yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

小秀山 DAY1

2015年12月29日(火)~2015年12月30日(水)DAY1
三の谷登山口~兜岩~小秀山
2015_1229_58.jpg

2年越しの悲願!いざ秀峰の頂きへ!




2013/12/30~31の小秀山山行は、風雪により第二高原と第三高原の間でビバークを余儀なくされ、翌日撤退となった。そして2015年末。あれから2年が経ちclimb likeさんと再びチャレンジすることになった。あの山行については、この2年間片時も忘れることはなかったし今でも鮮明に覚えているが、再びあのシラビソの迷宮に挑戦する気力が十分にあったかというと、正直なかったかもしれない。ただ、あれから経験値は確実に上がっているし、何と言っても暖冬で雪不足という好条件を見方につけているので、少し不安な気持ちはあったが決行することにした。

今回は日程を早めにFixさせていたので天気を狙うことはできなかったが、この2日間はちょうどいいタイミングにハマってくれた。12/29の早朝に愛知県でlikeさんと合流し、二人で乙女渓谷へと向かった。

乙女渓谷のキャンプ場を少し過ぎたところで出発の準備をする。バックパックは山と道THREE(WHITE、Lサイズ)。MINI25Lの上が60L(アルパインパック)だったので、その中間として泊山行用に新調した。テント・シュラフ・スノーシューやら、酒・食材、カメラ機材など、計17~18kgとなり早くもバックパックの耐荷重オーバーに。この2日間は強い衝撃を与えないように注意して上げ下げすることに。。。
2015_1229_1.jpg

林道は薄っすら雪が付く程度だったので、アイゼンを付けずに歩き始める。今回は二の谷登山道が崩落により通行止めだった為、三の谷登山道をピストンする。先行者の真新しいトレースが二人分付いているが、一つは小さめなので女性と思われる。
2015_1229_3.jpg

冬期通行止めのゲート。左から回っていく。この日の道路状況ならここまで車で入れたかもしれない。
2015_1229_2.jpg

駐車場から30分で三の谷登山口。このポストは閉鎖して使えない。登山届は二の谷登山口かネットで提出することになる。山頂まで5.9kmと書かれている。長い道のりの始まりだ。
2015_1229_4.jpg

三の谷登山道は退屈な九十九折れが延々と続く。視界が開けだすと、向かいの尾根に霧氷が見えた。前日の湿った空気と冷え込みのおかげだろう。上の方は光が当たってやたら白く見える。
2015_1229_5.jpg

休憩適地の看板。全部で3ヶ所ある。まだ1ヶ所目だ。
2015_1229_6.jpg

釈迦ヶ岳のような笹原の稜線。竜ヶ岳のような羊の群れも見える。(竜ヶ岳はまだ行ったことない)
2015_1229_7.jpg

ようやく山並みを望めるくらいまで登ってきた。九十九折れなのでなかなか標高を稼げない。
2015_1229_8.jpg

次の休憩適地あたりでちょうど12時だったので昼食にした。おにぎりや甘い食べ物など軽めの昼食。サーモスのお湯を飲むと体が温まって生き返った気分。アイゼンを装着し、先へと向かった。
2015_1229_9.jpg

前回は記憶にない木橋。もしかしたら雪に隠れていたのかもしれない。
2015_1229_10.jpg

鶏岩。鶏冠をイメージしているのだろう。
2015_1229_11.jpg

ようやく尾根に乗り、ここからが核心。
2015_1229_12.jpg

斜面の方角によるが、霧氷も着き始めた。
2015_1229_13.jpg

兜岩直下の登りにさしかかる。
2015_1229_14.jpg

今回のコースでは、この兜岩直下が一番嫌らしいポイントだ。2年前はこの急斜面と深い雪に苦しめられた。特に下りが怖く、今回もここが気掛かりだった。
2015_1229_15.jpg

しかし、今年の暖冬にはそんな心配は無用だったようで、思いのほかあっさりと難所の第一区間をクリアした。展望が広がり最高の気分。気持ちが高まっているのが分かった。
2015_1229_16.jpg

笹原の斜面は霧氷が綺麗。
2015_1229_17.jpg

難所の第二区間に突入。ここが最大の難所になる。
2015_1229_18.jpg

木を掴みながら登っていく。雪が少ないので苦戦はしなかったが、ここだけピッケルがあったらもっと楽だったかな、と思った。
2015_1229_19.jpg

難所を越え、兜岩の勇士が見えると、またここに来たことを実感出来た。
2015_1229_20.jpg

2015_1229_21.jpg

兜岩に着くと展望は抜群だ。岐阜の山並みが素晴らしく、お気に入りの景色だ。
2015_1229_22.jpg

笹原の奥には大迫力の御嶽山が迫っていた。ジャストな雲の演出も憎いところ。写真を撮っていると先行トレースのカップルが山頂から戻ってこられた。4本爪で登頂されたようなので、僕たちはここにスノーシューをデポすることにした。と同時に、僕たちの登頂も確実なものとなった。
2015_1229_23.jpg

兜岩を過ぎると、恵那山の展望が開けた。
2015_1229_24.jpg

第一高原だった。
2015_1229_25.jpg

第一高原から少し行くと中央アルプスが見えた。先日登った木曽駒ヶ岳や宝剣岳がアルプスらしい姿を見せている。
2015_1229_26.jpg

第一~第三高原までは小さなアップダウンを繰り返す。
2015_1229_27.jpg

雪が浅く、トレースもあるので快適に歩ける。
2015_1229_28.jpg

第二高原に到着。
2015_1229_29.jpg

そして、2年前に格闘したシラビソの迷宮に突入。そこには2年前のようなモンスターの姿はなく、ただただゴールに繋がる1本の雪溝を辿るだけ。
2015_1229_30.jpg

中央アルプスがドンと開けると、
2015_1229_31.jpg

遂に第三高原だ。2年前に超えられなかった壁を超えた嬉しさがこみ上げてきたが、ここはグッと我慢。
2015_1229_32.jpg

2年前のログを見てみると、第三高原のすぐ目の前で撤退したことが分かる。あの時の実力がそこまでだったということだろう。
2013_b.jpg

第三高原からのラストの登りも難なく登り切り、
2015_1229_33.jpg

15時11分、遂に冬期小秀山に登頂!!こらえてきた喜びを二人で爆発させ、そして吠えた!!小秀山の呪縛から解放された瞬間だった。
2015_1229_34.jpg

御嶽山が間近に見えて、迫力満点。
2015_1229_55.jpg

2015_1229_39.jpg

悲しい噴煙が今もなお上がっている。
2015_1229_38.jpg

木曽駒ヶ岳、中岳、宝剣岳もいい眺め。
2015_1229_40.jpg

意外と長い木曽山脈。全長約65km。南端は写真よりもまだもっと右。
2015_1229_35.jpg

山頂奥に見えてる屋根が秀峰舎避難小屋。歩いて2分くらい。
2015_1229_36.jpg

小屋に入り、寝具と調理の準備をする。小屋は、2部屋有り、玄関入って右手にバイオトイレが有る(冬期は使用不可)。奥の部屋はテーブルが有り、今回はそこで飲み食いし寝ることにした(写真)。毛布4枚、アルミシートの薄手が数枚と厚手が3枚有り(2015/12/30時点)。床にアルミシートと毛布を敷き、準備もひと段落つくと、likeさんがコーヒーを入れてくれた。ちなみに写真のヘルシアは緑茶ではなく、梅酒が入っている。この後、小屋には誰も到着せず、二人で贅沢に秀峰舎を使えることとなった。
2015_1229_41.jpg

御嶽夕景。ほんのりとピンクに染められた御嶽山は、悲しいほどに美しかった。
2015_1229_42.jpg

2年分の思いを込めて、マジックアワーの移ろいを収めていく。
2015_1229_61.jpg

2015_1229_59.jpg

中央アルプスの主峰もドラマチックに演出されていた。
2015_1229_62.jpg

風が強かったけど、快晴のブルーモーメントを堪能出来た。
2015_1229_47.jpg

遠く岐阜と愛知の街明かりが灯り出した。日の入りの方角には、マジックアワーの赤みがまだ残っている。この時、風が強く、気温はマイナス10℃を下回っていたが、2年越しの感動はまだまだ冷める気配はない。
2015_1229_48.jpg

小屋に戻り、梅酒で祝杯を上げる!頑張って担いできた具材をEVERNEWの鍋型コッヘルに投入する。
2015_1229_49.jpg

味付けは鍋キューブの寄せ鍋しょうゆ味だ。白菜、ニンジン、大根、豚、とり団子、餅、〆は卵で雑炊を食べた。近所のスーパーにキムチ味がなかったのでこの味にしたけど、すごく美味しかった。家でも十分使える味だった。
2015_1229_50.jpg

likeさんはおでんパック。9月に剱岳でやったのと同じだ。あの時は立山IC近くのローソンでゲットしたので全く同じおでんパックかもしれない。〆のうどんを美味しく頂き、食後はお互い持参したミカンで癒された。
2015_1229_51.jpg

時刻は19時30分。外に出ると、空気が澄んでいて星がたくさん見えた。情報によると、月の出は20時37分で、月齢は17.7だ。もうじき月が出て、星が撮れなくなってしまうので、思いつくパターンを手短に撮影していった。東の空は中央アルプスとオリオン座が綺麗だった。
2015_1229_52.jpg

北の空。御嶽山と天の川が見事な星景を見せてくれた。さらに、雲海が街明かりに照らされて印象的だった。
2015_1229_53.jpg

撮影中の気温はマイナス10.8℃。ウールの手袋に両手ともカイロを入れて対応した。そして、21時過ぎに撮影は終了。小屋に戻ると、溶けるような安堵感で満たされた。明日の朝景に期待してシュラフに潜ると、撮影中は気にならなかったびゅうびゅうと鳴り響く風の音が耳に障った。2年前とは全く異なる時間の流れを味わいながらしばらく風の音を聞いていると、いつの間にか眠りについてしまっていた。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

| 御嶽山系 | 22:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。
今日は午後から山の天気が崩れるってことで、お休みしてしまいました。

さて、冬季の小秀山、思い入れの深さに比例してお写真も多めですね。
よくぞマゾlike隊長に付いていかれました(笑。
登頂、おめでとうございます。
山頂から見えた数々の景色、凛と冷えたような満天の星、素晴らしいです。

| ke-n | 2016/01/17 08:48 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんにちは。

今日から天気が1週間崩れるようですね。
本格的な冬将軍に期待します。

この山行はきっちり記録を残しておきたくて、
特にDAY1は文章も写真も多めに構成しました。
2014年は都合が合わず行けなかったので、
お互い、2015年こそはと決めていましたが、
道中はさすがのマゾlike隊長も不安の色は隠せていなかったように思います。
条件に恵まれて無事に登頂出来てよかったです。ありがとうございます。

撮影は、気温はそれほど下がりませんでしたが、風が厄介でした。
長秒では風が運んだ粉雪がレンズに大量にへばりついてしまい失敗しました。
月と星と中央アルプスが撮れていい感じだったので残念です。

| COOPER | 2016/01/17 12:04 | URL |

呪縛解放‼

COOPERさん、こんにちは。

僕も2年前の小秀山は強烈に頭に残ってます。

あの時とは条件は違いますが、
冬期小秀山登頂、秀峰舎に泊まれたことは、
今回の大きな収穫で、
これで、年末の小秀山からは解放かな?(笑)と思います。
天気も味方してくれて、フルコースの景色を味わえたのも大満足です。

| climb like | 2016/01/17 15:44 | URL |

Re: 呪縛解放‼

climb likeさん、こんにちは。

本当の小秀山はこんなものではないでしょうけど、
ひとまず解放?でいいですよねw
今回もご一緒出来てよかったです、ありがとうございました。
前回は見れなかった山頂からの景色も素晴らしく、
天気も恵まれ最高でしたね。
小屋も快適で、僕も大満足でした。

| COOPER | 2016/01/17 16:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/414-9e3e4f66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT