yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鈴鹿釈迦ヶ岳

2015年11月3日(祝)
三池岳登山口~段木尾根~釈迦ヶ岳~岩ヶ峰尾根~三池岳登山口
2015_1103_20.jpg

鍋パ de 秋の鈴鹿を満喫!



恒例の鈴鹿で鍋パーティ!今年もclimb likeさん選考の玄人好みのコースを歩くこととなった。待ち合わせは八風キャンプ場の奥の駐車場。地図を見ると三池岳の登山口にもなっているようだ。出発が少し遅れてしまい、僕たちは8時頃に到着した。来る途中に、向かう方向が黒い雲に覆われてるなぁと心配になっているとやはり雨が降り出し「まじかよ~」と気分はどんどん下がっていく。そんな雨も通り雨だったのか、すぐに止んでくれて一安心。

駐車場でclimb likeさん、Mさん、ke-nさん、express55さんと合流。Mさんは今年冬に天狗岳に行った時以来の山行と言っていたが、ブランクを感じさせない快調な歩きっぷりだった。(最後は膝を痛めていたけど)

出発前の登山口。さほど冷えもなく歩くにはちょうどいい感じ。
2015_1103_1.jpg

登山地図が掲示されてるのは珍しい。
2015_1103_2.jpg

八風(はっぷ)と読む。今日は単焦点のみ(14mmと50mm)で楽しむことにした。
2015_1103_3.jpg

整備された林道をどんどん進む。
2015_1103_4.jpg

今年の山で最も綺麗だと思った赤の紅葉。
2015_1103_5.jpg

負けじと輝く黄葉。やはり今年は黄色なのか。
2015_1103_6.jpg

段木尾根取り付きあたりの黄葉も綺麗。今日は紅葉が当たりでは?と予感した。
2015_1103_7.jpg

段木尾根に入るといきなりの急登。前日のトレーニングの疲れが太ももに残ってはいたが、さほど息も上がらずにいい感じで楽しめた。
2015_1103_8.jpg

2015_1103_9.jpg

2015_1103_10.jpg

足元の秋を激写中のexpress55さん。
2015_1103_11.jpg

ところどころハッとするような綺麗な色づきが現れる。
2015_1103_12.jpg

葉の基部が心形のイワウチワ群生地。
2015_1103_13.jpg

急坂を登り終えるとようやく開けたところに出た。色づきのいい紅葉も見え、バックには菰野町も見えている。
2015_1103_14.jpg

そしてさらに登ると段木という更に開けた平らな台地に出た。それと同時に吹きつける横殴りの風に耐えながら左右両側の斜面に目をやると、しっとり色づいた紅葉がなかなか見応えがあった。
2015_1103_15.jpg

立山を除けば、今年一番よかったかもしれない紅葉をまったり楽しみたいところだったが、とにかくその強い風に耐えるのがやっと。
2015_1103_16.jpg

そんな中でも気になる景色を素通り出来ず、あれこれと頑張って見る。ところが風は容赦なく吹き続け、これはヤバいなと感じていながらも、数分間手で押さえることなく、ファインダーから目を離さず両手でカメラを持ち続けた。その結果、当たり前のように風が帽子を遠くまで飛ばしていってしまった。その時撮ったのがこの写真。
2015_1103_17.jpg

落ちた位置を目で追うも、風が依然強いままでどうしたものかと思ったが、このまま放置していくわけにはいかないと気づき30mほど下って探しに行った。しかし、帽子はさらに崖下へ飛ばされて見えなくなってしまい、これ以上は危険だったので仕方なく段木まで戻った。帽子は突然飛ばされたわけではなく、十分途中で防ぐ余裕があったのに撮影を続けてしまった。帽子はまた買えばいいことだが、山にゴミを残してしまったことに酷く後悔した。
2015_1103_18.jpg

そのことを引きずったまま先へ進んだが、やけにいい感じの紅葉が逆に悲しく感じた。
2015_1103_19.jpg

釈迦ヶ岳への稜線は落ち葉がとても綺麗だった。
2015_1103_20.jpg

2015_1103_21.jpg

2015_1103_22.jpg

そして、快適な稜線を登りきると鈴鹿の釈迦ヶ岳に到着。前に油日岳でお会いしたMさん作の山名板。槍ヶ岳や先日登った剱岳にもあり、とても有名で人気のデザインだ。
2015_1103_23.jpg

そのまま進むと今年2月に歩いた根ノ平峠を経由して朝明へ行くようだ。
2015_1103_24.jpg

もう一つのシンプルな山名板。
2015_1103_25.jpg

2015_1103_26.jpg

少し進んだところで風のない場所を発見。そこで昼食を摂ることにした。僕たちは餃子とシューマイを蒸した後、焼き肉を焼いた。
2015_1103_27.jpg

ke-nさんたちはスペアリブの味噌煮込み!
2015_1103_28.jpg

likeさんはゴマ豆乳鍋!〆はうどん!皆で食べ合って、色々な料理をを味わえるのがとても楽しい。ただ、どれも肝心の料理を撮り忘れてしまったorz
2015_1103_29.jpg

さぁ、昼食後は再び山頂を通過し予定通り岩ヶ峰尾根を下ることに。山頂では晴れた景色がとても綺麗だったけど、風はまだまだ強い。
2015_1103_30.jpg

岩ヶ峰尾根の下降点。ここもなかなかの急坂だ。
2015_1103_31.jpg

2015_1103_32.jpg

ゆるフォトをイメージしてハイキーで、
2015_1103_33.jpg

なんて遊んでると、目の覚めるような青空と紅葉を発見!
2015_1103_34.jpg

距離間を調整しながらフレーミングし、雲間から光が注がれる瞬間にシャッターを切る。この作業がとても楽しい。そして、この日出会った紅葉が、今年歩いた低山の中ではやはり最もしっくりくる紅葉だったと確信する。
2015_1103_35.jpg

2015_1103_36.jpg

2015_1103_37.jpg

ロープが欲しいような急な下り。
2015_1103_38.jpg

撮影と破線ルートを楽しむlikeさん。
2015_1103_39.jpg

最後まで風は衰えず。
2015_1103_40.jpg

2015_1103_41.jpg

久々のハイクが本当に楽しそうだった。
2015_1103_42.jpg

無事下山完了。皆さんお疲れさまでした!来年もまたやりましょう!
2015_1103_43.jpg


◆ログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
8:15 三池岳登山口
9:00 段木尾根取り付き
10:00 段木 10:08
10:55 岩ヶ峰尾根分岐
11:03 釈迦ヶ岳 12:50
12:55 岩ヶ峰尾根分岐
13:22 岩ヶ峰
15:00 三池岳登山口


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF50mm F1.4 USM
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 00:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

山仲間、低山紅葉の美しさ、14mmレンズ、鍋と料理、そして自然林の中を登り降りした、
今思い出しても、楽しみがたくさん詰まった一日でしたね。
個人的にも鈴鹿は懐が深いなぁと感じました。

天気が目まぐるしく変わった一日の空気感とともに、
黄葉が美しく表現されているように感じます。

| ke-n | 2015/11/29 13:53 | URL |

ke-nさん、こんばんは。

今年の紅葉は大峰よりこの鈴鹿の方が良かったですね。
一日まったりと過ごすことが出来て楽しかったです。

黄葉ありがとうございます。
たまたま光が入ってくれて、一層引き立ちましたね。
一方、最後の赤の紅葉は、雲が抜けて光が当たるのを待ちましたが、
葉の傷みもほとんどなく鮮やかで今年の中では綺麗な方でした。
山での50mmはなかなか難しいですが、それゆえ、撮影がより楽しかったです。

| COOPER | 2015/11/29 21:25 | URL |

鈴鹿破線ルート

COOPERさん、こんにちは。

破線ルート楽しんでいただいて、
プランナーとして嬉しいです。
鈴鹿は、メインルートが、しっかりしてますが、まだまだ行ったことのないルートが、いっぱい有りますので、またご一緒してください。
50mmでの岩ヶ峰尾根の下り始めの奥さんのお写真がいいですねー。

| climb like | 2015/11/30 14:46 | URL |

Re: 鈴鹿破線ルート

climb likeさん、こんばんは。

破線ルート楽しかったですね。
下りはちょっとスリルがありましたが、
鈴鹿の独特な雰囲気を楽しめました。
50mmありがとうございます。
このレンズ独特のボケ味のおかげで急な下り坂が伝わる一枚になりました。

| COOPER | 2015/11/30 23:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/406-01c82efa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT