yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山 DAY1

2015年8月15日(土)~2015年8月16日(日)DAY1
90番~大峯奥駈道~弥山
2015_0815_33.jpg

男たちの夏休み in 弥山!



夏休み後半の15(土)~16(日)朝まで好天予報だった為、どこかで1泊したいと思っていた。夏休み前半は北アルプスだったので、後半は近場にしたく、弥山でテントを張ることにした。

今回の山行は、烏帽子岳に行く直前に計画し、まずはアンニョンさんをお誘い。道中では白馬縦走の土産話を聞かせて頂き、不帰ノ嶮や八峰キレットへの想いが強くなった。想定ルートはアンニョンさんとは反対の南下ルートで、栂池~柏原新道or針ノ木雪渓で扇沢下山の3泊か4泊。今年行けなかった赤牛~船窪縦走もやりたいし、来年の縦走をどうするかはなかなか悩ましい。

烏帽子岳からの帰りにke-nさんから連絡があり、夏休み後半に北アルプス同行のお誘いを頂いたが、弥山の計画を伝えると快く承諾頂いた。せっかくの北アルプス遠征だったのに近場につき合わせてしまったようで申し訳なく思ったが、皆でまったり泊山行出来ることが嬉しく、帰りの運転中は当日のハイクのことや中一日のギアのメンテのことで頭が一杯になった。

そしていよいよ当日。ke-nさんと杉の湯で合流し、309号の90番に。ここから登るのは初めてだが、美しい森を味わえるルートゆえ歩いてみたいルートだったのでとても楽しみ。
2015_0815_1b.jpg

2015_0815_2.jpg

噂どおり特徴的な樹が多く、急坂も忘れるほど楽しませてくれる。
2015_0815_3.jpg

2015_0815_4.jpg

大普賢ファミリーが見え始めると自然とテンションも上がる。
2015_0815_5.jpg

30分ほどすると森の主、桧の巨木がお出ましだ。そして皆、撮影タイムに。
2015_0815_6.jpg

2015_0815_7.jpg

2015_0815_8.jpg

2015_0815_9.jpg

別の樹が割り込むように育っていたり、土台を支えあったりと、特徴的な巨木だった。その特徴をなかなか思うように表現できず、次はもう少しじっくり撮ってみたいと思った。

少し登ると大普賢岳の素晴らしい景色。時間はあるので、この景色を皆で十分に堪能した。
2015_0815_10.jpg

平坦な林道では、太陽に照らされた森が活き活きしている。
2015_0815_11.jpg

2015_0815_12.jpg

笹原が出てくるといよいよ最後の急登。
2015_0815_13.jpg

そして、奥駈道に合流。一般登山道ほど整備された道ではないものの、そこそこ踏まれていて、それほどの急登もないので、登りやすくて使いやすい道だと感じた。
2015_0815_14.jpg

奥駈道からは弥山・八経ヶ岳、鉄山などが綺麗に見えた。
2015_0815_15.jpg

2015_0815_16.jpg

2015_0815_17.jpg

しなの木出合。ここで休憩中の登山者の方々と、グレトラ2の話で盛り上がる。
2015_0815_18.jpg

テン泊装備で足取りが重いアンニョンさん。
2015_0815_19.jpg

2015_0815_20.jpg

早くも色づき始めたシロヤシオ
2015_0815_21.jpg

一風変わった英語付きの看板。トンネル東口への分岐点にて。
2015_0815_23.jpg

ところどころで弥山・八経ヶ岳の展望が広がるいいコース。
2015_0815_24.jpg

のんびり撮影を楽しむke-nさん。軽量コンパクトではなくしっかりとした三脚を担がれてます。
2015_0815_25.jpg

夏雲湧く大台方面。
2015_0815_26.jpg

大したアップダウンもなく、気持ちいい笹原が続く。歩くには快適な区間。
2015_0815_27.jpg

巻かずにピークを辿ると、小谷林道との分岐。
2015_0815_28.jpg

お二人は一旦巻き道へ。
2015_0815_29.jpg

ピークから北方には、山上ヶ岳、稲村ヶ岳、大普賢岳など、大峰の主稜をイッキ見!夏雲と大峰の稜線が、冒険心を掻き立てる。
2015_0815_30.jpg

稲村ヶ岳~山上ヶ岳
2015_0815_31.jpg

お二人とピークで合流。南方に笹原と弥山・八経ヶ岳が望め、まるで高原にいるような爽快な光景。これまで見たことのない景色にしばし感動し、ちょっとした興奮を味わった。
2015_0815_33.jpg

トンネル西口からの合流地点。ここからはすれ違う登山者が一気に増えた。
2015_0815_34.jpg

オトギリソウ
2015_0815_35.jpg

2015_0815_36.jpg

2015_0815_37.jpg

弥山小屋まで1時間弱かかる為、ここで昼食。
2015_0815_38.jpg

今日も冷凍食品を簡単に温めて。コンビニのチャーハンは一人用でちょうどいい量。
2015_0815_39.jpg

2015_0815_40.jpg

2015_0815_41.jpg

2015_0815_42.jpg

久しぶりの弥山への木道。
2015_0815_43.jpg

直下の展望地から見る大台方面。
2015_0815_44.jpg

2015_0815_45.jpg

聖宝の宿跡から40分ほどで弥山小屋に到着。
2015_0815_46.jpg

WC脇にはトリカブトの群生が。
2015_0815_53.jpg

早速テン場の場所取り。隣にはアンニョンさんがツェルトⅡロングを。ke-nさんは小屋泊(素泊まり)に。
2015_0815_48.jpg

太陽が出てるのでシュラフを陽に当てる。そして、意外に虫が少なく気にならないレベルだったけど、せっかく担いできたので蚊取り線香を焚いた。烏帽子の時に持って行ったBack Padは今回は持ってこず、Minimalist Padのみ。
2015_0815_49.jpg

八経ヶ岳にも行かずにぶらぶらしたり駄弁ったりと、まったりした時間を楽しむ。これほど何もせずにまったりと過ごしたのは久しぶり。
2015_0815_50.jpg

弥山にゆったりした時間が流れる。
2015_0815_51.jpg

2015_0815_52.jpg

2015_0815_54.jpg

2015_0815_55.jpg

2015_0815_56.jpg

三人で弥山神社をお参りした帰りにシラビソとトウヒの話題に。尖ってる、丸まってる、どっちがどっちやったか、なんて。
2015_0815_57.jpg

2015_0815_58.jpg

2015_0815_59.jpg

2015_0815_60.jpg

2015_0815_61.jpg

2015_0815_62.jpg

太陽が雲に隠れて涼しくなる頃、早めに夕食を摂ることに。
2015_0815_63.jpg

アンニョンさんは、そりゃ重たかったでしょう!というほどたくさんの具材を薄まな板でカットしフライパンに投入。僕の簡素な料理とは違い、当然ながら美味だった。
2015_0815_65.jpg

ke-nさんはスープや粥、缶詰など。
2015_0815_68.jpg

僕はいつもどおり、卵焼き、ウィンナーで小腹を満たし、
2015_0815_64.jpg

焼き米茶漬けをメインに。腹持ちがよく本当にオススメです。今回も焼き米60gに200mlのお湯。
2015_0815_66.jpg

おかずはハンバーグに。いろいろ皆でにつまみ合いながらの楽しい夕食タイムは、ゆるり山行ならでは。
2015_0815_67.jpg

食後は、ke-nさんから頂いたパウンドケーキとコーヒーでまったりタイムもいよいよ締めに。
2015_0815_69.jpg

2015_0815_70.jpg

まったり油断していると、一瞬だけ夕日が出て辺りが明るくなった。片づけを後回しにして様子を見に行くと、太陽はすぐに雲に隠れてしまい、この後出ることはなかった。
2015_0815_71.jpg

2015_0815_72.jpg

宴会をお開きにし、一層広がる雲に不安を持ちつつ、夜中の撮影に控えて、皆それぞれの持ち場へと戻った。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

楽しかった弥山、のんびりと過ごせたこともあって、
まったりとした夏の思い出として残りました。

昨日の前鬼川は残念でした。
もしかしたら行けていたのかもしれませんが、
天候に不安定な要素があると、僕自身、やっぱり川は怖いのですいませんでした。

90番からの巨木、やっぱり14mmは迫力が増しますね。
これから日の出が少し遅くなるので、あの辺りで赤い光を撮ってみたいです。

こうして改めてたくさんのお写真を見せていただくと、
夏の奥駈道も本当に良いですね。

続きを楽しみにしています。

| ke-n | 2015/09/14 10:49 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

久しぶりにまったり過ごせて楽しかったです。
一人より多い方が楽しいですね。

前鬼川はまた紅葉の時期にでもお願いします。
僕も沢は怖いので今回は問題ないですよ。

90番の巨木は面白いですね。
14mmで寄ると迫力が出て楽しいですが、
この木の特徴をまだまだ活かせてないです。
またこの道を使って撮影チャレンジしたいと思います。

夏の弥山は僕も想像より良かったです。
暑さと虫は鬱陶しいですが、それも夏山の醍醐味ですね。
来年もまたやりたいですね。

| COOPER | 2015/09/15 01:16 | URL |

まったりと

cooperさん、こんばんは。

序盤の登りでの巨木との出会いが、
いいですね。
草原のような景色にも惹かれます。
まったりとみんなとの夕食の光景が目に浮かんできます。
こういった時間もテン泊ならではですね。

今年の夏は結局山には登らずに、
渓ばかりでした。

10月からは、すこしづつ登りにいこうと思います。

| climb like | 2015/09/15 23:20 | URL |

Re: まったりと

clime likeさん、こんばんは。

巨木との出会いはどの山でも興奮する瞬間ですね。
撮影的には、大きさにとらわれて特徴を掴むのが難しかったです。
草原の景色は、この辺りにこのような場所があるとは知らなかったので
新たな発見で嬉しかったです。
夕食は、いつもながらアンニョンさんが豪快な食事をされるので
それも楽しみになってます。とてもまったり出来ましたよ。

likeさんはテンカラ三昧の夏でしたね~。
これから冬に向けて山の体作りですね。

| COOPER | 2015/09/16 01:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/394-b67b3290

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT