yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

竜口尾根

2015年5月23日(土)
又剣山~P1320
2015_0523_70.jpg

ここまでとは・・・。



今年のシロヤシオはどこも散々との情報が入り、どうしたものかと思案しましたが、やはり昨年の竜口尾根が気になり、どんなものかと見に行ってきました。今年も直近の花情報はあまりUPされておらず、昨年同様、状態がよく分からないなかでの散策となりました。今回もアンニョンさんにご一緒頂きました。

道の駅上北山のシャクナゲ
2015_0523_1.jpg

又剣山直下の立派な立ち枯れ。
2015_0523_2.jpg

昨年進まなくなったシロヤシオポイントですが、全く花が咲いていません。今年はどの花も早かったから、ここももう散ったのかと思いましたが、地面にはその様子もなく、蕾すら出てません。これが裏年というものでしょうか。恐るべしです。
2015_0523_75.jpg

まだ見ぬシロヤシオに期待し、さっさと先を急ぎます。徐々に尾根が見えてくる感覚が好きです。
2015_0523_71.jpg

一気に展望が開け、大普賢岳から行者還岳が。晴れ間すらないものの、そこそこ遠望が効いたのは嬉しい誤算。
2015_0523_72.jpg

又剣山に到着。
2015_0523_5.jpg

大台方面には立派な西ノ滝と中ノ滝が。
2015_0523_6.jpg

さぁ、シロヤシオを求めて竜の背に向かいます。
2015_0523_73.jpg

尾根に入って最初のシロヤシオは散々な状態。それとは裏腹に、五枚の葉はとても綺麗。
2015_0523_8.jpg

朴の木がぽつぽつ見られ、葉が大きくて目立ちます。
2015_0523_9.jpg

ようやく申し訳なさそうなシロヤシオに出会いました。既に傷んでいるようですが、見れただけでラッキーだったか。
2015_0523_10.jpg

最初の小ピークからも行者還岳や大普賢岳がはっきりと見えます。一番左は鉄山。
2015_0523_11.jpg

ヤマツツジも終わりかけ。
2015_0523_59.jpg

2015_0523_13.jpg

そういえばここはヒメシャラの美しい尾根だったのを思い出しました。
2015_0523_14.jpg

2015_0523_15.jpg

2015_0523_16.jpg

2015_0523_17.jpg

ヒメシャラとシロヤシオの葉は意外とマッチするようです。
2015_0523_18.jpg

丸塚山。今日は花撮りがほとんどないので、昨年とは比べ物にならないハイペースです。
2015_0523_19.jpg

丸塚山に立つと、大峰の主要部をほとんど網羅した素晴らしい景色が広がります。
2015_0523_70.jpg

弥山、八経ヶ岳、鉄山。
2015_0523_21.jpg

仏生ヶ岳、孔雀岳、釈迦ヶ岳、大日岳、蘇莫岳あたりかな。
2015_0523_22.jpg

ニョイスミレ
2015_0523_23.jpg

傷んでないシロヤシオを発見。花付きはイマイチですが、贅沢は言ってられない状況です。
2015_0523_24.jpg

今年はギンリョウソウが多いように思いますが、当たり年なのでしょうか。
2015_0523_25.jpg

2015_0523_26.jpg

2015_0523_27.jpg

竜の背を感じるポイント。ここは巻くのが正解ですが、今回は尾根通しで行ってみました。ピークの先の下りがとても嫌らしい感じだったので、次からは普通に巻きます。
2015_0523_28.jpg

2015_0523_29.jpg

これも貴重なシロヤシオ。もう、ちょっと見れただけでも凄いことのように喜んでしまいます。
2015_0523_30.jpg

今日も新緑が最高です。この時期のハイクは心地いいです。
2015_0523_31.jpg

小刻みなアップダウンを超え、
2015_0523_33.jpg

台地状の五兵衛平で小休憩。
2015_0523_32.jpg

艶やかなヒメシャラ。
2015_0523_34.jpg

2015_0523_35.jpg

画になります。
2015_0523_36.jpg

正面にP1320が見えてきました。もう30分も掛からないでしょう。
2015_0523_37.jpg

ヒメシャラ林の最後の登りを抜けると、
2015_0523_38.jpg

P1320に到着。まだ10時30分と時間は早いですが、花もあまりなさそうなので先に昼食にします。
2015_0523_39.jpg

今日はチャーハンと餃子です。餃子は前からやりたいと思っていて提案してみたら、アンニョンさんも興味があったようで、異論なく実現に至りました。
2015_0523_40.jpg

まずは焼肉ピラフで小腹を満たします。
2015_0523_41.jpg

餃子は少し時間が掛かるので焼けるのを待ちます。
2015_0523_42.jpg

続いてチャーハンです。個人的にはこちらの方が好みでした。今後も投入しそうです。
2015_0523_45.jpg

そうこうする内に餃子が出来ました!パリッと焼けていい感じ!山餃子、やっぱりアリでした!
2015_0523_44.jpg

食事を楽しんだ後、大蛇嵓展望ポイントへ向かう途中で綺麗めなシロヤシオを発見。今日はこれでも十分な気分。
2015_0523_46.jpg

大蛇嵓ポイントから見る大台方面はいつ見ても素晴らしい景色。二つの滝の存在感が凄いです。
2015_0523_48.jpg

2015_0523_49.jpg

昨年はここでアカヤシオも見れたのですが、今年は残念です。その分、この雄大な景色を目に焼き付けて帰ります。
2015_0523_47.jpg

2015_0523_50.jpg

2015_0523_69.jpg

2015_0523_52.jpg

2015_0523_53.jpg

弥山・八経ヶ岳~行者還岳。
2015_0523_54.jpg

途中で某ツアーの団体とすれ違い、小処温泉へ向かわれるとのこと。結構な人数が参加されてましたが、この時間からだと下山は遅くなりそう。
2015_0523_56.jpg

2015_0523_57.jpg

行きとは別の場所にギンリョウソウ。
2015_0523_58.jpg

今日歩いた竜口尾根。帰る前に又剣山で20分ほど休憩し、この極上の景色を眺めていました。
2015_0523_74.jpg

下山後はいつもの小処温泉で疲れを癒し、食堂でかき氷を食べて帰路につきました。
今年のシロヤシオは散々でしたが、これが自然の営みだということを改めて感じることが出来、逆にとても貴重な山行となりました。

アンニョンさん、お付き合い頂きどうもありがとうございました!


◆ログ(アンニョンさんGPS)


◆C.T.
7:59 又剣山登山口
8:39 又剱山
9:23 丸塚山
10:15 五兵衛平
10:35 P1320~昼食 11:32
11:40 大蛇嵓展望地 11:45
12:00 P1320
12:10 五兵衛平
12:36 丸塚山 12:41
13:19 又剱山 13:40
14:00 又剣山登山口


撮影機材
EOS 6D
EF24-70mm F4L・IS・USM
関連記事
スポンサーサイト

| 台高山系・曽爾周辺 | 01:07 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

昨年のCOOPERさんのレコを拝見して、
シロヤシオが良さそうならば今年の第一候補の場所だったんですが、
やはり昨年頑張り過ぎたのかもしれませんね。
今年は休息でまた来年、素晴らしい光景を見せてくれることを期待したいです。

でもシロヤシオの緑はとても綺麗ですし、
ヒメシャラの樹も多いですね。
夏ツバキ系だと思うので、ちょうど梅雨時期に花が付くのではと思うのですが、
この時期はあまり山に行かないこともあって、花を見たことがないです。
またチャンスがあれば探してみて下さい。

餃子は大好物なので、たまりません(笑。

| ke-n | 2015/06/26 08:27 | URL |

竜の背

cooperさん、こんにちは。

シロヤシオは、残念でしたが、
圧巻の眺望ですね。

竜の背のように延びる竜口尾根は、
尾根好きにはたまりません。

フライパン二個使用ですか~。
餃子はまたまた美味しそう。
試してみます。

| climblike | 2015/06/26 10:59 | URL |

竜の背

cooperさん、こんにちは。

シロヤシオは、残念でしたが、圧巻の眺望ですね。

竜の背のように延びる竜口尾根は、
尾根好きにはたまりません。

フライパン二個使用ですかー。
餃子はまたまた美味しそう。
今度試してみます。

| climb like | 2015/06/26 11:04 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんにちは。

ここも昨年頑張り過ぎたようで、ご多分に漏れずな感じでした。
来年、再びあの満開を見れることを期待します。

シロヤシオの葉はフリルな感じが可愛らしく、
色の濃さというか発色がよくて目を惹きますね。

ヒメシャラの花は意識してなかったのもあって僕も見たことがないです。
近々山に行くので探してみます。
餃子は楽ちんでいいですね、是非!

| COOPER | 2015/06/27 14:48 | URL |

Re: 竜の背

climb likeさん、こんにちは。

シロヤシオは本当に残念でした。
御在所の長石尾根で見ておいてよかったです。

竜の背のようにアップダウンが地味に続きますが、
どれも標高差がそれほどないので結構楽しめます。

二人ともフライパンを投入すると、同時に色々出来て
楽しいですね。焼き物は楽でいいですね。
当分フライパンを楽しみます。

| COOPER | 2015/06/27 14:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/381-34830ebc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT