yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

桜行脚2016 ~十津川村・南信州~

2016年4月9日(土)~2016年4月10日(日)
2016_0409_62.jpg 
月間のハイライトは、1泊2日で十津川村から中川村へ!




前線を追いかけ、前週に続き十津川村へやってきた。ここ数年通っている果無集落と市原七朗だ。今年もまた見たくなり、訪れることにした。

金曜日は仕事が遅くなり、1.5時間の仮眠後、何とか夜明け1時間前に果無集落に到着。1台の車がトイレ横に停められていたので2番手だった。続いて3番手にSUVが到着。この方は守口在住のアマチュアカメラマンで、面白いスタイルの撮り方をされている方だった。奈良県の一つの村にほぼ毎週通いつめ、1年撮り終えたら別の村に移るといったやり方をされている。1年間、他の場所にはほとんど撮りに行かないらしい。奈良県北部から天川・上北山などの南部までほとんど通われて、いよいよ後回しにしていた十津川村にこの1月から来られている。3ヶ月撮ってきて、十津川村の奥深さは他と違ってとても良いと仰られていた。僕は通った回数が少なくてまだまだ知らないところばかりだけど、少し同意するところがあった。

果無集落も七朗も、写真の作品を期待するというよりは、その素朴な景色をただ眺めていたい、そんな気持ちにさせてくれる場所なのだと思う。そして今年もいいタイミングで来ることが出来た。

夜明け前。ガスが覆って期待が膨らむ。
2016_0409_1.jpg

ガスから顔を出す向かいの山。2016_0409_47.jpg  
 夜明けの時。ほんの数分、東の雲が薄っすらと焼けて、今日の一日が始まった。2016_0409_39.jpg 
太陽が昇ると同時に、覆っていたガスが流れ出し、向かいの山々が姿を現した。調べてみたら天上山(左)と小原峰(右)と思われる。その中間奥に見えてるピークは行仙岳(奥駈道ではない)あたりだろうか。
2016_0409_4.jpg 
果無の枝垂れはちょうど見頃。朝の雰囲気で幽玄な感じがとてもいい。
2016_0409_5.jpg 
2016_0409_57.jpg 

なんとなく離れられず、長居してしまった。
2016_0409_6.jpg 
途中から十津川の中村さんも参戦(偶然)。その後、熊野フォトウォーカーズのYさんとも初の御対面。さらにNHKのクルーもTV撮影に来られていて賑やかな感じだった。(NHK総合・おはよう日本)
2016_0409_スマホ_1

果無集落を後にし、次は市原の七朗へ。守口のカメラマンが行ってみたというのでご案内した。少しして熊野フォトウォーカーズのYさんも来られた。

七朗満開で、心和む風景に出会えた。出てこられた家の方に挨拶をしたら、この日は11時から祭りがあるので餅を食べていきな、とお誘い頂いたが、今日は予定を詰めていたので残念ながらそれは叶わなかった。
2016_0409_7.jpg 2016_0409_8.jpg 2016_0409_9.jpg 
立派な枝垂れがたくさん。ここでのんびりと出来たら贅沢なお花見になりそうだ。そんな中、大判写真を撮られていた方々と些細ないざこざがあり、大変嫌な気分になった。詳細は書かないが、ああいう方々がいる為に、カメラマン=非常識、というレッテルが貼られてしまっているのだろう。
2016_0409_10.jpg 
この後もぞろぞろと人がやってこられて、さぞかし賑やかな祭りとなったことだろう。
2016_0409_11.jpg

龍神十津川線ではヤマザクラが目に付いた。
2016_0409_61.jpg

すでに散り始めていたが、渓流沿いの桜はとてもいい雰囲気だった。そして、雨上がりにも関わらず、水があまりに綺麗だったので、下降ポイントを探して沢に降りた。
2016_0409_13.jpg

僕にしては珍しい沢への寄り道。水の色とダイナミックな流れが堪らなかった。
2016_0409_52.jpg
EOS6D EF24-70mm f4L f16 2sec ISO200 PL + ND16 DLO処理

2016_0409_50.jpgEOS6D EF24-70mm f4L f16 0.6sec ISO200 PL + ND16 DLO処理

2016_0409_51.jpgEOS6D EF24-70mm f4L f16 0.6sec ISO200 PL + ND16 DLO処理

湯泉地温泉 泉湯に入ってから風庵へ向かった。久しぶりの硫黄泉にとても癒された。
2016_0409_53.jpg 
2016_0409_55.jpg 
今日の風庵は辛み大根そば。今までなぜこれを食べなかったんだろうと新たな衝撃を受ける。
2016_0409_18.jpg

いっそのこと、順番に食べていって写真付きメニューでも作ろうかな。
2016_0409_56.jpg 

僕が到着する直前に団体さんが入った関係でちょうどそば打ち中だったけど、30分待って良かった。待ちの順番がおかしくなったことにもホールの女性が気付いてすぐに対応してくれた。気が利いた対応がとても嬉しかった。
2016_0409_19.jpg 
次は、奈良県最南端から奈良県北部へ。ここからプチ登山。そしてなかなかの急坂。
2016_0409_41.jpg 

もう新緑が綺麗。目的変わりそう。。。
2016_0409_42.jpg

シャガ。24-70F4の付属マクロだけどなかなか立体的にボケてくれる。
2016_0409_20.jpg 
登ること10分。予想外に散った桜が楽しませてくれた。
2016_0409_21.jpg

今回は下見でやってきたけど、次回試してみたい発想を得られた。桜は満開を少し過ぎていて少なめだった。
2016_0409_22.jpg

2016_0409_40.jpg

この日のラストは久しぶりの又兵衛桜。道の駅大宇陀から歩こうかと思ったけど、地元にお金を落とさないとと目の前の駐車場に停めた(500円)。着いた瞬間、桜は残念な状態だったので、少し遊んでから帰ることに。この待ち時間がたまらなく寒かったので、アツアツの草餅でも食べて待つことにした。
2016_0409_スマホ_2

ほとんどの観光客が不思議そうにこちらをチラチラ見ながら通り過ぎていく。たくさんのカメラマンが正面で三脚を立てている中、一人だけこんなところに三脚を立てて、ボーって立っているのだからそれも当然かもしれない。何撮ってんの?と聞いてくる観光客やアマチュアカメラマンが何人かいたが、液晶画面を見せるとそのたびに期待通りの反応を見せてくれて面白かった。

夕暮れ時、反対側はいい感じで夕焼けが始まっていた。カメラ1台なので動かせないのが辛い。でもいい景色だった。やがて太陽は遠くの山に隠れてしまい撮影終了。次の5枚がその遊びの結果!
2016_0409_スマホ_3

17:59 (日の入25分前)
2016_0409_23.jpg 
18:19 夕焼けピーク (日の入4分前)
2016_0409_24.jpg 
18:26 夕焼け終了直後 (日の入2分後)
2016_0409_25.jpg 
18:28 (日の入4分後)
2016_0409_26.jpg  
18:37 (日の入13分後)
2016_0409_28.jpg 
幽玄な蒼桜は朝に撮る方が多いけど、ここは光の条件的に夕景も一緒に楽しめそうだなと思い、今回立ち寄ってみた。桜は残念な状態だったけど、蒼桜も撮れたし色遊びも出来て楽しかった。今回は夕焼けピークの時が一番いい色してたかな。

あきののゆに浸かって冷えた体を温める。コンビニで買った夜ごはんを食べて、ここから300km東へ向かう。ちなみにここの温泉はジェットやら幾つかの浴槽があって面白いけどお値段もそれなりだ(800円)。どちらかというと、僕は質素な泉湯の方が好みかな(400円)。
2016_0409_スマホ_4

深夜0時。本日の宿泊地に到着。#3シュラフにもぐりこんで2時間ほど就寝。のつもりが起きたら4時を回ってる!起きた瞬間車中の底冷えが襲ってきて(2℃)、山の朝より寒く感じた。
2016_0409_スマホ_5

4時40分、大草城址公園に到着。滑り込みセーフ!すでにかなりのカメラマンが並んでる。皆で、まだかと太陽を待つが、それもむなしく日の出の時刻は過ぎていった。そうか、山が邪魔してるからか!と誰かが言ったけど、太陽が山を越えても空はぼんやり明るくなるだけ。
2016_0409_スマホ_6

モルゲンは見れなかったけど、この景色を見れて良かった。このスケールの大きさにはいつも感動させられる。隣の方は前日から望岳荘に泊られたらしく、前日の朝は雲が多くてこれほどすっきり見えなかったようだ。この方、隣で話を聞いてると、奈良県の飛鳥あたりを中心に活動されてる奈良のアマチュアカメラマンだった。とても詳しそうなベテランさんだった。世間は狭いな。
2016_0409_29.jpg 
道中ずっと気になる中央アルプス。左から仙涯嶺、南駒ヶ岳、赤梛岳、田切岳、空木岳。今年歩いてみたいけど、普通に縦走出来るルートなのか?田中陽希の二百名山の時のような藪こぎエリアがないか、これから調べてみよう。
2016_0409_30.jpg 
駒ケ根の栖林寺にも寄ってみた。桜はちょうどよかったけど青空が欲しかった。
2016_0409_31.jpg

道中も至る所に桜が咲いているので、そこかしこに気になる景色が見つかる。2016_0409_33.jpg 
どんどん霞んでいく空と追いかけっこしながらの撮影。
2016_0409_34.jpg 
最後に飯田市の観光地で枝垂れ桜を見てから、早々に帰阪した。
2016_0409_35.jpg

今年も十津川の桜を訪れることが出来て満足だった。昨年同様、2週連続の十津川村となったが、また来年も来てしまうんだろうなぁ。南信州はもう少し青空が出て欲しかったけど、それはまた来いということか。南信州もまだまだ行きたい場所があるけど、白馬三山を絡めた桜もずっと撮りに行きたいと思っている。白馬連峰を全山縦走して来年あたりに桜で再訪したいな。

今回の総移動距離:約980km


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
EF100mm F2.8L・Macro・IS・USM Velbon E545M
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
スマホ Arrows V
Velbon E545M


関連記事
スポンサーサイト

| photo | 19:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

充実の一泊二日、そしてまさに力作揃い!
ハードな撮影行動、パソコンの前でこれだけ見せてもらうのが
申し訳なく思えてきます(笑顔。

桜は昼よりも朝や夕方がやっぱり良いですね。
又兵衛さんの色変わりもそれぞれに味があります。

渓流の表情もさすがに足を止めただけあり、
強行軍でアルプスまで走っただけのこともあり、
本当に見どころたっぷりで感謝です。

| ke-n | 2016/04/25 14:54 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

睡眠不足でなかなかハードな二日間でしたが、
見たかった桜を見れて楽しかったです。
力作と言えるか分かりませんが、一生懸命頑張ってきました。
ありがとうございます。

又兵衛は久々でしたが、貫禄ありました。
色遊びもたまにやると面白いです。やっぱり朝夕がいいですよね~。

渓流は今年は多く撮りたいと思ってます。
水がとても綺麗だったので頑張って降りてみました。
アルプスはやっぱり反則ですね(^^)
シャッター切らなくても満足できそうなほど圧巻な景色でした。

今年の桜はとても早いですが、タイミングを合わせられてよかったです。

| COOPER | 2016/04/25 23:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/424-77fa7883

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT