yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山・八経ヶ岳 DAY2

2015年1月24日(土)~2015年1月25日(日)DAY2
弥山~狼平~熊渡
2015_0125_54.jpg

特別な場所での爽快な朝景撮影。充実の二日間となりました。



翌朝は明るくなる前に星を撮るぞと、意気込んで目覚ましを3時にセットしようとスマホを手に取ったまでは覚えているのですが、そこからの記憶がなく気付いたら4時50分。肉眼だとまだ暗い空も、センサーに取り込むと間違いなく明るく写る時間帯。寝ぼけた状態であっても、撮りたい画はもうダメだと本能的に脳が判断したようで、アンニョンさんの星出てるで~の声にも前向きな反応が出来ませんでした。

ヤマテンの予報では朝方の気温はマイナス5℃となっていて、さすがにそれはないだろうとマイナス8~10℃くらいと予想していましたが、実際はマイナス12℃と、思ったより冷え込んだようです(アンニョンさん温度計)。今回はネオエアーXサーモとアルパインヌプシダウンを持ってきたので、マイナス10℃くらいなら大丈夫と判断し、シュラフはモンベルの#3にしました。UL仕様じゃないので900gほどありますが、昨年買ったパフやアンテロープと比べるとかなりコンパクトに収納できるので、僕はシーズンを通して#3が重宝してます。使用後は、ほぼ毎回ヒーターで温めて復活させてるので、5年で結構な回数を使ってきましたが、まだまだ頑張ってもらうつもりです。

昨晩のチキンラーメンの残りに水を足し、パックの白ご飯、アマノフーズの牛とじ丼、コンビニで買ったハムステーキなど、組み合わせなど関係なく適当にぶち込んで小腹を満たします。昨日たくさん作った水で湯を沸かし、お茶、スープなども飲み、温まったところで準備完了。外に出ると、まだ肉眼では暗かったので、ダメ元でちょっとやってみるかと星を撮ってみます。

さすがに6時なのでかなり明るいですが、遠ざかる星と近付く太陽の狭間に八経ヶ岳と釈迦ヶ岳。これはこれでよかったかなと自己満足。そしてこの1~2分後の写真では、もう星はほとんど写っていませんでした。
2015_0125_1.jpg

ここからは日の出方向を中心に、時間ごとに力のある被写体を追いかけていきます。
2015_0125_2.jpg

目覚める前の大普賢岳と奥駈道。
2015_0125_3.jpg

弁天の森から南に派生するピークが特徴的で、その奥の高塚山あたりがガスに包まれて幻想的な雰囲気に。
2015_0125_49.jpg

2015_0125_5.jpg

徐々に色が変化していきます。
2015_0125_6.jpg

2015_0125_7.jpg

2015_0125_8.jpg

夏の雰囲気も好きですが、冬の八経ヶ岳は夏に劣らない迫力があります。眺めているだけで幸せになるというか、弥山・八経ヶ岳は、やはり関西人にとっては特別な山なんだろうなぁと改めて思いました。
2015_0125_9.jpg

いよいよです。
2015_0125_10.jpg

2015_0125_11.jpg

2015_0125_12.jpg

2015_0125_13.jpg

2015_0125_14.jpg

優しく染まる八経ヶ岳。
2015_0125_15.jpg

2015_0125_16.jpg

やっぱり今日も釈迦ヶ岳。綺麗です。
2015_0125_17.jpg

2015_0125_18.jpg

個人的にお気に入りの一枚。山上ヶ岳と稲村ヶ岳は雲海の中。
2015_0125_19.jpg

日の出と共にザワつき始めた雲海が、大普賢岳を包んでいきます。
2015_0125_20.jpg

2015_0125_21.jpg

2015_0125_22.jpg

奥駈道を包むガスが薄いピンクに染まり、最高の瞬間。
2015_0125_23.jpg

パンダさんも楽しまれてます。
2015_0125_50.jpg

まこサーフさん。涙腺大丈夫?アンニョンさんはアクティブに動かれて、どこで撮られてたのかわかりません。
2015_0125_27.jpg

この絶景を皆で堪能。パンダさんのハイライト ライトハウスがカッコいい。
2015_0125_28.jpg

2015_0125_29.jpg

2015_0125_31.jpg

まこサーフさんと
tmp_imgresize (1)_2
(アンニョンさん撮影)

Khufuのお二人。ヤマレコユーザーtakochanさんと兵庫bloggerのコンさん。またどこかでお会いしたいですね。
tmp_imgresize (2)_2
(まこサーフさん撮影)

アンニョンさんと
tmp_imgresize (4)_2
(まこサーフさん撮影)

ぽかぽかと暖かいので、テントを開け、コーヒーでまったり過ごします。
2015_0125_32.jpg

まこサーフさんはクロワッサンを焼いてくれて、めちゃ旨でした。ありがとうございます。
2015_0125_33.jpg

近くに3張り出来て楽しかったです。
2015_0125_34.jpg

時刻は9時を回り、大普賢岳の雲海はすっかりなくなっていました。
2015_0125_35.jpg

パンダさんたちは一足先に撤収を完了され、この後、しばし歓談後にお別れとなりました。二日間お世話になりどうもありがとうございました!今後とも宜しくお願いします。
2015_0125_36.jpg

Khufuの佇まいがいい感じ。整地の際、傾斜部分をかなり平に除雪したので綺麗に張れました。
2015_0125_37.jpg

10時40分、僕たちも出発します。
2015_0125_38.jpg

2015_0125_39.jpg

2015_0125_40.jpg

最後に記念撮影。来年もまた来ましょう。ke-nさんも参戦かな?
tmp_imgresize (3)_2
(まこサーフさん撮影)

斜面の木の影が斜めに伸びて綺麗な八経ヶ岳、見納めです。
2015_0125_41.jpg

2015_0125_42.jpg

大黒岩を裏側から。
2015_0125_43.jpg

狼平では、コッヘルを使ってしっかり昼食。
2015_0125_44.jpg

左足小指の傷みを堪えて頑張りましたね。
2015_0125_45.jpg

霜降りみたいに融けてしまった稲村ヶ岳。
2015_0125_46.jpg

17時15分、無事下山完了。昨日より太めの三日月が出てました。
2015_0125_47.jpg

二日間最高の天気で弥山・八経ヶ岳を歩けた上に、導かれたようなパンダさんとの出会いもあり、これから何度も語られるであろう素晴らしい山行となりました。

パンダさん、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
アンニョンさん、まこサーフさん、今回も色々お世話になりありがとうございました。

さて、冬の弥山・八経ヶ岳はこれで3年目ですが、登ってみて改めて思うことは、雪に覆われたこの季節は決して楽に登れる山ではないということです。今回も天気と山友に恵まれて登頂させてもらえましたが、これからも気を抜かずに、リスク回避を意識し、無理せず雪山を楽しみたいと思います。そして、来年も皆で無事登頂・下山出来るように安全な山歩きを心がけたいと思います。


◆ログ(アンニョンさんスマホ)


◆C.T.
<1月24日(土)>
6:40 熊渡
10:00 カナビキ尾根分岐
12:00 高崎横手出合~昼食
13:06 日裏山
14:54 明星ヶ岳
15:37 八経ヶ岳
16:30 弥山
17:35 テント設営~夕食
21:00 就寝

<1月25日(日)>
4:50 起床
5:50 星~朝焼け~日の出撮影~朝食~撤収 10:45
11:50 狼平避難小屋~昼食 12:50
13:20 高崎横手
15:00 カナビキ尾根分岐
17:15 熊渡


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 21:40 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしい。

COOPERさん、おはようございます。

ご来光が出て後の写真は、興奮の連続です。
やはり冬山の朝、太陽に照らされる光景に勝るものはないですね。
この一瞬のためなら…と思いますが、
テント、シュラフ、調理器具などなど、冬山のテン泊ともなると、
揃えないといけないものも多いですね。

来年、参戦できるかなぁ?(笑。

| ke-n | 2015/02/12 08:06 | URL |

ドラマチック♪

COOPERさん、こんにちは。

11時間の行動の後は疲れがどっと来ますよ。

まさにドラマチックな朝景ですね。
みんなこれをもとめて重い荷物のテン泊に行きますが、
なかなか巡り合いません。

雲海がまた堪りません♪

いつになるかわかりませんが、ご案内よろしくお願いします。


| climb like | 2015/02/12 16:31 | URL |

お疲れ様でした。

二日間良い天気に恵まれての大峰に、まだまだ興奮さめやらずといった感じです。
霧氷や尻尾的には、最高とは行きませんでしたが、そんなことは気にならない何かが、ここにはあるように思います。静かな染み入るような朝も素晴らしかったです。

この夜、わが家もネオエアーXサーモを初めて投入しました。
その保温性といいますか、寒気遮断性には、ちょっとびっくりでした。それでも、この年になると#3程度の寝袋では、おそらく苦しいと思います。やはり若さですね。

それから、実際に見るCOOPERさんのKhufu Silは、とても格好良かったです。
それからそれから、わが家のテントは、ハイライトではなく、ライトハウスです。今やカタログ落ちになってしまいましたが、ハイライトより一回り大きいです。

本当に心に残る山旅になりましたし、ご一緒することが出来なによりでした。
またよろしくお願いします。

| パンダ | 2015/02/13 00:15 | URL | ≫ EDIT

Re: 素晴らしい。

ke-nさん、こんばんは。

陽が昇る前から予感させられる最高の朝でした。
この色はいつ見ても感動します。
この一瞬に出会えると、思い荷物でしんどかった歩きも
チャラになってしまうような、不思議な力がありますね。

テン泊は、ke-nさんの山歴でしたら最初からUL系で
いいような気もします。いつでも相談に乗りますので。
是非来年一緒に見たいですね。

| COOPER | 2015/02/13 00:54 | URL |

Re: ドラマチック♪

climb likeさん、こんばんは。

確かに10時間クラスの行動は疲れますね。
特に冬は。

まさしくドラマチックな朝でした!
今回は二日とも高気圧に覆われる予報が出ていたので、
確率は高いだろうと思ってましたが、夜のガスと強風で
おいおい大丈夫かよと焦りました。

雲海はちょっと弱めですが、無いよりはいいですね。

いつか、一度はご一緒したいですね。またお誘いします。

| COOPER | 2015/02/13 01:00 | URL |

Re: お疲れ様でした。

パンダさん、こんばんは。

僕もまだあの日の余韻が残ってる状態ですw
あのコースは本当にいいコースで、仰るように霧氷が最高でなくても
十分満足出来る何かがありますね。
朝はさほど冷え込まず、素晴らしい景色を堪能出来ましたね。

ネオエアーXサーモ、投入されましたか!
そうなんですよね、全く冷気を感じないこの遮断性は凄いですよね。
軽量でコンパクトにもなりますし冬は当分これかなと思います。
#3は、重宝するといいつつも、出発前日は悩み倒して、パッキングを何度か
やり直したりもしてます。。。

テントはライトハウスでしたか、失礼いたしました。修正しておきました。
てっきり前の色のハイライトかと勘違いしてました。
色もフォルムもすっきりしてカッコいいですね。
Khufuありがとうございます!

こちらこそいい山旅が出来、素晴らしい二日間となりました。
今後もまた宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2015/02/13 01:59 | URL |

下山前に少しお話しさせていただいた兵庫のコンと申します。

予想はしてましたが素晴らしい写真ばかりで!!
ぜひ今度は写真指南もおねがいしたいなー^^。

天候にも恵まれ今しかない!って日に恵まれたような気もします。
まだ余韻に浸れる状態です。

今度はどこかのテン場で腰を据えてお話できるとうれしいな。
またお会いできるのを期待してます。

アンニョンさん、まこサーフさんにもよろしくお伝えください。
ありがとうございました^^。

※リンクさせていただいてもいいですか?

| コン | 2015/02/13 08:22 | URL |

Re: タイトルなし

コンさん、こんばんは。

訪問、コメント、どうもありがとうございます!

先日はお疲れ様でした。最高の景色でしたね!
写真、ありがとうございます。
なかなか撮影が忙しく、帰宅後のセレクトも嬉しい悲鳴でしたが、
こういうのがあるとまた次も、と思ってしまいますね。

こちらこそ、また機会がありましたら宜しくお願いします。

リンクありがとうございます。
blog拝見させて頂きました。
トレランもされてるのですね。
僕はランはちょっと無理っぽいのですが、またどこかの山で一緒にKhufuを張れることを
楽しみにしています。

今後とも宜しくお願いいたします。

| COOPER | 2015/02/14 02:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/361-18337384

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT