yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

岩湧山

2015年10月24日(土)
岩湧の森~きゅうざかの道~岩湧山
2015_1024_35.jpg

秋の風物詩、岩湧山のススキ撮影へ!



10月24日(土)
今年も下ノ廊下の紅葉を見に行く予定だったが、どうも過去最大級の残雪だったようで黒部ダムから欅平までの通り抜けが出来ない状況。下ノ廊下はまた来年行くことにし、大峰高塚山の紅葉を見に90番から歩こうかと思ったが、今後の山行計画も考え今年撮りたかった黄金色のススキを撮りに行くことにした。

曽爾高原と岩湧山、どちらにしようかと悩んだ。思い返してみると、曽爾高原の秋のススキ撮影は20年ほど前に撮影して以来なので、随分とご無沙汰だった。久しぶりに行ってみるか~と思ったのだけど、最終的には近場で昼過ぎからゆっくり行ける岩湧山に決めた。

14時頃に自宅を出発し、外環での思わぬ事故渋滞に焦りが募る中、目的地方面は空が霞んでくっきり見えない。夜景も撮りたかったので不安がよぎる。渋滞を抜け、岩湧の森に着いたのは15時30分。登山口出発は15時55分!大阪府の日の入りは17時14分!!間に合うのか?予定していたみはらしの道を諦め、きゅうざかの道を駆け上がった。

きゅうざかの道登山口。
2015_1024_1.jpg

撮ってる場合じゃないのに体が反応してしまう。
2015_1024_2.jpg

街を見下ろせるビューポイント。
2015_1024_3.jpg

今、流行りの七ツ道看板。
2015_1024_4.jpg

随分と登ってきた。すれ違うお姉さん方から凄い元気だねぇと言われる。いやいや好きで飛ばしてるわけじゃ・・・。
2015_1024_5.jpg

カラフルで楽しいきゅうざかの道。ところどころ砂利と落ち葉で実に滑りやすいけど、段差がなかなか絶妙でよく整備されている。
2015_1024_6.jpg

直下の紅葉がちょうど見頃。
2015_1024_7.jpg

30分ほどで岩湧山東峰に到着。遅れること約1分で嫁さんも続く。さぁ、岩湧山へGO!
2015_1024_36.jpg

2015_1024_9.jpg

2015_1024_10.jpg

間に合いそう!
2015_1024_11.jpg

16時44分、岩湧山に到着すると、夕景狙いのカメラマンが2~3人おられた。その方たちに混じり、既に黄金色に染まり始めているススキを撮り始めた。
2015_1024_12.jpg

滝畑方面は、黄金色に輝くススキの原が素晴らしい!大阪が自慢出来る風景の一つだ。
2015_1024_13.jpg

2015_1024_14.jpg

日の入りまでもうそんなに時間がないので、ゆっくりと被写体を探すことも出来ない。従って、撮りながらいいポイントをどんどん探っていく。
2015_1024_15.jpg

2015_1024_38.jpg

日が沈む15分前からは色味が素晴らしく、実に見惚れる美しさだった。が、そんな悠長なことを言ってる暇はない。
2015_1024_16.jpg

とにかく風が強く、ススキが揺れまくってフレーミングが難儀した。この数分はいい光でとても輝いていた。
2015_1024_17.jpg

切ない思ひで
2015_1024_18.jpg

2015_1024_35.jpg

まるで片思いのような淡い情景
2015_1024_20.jpg

三国山に沈む夕日。素晴らしい景色をどうもありがとう。
2015_1024_22.jpg

そして、ここからは月にバトンタッチ。
2015_1024_21.jpg

トワイライトムーンに見守られる岩湧山と金剛山。
2015_1024_23.jpg

トワイライトの滝畑方面。日没後20分は、刻々と変化するグラデーションの幸せの時間。
2015_1024_24.jpg

さらに15分後には街明かりが灯り、闇の時間へと移っていく。
2015_1024_25.jpg

そしてトワイライトの大阪夜景!少し霞んではいるものの、この時間帯ならではのブルースカイな夜景だった。
2015_1024_26.jpg

一通り撮影を終えて腹ごしらえ。
2015_1024_27.jpg

永谷園のカレーチーズ味ラーメンとやらでお鍋に!前日に親不知を抜歯したばっかりでカレー味って。。。といいつつ締めは玄米焼き米でチーズリゾット!
2015_1024_28.jpg

さて、夕食後はちょっとだけ夜景再開。トワイライト夜景とは違い、漆黒の夜景を楽しむ。
2015_1024_29.jpg

大阪の街を一望できる素晴らしい展望。山焼き後はもっと撮りやすいだろう。霞みがなければ神戸の方まで見えるらしい。
2015_1024_30.jpg

2015_1024_31.jpg

2015_1024_32.jpg

2015_1024_33.jpg

雲が覆い撮影終了。ヘッドライトを点けて来た道を下った。
2015_1024_34.jpg

久しぶりのススキの夕景はとても楽しかったが、到着してすぐに撮影開始、且つ、夕陽との追いかけっことせわしなかったので、次はもう少し早めに登るようにしよう。アクセスも、309経由の外環は渋滞を抜いても時間が掛かり過ぎたので、次は横山経由で滝畑側からにしよう。夜景は冬の山焼き後にまた撮りに来てみたいと思う。
天候のタイミングもよく、久しぶりの岩湧山で夕景と夜景撮影を満喫することが出来た。


◆ログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
15:57 きゅうざかの道登山口
16:31 岩湧山東峰 16:34
16:44 岩湧山~撮影・夕食 19:45
19:55 岩湧山東峰
20:20 きゅうざかの道登山口


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
EF50mm F1.4 USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 金剛山周辺の山 | 16:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんばんは。

秋に一度はこのススキのオレンジ色の輝きが見たくなり、撮りたくなります。
岩湧山、本当に良い山ですよね。
願わくばあの山頂から西側の美しい稜線に鉄塔は…ですけど(笑。
そんな中で14枚目、実にうまくまとめられていると思います。
同じような構図のトワイライトタイムも良いですね。

望遠でのアップは、揺れると手強いですよね。
月光チックな感じのお写真も好きです。

| ke-n | 2015/11/14 17:35 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

夕景は霞みが影響したせいか、淡くいい色になってくれました。
鉄塔は確かに残念な感じですが、もう岩湧山の景色の一部ですね。
14枚目ありがとうございます。
光もよく、定番ゆえの良さがありました。
手前中央のススキはもうちょっとボリュームがほしかったですが、
アングルの関係で仕方なしでした。

望遠でのススキの揺れはどうしようもないですね。
傾いたススキがなかなか戻ってきませんでした(-_-;)

月光もありがとうございます。

| COOPER | 2015/11/14 18:14 | URL |

大阪?

COOPERさん、こんにちは。

ススキの夕景、夜景とバッチリですね。
ここが、大阪とは、言われないとわかりませんね。

まるで片思いのような淡い情景
良いですねー。音楽が流れてきそう。

| climb like | 2015/11/15 14:38 | URL |

Re: 大阪?

climb likeさん、こんにちは。

写真ありがとうございます。
大阪にも綺麗な自然があるのは嬉しいです。
初恋っぽいイメージはこのパターンで色々撮れそうですね。

| COOPER | 2015/11/16 12:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/404-22578cd3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT