yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鎌ヶ岳~御在所岳~国見岳

2015年5月2日(土)
長石尾根~鎌ヶ岳~武平峠~御在所岳~国見岳~きのこ岩~裏道登山口
2015_0502_90.jpg

国見岳のアカヤシオは今年も楽しませてくれました。



5月のGW初日。
アカヤシオを見たくて、昨年ke-nさんと歩いた雨乞岳~上水晶谷~御在所岳を思い返していました。やはり今年も国見岳のアカヤシオかなということで、先日アンニョンさんが歩かれた周回コースに少しアレンジして歩いてきました。アカヤシオ以外では、イワカガミとイワウチワも狙いですが、花の先生不在で果たして見つけることが出来るのか、一抹の不安を残しつつ、中道登山口に車を停めます。

この中道登山口の駐車場は、スカイライン側から入る広い区画と、温泉街から入る狭い区画が隣り合わせに並んでいます。この季節は、それぞれどちらかからしか入れず、例えばスカイラインから上って来ると、温泉街側の区画には入れないようにゲートと鎖で閉鎖されています。大概混みあうのはスカイライン側の区画で、スカイラインから来る車が何台も入っては出て行ってを繰り返していました。その時点でも、温泉街側の区画はまだ数台空いてましたので、アクセス的にはちょっと面倒ですが停めるなら温泉街側がいいかもしれません。

そして、スカイライン側ではこんな朝早くから警察官がスピーカーで路駐の注意をしていました。路駐出来る場所も限られているようなので、注意が必要です。

今日は快晴です!駐車場から御在所岳のロープウェイ山頂駅が見えてます。
2015_0502_1.jpg

手前が温泉街側、奥の方がスカイライン側。真ん中付近のゲートと鎖でこちら側に入れないようになってます。
2015_0502_2.jpg

今日も新緑が綺麗。
2015_0502_3.jpg

温泉街の方へ数分歩くと長石谷の登山口です。ここで登山届を出して出発します。
2015_0502_4.jpg

2015_0502_5.jpg

新緑のシャワーが最高です!
2015_0502_6.jpg

ヤブツバキ
2015_0502_7.jpg

ここは忠実に左へ行き、長石谷へ向かいます。まずはイワウチワ狙いです。
2015_0502_8.jpg

ここで標識どおり右に上がると、これが間違いだったのか、この後すぐに尾根に乗りました。地図で見ても明らかに長石谷に降りる感じではなく長石尾根のルートです。すぐに戻れる距離でしたが、イワウチワは諦めて、レコであったシロヤシオを狙いに長石尾根に変更です。
2015_0502_9.jpg

尾根に入ると、すぐにイワカガミが咲いてました。
2015_0502_12.jpg

これでもかというくらい延々続きます。可愛らしいです。
2015_0502_11.jpg

そして、レコで見たとおりフライング気味のシロヤシオが咲いてました。そこそこの花付きです。
2015_0502_14.jpg

この状態をみると今年もそこそこ花を付けてくれるものと思ってましたが、結果はどこも散々だったので、今思うとここで見ておいて良かったです。これだけ花付きのいい樹はどこもなかなか見れなかったのではないでしょうか。
2015_0502_15.jpg

嫁さんは今日もEOS Mで参戦です。
2015_0502_17.jpg

眩しい新緑と、バックに御在所岳。
2015_0502_16.jpg

イワカガミ
2015_0502_19.jpg

光の入り方で表情が異なります。
2015_0502_20.jpg

ハルリンドウ
2015_0502_21.jpg

2015_0502_22.jpg

急登を登り切ると弥一ヶ岳に到着。御在所岳が綺麗に望めました。
2015_0502_23.jpg

これから向かう鎌ヶ岳も。緑が生い茂っていい雰囲気です。
2015_0502_24.jpg

滑り易いザレた道がところどころ出てきます。
2015_0502_25.jpg

2015_0502_26.jpg

ハルリンドウ
2015_0502_27.jpg

アップで。
2015_0502_28.jpg

タチツボスミレ
2015_0502_29.jpg

ミツバオウレン。花後の結実。
2015_0502_123.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

稜線に出ると日差しが照りつけて、もう暑いです。
2015_0502_30.jpg

ようやく出て来たアカヤシオ。だいぶ散ってしまってちょっと遅かったか。
2015_0502_33.jpg

稜線はとても開放的!振り返ると、青空と御在所岳が見守ってくれてるよう。最高の登山日和です。
2015_0502_34.jpg

標高を上げると、まだたくさん花を付けたアカヤシオも。
2015_0502_36.jpg

ショウジョウバカマ
2015_0502_38.jpg

ミツバオウレン。終焉ですが何とか花を見れました。
2015_0502_40.jpg

タムシバ
2015_0502_42.jpg

鎌ヶ岳山頂に到着です。立派な石碑が設置されてます。
2015_0502_44.jpg

反対側へ行くと楽しそうな鎌尾根。この稜線はそのうち歩いてみたいです。今日はまだ先が長いので、休憩もそこそこに出発します。
2015_0502_45.jpg

ハルリンドウ。この花はいっぱい見かけました。
2015_0502_46.jpg

2015_0502_47.jpg

2015_0502_48.jpg

武平峠へと向かう稜線。
2015_0502_49.jpg

振り返るとゴツゴツした岩山です。
2015_0502_51.jpg

ミツバツツジも辛うじて花を残してくれてました。
2015_0502_52.jpg

街が春霞に消えていくような景色です。
2015_0502_53.jpg

ミヤマシキミ
2015_0502_124.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

2015_0502_54.jpg

どんどん下ります。
2015_0502_55.jpg

オオカメノキ
2015_0502_56.jpg

青空が似合うのどかな風景です。
2015_0502_57.jpg

新緑の間を縫うように走るスカイライン。
2015_0502_58.jpg

武平峠に到着です。いい時間なのでここで昼食にします。
2015_0502_59.jpg

御在所岳へは300mほどの登り返しです。昨年ここを下った時、登りは嫌だな~と思ってましたが、昨年の下りの方がやっかいな印象となるほど、意外と登りはあっさりでした。
2015_0502_61.jpg

岩場を超えると、さっきまでいた鎌ヶ岳が堂々と聳えています。昨年も感じましたがお気に入りの景色です。
2015_0502_62.jpg

アカヤシオも青空バックに映えます。
2015_0502_63.jpg

2015_0502_64.jpg

登り切ったアスファルトの道沿いには満開のアカヤシオが。ここも昨年の方が花付きが良かったですが、これでも十分綺麗です。
2015_0502_65.jpg

2015_0502_66.jpg

嫁さんも。
2015_0502_67.jpg

シバザクラ
2015_0502_125.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

2015_0502_68.jpg

観光客に紛れながら御在所岳に到着です。一気に下界の雰囲気に戻されますが、まだ歩かないといけません。
2015_0502_69.jpg

スキー場を下りながら、国見岳をチェックしましたが、やはり昨年よりアカヤシオの花付きは悪いようです。加えて、今年の花は開花が早いので、アカヤシオもその傾向にあったようです。
2015_0502_70.jpg

国見岳に向かう前に、アゼリアでソフトクリーム休憩。普段の山歩きからすると反則行為ですが、せっかく食べれるので。
2015_0502_71.jpg

ダンコウバイ
2015_0502_126.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

一番上が展望岩。御在所岳を象徴する奇岩群がその下に続きます。
2015_0502_72.jpg

ぬかるんだ登山道を慎重に下って行くと国見峠に到着です。2月に来た時は、標識の上の方まで雪で埋まってましたが、これだけ背の高い標識を立てられてる意味が分かりました。
2015_0502_74.jpg

そして、国見峠にはようやく素晴らしい花付きのアカヤシオが!これぞアカヤシオの国見岳!と言わんばかりの意地を見せたか。
2015_0502_73.jpg

御在所岳斜面のアカヤシオ。やはりちょっと少なめです。
2015_0502_75.jpg

特徴的な奇岩群。
2015_0502_76.jpg

石門!
2015_0502_129.jpg

オオカメノキ
2015_0502_82.jpg

国見岳に到着しました。
2015_0502_83.jpg

山頂の大きな岩の上に立つと、鈴鹿山脈北部の山々が一望できます。釈迦、竜、藤原、テーブルランド。さらに奥にちらっと見えるのは霊仙山かな。素晴らしい景色です。年々、鈴鹿を歩く機会が増えていますが、多彩なルートやたくさんの花、鈴鹿一帯の山並み、眼下に広がる街並みや伊勢湾の景色、確実にそれらに魅せられていると実感する瞬間がありますが、この時もその感覚を味わいました。
2015_0502_84.jpg

菰野町の街並み。
2015_0502_85.jpg

釈迦ヶ岳の稜線の向こうには、鈴鹿山脈北部の山々が連なり、とてもいい眺めです。
2015_0502_86.jpg

釈迦ヶ岳もぼちぼち登らないといけない山ですが、秋か来春になりそう。
2015_0502_87.jpg

アカヤシオと御在所岳。時間が遅くなったので、国見尾根分岐から尾根を下ろうかと思案中でしたが、嫁さんから予定通り周回へGO!の指令が出たので、きのこ岩方面へと向かいます。
2015_0502_88.jpg

ひっそりと咲くハルリンドウ。
2015_0502_89.jpg

今日のベストオブアカヤシオ!15時を回ってもこの空の青さは素晴らしいです。本当に登山日和。
2015_0502_90.jpg

少し歩き難い登山道を下ると、バックに国見岳が開けるポイントに。
2015_0502_91.jpg

またまた素晴らしいアカヤシオ。
2015_0502_92.jpg

そして青岳に到着。
2015_0502_93.jpg

国見岳斜面のアカヤシオが夕陽に輝いてます。
2015_0502_95.jpg

嫁さんも楽しんでくれてるようで、周回にして良かった。
2015_0502_96.jpg

快適な登山道を進むと、きのこ岩分岐に到着。
2015_0502_99.jpg

手前で一緒になった健脚のお二人ときのこ岩へ。朝明から釈迦に登り、根ノ平峠経由でハライドから朝明に戻られる周回コースのようです。面白そうなコースなので、来春にやろうかな。
2015_0502_98.jpg

国見岳と御在所岳が遠くなっていきます。
2015_0502_101.jpg

ハライド分岐。ここは藤内小屋方面へ。
2015_0502_102.jpg

伊勢湾が見えてます。街と海はまるで六甲に似た景色。
2015_0502_103.jpg

直進不可、ここは右へ。
2015_0502_104.jpg

森に佇む藤内小屋。
2015_0502_105.jpg

夕陽に輝くイワカガミ
2015_0502_106.jpg

鐘突堂跡
2015_0502_107.jpg

渡渉点に来るともうすぐです。
2015_0502_108.jpg

渡ってすぐの標識。藤内小屋へひたすら向かいます。
2015_0502_109.jpg

ニガイチゴ
2015_0502_127.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

テン場が見えると小屋はすぐそこ。
2015_0502_110.jpg

木橋を渡ると藤内小屋です。
2015_0502_113.jpg

せっかくなので藤内小屋で休憩します。200mlくらいの小さい缶のスコール(150円)を頂きました。宿泊OKの立派な小屋で、泊まってみたくなりました。
2015_0502_114.jpg

ツアー登山の方々が到着されて大賑わいです。渋滞を食らわないように先に出発します。
2015_0502_115.jpg

スカイライン方面へ下ります。
2015_0502_116.jpg

鯉のぼりもバッチリ。
2015_0502_117.jpg

本来はここを中道へ登り返す予定でしたが、これも一期一会、きのこ岩の健脚ペアに教えて頂いたルートに変更し、そのままスカイラインに降ります。
2015_0502_118.jpg

七の渡し
2015_0502_119.jpg

これからコンクリートが入るのかな。柱の間を通過しました。
2015_0502_120.jpg

日向小屋
2015_0502_121.jpg

裏道登山口のスカイラインに到着。ここから10分ほど登り返して中道駐車場へ。
2015_0502_122.jpg

温泉街を走る日本カモシカ!止まってほしかった。。。
2015_0502_128.jpg
(EOS M嫁さん撮影)

GW初日で少々疲れ気味でしたが、この日にして良かったと思える登山日和。アカヤシオやイワカガミを楽しめて良かったです。少々ロングにすれば、綺麗な沢や花、展望などを一度に満喫出来る欲張りな周回コースを組めるのが、多彩なルートを持つ鈴鹿の楽しみ方の一つだと感じました。大峰に比べると少々遠方ですが、春、秋、冬と、これから訪れる回数が増えることを約束されたような楽しい山行きとなりました。

◆ログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
7:45 中道ルート前駐車場
7:52 長石谷登山口
9:00 弥一ヶ岳
10:40 鎌ヶ岳 10:50
11:49 武平峠~昼食 12:27
12:45 天指岩
13:19 御在所岳~小休憩 13:25
13:40 レストランアゼリア~休憩 14:00
14:27 国見峠
14:45 石門
14:52 国見岳
15:13 青岳
15:23 きのこ岩
15:40 ハライド分岐
16:32 藤内小屋~休憩 16:46
17:12 裏道登山口
17:20 中道ルート前駐車場

撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)

EOS M
EF-M 22mm F2 IS STM
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

御在所から見たあの鎌ヶ岳の怖そうな斜面も降りたのですね。
登りは良いけど、下りであの砂利っぽいのはカンベンして欲しいですね。

さすがに御在所・国見のアカヤシオですね。
今年は良くないといっても圧巻のように見えます。
青空とのコントラストも最高ですね。
一年に一度、鈴鹿に行くとしたらこの時期なのかなと思います。

鈴鹿のアカヤシオのオシベにはやっぱり白毛はありましたか?(笑。

| ke-n | 2015/06/16 08:45 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

そうです、あの鎌ヶ岳の斜面を降りましたよ。
意外とちゃんと難しくないルートになっていて、
昨年の御在所からの下りの方が怖かったです。

国見岳のアカヤシオは圧巻でした。
満開だったのは数えられるほどでしたが、
その満開の木が強烈でした。
この青空で見れて良かったです。

雄しべの白毛はじっくり見なかったので分かりません。
というか、僕がじっくり見て分かるのかも微妙ですが・・・。

| COOPER | 2015/06/17 00:17 | URL |

周回コース

cooperさん、おはようございます。

周回コースお疲れ様です。
このコースに奥さんが付いてこれるのが羨ましい。
長石尾根のザレの下りで滑ってパンツまで破ったのを思い出しました(笑)

キノコ岩、ハライドには行ってみたいので、秋くらいにラウンドしたいなぁ~。

| climb-like | 2015/06/19 06:04 | URL |

Re: 周回コース

climb likeさん、こんばんは。

嫁さんはなんやかんやとよく付いてきてくれてるので、
一緒に楽しめて助かってます。
長石尾根の下りは滑りそうですね~。

釈迦からのラウンドは面白そうですね。
ご一緒したいですね。

| COOPER | 2015/06/20 01:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/377-5fb347f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT