yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上水晶谷テン泊ハイク!

2015年2月21(土)~2015年2月22(日)
朝明渓谷P~根ノ平峠~国見岳~御在所岳~上水晶谷~朝明渓谷P
2015_0221_72.jpg

御在所周回とテン泊鍋パで鈴鹿をアソビつくす!



この週は、climb likeさんとパンダさんと赤岳に行く予定にしていましたが、日曜日の悪天予報により残念ですが赤岳は中止にしました。土曜日は好天が期待出来た為、代案として、二日目が短めとなるよう鈴鹿の上水晶谷でテン泊することになりました。初日は少々長いですが、朝明から入り御在所岳を周回するルートにしました。(likeさん選定)

当日、8時前に朝明渓谷駐車場に到着。水洗のW.C.もあり、駐車場も広いので登山口としては最高です。そして、到着してすぐにダウンの上を忘れてしまったことに気付きそのことを話すと、likeさんが快く別のをお貸ししてくれました。どうもありがとうございました、助かりました。
2015_0221_1b.jpg

道路に雪はありませんでした。出発からこの青空、最高です。
2015_0221_45.jpg

車道の途中で渡渉し、いざ山道へ。
2015_0221_2.jpg

2015_0221_46.jpg

今日は天気がよくて気持ちいい。
2015_0221_47.jpg

何度か渡渉します。
2015_0221_48.jpg

堰堤を超えたり。
2015_0221_3.jpg

トラロープの急坂を下ったり。
2015_0221_49.jpg

先行のトレースも助かります。
2015_0221_4.jpg

根ノ平峠に着くと、イブネ・クラシがお出迎え。素晴らしい景観と、太陽のあまりの心地よさに、30分も休憩してしまいました。
2015_0221_5.jpg

ここからは、ワカンを装着して出発です。
2015_0221_50.jpg

先行のトレースを辿ると、すぐに先行者に追いつきました。トレースの御礼を言い、ここからはノートレースの雪面を進みます。ちなみにこの方は元山岳写真協会東海支部のOさんという方でした。
2015_0221_51.jpg

途中で斜面を斜めに登り尾根に乗ります。ここから急に雪が深くなり、国見岳まで存分にラッセルを楽しめました。
2015_0221_6.jpg

Oさんとは抜きつ抜かれつでいきます。
2015_0221_7.jpg

2015_0221_8.jpg

長い急坂をやり過ごすと、鈴鹿北部の山々が見え始めます。そして、この辺でいい時間だったので、先にお昼にします。事前にlikeさんから頂いた幕の内弁当を美味しく頂きました、ありがとうございました。
2015_0221_9.jpg

ここから国見岳まで、見た目よりもぐるっと回る感じでなかなか遠いです。ザックが木の枝に頻繁に引っ掛かるようになり、ラッセルしつつ木の枝への注意が必要で、気疲れが続きます。
2015_0221_10.jpg

2015_0221_11.jpg

2015_0221_12.jpg

雨乞岳、イブネ方面。
2015_0221_52.jpg

遠くから見えていた岩塊地帯。
2015_0221_53.jpg

2015_0221_13.jpg

岩塊の上に出ると鈴鹿北部の素晴らしい展望。
2015_0221_14.jpg

雨乞岳方面。
2015_0221_15.jpg

綺麗なシュカブラ。
2015_0221_54.jpg

単独のOさんはここで戻られるとのことで、僕たちは引き続きノートレースを進みます。
061raw_2.jpg
※climb likeさん撮影

青岳に着くといよいよ国見岳が正面に見えます。その稜線を登れば到着です。
2015_0221_16.jpg

新調されたsamyang 14mmを楽しむlikeさん。
2015_0221_17.jpg

2015_0221_55.jpg

2015_0221_56.jpg

080raw_2.jpg
※climb likeさん撮影

2015_0221_18.jpg

2015_0221_19.jpg

中道の地蔵岩が正面に。
2015_0221_20.jpg

最後の稜線も雪が多く、シュカブラが綺麗です。
2015_0221_57.jpg

2015_0221_58.jpg

根ノ平峠から約4時間でようやっと国見岳に到着です。
2015_0221_21.jpg

延々ラッセルでしたが、しんどさよりも楽しさが勝っていたのは、みんなこの景色のお陰でしょうか。
2015_0221_22.jpg

少し下ったところに石門がありました。
2015_0221_23.jpg

そこから少し登るといよいよ御在所岳が間近に。国見峠へ向かってまずは下ります。
2015_0221_24.jpg

ちょっと危険だった急坂を振り返って。ここをやり過ごすと、あとは単調な下り。国見岳からはしっかりしたトレースがあったので、これまでとは全然ペースが違います。
2015_0221_25.jpg

14時28分、国見峠に到着です。この看板は確か僕の身長より高かったと思いますが、結構埋まってます。春に来た時、「こんな高い位置に標識があるのはもしや…」と思ってましたが、今日、その予感が的中しました。
2015_0221_26.jpg

続いてlikeさんも峠に到着。時間的に、このまま上水晶谷に下るのがベストだと思いますが、ここまで来たので御在所岳へ向かうことに。
2015_0221_59.jpg

幸い直登ルートが出来てたので、利用させてもらいます。
2015_0221_27.jpg

10分ほどでスキー場に着くと、山頂まであと僅か。
2015_0221_28.jpg

2015_0221_60.jpg

15時、無事に御在所岳に到着です。
2015_0221_29.jpg

国見岳まで雪が深かったので、ここまで来れないだろうと途中諦めかけてたので、とても嬉しかったです。
118raw_2.jpg
※climb likeさん撮影

2015_0221_61.jpg

鎌ヶ岳も。
2015_0221_30.jpg

ここからは北西尾根を下ってダイレクトに上水晶谷へ向かいます。正面に見えてる小高いアップダウン、まさか通るの?と思ってたらきっちり通りました。このアップダウンに少々時間が掛かりました。
2015_0221_31.jpg

ここからは、秋に逆回りで歩かれてるlike隊長が先頭に。もちろんトレースはありません。
2015_0221_62.jpg

振り返って御在所方面。
2015_0221_63.jpg

まだまだザックが引っ掛かる稜線歩き。
2015_0221_32.jpg

天気もなんとかもってくれました。もう16時になるので、ここからは太陽と追いかけっこです。
2015_0221_64.jpg

アップダウンが終わると、あとは延々下り。周りの景色もだいぶ低くなってきました。
2015_0221_70.jpg

最後の急坂はシリセード気味に下ってようやく上水晶谷に到着です。正面は杉峠方面。
2015_0221_65.jpg

その反対側、目の前の少し雪の落ち込んだところに上水晶谷の沢が流れています。春に来た時に、渡渉してそのまま直進してしまったあの地点です。はっきりと覚えていた景色でした。
2015_0221_71.jpg

給水と泊地探しに30分ほどかかり、ようやく幕営です。likeさんはシンボルツリーのそばで張りたかったようですが、見つけることが出来ず、また明日のお楽しみとしました。
2015_0221_33.jpg

硬めの雪質に助けられ、整地+幕営を20分で完了。今回も綺麗に張れて、だいぶ張り方に慣れてきたみたい。
2015_0221_34.jpg

気温は恐らく0℃か、若干プラスくらいと暖かかったので、晩飯は野外でやることに。
158raw_2.jpg
※climb likeさん撮影

まずはウィンナーを焼き小腹を満たします。PRIMUS ライテックトレックケトル&パンの蓋はノンスティック加工されて全く焦げ付きません。(likeさんより借用)
2015_0221_44.jpg

そしてメインの鍋です。likeさんが学生時代から使われてる大きな鍋に具沢山のキムチ鍋は最高に美味しく、体も温まります。梅酒や赤ワインも疲れた体に沁みて最高の時間が流れます。
2015_0221_35.jpg

締めはうどんと雑炊!心地よ過ぎてlikeさんも寛いでます。
2015_0221_36.jpg

キャンドルの灯りで酒と山談義。何から何までlikeさんに準備頂き、ありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。また皆でやりたいですね!
2015_0221_37.jpg

そして今回もシュラフに入ったら、僕はすぐに落ちたようです。(likeさん談)
2015_0221_38.jpg

翌朝。夜中に降っていた雨もやみ、暖かい朝を迎えました。残ったパンやアマノフーズのリゾットなど適当に食べ、早々に撤収します。likeさんのツェルトⅡロング、インナーポールを利用して空間を広げることに成功しています。実際に中を拝見すると確かに広くなってました。
2015_0221_39.jpg

少し歩くとlikeさんが探していたシンボルツリーを発見。大きな木ですぐにこれと分かりました。周りは斜面だったので、幕営地としては昨日の場所が最高だったと思います。
2015_0221_40.jpg

渡渉が何度もあり、少々厄介でした。
2015_0221_41.jpg

地味な登りは少々時間が掛かります。
2015_0221_66.jpg

ガスが濃くなってきたあたりで、
2015_0221_42.jpg

根ノ平峠に到着。ホッと一息入れて、あとは単調に下り、今回の山行は無事終了。
2015_0221_67.jpg

2015_0221_69.jpg

下山後、グリーンホテルの温泉に浸かり帰路につきました。

今回は赤岳は残念でしたが、代案の御在所周回ルートで、ラッセルや展望、野外での鍋パーティを楽しめて、低山の雪山ハイクを大変満喫することが出来ました!climb likeさん、色々とお世話になり、どうもありがとうございました!


◆ログ(HOLUX M-241)


◆C.T.
<2/21(土)>
8:35 朝明渓谷駐車場
10:00 根ノ平峠~休憩 10:30
11:30 尾根途中で昼食 12:15
13:15 青岳
13:55 国見岳
14:28 国見峠~休憩 14:35
15:00 御在所岳~休憩 15:20
15:30 北西尾根下降口
17:00 上水晶谷
17:35 テン場

<2/22(日)>
7:25 テン場
8:50 根ノ平峠~休憩 9:05
10:06 朝明渓谷駐車場





撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 21:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしい!

お久しぶりです。

すごい距離を歩くんですね!!
雪山綺麗で楽しそうでせす^^

以前いらした武蔵に遊歩道が作られています。桜や花もたくさん植えられていますので数年後綺麗になると思いますよ!また是非ともいらしてください。

| kenta | 2015/03/04 22:18 | URL |

Re: 素晴らしい!

kentaさん、こんばんは。

お久しぶりです!コメントどうもありがとうございます。
雪山、楽しいですよ~w

武蔵に遊歩道ですか!
また桜の時期に行ければと思っていますが、
数年後の姿が楽しみですね!
今年はどのあたりで桜を撮ろうか、そろそろ検討を始めようかと思っていたところです。

| COOPER | 2015/03/05 00:19 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

赤岳は残念でしたが、まったりと鈴鹿を楽しまれたようでなによりでした。
そろそろ雪と戯れるのも終わりかなと思って拝見していると、
初日の好天の白い世界がとても気持ち良さそうで、
名残惜しくもなってくるようです。

シュカブラを見ながらの稜線歩きも良いですね。
男二人でローソクを灯してのテント泊もオツなものでしょうか(笑。

| ke-n | 2015/03/05 08:10 | URL |

ラッセルゴレライ

Cooperさん、こんばんは。

赤岳は来シーズンのお楽しみですね。

代案の鈴鹿でしたが、思ってた以上に見所満載でノートレースをラッセルしながら楽しめましたね。
御在所岳まだ行けたことも嬉しかったです。

野外での鍋パは最高でした。
こういった楽しさがあるからテン泊はやめられません。

またみんなで鍋を囲みたいですね。

今回はありがとうございました。
また、御一緒しましょう!!

| climblike | 2015/03/05 23:15 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

色々行事があるので赤岳は来年になりそうですが、
今回は鈴鹿を楽しめたのでよかったです。
僕はまだ雪はもうちょっとだけ楽しみたいですが
もしかしたらこのまま終わるかもで、どうなるか微妙なところです。

シュカブラの上を歩くのは躊躇してしまいますが、稜線歩きは気持ちいいですね。
男二人のキャンドルナイトはなかなかオツでしたよw

| COOPER | 2015/03/07 19:05 | URL |

Re: ラッセルゴレライ

climb likeさん、こんばんは。

国見岳までは確かにゴレライな勢いでしたねw
代案ルートは鈴鹿をよく知るlikeさんならではでしたね!
危険箇所もなくラッセルを楽しめてよかったです。
御在所岳も踏むことが出来て、少し箔が付いた山行になりましたね。

今回は野外の鍋パが心地よかったです。
夏か秋にでもまた皆とやりたいです。

ツェルトⅡロングのMYOG、楽しみにしてますよ。

今回も色々とありがとうございました、また宜しくお願いします。

| COOPER | 2015/03/07 19:15 | URL |

山行のお礼

 先日はお会いしまして、山道ガイドしてもらい、好天の雪山歩きを満喫できました。最新のGPS機能は凄いですね。秋山を3度程歩いたのですが、山道を歩くだけでは、方向感覚は養われませんね。
 帰りに稜線の方から外れたところに、見落としていたテープの標識が1つありました。何れにしましても、時折のテープは十分な頼りにはなりませんね。
 この前の写真を2、3枚送りたいと思いますが、どう送ったらよいかを教えてください。
 楽しい山歩きを続けてください。たまにブログを見せてもらいます。“じゃんだらりん”も見せてもらいました。
 

| 大塚  | 2015/03/14 10:18 | URL |

Re: 山行のお礼

大塚さん、こんにちは。

先日はこちらこそどうもありがとうございました!
そして、コメントありがとうございます。
山道を歩くだけでは確かに方向感覚は養われませんね。
地図やGPS、周りの山を見ながら意識しないとなかなか難しいですね。

協会のHP拝見しましたが、素敵なお写真がたくさんですね。

写真の送り方ですが、頂いたアドレスに後ほどメールしますので
それに転送をお願いします。

またどこかの山でお会いできることを楽しみにしています。
今後とも宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2015/03/14 12:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/363-2a13a643

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT