yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

赤岳~横岳~硫黄岳縦走 DAY1

2015年6月6日(土)~2015年6月7日(日)DAY1
美濃戸~行者小屋~赤岳頂上山荘
2015_0606_62.jpg

花の宝庫、南八ヶ岳へ!



6月上旬。
以前から見たかったツクモグサを見に八ヶ岳に行ってきました。ツクモグサは、北海道、白馬山系、八ヶ岳で咲くとされており、例年だと6月中旬に見頃を迎えるのですが、赤岳鉱泉FBやヤマレコでチェックすると5月下旬でもう咲いていることが分かり、6月最初の週末に行くことにしました。いつものようにアンニョンさんをお誘いし、嫁さんも今回はツクモグサともう一つの狙いのホテイランに釣られて行くことに。

美濃戸口からの林道は、四駆で地上高がそこそこある車でよかったと思わせるデコボコ道。正直、到着した時はホッとしました。やまのこ村の駐車場に駐めると、早速花撮りが始まります。

シロバナヘビイチゴ。標高はすでに1,700mを超えていて、花も多いようです。
2015_0606_1.jpg

駐車場前の坂を登るとすぐに赤岳山荘。賑やかな雰囲気でした。
2015_0606_2.jpg

2015_0606_3.jpg

オオヤマフスマ
2015_0606_5.jpg

ヘビノボラズ
2015_0606_6.jpg

ズダヤクシュ。見たことのない花のオンパレードです。
2015_0606_7.jpg

山荘の先で、南沢に入ります。
2015_0606_8.jpg

サラサドウダン
2015_0606_9.jpg

ヒョウタンボク
2015_0606_10.jpg

八ヶ岳らしい瑞々しい森が、雨上がりで活き活きしてる。
2015_0606_11.jpg

今日は頂上山荘までなので、花を探しながらのんびりハイク。アンニョンさんの眼が光ってます。
2015_0606_12.jpg

タチツボスミレ
2015_0606_13.jpg

ホテイラン。気品溢れる花ですね。ここは撮影ポイントが作られていて、立ち入れないようにロープが張られています。絶滅危惧種の貴重な花に限ったことではないですが、踏み荒らしや盗掘は絶対NGです。
2015_0606_14.jpg

2015_0606_15.jpg

写真好きなら誰もがワクワクする雨の恵み。
2015_0606_16.jpg

ヒョウタンボク
2015_0606_17.jpg

テンナンショウ
2015_0606_18.jpg

「孫太尾根再来!」の図
2015_0606_19.jpg

ツバメオモト
2015_0606_20.jpg

やっと青空が出たと期待するも、そう長くは続かず。
2015_0606_21.jpg

2015_0606_22.jpg

キバナノコマノツメ
2015_0606_23.jpg

カラマツソウ
2015_0606_24.jpg

シロバナエンレイソウ
2015_0606_25.jpg

マイヅルソウ
2015_0606_26.jpg

八ヶ岳の森!って感じの登山道が続きます。
2015_0606_27.jpg

行者小屋まで40分。普通に歩けばですけど。
2015_0606_28.jpg

こういう渡渉が何度か出てきます。
2015_0606_29.jpg

イワカガミ
2015_0606_30.jpg

今年の春は存分に楽しませてもらったけど、何度見ても癒されます。
2015_0606_31.jpg

2015_0606_32.jpg

キバナノコマノツメ
2015_0606_33.jpg

コガネネコノメソウ
2015_0606_34.jpg

2015_0606_35.jpg

2015_0606_36.jpg

ミヤマハタザオ
2015_0606_103.jpg

開けた谷に出ると行者小屋はもうすぐ。晴れたら稜線が見えるようだけど、生憎のガスで全く見えず。
2015_0606_38.jpg

2015_0606_39.jpg

12時20分、行者小屋に到着。後のお二人はちょっと疲れてる様子。
2015_0606_40.jpg

この日は少し寒かったので、中で昼食を摂りました。
2015_0606_41.jpg

2015_0606_42.jpg

ココナツカレー、だったかな。
2015_0606_43.jpg

小屋前では、昼食を摂るハイカーたちで賑やか。
2015_0606_44.jpg

テン場の奥を抜けて文三郎尾根を登ります。
2015_0606_45.jpg

2015_0606_46.jpg

残雪はこの樹林帯を最後に、この先は全くありませんでした。
2015_0606_47.jpg

2015_0606_48.jpg

ガスに隠れた阿弥陀岳は、全容を見せないところがその厳しさを醸し出してます。
2015_0606_49.jpg

途中から続く階段では、急な段差に躓かないように注意しました。特に高度感を感じる箇所では、気を抜くと躓いたり滑ったりしそうな感覚がありました。
2015_0606_51.jpg

行者小屋があんなに遠くに。標高が高い上に急登が続くので、なかなか登り応えがあります。
2015_0606_52.jpg

大峯ほどではないけど、ガスがよく似合う南八ヶ岳。
2015_0606_53.jpg

2015_0606_55.jpg

2015_0606_58.jpg

天気予報どおり、時々、夏山を思わせるような晴れ間が出てくれます。
2015_0606_59.jpg

2015_0606_60.jpg

2015_0606_61.jpg

ミヤマタネツケバナ
2015_0606_65.jpg

階段もそろそろラストかな。もうひと踏ん張り。
2015_0606_66.jpg

嫁さんは付いてくるのがしんどかったと後になって言ってたけど、確かに久しぶりの山だとしんどかったかも。それでもこのペースについて来てくれるだけで十分です。
2015_0606_67.jpg

コメバツガザクラ
2015_0606_68.jpg

キバナシャクナゲ
2015_0606_69.jpg

マムート階段
2015_0606_70.jpg

文三郎尾根分岐から稜線を見下ろすと、阿弥陀方面の気持ちよさそうな稜線が!夏山への妄想が駆け巡った瞬間。
2015_0606_71.jpg

山頂はあの岩塊の奥の方かな。もうひと頑張りです。
2015_0606_73.jpg

2015_0606_75.jpg

2015_0606_77.jpg

ミヤマキンバイ
2015_0606_76.jpg

イワウメ
2015_0606_78.jpg

ツガザクラ
2015_0606_79.jpg

3点支持で。嫁さんがカメラを首がけしてたので、斜めがけにさせました。
2015_0606_80.jpg

2015_0606_81.jpg

チョウノスケソウ。たぶんこの花は初めてです。名前がインパクト大ですね。
2015_0606_82.jpg

イワベンケイ。これもインパクトのある名前。まとまって一気に咲くと派手な印象を受けます。
2015_0606_83.jpg

クモマナズナ
2015_0606_84.jpg

チシマアマナ
2015_0606_85.jpg

2015_0606_86.jpg

15時15分、ようやく山頂に到着です。なかなか登り応えのあるルートでした。無積雪期に来ておいてよかったです。
2015_0606_88.jpg

赤岳神社の祠。
2015_0606_87.jpg

2015_0606_90.jpg

ガスが抜けるのを20分ほど待ってみましたが、なかなか抜けず諦めてチェックインすることに。
2015_0606_91.jpg

2015_0606_92.jpg

明日正午から開山祭なので、ツクモグサが装飾された記念バッジを頂きました。これは嬉しかったです。
2015_0606_93.jpg

夕食は2Fの自炊室へ。大抵の小屋では、部屋で自炊というのはあまりないと思いますが、ここはまさに普通の部屋といった感じでとても快適でした。
2015_0606_94.jpg

まずは卵を焼いて小腹を満たし、
2015_0606_95.jpg

ハンバーグを焼きます。
2015_0606_96.jpg

さらにチーズをIN!これがめちゃ旨でした。リピート決定です。
2015_0606_97.jpg

ガスガスで諦めてた夕景は、少し持ち直した空模様のお陰でちょっとだけ楽しむことが出来ました。ガスをまとった阿弥陀岳と夕陽に照らされた茅野の街並みが印象的でした。
2015_0606_98.jpg

そして一日の終わりに、八ヶ岳のカーテンが開くやいなや、茜の空や雲海たちが見事な舞台を見せてくれました。
2015_0606_105.jpg

その後、寒風吹くなか粘ってみるも雲は流れず、夜景を入れて本日の撮影は終了です。
2015_0606_102.jpg

部屋に戻り、マミータイプの布団に体を潜り込ませると、いつの間にか眠りについていました。


つづく。

関連記事
スポンサーサイト

| 八ヶ岳 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

地図で拝見すると、赤岳頂上山荘までほぼずっと登りというコースのようですね。
標高差もけっこうあるみたいですし、お疲れ様でした。

カラマツ林の中で可愛らしくぽつりぽつりと咲く花たち、
標高1800mぐらいの森林なので、近畿ではなかなか見れないような花も多く、
素晴らしい花探しの旅ですね。

薄いガスで景色がとことろどころ現われてくる感じが
リアルな山の表情を感じさせてくれますね。
茜色のラインも素敵です。

| ke-n | 2015/07/11 08:45 | URL |

Re:

ke-nさん、こんにちは。

行者小屋からは二時間ほど急登が続き、
そこそこ疲れますね。
花は見たことのないのが多く、いつもながら
時間を掛けて楽しみました。
花を探す目はなかなか二人に追いつかないので、
いつも見つけてもらう側です。

ガスの八ヶ岳はいい雰囲気で、朝夕がハマれば
それは凄い写真が撮れそうに思いました。
今回は残念ながらハマりませんでしたが。。。

今本町でこれからUL展です。
明日は嫁さんと90番からのんびり八経まで
オオヤマレンゲの残りを見に行こうかと思ってます。
足が少し痛いので起きてからどうなるかですが。

| COOPER | 2015/07/11 13:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/383-126e011b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT