さを味わう!
 



翌朝、4時頃に起床しラ王(とんこつ)を食べて身支度をする。昨晩は西風が強かったが、ここ楊枝ヶ宿小屋のテント場は奥駈道から東側に下った位置にある為、ほとんど風の影響はなく、ぐっすり眠ることができた。最低気温は5℃。GWとしてはこんなもんだろう、ダウンを持ってきていたので快適だった。テントを触るとサラサラしていて、全く結露が発生していなかった。たまに起こることなのだが、とても不思議だった。

密集した木の間から輝く月光。天の川も数枚撮ったが木々に重なってうまくいかなかった。
2016_0430_93.jpg 
日の出の30~40分ほど前の美しい時間帯。まだ葉を付けていない木々が画になる。
2016_0430_48.jpg

仏生ヶ岳と月
2016_0430_49.jpg

5時10分、太陽は大台ケ原方面から静かに昇った。例の笹原で、避難小屋泊の方と二人で朝のドラマを楽しんだ。
2016_0430_94.jpg 2016_0430_52.jpg 
2016_0430_53.jpg 2016_0430_54.jpg 
素晴らしい景色だけど、他の宿泊者は皆4時30分過ぎに奥駈道を南下していった。
2016_0430_55.jpg 
一緒に朝景を楽しんだ彼は昨日くじいた足が気になっているとのことで、昨日来た道を帰って行った。僕と同じ熊渡からだった。
2016_0430_56.jpg 
朝景の後はこれから七面山に向かう。テントは張ったままで、荷物もほとんどテントに置いてきたので、とても身軽だ。写真はP1693に直登中に振り返って撮ったもので、中央に見えるのが夕景・朝景を撮った笹原だ。とても気持ちいい笹原で、景色が抜群なのでお気に入りの場所になった。正面の山は仏生ヶ岳だ。
2016_0430_57.jpg 
釈迦ヶ岳。手前の枝ぶりがいい脇役になってくれた。
2016_0430_95.jpg 
もう少しでP1693。ダイナミックな立ち枯れが多く、ここも被写体の宝庫だった。
2016_0430_59.jpg 2016_0430_60.jpg 
P1693からおはよう、明星、八経、弥山の高峰三座。このまま見続けていたい立派な景色。P1693にある七面山標識に従い、西尾根に入っていく。
2016_0430_61.jpg 
倒木を掻き分けながら尾根伝いにテープを追っていく。序盤に尾根を乗り換える箇所があったので、ガスが出た時は要注意だ。
2016_0430_63.jpg 2016_0430_64.jpg 
七面山直下。ここからちょっとだけ急登になる。
2016_0430_65.jpg 
切れ落ちた断崖。ルート上を歩けば問題はない。
2016_0430_66.jpg 
コルに到着。息を整えてまずは東峰へ向かう。
2016_0430_67.jpg 
アケボノ平が見えた。「~平」という名前は何かと人気があるけど、今日は天の邪鬼な性格が出たのかなぜか萌えず、立ち寄らないことにした。併せて予定していた神仙平もパスすることにし、次回、湯ノ又から上がった時に寄ることにした。
2016_0430_68.jpg 
コルからひたすら登って5分、東峰に到着。木に囲まれて展望はなかったけど、ずっと来たかったので達成感はあった。
2016_0430_69.jpg 
コルに戻って反対側へ進む。
2016_0430_70.jpg

山と高原地図の危険マークや鎖のある岩場も丁寧にクリアし、15分ほどで西峰に到着した。少し展望が開けていたので、ここでエネルギー補給がてら休憩してから来た道をテン場まで戻った。
2016_0430_71.jpg 
テントに戻るともうすでに蒸し風呂状態になりかけていた。
2016_0430_72.jpg 
2度目の朝ごはん。コンビニおにぎり2個(鮭+ツナマヨネーズ)に炒飯の素を入れて炒飯を作った。炒飯にしたらマヨネーズの脂っぽさが目立ったので、次から炒飯にする時は選ばないことにしよう。
2016_0430_73.jpg 
ゆっくりテントを撤収していると、次から次へと奥駈ハイカーやトレランナーがやってきた。「今日の目的地は持経ノ宿までです」「普段は鈴鹿をよく歩いている」「釈迦まで行ってトンネル西まで戻ります!」などなど、平日のストレスから解放されたハイカーたちの表情は、心底楽しそうだった。たぶん僕もそんな風に見えてるんだろうなぁ、なんて思い、笑えた。

バイケイソウと大台
2016_0430_74.jpg 
実際見たら分かるんだけど、高峰三座は圧倒的な存在感。迫力満点だった。
2016_0430_75.jpg 
五鈷峰崩壊地。ここを右に登っていくと狭い急峻な岩場の登りに差し掛かる。岩場に進んだところで、岩場を登り切った地点に登山者が一人いるのが見えた。こちらが先に登り始め中間地点あたりまで来たところで、突然、ロープを持ってガツガツと態勢を崩しながら強引に下ってきた。このタイミングで来るか!?と思い、ちょっと待ってくれと、狭いし避けれないし岩場で危険なのでそこで待ってて下さいと言って待ってもらったが、狭い岩場ですれ違うや否や急いで下って行った。その下には、僕の後ろに続いていた登山者もいた。この場面でまさか降りて来ないだろうと思ったし、見ていて危なっかしい不安定さだったので、たぶん山慣れしていないのだろう。この岩場であれはあり得ない。一言、普通待つやろ!と言ったが、聞こえなかったのか無視したのかそのまま駆けて行った。
2016_0430_76.jpg 
七面山と神仙平の山深い景色に見惚れていると、不快な気分はすっかりどこかへ行ってしまっていた。
2016_0430_77.jpg 
五鈷峰の危険個所を振り返って。上部には先ほどの後続の登山者が見える。
2016_0430_78.jpg 
当初は弥山でもう一泊しようと考えていたが、時間が早かったのでそのまま下ることにした。前日登った八経ヶ岳を眺めながら、お気に入りの森に突入。
2016_0430_79.jpg 
有難い看板だけど、なかなか覚えられない。。。
2016_0430_81.jpg 
少し遅い昼食は、森カフェ in 高崎横手!残っていたロールパンとウィンナーでホットドッグを作った。贅沢な時間だった。
2016_0430_82.jpg

熊渡へ戻ると新緑がちょうど見頃だった。
2016_0430_83.jpg

まさに新緑のトンネル!
2016_0430_84.jpg 
初めて七面山を歩いたが、楊枝ノ森あたりは山深さを感じることが出来て、とても好みだった。夕陽が掛かる七面山の絶壁は見応え抜群で、見飽きることはなかった。笹原やP1693も素晴らしい雰囲気で、七面山はその周辺で楽しむ山だと感じた。今回は熊渡からだったので少し遠かったが、かなり気に入ったので、タイミングが合えば秋に湯ノ又から再訪したい。


◆GPSログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
<4/30>
6:20 熊渡
8:20 カナビキ尾根分岐
9:20 高崎横手
9:33 狼平~休憩 10:10
11:04 弥山~昼食 12:06
12:42 八経ヶ岳 12:48
13:03 弥山辻
13:46 五鈷峰
14:42 舟ノ垰
14:55 P1693分岐
15:00 P1693~散策 15:20
15:25 P1693分岐・テン場思案 15:35
15:45 楊枝ノ森分岐
15:52 楊枝ヶ宿小屋

<5/1>
5:18 楊枝ヶ宿跡
5:39 P1693
6:30 七面山コル
6:36 七面山東峰
6:54 七面山西峰
8:06 P1693
8:21 楊枝ノ宿小屋~朝食・撤収 10:00
10:41 舟ノ垰
11:35 五鈷峰
12:29 弥山辻
12:56 日裏山
13:13 高崎横手~昼食 13:52
14:29 カナビキ尾根分岐
15:16 林道終点
15:46 熊渡


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon シェルパアクティブ2


関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

五月初旬の大峰、朝はまだキリッと冷え込みますが、
その空気感が撮れていて、とっても素晴らしい朝を感じます。
テント泊装備(予定では二泊分?)を担いで歩くには、
けっこうタフな感じがして、自分にはちょっときついかもと思いますが、
七面山、いつかは行ってみたい領域で、僕は山頂よりも「~~平」です(笑。

お疲れ様でした、そして貴重なログと写真をありがとうございました。

| ke-n | 2016/06/03 17:12 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

朝ラーが美味しい冷え込んだ朝でしたw
空気感が伝わったようで嬉しい限りです。
担いだ食事は2泊分+予備2日分でしたが、
距離も標高差もあったので初日はしんどかったです。
秋に湯ノ又から行こうと思ってますので、
もし都合が合えばご一緒したいですね。
「~平」は行く前は凄く楽しみだったのに、なぜか興味が失せてしまいました。
次回は絶対寄らねばですね(^^)

| COOPER | 2016/06/04 01:23 | URL |

初めまして

COOPERさん、初めまして。
足跡から飛んできてブログ読ませて頂きました。
七面山、とても良いですね~。
登山口から神仙平、奥駆に出て七面山の周回を予定しています。
写真がとても綺麗で見入ってしまいました。
明星ヶ岳から直ぐにある稜線を下って見に行きたい場所もあります。
大峯、台高の山は本当に魅力的ですよね^^
これからもちょくちょく訪問させて頂きます。

| RED EYE | 2016/06/06 11:38 | URL |

Re: 初めまして

RED EYEさん、初めまして。

コメントありがとうございます。
メスティンのコーティングを色々と調べてましたら、
RED EYEさんの飯盒のレポに辿りつきました。(メスティンは持ってませんが)
チタンの炊飯がとても参考になりました。
プレートがポイントのようですね、頑張って試してみたいと思います。
ありがとうございます。

七面山はよかったですよ~。
周回コースは序盤が危険な感じですが、
熊渡よりは近道なので秋に周回しようかと思ってます。
明星の尾根は僕も気になってる尾根でいつか歩く予定です。

写真ありがとうございます!
そう言って頂けると励みになります。

今後ともよろしくお願いいたします。

| COOPER | 2016/06/07 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/431-6d88919e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT