yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大普賢岳

2015年2月15日(日)
和佐又ヒュッテ~大普賢岳
2015_0215_24.jpg

積雪ピークの大普賢岳チャレンジ!



昨年から気になっていた厳冬期大普賢岳。他に歩きたい山を優先した為、なかなかタイミングが合わずでしたが、今回、ようやくその機会が訪れました。この日曜は高気圧に覆われるものの西高東低で強風の予報。中心がかなり南にずれていたので、少し心配はしていましたが果たして・・・。

大普賢岳は、無積雪期でも梯子や鎖が多く、決して気を抜けないアスレチックなコースで、積雪期、ことに厳冬期ともなると、深い雪に阻まれ登頂は困難になります。これまで登った弥山・八経ヶ岳や、山上ヶ岳、稲村ヶ岳よりも確実に難易度が上がります。出来ればグループで入りたいところでしたが、今回はソロでのアタックとなりました。

最初の難関は和佐又林道。四駆+スタッドレスでもヒュッテまで辿り着けないことがよくあるようで、Facebookで最新情報を確認した上で向かいました。今回は、和佐又のイベントに合わせてか、金曜日に除雪車が入っていたのでましな方だと思いますが、林道中盤以降は硬めの轍に少々苦戦するも無事ヒュッテまで辿り着きました。

ヒュッテに入ると、上北山村ふるさと復興協力隊の方たちが今日のイベントの準備をされていました。ヒュッテの若おかみさんに登山届と駐車場代1,000円を渡すと、今日はまだ誰も向かっていないとのこと。どうやら僕が先行のようです。

7時20分、ヒュッテを出発です。
2015_0215_66.jpg

今日はそれほど寒くなく、朝の光が心地いい。
2015_0215_39.jpg

大台方面の朝陽がとても綺麗でした。
2015_0215_2.jpg

この時間でも車は少なく、登山者は僕だけのようです。
2015_0215_3.jpg

晴れてくれました。この時点では・・・。
2015_0215_37.jpg

今日は山友もいないのでモチベーションが上がりませんが、頑張っていきましょう。
2015_0215_5.jpg

石碑のところではもう雲が覆い始め、今日の目的地は見えません。
2015_0215_6.jpg

和佐又のコルでは、珍しく風がそれほど強くありません。雪の量は少ないようにも見えるけど、どうなんだろう。
2015_0215_67.jpg

少し登ると小普賢岳のあたりが見えてきました。あんなところを通過するのかと、正直思いました。
2015_0215_7.jpg

ここからは窟群が続くトラバース道。ここまで霧氷は全くありません。
2015_0215_41.jpg

シタンの窟の氷柱。光が照らして綺麗です。
2015_0215_42.jpg

2015_0215_43.jpg

朝日窟へ向かう途中の氷柱。
2015_0215_60.jpg

朝日窟手前の最初の梯子は、すでにこんな状態に。
2015_0215_68.jpg

2015_0215_44.jpg

朝日窟
2015_0215_45.jpg

氷筍(ひょうじゅん)は小さめ。
2015_0215_10.jpg

笙ノ窟。氷柱がびっしり。ここで休憩中の先行者に出会いました。ヒュッテの情報では誰も先行していないとのことだったのですが、明らかに今日だろうという一人分のトレースがところどころあったので、先行者が居るような気はしていました。その先行者も僕が到着してすぐに出発されました。僕はしばし休憩。
2015_0215_11.jpg

氷筍が成長してます。
2015_0215_12.jpg

綺麗な自然の造形です。
2015_0215_13.jpg

日本岳のコルで二人のソロハイカーに抜かれ、後を追うように雪に埋まった嫌らしい垂直梯子を慎重に登り切ると石ノ鼻へ。
2015_0215_63.jpg

日本岳。後ろは和佐又山かな。
2015_0215_14.jpg

小普賢岳の奥、大普賢岳は姿を現してくれません。
2015_0215_15.jpg

2015_0215_46.jpg

ちらほらと氷柱が見えてます。晴れでここの景色を見たかったなぁ。ここから嫌らしい場面が続くので足の置き方に集中します。
2015_0215_64.jpg

小普賢岳はトレースがあったので巻き道へ。ここはトレースがなかったら難しい場面です。
2015_0215_16.jpg

2015_0215_47.jpg

少しでも出ている手すりが有難いです。
2015_0215_17.jpg

夏道にある小普賢岳の看板は、もう少しで隠れてしまいそうなほど。字は完全に埋まってます。
2015_0215_18.jpg

大普賢岳はさらにガスってきて、一層の厳しさを醸し出しています。そんな演出は頼んでませんけど。。。
2015_0215_48.jpg

小普賢岳のコルへは、少しだけ後ろ向きで慎重に下りました。
2015_0215_49.jpg

小普賢岳のコルでホッと一息入れます。先ほど抜かれたはずのお二人が後ろからやってきました。どうやら看板のところから小普賢岳に登られたようで、タフなお二人です。ここで意気投合し、少しの歓談後、二人は先に山頂へ向かわれ、僕は少し遅れて後を追います。
2015_0215_50.jpg

最初のルンゼ。梯子は完全に埋まってます。
2015_0215_65.jpg

展望のいい鉄橋のところ。
2015_0215_20.jpg

細くて嫌らしい鎖の埋まった難所を振り返ったところ。とにかく狭い場面が多く難儀します。
2015_0215_21.jpg

トラバースの先は次のルンゼ。
2015_0215_69.jpg

ここのルンゼも見ためそれほどでもない感じ。
2015_0215_52.jpg

ですが、下部が完全に崩壊していて危険だったので、このままもう少し巻いて適当なところで直登します。
2015_0215_23.jpg

直登し始めてすぐのところでお二人に追いつき、ラッセルを交代しながら三人で山頂を目指しました。山頂まではほぼ直進ですが、極力傾斜の緩いところを選んで微調整しながら進んでいきます。
2015_0215_24.jpg

2015_0215_70.jpg

そして、11時33分、遂に大普賢岳山頂に到着です。ハンパない積雪量!お二人のお陰で何とかモチベーションも上がり、登頂を喜び合います。
2015_0215_25.jpg

左から、お世話になったTさん、Nさん。どうもありがとうございました!そして、健闘を称え合いガッチリ握手!
2015_0215_26.jpg

一応、記念に撮って頂きました。
2015_0215_27.jpg

この方は笙ノ窟で会った方で、僕たちが直登した地点より先へ進み、どうやら夏道を登られた様子。僕たちより10分ほど遅れて到着されました。後ろには大きな雪屁が出来ています。
2015_0215_77.jpg

一瞬ゆえの嬉しい青空。この時だけ奇跡的に雲が流れてくれました。しかし、風がとても強く、あまり長居はしていられません。
2015_0215_28.jpg

お二人は先に下って行かれ、僕も少し遅れて下山します。
2015_0215_29.jpg

下りは、登りとは少し違うルートを選択。急斜面の緩い雪に、精神的にも体力的にも擦り減らされます。
2015_0215_30.jpg

2015_0215_54.jpg

2015_0215_71.jpg

2015_0215_32.jpg

中途半端に埋まった梯子は、アイゼンを掛ける箇所に大変気を使いました。
2015_0215_33.jpg

日本岳のコルへと下る最後の長い梯子のところです。写真で見るより傾斜がきついので、後ろ向きになりピックを刺して支点を取りながら鎖も掴んで慎重に下りました。アイゼンが掛かり難く不安定だったので、個人的にはここが最も恐怖を感じ、疲れました。
2015_0215_75.jpg

2015_0215_56.jpg

日本岳のコルの下りもそこそこの傾斜。
2015_0215_35.jpg

2015_0215_57.jpg

2015_0215_58.jpg

平和な和佐又ヒュッテに無事戻ってきました。イベントがちょうど終わったところのようでしたが、賑やかな雰囲気でした。
2015_0215_59.jpg

念願だった厳冬期の大普賢岳は、無事に登頂はさせて頂けましたが、簡単には近付けない山であることを改めて実感させられました。特に下りでは、一つのミスも許されない際どい場面が立て続けに現れ、無事登頂出来たことよりも無事下山出来た安堵の方が印象に残る、そんな雪山ハイクとなりました。次に行く時は、山友さんたちと一緒に登頂の喜びを味わいたいと思います。





◆ログ(HOLUX M-241) ※飛びあり


◆C.T.
7:20 和佐又ヒュッテ
8:50 笙ノ窟
9:10 日本岳のコル
9:30 石ノ鼻
9:59 小普賢岳(巻き)
10:05 小普賢岳のコル~休憩 10:15
11:33 大普賢岳~休憩 11:48
12:21 小普賢岳のコル
13:12 日本岳のコル
13:20 笙ノ窟~休憩 13:40
14:30 和佐又ヒュッテ


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アスレチック

COOPERさん、おはようございます。

厳冬期の大普賢岳お疲れ様でした。

厳冬期ならではの氷柱や氷筍が良いですね。

登りよりも下りに神経を使ったのも際どい場所ならではですね。

明日からの厳冬期リベンジ楽しみにしています。

| climb like | 2015/02/20 06:10 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

無事の登頂&下山、良かったですね。
この時期の大普賢に単独アタックとはチャレンジャーです。
当日、現地での即席パーティーが組めたのは心強かったことでしょうね。

ここはスタートしてすぐの大台方面の朝の風景がやっぱり好きですし、
窟群の氷柱も撮影しに行ってみたいです。
そこより先へは怖くてあまり進みたくない気がします(汗。

| ke-n | 2015/02/20 08:50 | URL |

Re: アスレチック

climb likeさん、こんばんは。

厳冬期の大普賢岳は簡単ではなかったです。
氷柱、氷筍は綺麗ですね。
大普賢岳らしい景色でした。
下りは際どい場面の連発で気を抜けませんでした。
明日から・・・天気には勝てませんね。

| COOPER | 2015/02/21 00:16 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

ありがとうございます!下山できてよかったです。
今回は積雪の多いこのタイミングでチャレンジしてきました。
最後まで一人だったら小普賢岳あたりでやめてたと思います。
最初はそのくらいのつもりでスタートしましたが、
運よく3人の方とご一緒出来たので行くことにしました。
最後のラッセルも交代しながらは楽しかったです。

大台方面の朝の風景は綺麗ですよね。
窟群の氷柱はke-nさんにはたまらないと思います。

| COOPER | 2015/02/21 00:25 | URL |

おめでとうございます。

単独で未知への挑戦、素晴らしい気合いですね。
トレースがないと、さらに厳しいように思いますが、何れにしても尾根通しには進みにくい独特の地形が、冬の大普賢を登りにくいものにしているように思います。
登頂そして無事の帰還何よりでした。
おめでとうございます。

| パンダ | 2015/02/23 00:08 | URL | ≫ EDIT

Re: おめでとうございます。

パンダさん、こんばんは。

ありがとうございます!
単独だったのでいつもより不安が強く、より慎重だったように思います。
山友の不在に加え、難ルートという不安がのしかかって
テンションが上がらなかったのかもしれません。

仰るように、尾根通しに進みにくい地形は、登りも下りも難しくしているように
感じました。トレースが無かったら正直どこまで行けたか分かりませんね。
パンダさんの登頂レポやtekapoさんの今年のヤマレコの記録は
とても参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

本当に無事に下山出来て良かったです。

| COOPER | 2015/02/23 20:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/362-e9cd8221

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT