yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

堂満岳~八雲ヶ原~釈迦岳

2015年5月5日(火)
イン谷口~堂満岳~八雲ヶ原~釈迦岳
2015_0505_62a.jpg

山、湖、空、大展望の比良トレイル!



GW終盤の5月5日(土)。
このGWは天気が微妙だったので、遠征は控えて近場の山を楽しむことにしました。このところハマっている花撮影。次のターゲットは、前回、長石尾根を歩いた為に見逃したイワウチワと、昨年ke-nが行かれた堂満岳のシャクナゲです。イン谷口から堂満岳~八雲ヶ原~釈迦岳と巡る周回コースを選びました。GW初日のアカヤシオが素晴らしかったので、シャクナゲやイワウチワにも期待が掛かります。

まずはイン谷口駐車場からノタノホリ方面へと向かいます。青空が出ているのか曇っているのかよく分からない空模様で、歩き始めはちょっと肌寒いです。直に暑くなるだろうと中間着は着ずにスタートします。
2015_0505_63a.jpg

ガマズミ
2015_0505_1a.jpg

ヤマツツジ
2015_0505_2a.jpg

最初の分岐はノタノホリ、堂満岳方面へ。
2015_0505_64a.jpg

2015_0505_65a.jpg

民家の横を抜けていきます。
2015_0505_66a.jpg

ヤブツバキ
2015_0505_3a.jpg

ヤマツツジ
2015_0505_4a.jpg

しばらく登るとノタノホリに到着です。独特の雰囲気の沼地で、反射した新緑が綺麗です。いい雰囲気の撮影地といったところでしょうか。
2015_0505_5a.jpg

マムシグサ
2015_0505_6a.jpg

山頂直下の尾根に乗ると、より一層素晴らしい新緑に魅せられます。
2015_0505_7a.jpg

青空に映えるブナの新緑!まだ若い繊細なブナが多くて綺麗でした。
2015_0505_8a.jpg

イワカガミ
2015_0505_9a.jpg

陽光浴びた可愛らしいイワカガミが至る所に咲いていて、早速撮影モードに。
2015_0505_10a.jpg

タチツボスミレ
2015_0505_11a.jpg

立派な樹幹のブナも。
2015_0505_12a.jpg

ニョイスミレ。濃い紫と白のコントラストが綺麗。
2015_0505_13a.jpg

山頂直下でようやく花が付いたシャクナゲに出会いました。
2015_0505_14a.jpg

青空バックに!
2015_0505_15a.jpg

9時15分、堂満岳に到着。期待したシャクナゲはこのとおりです。ここまで不作とは・・・。周りをうろうろ探しますが、結果は同じ。
2015_0505_16a.jpg

山頂は素晴らしい展望です。ちょっと霞んでるけど琵琶湖も見えました。正面は沖島。
2015_0505_17a.jpg

貴重なシャクナゲ。まず咲いてるのを探すのが大変で、更に傷んでないのを探すのは至難の業。ここにいてもどうにもならないので、とりあえず先へと進みます。
2015_0505_18a.jpg

一番右が最終目的地の釈迦岳。その左がカラ岳。その前に八雲ヶ原に寄りますよ。
2015_0505_20a.jpg

カラ岳の更に西には武奈ヶ岳。時間があれば寄ろうかと話してましたが、今日ものんびり花モードなのでとても時間が足りませんでした。
2015_0505_19a.jpg

淡いシャクナゲ
2015_0505_21a.jpg

ちょっと濃いシャクナゲ。こう見ると結構咲いてるやん!と思われそうですが、ザックを下してそれなりの時間を使って散策した結果です。普通に通過するだけだと収穫はゼロに近かったです。
2015_0505_22a.jpg

そしてようやくイワウチワが!似た花にトクワカソウがありますが、「葉の基部が心形」且つ葉の縦横比が「長さ<幅」のものがイワウチワで、「葉の基部が円形」且つ葉の縦横比が「長さ>幅」のものがトクワカソウ、だそうです。
2015_0505_23a.jpg

こちらもイワウチワでしょうか。なかなか判別しづらいですね。
2015_0505_24a.jpg

琵琶湖と沖島。湖と山並みの素晴らしい景色です。奥に薄っすら見えるのは鈴鹿山脈北部。
2015_0505_25a.jpg

何度も撮ります。何度も言いますが、傷んでないシャクナゲは極僅かです。
2015_0505_26a.jpg

嫁さんも。
2015_0505_27a.jpg

今回最も花付きの良かった奇跡のシャクナゲ。
2015_0505_28a.jpg

金糞峠の定番ショットです。ここから反対側の八雲ヶ原へ向かいます。
2015_0505_29a.jpg

何の実でしょう?
2015_0505_67a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

ツクバネソウ?
2015_0505_30a.jpg

新緑が写り込んでいい雰囲気です。
2015_0505_32a.jpg

綺麗な沢沿いの道を進むと、立派な芦生杉が。自然の素晴らしい変化に富んだルートです。
2015_0505_31a.jpg

もっとゆっくり撮影したくなる綺麗な沢でした。
2015_0505_33a.jpg

そして八雲ヶ原湿原に到着です。山の上に湿原なんて不思議な感じです。茶色いのは鉄分でしょうか。
2015_0505_34a.jpg

嫁さんが何か撮ってます。
2015_0505_35a.jpg

水芭蕉かな?
2015_0505_36a.jpg

ヒュッテ跡付近のベンチで昼食にします。嫁さんは最近流行ってるらしいトムヤムクンヌードル(右上)。僕はいつものチリトマト。トムヤムクンヌードルは辛くて飲み干せないということで僕も手伝いましたが、当然でしょうが本場のものに比べるととても日本人向けに作られた食べやすいものでした。流行っているのが分かる気がするけど、本場の味を知る者としてはやはり物足りない気がします。(タイのはカップ麺すら本気の辛さ)
2015_0505_37a.jpg

ステラリッジが一張り。これからテン泊のようで羨ましいです。奥にもU.L.系のテントが一張りと、人気のテン泊地の印象を受けました。
2015_0505_38a.jpg

開山祭か何かでしょうか。
2015_0505_39a.jpg

コヤマノ岳かな。武奈ヶ岳はさらにその奥。
2015_0505_41a.jpg

キスミレ
2015_0505_40a.jpg

ムラサキサギゴケ
2015_0505_68a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

ロッジ跡からの展望。ところどころ琵琶湖の展望が広がるのがこのルートのいいところ。
2015_0505_42a.jpg

ダンコウバイ
2015_0505_43a.jpg

カラ岳の電波塔。山頂標識は分からず。
2015_0505_44a.jpg

オオカメノキ。満開の木がたくさんあり綺麗でした。
2015_0505_45a.jpg

2015_0505_46a.jpg

釈迦岳に到着。特に展望もないので長居はしません。下山ルートは釈迦谷の西尾根の一般ルートにしました。
2015_0505_47a.jpg

この景色を見ながらボーっと昼寝したくなります。すぐ近くに湖や海を望める山にあまり登っていないので、とても新鮮な景色でした。比良山系が誇れる景色の一つでしょう。
2015_0505_48a.jpg

この尾根もイワカガミがビッシリ。
2015_0505_49a.jpg

ここのシャクナゲは花付きがよかった。もうすぐ咲きそうなのも。
2015_0505_50a.jpg

今日の主役は新緑だったかもと思わせるほど、ブナの新緑が素晴らしかったです。
2015_0505_51a.jpg

フデリンドウ
2015_0505_52a.jpg

琵琶湖の景色が最も素晴らしかった場所。この景色も見納めです。
2015_0505_53a.jpg

ヤマツツジ
2015_0505_54a.jpg

最後まで新緑に楽しませてもらいました。
2015_0505_55a.jpg

オカトラノオみたいな花
2015_0505_69a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

イワニガナ
2015_0505_56a.jpg

ヘビイチゴ
2015_0505_57a.jpg

ヨツバムグラ?
2015_0505_58a.jpg

ヤマツツジ
2015_0505_59a.jpg

アオダモ
2015_0505_60a.jpg

2015_0505_70a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

ニガイチゴ
2015_0505_71a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

フジ
2015_0505_72a.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

タニウツギ
2015_0505_61a.jpg

16時頃にイン谷口に到着。比良とぴあで温泉に浸かり、帰りは滋賀バイパスで大渋滞を食らい、長い一日が終わりました。

比良山系は、数年前の2月に武奈ヶ岳に登った以来であまり機会がありませんでしたが、今日のような琵琶湖の大展望を望みにまた訪れたいと思います。まだまだ未開拓エリアなので、鈴鹿のように少しずつ足を運べればと思います。琵琶湖の展望、珍しい高層湿原、たくさんのお花たちを満喫した一日でした。

◆ログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
6:20 イン谷口
7:09 ノタノホリ
9:15 堂満岳 9:22
10:25 金糞峠 10:30
11:30 八雲ヶ原~昼食 12:42
13:00 比良ロッジ跡
13:32 カラ岳
13:55 釈迦岳
16:07 イン谷口


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM

EOS M
EF-M 22mm F2 IS STM
関連記事
スポンサーサイト

| 比良山系 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

比良山系

cooperさん、おはようございます。

山を登りながら琵琶湖を一望できるのは、
ここの特権ですね。
比良山系にはなかなか縁がなくて、
愛知からだとぐるっと回らなければならないので、
二の足を踏んでおります。

シャクナゲは不作みたいでしたが、
ブナの新緑は気持ちいいですね。

| climb-like | 2015/06/19 06:23 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

怒涛の連続更新ですね(笑顔。
冬の武奈ヶ岳とこの時期の堂満岳周回しか行ったことがないですが、
比良のお山は景色の変化に富み退屈しないですよね。

ここの八雲が原手前の巨杉群と沢の雰囲気がとてもお気に入り場所でもあります。
そういえば、奇しくも同じ日に登っていたのでしたね。
僕も同じように友人たちにここの石楠花を見せてあげようと企画したのですが、
今年は残念でした。

花を撮りながらの山行が板についてきたようで、
ブナの新緑や、綺麗な花を探された石楠花、イワカガミなど、
光の関係もありましょうが、生き生きとして見えます。

| ke-n | 2015/06/19 08:42 | URL |

Re: 比良山系

climb likeさん、こんばんは。

連続コメントを頂き恐縮です。
琵琶湖の景色はちょっとした感動を受けました。
いつもの山域ではなかなか見れるものではないスケールの
大きい景色でした。愛知からだとちょっと遠いですかね。

シャクナゲは来年に期待します。
それ以上にブナが良かったです。
これは嬉しい誤算でした。

| COOPER | 2015/06/20 01:46 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

連続更新は、ヤマレコにUPした山行だったのでセレクトが終わってたからですw
比良山系、僕も冬の武奈ヶ岳とこの堂満岳ですが、
確かに変化に富んで面白い山域ですね。

八雲ヶ原手前の巨杉群と沢の雰囲気や、ノタノホリあたりは、
恐らくke-nさんの好みだろうなと思いながら、
ゆっくり時間を掛けて回りましたがやはりそうでしたか(^^)
シャクナゲは実に残念でしたね。1時間差くらいだったので、
もう少し撮影していたらお会い出来ましたね。

花は全然探し切れていないですが、何となく花の目になってきたと
思います、ありがとうございます。
今回は新緑がとても綺麗で、ちょっと侮ってました。

| COOPER | 2015/06/20 02:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/378-1bbf4dc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT