yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

山上ヶ岳

2016年1月31日(日)
清浄大橋~洞辻茶屋~山上ヶ岳
2016_0131_52.jpg

ぽかぽか陽気の山上ヶ岳へ!



このところ遠征続きだったので、そろそろ大峰を歩きたい、そう体が訴えてきた。しかし、週末に他の用事が重なり、いいタイミングで行けそうにない。凍てつく大峰でなくてもとにかく歩こうぜ!いやいや、せっかくの大峰だからキンキンに冷えた時でないと…。そんな葛藤に日々悩まされたが、そうこうしてるうちに春が来ては元も子もない。ということで、比較的行きやすい稲村に行こう、そう話していたのに嫁さんが例のごとくドタキャンとなった。稲村は一緒に行くときに置いとくことにして、男一人、山上ヶ岳に登ることにした。

この時期の山上ヶ岳は、稲村ヶ岳よりも登る前から負けそうな気分になる山だ。この時期に歩いたことがある人なら分かると思うが、鐘掛岩から西の覗あたりの雪の状態がどうなってるかがとても気になるのである。前日降った雨でカチカチに凍結しているのではないか、思ったより雪が多いのではないか、など、この日も行く前からどんよりした気分だった。

2ヶ月ぶりの大峰。天川川合から洞川に入り、雪の少なさに少しホッとしていた(すでに弱気、でも行く)。ごろごろ茶屋を過ぎると、薄い圧雪道となり、母公堂から先はいよいよ深い雪道になった。清浄大橋に着くころには、そこそこ雪が残っていて、轍に足を取られながらもなんとか橋の手前に駐車することが出来た。1台のSUVが停まっていて準備中だったが、よく見るといきなりスノーシューを装着している。すぐ外すことになるのでは?と思いながら僕も準備を始めると、その方は歩き始めていった。その後、準備中にもう一人がやってきて先に行かれた。今日はまだ来るかなぁ、隣は多いんやろうなぁ、なんて思いながら僕も出発した。

準備している最中のこと。右足首を前後に曲げると激痛が走った。何の前振りもなく、いきなりやってきた。靴を履くのが少し辛かったが、締めると何とか歩けそうだったので進むことにした。

山道に入ると、案の定、雪はすっかりなくなった。前日の雨で融けたんだろう。しかし、右足が本当に痛い。こんな状態で下ってこれるのか、そう思うほどだった。進んでは何度も立ち止り、振り返って戻るか悩んではまた前を向く、そんなドンガメ状態で様子をみながら、ゆっくりと登っていく。
2016_0131_1.jpg

一本松茶屋を抜けたあたりでようやく雪道になった。
2016_0131_2.jpg

洞辻茶屋に着くと、霧氷が出始めた。いつもここから景色が一変するので、今日も到着が楽しみだった。アイゼンは茶屋の手前あたりから着けた。
2016_0131_3.jpg

洞辻茶屋で休憩し、先へ進むか考える。予報ではここから天気が良くなるが、正直、足の状態は登ってはいけないレベルだった。十分分かっていた。でも青空と霧氷の誘惑に弱い心は負けてしまった。
2016_0131_4.jpg

輝く霧氷。
2016_0131_5.jpg

予報通り青空も出て、来てよかったと思えた。
2016_0131_6.jpg

このあたりの時間帯が、霧氷の量と青空のバランスが一番よかったかもしれない。この後、時間の経過と共に、霧氷はどんどん太陽にやられていった。
2016_0131_7.jpg

2016_0131_7b.jpg

宿坊が見え始めた。手前の霧氷が輝いて綺麗!
2016_0131_8.jpg

レンゲ辻から稲村へ向かう尾根は真っ白。
2016_0131_9.jpg

茶屋内部もさほど埋まっていない。
2016_0131_10.jpg

青空と繊細な霧氷。
2016_0131_11.jpg

終始夏道を歩けてラッキーだった。
2016_0131_14.jpg

核心部をクリアし、ここからは惰性で進む。足は依然痛いが、ここまで来たら行くしかない。
2016_0131_16.jpg

どこまでも美しい霧氷。しかも青空との組み合わせとなると、特にこの冬は貴重だ。今撮っておかないと、次は来シーズンかもしれない、そう思うと夢中で撮影していた。
2016_0131_17.jpg

1本の木が気になり、じっくり撮影モードに。そうしている間にも、霧氷の雨がとめどなく降り続けた。
2016_0131_18.jpg

山の上に現れる宿坊。この光景はいつ見ても趣がある。
2016_0131_19.jpg

2016_0131_21.jpg

西の覗。鎖場の窪みに溜まった水が完全に凍結していた。
2016_0131_22.jpg

ここからの景色は高度感抜群。歩いてきた対岸の尾根は断崖絶壁。
2016_0131_23.jpg

観音峰から稲村への尾根。遠くに洞川の街が見える。
2016_0131_24.jpg

大日と稲村ヶ岳。レンゲ辻から稲村方面に向かう尾根の白さが際立っている。足がよければ間違いなく向かっているだろう。
2016_0131_25.jpg

龍泉寺
2016_0131_26.jpg

ここまで来たらあと少し。
2016_0131_27.jpg

冬のこの雰囲気がとても好き。
2016_0131_28.jpg

ほどよく締まった雪を踏みしめ、ラストの直線を一歩一歩登る。
2016_0131_30.jpg

4時間弱で大峯山寺に到着。ドンガメだったけど、雪の状態に助けられて何とかここまで来ることが出来た。大峯山寺の脇で昼食をとる一人の登山者がいた。駐車場で後から来て先行された方だった。スノーシューをつけて先行された方は、レンゲ辻から登られたようで、この後、お花畑ですれ違った。
2016_0131_31.jpg

お花畑へ向かう途中、またまた気になる木を発見。降り注ぐ霧氷と追いかけっこするように、急いでレンズ交換しながら撮影していく。PLの効かせ具合、光の当たり方、その他諸々がよかったのがこの一枚。FBに載せたのはさらにPLを効かせているが、このあたりは賛否両論だろう。もう少し早ければもっと霧氷があったと思うと、残念でならなかったが、この足の状態から贅沢は言えない。そもそも、朝寝過ごしてしまったのが原因だが・・・。
2016_0131_33.jpg

お花畑。ぽかぽか陽気で最高に気持ちいい。
2016_0131_34.jpg

稲村ヶ岳と弥山。やはり白さは少ないが、そんなことはどうでもよかった。いい天気でこの景色が見れて満足しないわけがない。
2016_0131_35.jpg

お花畑で昼食にした。今日はコンビニの惣菜とおにぎり。胃が悪かったので、この量でもお腹が張ってしまった。
2016_0131_36.jpg

さっきより心なしか霧氷が細ったように見える。
2016_0131_37.jpg

先行で昼食されていた方が日本岩へ向かわれた。今日は僕たち3人の後から2人が登ってこられたので、計5人の山上ヶ岳となった。
2016_0131_38.jpg

弥山。仏生ヶ岳、孔雀岳、その後ろに少しだけ釈迦ヶ岳。いつまでも眺めていたい景色。
2016_0131_39.jpg

笹原が気持ちいいお花畑。お隣の山はさぞかし賑わってるんだろうなぁ、なんて思っていたが下山後ヤマレコで大賑わいだったことが分かった。
2016_0131_40.jpg

大日と稲村ヶ岳へ続く稜線が美しく、初めて来た時以来お気に入りの景色。この景色を嫁さんと一緒に見られないのが残念だが、歴史ある山だけにそれは仕方ないこと。
2016_0131_42.jpg

一応シュカブラ?お花畑の残雪。
2016_0131_43.jpg

1時間ほどのんびりし、まだ時間的には余裕があったが下山することにした。
2016_0131_54.jpg

2016_0131_55.jpg

方角的に、右は白髭岳、左は明神平方面かな。
2016_0131_44.jpg

帰りもこの景色を見に立ち寄った。遠くに見えるあの登山口までドンガメで下ろう。
2016_0131_45.jpg

稲村ヶ岳を見納めて、際どいトラバースをゆっくり下る。洞辻茶屋からはのんびり惰性で歩いた。
2016_0131_46.jpg

右足をかばいながら無事に下山した。駐車場の雪は柔らかくなっていて、心なしか少なくなっていた。おかげで容易に脱出することが出来た。駐車場代1,000円をポストに入れ、ふくにしでもめんとどでかをゲットし、天の川温泉に入って帰阪した。
2016_0131_53.jpg

久しぶりに大峰を歩くことが出来、青空と霧氷を見れて満足の山行だった。本音を言うと凍てつく大峰を感じたかったが、今年の気象条件でこの景色が見れただけでも十分だと思えた。3月のような雪質で逆にこの日は助かったようにも思う。その足の状態は思った以上に悪く、現在も週2回通院をしている。暖冬のなか、ここまで外れなくいい感じで雪山に行けていたが、ここでこの冬を終わらせたくない気持ちは強い。絶景の代償が大きいものとならないよう、今はしっかり治療に専念したい。


◆Temp. Log
Temp_2016_0131.jpg


◆GPS Log(HOLUX M-241)



◆C.T.
7:03 清浄大橋
7:45 一本松茶屋
8:32 お助け水
9:01 洞辻茶屋 9:17
10:23 西の覗岩
10:47 山上ヶ岳~昼食 11:53
12:54 洞辻茶屋
13:45 一本松茶屋
14:28 清浄大橋


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 23:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

雪の山上ヶ岳、稲村よりも憧れです。
厳冬期はいつも計画時点で大峰からは逃げ、無難に台高に行ってしまいますが、
やはり冬の大峰は厳しい分だけ、見れる景色も素晴らしいと感じますね。
他の大峰の山々の存在が近くに感じられるのも良いポイントで、
お写真でそこのところも上手く表現されておられますね。

足、一日でも早く治ると良いですね。
お大事にして下さい。

| ke-n | 2016/02/12 09:10 | URL |

Re:

ke-nさん、こんにちは。

この時期の山上ヶ岳は楽しいですね。
危険箇所はやはり怖いですが、そこまででも
結構綺麗な景色が見れますね。
写真ありがとうございます。
やはり山上ヶ岳からの景色は少し独特な感じがしますね。
来年は是非凍てついた時に行きたいと思います。

足の件、お気遣いありがとうございます。
何とか月末くらいには復帰出来そうな感じです。

| COOPER | 2016/02/12 12:42 | URL | ≫ EDIT

COOPERさん、おはようございます。
山上ヶ岳、じっくり拝見させて頂きました。
大峰でもここはなぜか緊張感を感じさせます。
漂う独特な気でしょうか。

足の怪我はしっかり治療されてる様ですね。
焦らずにじっくり、完治させて下さい。


| narakuma | 2016/02/13 08:53 | URL |

Re: タイトルなし

narakumaさん、こんにちは。

山上ヶ岳は大峰の中でも独特な空気を感じますよね。
山頂からの景色も際立っているように思います。
一度は開いた時期にも歩いてみたいと思っています。

足の件、お気遣いありがとうございます。
今週の治療で急激に回復してきたので、
もう少しで山を歩けるレベルになると思います。

| COOPER | 2016/02/13 11:16 | URL |

初めまして

フェイスブックにイイネありがとうございます。
私はカメラマンとして山に登り始めたばかりの初心者です。

冬の山上ヶ岳は憧れで、いつかは登りたいと思っていました。
まだまだ知識も装備もこれからですが、いろいろとご教示していただけたら嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

| rato | 2016/02/15 09:44 | URL | ≫ EDIT

Re: 初めまして

ratoさん、初めまして。

コメントありがとうございます。
FBのいいねはnarakumaさんとの明神平の一枚でしょうか。
違っていたらすみません。

いずれにせよ、快晴での明神平は気持ち良かったことと思います。
冬の山上ヶ岳は危険箇所の手前まででも十分綺麗だと、
個人的には思います。
今後とも宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2016/02/16 02:28 | URL |

青と白の世界

COOPERさん、こんにちは。

今シーズンは暖冬で雪が少ないですが、
それでも少ないチャンスをものにしてますね。

青い空と白い樹氷堪りませんね~~~。
僕は今シーズンまだしっかりと樹氷を見れてないので、
そろそろ見たいものですが・・・。

山上ヶ岳もいつかは行ってみたいお山です。

足のほうはどうですか?
しっかりと治してあの頂を目指しましょう!!

| climb like | 2016/02/17 16:41 | URL |

Re: 青と白の世界

climb likeさん、こんばんは。

今シーズンはツイてるようなツイてないような、
良く分からない感じになってきました。
でも少ないチャンスでこれだけ見れれば十分ですね。
霧氷はやはり初戦の釈迦ヶ岳が豪快でした。
あの感じをもう一回くらい味わいたいです。
山上ヶ岳はいつかご一緒したいですね。

次の山では霧氷はほぼ確実でしょうね。
ついて行けるようにちゃんと治したいと思います。

| COOPER | 2016/02/19 01:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/417-02c15a53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT