yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤岳

2016年2月27日(土)~2016年2月28日(日)
やまのこ村P~赤岳鉱泉~行者小屋~赤岳
2016_0227_74.jpg

いざ、憧れの頂へ!





2月前半は足首の状態が悪く山に行ける状態ではなかったが、後半に入ると少しずつよくなってきて、短い距離なら歩けそうなくらいまで回復した。整骨院の先生とも相談しながら復帰の時期を窺っていた。2月も終わろうという週末。正直、まだ不安はあったが、好天予報に変わったことで気持ちは決まった。climb likeさんに連絡し、雪景色を求めて赤岳に向かうことにした。

前夜、先生にテーピングをしてもらい、サポーターを着けて臨んだ。likeさんには足の状態次第でどうなるかは分からないが、とにかくゆっくり登ってみると伝えてスタートした。

<2月27日(土)>

やまのこ村駐車場。林道の雪は少なかったが、急坂の凍結路を登れず、チェーンで対応した。
2016_0227_1.jpg

いきなりのこの景色に俄然やる気が出てきた。
2016_0227_2b.jpg

路面がガチガチだったので、美濃戸山荘でアイゼンを着けて歩き始める。
2016_0227_76.jpg

冬山テン泊装備で今日はお互いスローペース。林道歩きでも足首の痛みが分かる状態だったので、曲げる角度を制御しながらの歩行となった。
2016_0227_3.jpg

凍結する北沢。
2016_0227_4.jpg

沢の雪景色を堪能しながらのんびりと歩く。
2016_0227_77.jpg

鉱泉らしい雰囲気の溜まり。
2016_0227_5.jpg

いくつか橋を渡ると大同心、小同心が見えてきた。
2016_0227_78.jpg

そこから少しで赤岳鉱泉に着いた。スタートから2時間ほどだった。アイスキャンディは思ったより大きくて迫力満点だった。
2016_0227_79.jpg

アイスキャンディの近くに二張り分のスペースを見つけ設営した。地面が硬い氷になっていたので少々難儀した。今回はイーストンGold24"とブリザードステイクを使った。シュラフは冷え込みを想定してパフを持ってきたが、それほど冷え込まなかったので#3でも十分だった。
2016_0227_7.jpg

設営が終わって時間があったので、アイスキャンディカップを見学した。腕とふくらはぎがパンパンになるだろうな、なんて思いながら、とても楽しそうだった。大会で利用不可だったので次回は是非体験してみたい。ちなみに、「山登り大好き!」で解説上手な好日ガイドの笹倉さんを見かけてちょっと嬉しくなった。
2016_0227_81.jpg

アックスを刺すたびに鳴るドーンという音が心地いい。
2016_0227_6.jpg

2016_0227_82.jpg

外は雪が降り始め、自炊室に籠ることとなった。狭い自炊室にたくさんの人が押し寄せて、あまり居心地はいいものではなかった。ke-nさんがいたら、黒百合ヒュッテの時みたいだな、なんて思ったけど、テン泊組がこの部屋を使えるのは有難かった。
2016_0227_8.jpg

白州で酔っぱらって早々に就寝。6時間ほど寝て、夜中に寝たり起きたりし始めたところで外に出てみたが星はダメだった。
2016_0227_85.jpg

<2月28日(日)>

3時過ぎに起き、自炊室で朝食を食べる。食べ終わる頃に好日ガイドの笹倉さんがやってきて、おはようございますと挨拶を交わした。それ以上何も話せなかったのが残念だった。外に出ると空は晴れ、星と月が出ていた。予報どおり晴れそうだ。
2016_0227_9.jpg

5時30分頃、予定より1時間ほど遅れて出発。行者小屋に着く頃にはずいぶん明るくなってきたが、この時間帯の独特な空の色に加え、輝く月が印象的だった。
2016_0227_10.jpg

幻想的な赤岳。
2016_0227_11.jpg

阿弥陀岳と月。
2016_0227_12.jpg

北欧みたいなメルヘンチックな風景。ヘルメットとバラクラバを着用し地蔵尾根を登り始めた。
2016_0227_69.jpg

最初の鉄製階段は結構な傾斜だった。
2016_0227_13.jpg

標高を上げると霧氷が出来ていて、その間から阿弥陀岳が顔を覗かせた。
2016_0227_14.jpg

枝ぶりのいい霧氷。見れると思ってなかったのでラッキーだった。この辺りから写真でペースが一気に落ちる。
2016_0227_15.jpg

阿弥陀岳とlikeさん。
2016_0227_17.jpg

急な階段はとても気を使った。昨夜降った雪が上に乗っていたが、下はガチガチではなくアイゼンもしっかり効いたので歩きやすかった。
2016_0227_18.jpg

2016_0227_19.jpg

横岳周辺の岩峰。二十三夜峰か日ノ岳あたりかな。
2016_0227_20.jpg

行者小屋が小さくなってきた。
2016_0227_21.jpg

余裕のlikeさん。
2016_0227_23.jpg

ナイフリッジも例年より雪が少ないのだろう、難なくクリア出来た。
2016_0227_24.jpg

2016_0227_25.jpg

2016_0227_26.jpg

2016_0227_27.jpg

地蔵ノ頭に到着。お地蔵さんも寒そう。
2016_0227_28.jpg

展望が開けるとついに赤岳が。左には富士山!ここから写真を撮りまくってなかなか進まない。
2016_0227_29.jpg

そうしていると、前から来た登山者がCOOPERさんですか、と。ブログとヤマレコでお世話になっているtekapoさんだった。ヤマレコで計画を上げていたので知ってはいたけど、実際会えるかどうかは分からなかった。ようやく会えましたね!と握手を交わし、しばし歓談の後、大峰での再会を誓いtekapoさんは地蔵尾根を颯爽と下って行かれた。
2016_0227_70.jpg

展望荘は先週冬期営業を終了したところ。風車にはびっしりとエビの尻尾がついていた。
2016_0227_31.jpg

2016_0227_32.jpg

2016_0227_33.jpg

地蔵尾根を登る行列。
2016_0227_34.jpg

山頂付近は雪煙が上がってさらに風が強そうだ。
2016_0227_35.jpg

厳しい冬山に身を置いていることを実感し、一歩一歩、歩みを進めていく。
2016_0227_36.jpg

暴風が吹くと通過を待ち、通り過ぎるとまた歩き始める。この作業がいつの間にか楽しく思えてきた。
2016_0227_37.jpg

likeさんも稜線歩きを楽しんでいる様子。
2016_0227_38.jpg

早く着きたい気持ちと、終わってほしくない気持ちが鬩ぎ合い、葛藤を味わいながら最後の急登を登っていく。山頂直下はステップが切ってあって登りやすかった。ハイマツが出ている箇所は、踏まないように避けて登った。
2016_0227_39.jpg

2016_0227_40.jpg

後続もたくさんやってきた。山頂はもうすぐ。
2016_0227_41.jpg

6月にアンニョンさんと泊った頂上山荘。今は冬眠中。
2016_0227_42.jpg

気になる富士山。春霞のような空で、くっきりとはいかない。
2016_0227_43.jpg

そしてようやく山頂に到着!壊れてた名板が直ってる。
2016_0227_44.jpg

権現岳と南アルプス。
2016_0227_45.jpg

最高の天気で冬の赤岳に登頂出来た。記念にlikeさんと撮って頂いた。
2016_0227_71.jpg

狭い山頂はすぐに渋滞し始めたので、早々に下山開始。
2016_0227_72.jpg

縦走路分岐手前の岩場はちょっと嫌らしかった。
2016_0227_73.jpg

下り始めも急なので慎重に。
2016_0227_48.jpg

振り返ると、吸い込まれそうな青空に雪と岩。最高の時間を楽しむ。
2016_0227_49.jpg

凄い迫力の阿弥陀岳。
2016_0227_50.jpg

横バイ歩きで避けて下さったパーティ。
2016_0227_51.jpg

輝く雪煙と登山者。
2016_0227_53.jpg

バリエーションを楽しむ登山者。
2016_0227_54.jpg

中岳と阿弥陀岳はこの角度からのラインが美しかった。
2016_0227_55.jpg

硫黄岳もまた行かねば。
2016_0227_56.jpg

2016_0227_57.jpg

日本離れした景色に何度も足を止めた。
2016_0227_58.jpg

2016_0227_60.jpg

2016_0227_61.jpg

2016_0227_62.jpg

2016_0227_63.jpg

樹林帯に入ると延々下るだけ。
2016_0227_64.jpg

行者小屋のテン場は赤岳鉱泉よりも張りやすそうだった。
2016_0227_65.jpg

アイスキャンディカップの開催により営業していた行者小屋。知っていたらこっちにしてたのに。。。
2016_0227_66.jpg

冬の赤岳、景色も歩きも大変気に入った。再訪すること間違いなし!
2016_0227_67.jpg

冬山でまず目指すべき指標としてスタンダードとされている赤岳。天気にも恵まれて、無事に登ることが出来た。3,000m級の厳しさを味わいながらの稜線歩きは最高だった。来年はタイミングが合えば縦走してみたい。

足首の状態はこの登山をきっかけに急速に回復へ向かい、現在は8~9割くらいに戻っている。チャンスがあればあともう少し冬山を味わいたい。

climb likeさん、今回もお世話になりどうもありがとうございました!


◆Temp. Log
Temp_2016_0227.jpg

・最低 -12.8℃(ナイフリッジ)
・就寝時テント内最低 -7.9℃


◆GPS Log(HOLUX M-241)



◆C.T.
<DAY1>
10:15 やまのこ村駐車場
12:25 赤岳鉱泉

<DAY2>
5:30 赤岳鉱泉
6:03 行者小屋 6:10
7:44 地蔵ノ頭 8:10
8:17 赤岳展望荘
8:57 赤岳 9:10
9:31 文三郎尾根分岐
10:27 行者小屋 10:30
10:57 赤岳鉱泉 12:35
14:05 やまのこ村駐車場


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon ULTRA MAXi mini3
関連記事
スポンサーサイト

| 八ヶ岳 | 21:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

青と白の世界観、これぞ冬山の醍醐味という雰囲気ですね。
舞い上がる雪煙や稜線を行く登山者たちのお写真、
胸がドキドキするような迫力がありますね。

また友人さんとの出会いもあり、素晴らしい遠征でなによりでした。
足の方も完全復活までもう少しですね。

| ke-n | 2016/03/07 08:34 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

前日の雪で冬に戻った感じがあり、いい景色を見れました。
写真ありがとうございます。
じっくり撮りたかったですが、歩くのが楽しくて大満足でした。
この迫力はたまりませんね。

tekapoさんとはブログで以前からやりとりしていたので、
ようやくといった感じです。
足首はもうちょっとかかりそうですが、何とか復帰出来て良かったです。
ありがとうございます。

| COOPER | 2016/03/07 23:22 | URL |

登頂おめでとうございます。
前日の雪と当日の天気が、良いタイミングでしたね。
赤岳への急斜面を問題なく登下降されたようで、足首の状態も随分と良くなっているのではとお察しします。
南八つでは権現辺りからの眺めもとても良いですよ。

| パンダ | 2016/03/08 00:58 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

パンダさん、こんばんは。

コメントどうもありがとうございます!
タイミングがうまく合い、ゆっくりと景色を楽しみながら
赤岳を満喫できました。
山頂直下の急斜面はどっち周りでも気を使いそうな感じですね。
足首の状態がよければ昨年のようにお誘いするつもりでしたが、
どうなるか全く分からなかったので控えさせて頂きました。
また完全復活したらぜひお願いします。
権現岳からの眺めをいつか見れることを楽しみにしてます。

| COOPER | 2016/03/08 01:24 | URL |

白い頂‼

COOPERさん、こんにちは。

今回はお疲れさまでした。
心配していた天気も上手い具合に
好転して、絶好の冬山日和になりましたね。

月明かりに照らされた阿弥陀岳、
樹氷をまとった樹々たち、
迫力のある稜線からの景色、
今回も思い出に残る山行をご一緒出来たことを嬉しく思います。

そろそろ晴れ男に昇格出来ますかね?(笑)

| climb like | 2016/03/08 10:34 | URL |

Re: 白い頂‼

climb likeさん、こんばんは。

当日はどうもお疲れ様でした。
いい天気になってくれてよかったです。
足は少し痛みがありましたが、登りも下りもペースに付き合って頂いて
助かりました。ありがとうございました。

景色はやはり最高でしたね。
予定外の霧氷も見れましたし、稜線に出てからの景色も圧巻だったし、
挙げればきりがないですね。
こちらこそご一緒出来てよかったです。

もう晴れ男に昇格したのではないでしょうか?(^^)

| COOPER | 2016/03/09 02:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/418-9051933c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT