yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

前鬼川

2015年11月1日(日)
前鬼ゲート~小仲坊~千手滝~箱状廊下
2015_1101_30.jpg

秋の訪れ、前鬼川へ!



11月1日(日)は夏から延期となっていた前鬼川に、ke-nさんとnarakumaさん(フォトクラブ大峰)と行ってきた。すっきりしない天気で、朝の冷え込みからはとても沢に入る気がしない。ということで、川に下りずに林道から千手滝を巡って箱状廊下まで歩くことになった。

登山口あたりの紅葉はこれからといった感じだが、やはりくすんだ感じは否めない。
2015_1101_1.jpg

グレートトラバース2の田中陽季さんも歩いた小仲坊への林道の紅葉。応援、行きたかったな~。
2015_1101_2.jpg

小仲坊を過ぎて閼伽坂峠を抜ける林道へ。ご年配のハイカー夫婦と出会い、彼らも千手滝を目指しているとのこと。
2015_1101_3.jpg

2015_1101_4.jpg

今年はやはり黄色がいいみたい。
2015_1101_5.jpg

垢離取場に到着。
2015_1101_6.jpg

久しぶりの沢だけに、三脚を立てるとスイッチが入ってしまう。
2015_1101_7.jpg

2015_1101_8.jpg

2015_1101_9.jpg

2015_1101_10.jpg

撮影もほどほどにして千手滝を目指す。
2015_1101_11.jpg

2015_1101_12.jpg

2015_1101_13.jpg

雨で削られたのか、崩壊の跡なのか、段状の模様が特徴的だった。
2015_1101_14.jpg

鉄梯子を下ると、驚くほど少ない水量の千手滝が迎えてくれた。これはどうしたもんかと色々と観察し探ってみる。
2015_1101_15.jpg

2015_1101_16.jpg

落ち葉を活かすのもなかなか難しい。
2015_1101_17.jpg

2015_1101_18.jpg

落ち口の正面から撮れそうな足場があり、そこにへばり付いて撮影。
2015_1101_19.jpg

2015_1101_20.jpg

先程のご年配の夫婦は僕たちに少し遅れて到着された。少し滝を楽しまれて戻って行かれた。僕たちも比較的早めに撮影を切り上げ、箱状廊下の上流部に降り立ち昼食に。ココナッツミルクとスパイスが独特のシンガポール風ラクサヌードル。想定内の味で可もなく不可もなくといった感じ。
2015_1101_21.jpg

昼食後は箱状廊下を上流側から撮影。14mmと24-70mmしか持ってきてなかったけど、これまでとは違う箱状廊下の撮影を楽しむことが出来た。
2015_1101_23.jpg

とめどない湧水が箱状廊下へ注ぎ込まれる。
2015_1101_24.jpg

この水量と勢い。これが湧水というのだから驚きだ。さっきの少量の滝を見てるだけに不思議でならない。
2015_1101_25.jpg

2015_1101_26.jpg

2015_1101_27.jpg

以前来た時も気になっていた場所。山から湧き出てくる光景に惹かれてカメラを向けた。
2015_1101_28.jpg

朝低かった気温も昼頃には上がり、垢離取場までは沢を歩いた。前鬼ゲートから杉の湯に戻り汗を流して帰路についた。

久しぶりの沢歩きはとても楽しく、来年はもう少し沢歩きもしたいと思った。千手滝は水量が多くて紅葉がいい年にまた見てみたい。フォトクラブ大峰のお二人と大峰や写真について実りの有る話がたくさん出来、今以上に丁寧に大峰を切り撮っていきたくなった。沢歩き以外の面も含めて内容の濃い一日となった。

ke-nさん、narakumaさん、どうもありがとうございました。


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 22:47 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

垢離取場の最後のお写真、岩の白い部分を引き算して、
特徴的な巨岩と水の流れが際立ちましたね。
箱状廊下も上手く撮られているなぁと感服、
千手の滝も僕は諦めていましたが、水の無い滝の雰囲気を
岩の迫力で補っていますね。

大峰の魅力ある地はまだまだあるのでしょうね。
僕もこれからはそちらがメインの場になっていきますので、
またよろしくお願いします。

| ke-n | 2015/11/23 09:13 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんにちは。

垢離取場の最後の一枚は、仰る通り、後ろの特徴的な岩と、
手前の白飛び気味の岩を意識してアンダーにしました。
千手滝はちょっと難しかったですね。
ゴツゴツした岩が面白かったので正面から撮るともっと迫力が出るかと
思いましたがやはり水量がないと難しいですね。
一方、箱状廊下はびっくりするくらいの水量で撮り応えがありましたね。
湧水が勢いよく廊下に注ぎ込まれる感じを意識して撮りました。

フォトクラブ大峰に入会されて益々のご発展を期待いたします。
僕はアルプスにも軸を置きつつありますが、地味だけど心に響く大峰の風景を
これからも切り取っていきたいと思います。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2015/11/23 10:08 | URL |

COOPERさん、こんばんは。

宿坊から前鬼川の遡行、お疲れさまでした。
真夏とは違ったしっとり感が作品の中から感じられますね。
やはり大峰の魅力は静かな渓峰と美しい水に尽きるのではないでしょうか。
またご一緒の折には宜しくお願い申し上げます。


| narakuma | 2015/11/23 19:42 | URL |

Re: タイトルなし

narakumaさん、こんばんは。

当日はお疲れさまでした。
夏の活き活きした感じもいいですが、秋のしっとりした感じもよかったですね。
奥が深い大峰の魅力をこれからも切り取っていきたいと思います。
こちらこそ、今後とも宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2015/11/23 21:52 | URL |

湧水

COOPERさん、おはようございます。

箱状廊下良いですねー。
滝との水量の違いにはビックリですね。
そして、何処からともなく集まる湧水には驚きます。
秋の紅葉時も訪問したいですね。

| climb like | 2015/11/24 09:25 | URL |

Re: 湧水

climb likeさん、こんばんは。

箱状廊下はずっと眺めていたくなるほど綺麗ですね。
湧水の水量にも毎回驚かされます。
ここの滝はまた来年に期待したいと思います。
この時期は沢の紅葉が綺麗ですね。
来年からはたぶん計画に入ると思います。

| COOPER | 2015/11/24 23:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/405-a85232a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT