yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

唐松岳

2015年3月27日(金)~2015年3月28日(土)
八方池山荘~唐松岳
2015_0327_121.jpg
朝陽に染まる五竜岳



すっかり春の陽気に包まれ、気分は花モードになりつつある3月末。忘れてしまったわけではないけど、もういいかなと思いかけていた昨年のリベンジ、唐松岳。そんな気持ちを見透かされたような絶好の晴れ予報に、病み上がりの嫁さんもいつになく乗り気ときたら、もうこれは行くしかない・・・。ということで、3月ラストの週末に、唐松岳リベンジへ行ってきました。

昨年は下ノ樺でテン泊して暴風のなか星景撮影を楽しみましたが、今回は嫁さんが病み上がりということもあり、テン泊ではなく八方池山荘に宿泊することにしました。
金曜日の昼過ぎ、6時間弱で白馬村に到着。平日はもっと混む区間があると思っていたけど、意外とそうでもなく、すんなりいきました。

ちょうど昼時だったので、前から行きたかった「そば神」さんへ。透明感のある蕎麦は噂通りで大満足!リピート決定です。
2015_0327_1.jpg

八方第二駐車場から望む快晴の白馬三山に期待が高まります。
2015_0327_4.jpg

ゴンドラアダムとリフト二つを乗り継ぎますが、この時期は通し券がないので、各乗り場で乗車料金を支払います。これが少々面倒。
2015_0327_64.jpg

二つめのリフトを降り、八方池山荘にチェックイン。2階の2段部屋へ荷物を置き、少し仮眠してから、下の写真の正面の丘(八方山)の上まで夕景撮影に出掛けます。いきなりの急登ですが、のんびり歩いて20分ほどです。
2015_0327_5.jpg

数日前の降雪で僅かに白さを取り戻した白馬三山。それでも気温の上昇には敵わない様子が、随所に見てとれます。
2015_0327_6.jpg

雪煙舞う白馬岳。山頂付近は風が強そうですが、ここ八方山は無風です。
2015_0327_65.jpg

小蓮華山から白馬乗鞍岳あたり。
2015_0327_66.jpg

双二峰が美しい鹿島槍ヶ岳。
2015_0327_67.jpg

七面山のような山容の不帰ノ嶮Ⅱ峰。
2015_0327_9.jpg

唐松岳、不帰ノ嶮
2015_0327_10.jpg

五竜岳、鹿島槍ヶ岳
2015_0327_68.jpg

2015_0327_69.jpg

唐松岳
2015_0327_70.jpg

雪煙舞う丸山方面。
2015_0327_71.jpg

火打、妙高、高妻などの頸木山塊。
2015_0327_72.jpg

八ヶ岳と、右に富士山。そろそろ日没時刻です。
2015_0327_73.jpg

夕食はバイキング。小屋泊の楽しみの一つです。夕食後は30分ほど胃を休めた後、再び八方山へ。
2015_0327_14.jpg

月光と白馬三山。月齢6~7あたりだったと思いますが結構明るい。風が無く気温も0度ほど。外気-15℃で暴風だった昨年とはえらい違い。ダウンも不要でした。
2015_0327_15.jpg

2015_0327_74.jpg

2015_0327_100.jpg

2015_0327_75.jpg

2015_0327_76.jpg

2015_0327_77.jpg

2015_0327_112.jpg

白馬村の夜景。バックに四阿山・浅間山。
2015_0327_18.jpg

朝が早いことを理解しながらも、山荘に戻ったのは日が変わる少し前。撮影時間の割に結果が伴わないことも分かっていましたが、それでも撮影が楽しくてやめられませんでした。


翌朝、3時30分に起床。朝食を適当に食べて5時前に出発します。眠くてだるい身体に鞭打ち、まずは、昨日2度も登った八方山へ向かいます。志賀高原方面が明るくなってきました。
2015_0327_78.jpg

2015_0327_79.jpg

白馬三山も優しく色づき始め、その時を静かに待ちます。
2015_0327_80.jpg

IMG_0176_1.jpg
EOS M (嫁さん撮影)

薄雲の合間から太陽が出ると、ほんの数秒、山々は神々しい姿を見せてくれます。
2015_0327_20.jpg

五竜岳
2015_0327_21.jpg

鹿島槍ヶ岳
2015_0327_22.jpg

不帰ノ嶮
2015_0327_82.jpg

白馬三山
2015_0327_23.jpg

朝日を撮影中の登山者。
2015_0327_24.jpg

白馬岳
2015_0327_119.jpg

眠りから覚めた白馬の山々は、これを求めてやってきた者たちへのご褒美であるかのように、幻想的で美しい姿を見せてくれました。ただ、撮影場所については、幾つか撮影上の問題点が見つかったので、もう少し検討の余地アリです。

さて、ここからは唐松岳山頂を目指します。
2015_0327_115.jpg

白馬連峰が一目で分かる展望図。ここから見える山容がばっちりそのまま描かれていて素晴らしいです。
2015_0327_26.jpg

ダケカンバがアクセントの斜面には、いくつかのシュプールが。
2015_0327_28.jpg

昨年テントを張った下ノ樺。
2015_0327_29.jpg

そこを抜けると急登が始まります。寝不足の影響か体が重く、嫁さんにペースを合わせてもらいます。
2015_0327_30.jpg

2015_0327_32.jpg

2015_0327_83.jpg

上ノ樺に一張り。ここから五竜や白馬三山が眺めれたので、ここで張るのもアリやなと思いました。
2015_0327_33.jpg

連続する急登をクリアすると丸山に到着です。唐松岳、不帰ノ嶮が一気に近付きます。
2015_0327_84.jpg

五竜岳と牛首も。
2015_0327_85.jpg

2015_0327_86.jpg

2015_0327_87.jpg

岩場をクリアするといよいよ最後の急登。
2015_0327_37.jpg

登り切るといきなりこの景色が現れます。剱、立山、薬師、水晶へと続く稜線の白さは格別!頂上山荘の屋根にはテントが一張り。来年はここで張るのも面白そうです。
2015_0327_40.jpg

すっきりしない空模様でも、その存在感が損なわれることはない、剱岳、立山。
2015_0327_38.jpg

頂上山荘の入り口付近は雪が吹き溜まっていました。
2015_0327_41.jpg

こちら側の斜面に少し風紋が出来ていて、シュプールもなく綺麗でした。
2015_0327_101.jpg

2015_0327_89.jpg

そして、遂に昨年のリベンジの瞬間、唐松岳山頂です!嫁さんも一緒に登れて良かった。
2015_0327_43.jpg

ここからはしばし撮影タイム。間もなく厳しい冬に終わりを告げる北アルプスの情景を、思う存分満喫します。
2015_0327_44.jpg

五竜岳と、右奥に槍穂高。
2015_0327_90.jpg

針ノ木岳、野口五郎岳、水晶岳、読売新道。
2015_0327_91.jpg

立山、北薬師岳、薬師岳も。
2015_0327_45.jpg

2015_0327_46.jpg

毛勝三山
2015_0327_93.jpg

2015_0327_94.jpg

2015_0327_95.jpg

八ヶ岳の右横に富士山!
2015_0327_49.jpg

2015_0327_96.jpg

2015_0327_51.jpg

不帰ノ嶮、白馬三山、小蓮華山。
2015_0327_53.jpg

いつまでも見ていたい絶景に感動は尽きませんが、そろそろ下山します。
2015_0327_97.jpg

2015_0327_98.jpg

端正な唐松岳。今年は白馬岳からここまで縦走したいな。まだまだ後立山から離れられそうにないです。
2015_0327_54.jpg

ゴンドラ始発組がぼちぼちやってきました。
2015_0327_55.jpg

2015_0327_99.jpg

2015_0327_56.jpg

続々とやってきます。
2015_0327_57.jpg

2015_0327_58.jpg

丸山。
2015_0327_60.jpg

すいすい登るバックカントリーのスキーヤー。
2015_0327_61.jpg

扇雪渓のあたりはスキーヤーやボーダーたちのゲレンデになってました。
2015_0327_62.jpg

そして、白馬三山も見納めです。二日間、絶景をありがとう。また来るよ。
2015_0327_63.jpg

雪山入門コースとして紹介されている唐松岳ですが、この時期の八方尾根は強風になることが多く、降雪後は猛烈なラッセルを強いられ、決して楽に登れる山ではないと感じました。昨年はその暴風を実際に体感し登頂を諦めましたが、今回はよい条件が揃ったおかげで、山頂に立つことが出来ました。そして、そこからの景色はまさしく絶景で、何物も寄せ付けない厳しい冬の北アルプスを、しっかりこの目に焼き付けてきました。また来年か再来年、このような好条件を狙って再訪したいと思います。


◆ログ(HOLUX M-241)  ※スタートが八方山あたりになってます。


◆C.T.
5:10 八方池山荘
5:30 八方山~モルゲン撮影 6:05
6:17 八方池
6:39 下ノ樺
7:15 上ノ樺
7:55 丸山~休憩 8:25
9:29 唐松岳頂上山荘~休憩 9:45
10:05 唐松岳~撮影 10:15
10:39 唐松岳頂上山荘
12:11 下ノ樺~荷物撤収 12:26
12:32 八方池
13:03 八方池山荘

◆蕎麦
そば神 神城
営業時間)11:00~16:00
定休日)水曜日
http://www.sobajin-kamishiro.jp/company.html

◆温泉
白馬八方温泉 八方の湯
料金)大人800円、小人400円
時間)午前9時~午後10時(受付終了午後9時30分) ※毎週水曜は正午より営業
http://hakuba-happo-onsen.jp/happo/


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
Velbon シェルパアクティブ2

関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPWEさん、おはようございます。

待ってました!
あ~、もう僕には遠い昔の世界のようでため息が出ます。

山小屋泊まり、夕景、夜景、朝景と撮れるなら
撮影のみが目的でも十分に楽しめそうですね。
参考にさせていただきます。

朝の色はやはり最強ですね。
日の出からしばらくは気持ちも絶頂期ですね(笑。
そして夜の神秘的な撮影も時間を忘れて夢中になるのが分かります。

ベストショットが選べないほど、お気に入りのお写真がたくさんあり、
堪能させていただき、ありがとうございました。

| ke-n | 2015/04/14 08:52 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

お待たせしました!
忙しくてちびちびと時間が掛かってしまいました。。。
八方池山荘に泊まって八方山で撮影。これで十分楽しめましたよ。
景色はほとんど同じですが、綺麗な景色はなかなか飽きませんね。

柔らかい朝の光でしたが、思ったよりピンクに染まってくれて、
ほんの数秒のピークを無事カメラに収めることが出来ました。
写真的にはアレなところは多々ありますが、まぁ撮影を楽しめたので良しとします(^^)

星景は月が思ったより明るくて難儀しまして、
あまり思ったようには撮れませんでした。
でも楽しめたのでこれも良しです。

北横岳と同じくらい撮影を楽しめますので、是非行かれて下さい。

| COOPER | 2015/04/15 00:32 | URL |

狙いが決まったみたいで、綺麗な色に染まりましたね。
また奥様との無事の登頂、おめでとうございます。

唐松は、一週間前に剱が染まるのを期待して、気合いを入れて行ったんですが、もやもやでチンでした。
そんな訳でCOOPERさんの写真で朝の色を楽しませてもらいました。
屋根の上のテントの写真、とある理由でとても気になります。

| パンダ | 2015/04/16 00:03 | URL | ≫ EDIT

撮影三昧

COOPERさん、こんにちは。

今年〆の雪山お疲れ様でした。
天候に恵まれ良い撮影、登山が出来ましたね。

星景撮影も日が変わる付近まで撮影しているとはビックリ。
3時間も寝てないんじゃないですか?
次の日の登山も影響を受けるのでほどほどに・・・(笑)

日の出に照らされてピンクになる白馬の山々がまた堪りませんね~。
みんなこれが見たくてもなかなか見れませんから。

奥様とご一緒に唐松岳登頂リベンジも果たせて満足の山行になりましたね。

| climb like | 2015/04/16 09:48 | URL |

Re: タイトルなし

パンダさん、こんばんは。

ありがとうございます。
朝のドラマはいい感じに染まってくれて楽しめました。
風も穏やかで、雪質もいい条件だったので難なく登頂出来ました。

唐松、もやもやでチンでしたか。。。それは残念ですね。
山荘付近のテントはこの後撤収し下山されましたが、
何パーティかテント装備で登って来られた方たちは山荘付近で
張られたと思います。吹きだまってない方の山荘入口脇あたりは
どうなのかな~と思って見てました。レポ参考にさせて頂きます。

| COOPER | 2015/04/17 02:30 | URL |

Re: 撮影三昧

climb likeさん、こんばんは。

〆の雪山はとりあえずうまくいって良かったです。
気分も何とか乗ってくれました。

星景に限らずですが、思い付いたら試さないと気が済まなくなってしまうので、
効率もへったくれもないです。。。星景は特に時間が掛かりますね。
とはいえ、睡眠はやはり重要ですね、ありがとうございます。

白馬の山々が朝陽に染まる姿は格別でしたよ。
本当にいい条件で楽しめました。

嫁さんも山荘付近で密かに星景撮影を楽しんでたようですし、
山頂からの景色も満足してくれたみたいで、一緒に来れてよかったと思いました。

| COOPER | 2015/04/17 02:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/368-dfa8864b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT