yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山・八経ヶ岳 DAY1

2015年1月24日(土)~2015年1月25日(日)DAY1
熊渡~明星ヶ岳~八経ヶ岳~弥山
2015_0124_77.jpg

冬の弥山詣2015!



1月3連休に予定していた弥山・八経ヶ岳。天候優れず延期としていましたが、この24~25日がどうも天気がよさそうなので、迷うことなく決行することとなりました。メンバーはアンニョンさんとまこサーフさん。左足小指を痛めていたまこサーフさんは当日までどうなるか分からない状態でしたが、僕たちが熊渡に着くと一足先に到着されていました。この日はここまで積雪は全くなく、ちょっと拍子抜けな感じでした。

出発の準備中、先行して行かれる1組のご夫婦と挨拶を交わしました。その瞬間、どうも見覚えのある風貌だなぁと・・・。もしやと思い勇気を出してお聞きしてみると、もしかしてCOOPERさんですか!と。なんと、そのご夫婦は以前からblogでお世話になっているパンダさんご夫妻でした!いきなり登板を告げられたピッチャーのように心の準備が出来ていなかった為、この後、林道歩きの途中くらいからじわじわと感動が込み上げてきました。僕たちも準備を終え、6時40分頃出発します。

今日も林道途中から朝焼けが見れました。
2015_0124_3.jpg

前に台風で陥没があった地点。復旧してましたが、また崩落しています。これは直るのでしょうか。
2015_0124_2.jpg

対岸の岩壁も雪がついてます。
2015_0124_4.jpg

九十九折れ終盤、幽玄な植林が。
2015_0124_5.jpg

開けたところでアイゼンを装着し、カナビキ尾根の直登に入ります。この直登と、川合からの合流直前の急登がこのコースの核心部でしょう。まこサーフさんは小指がやっぱり痛そうです。
2015_0124_6.jpg

早速の青空と霧氷。これには皆、元気づけられました。
2015_0124_7.jpg

対岸のP1518~天女の舞方面は真っ白。駐車地での雪の無さに少々心配しましたが、標高が高いところでは心配なさそう。
2015_0124_8.jpg

もう一つの核心部の合流直前の急登で、パンダさんご夫妻が見えました。雪が緩く、後から来た僕たちも股くらいまでズボったりで、なかなか進みませんでした。
2015_0124_9.jpg

合流地点では、光に輝く霧氷がとても綺麗で、皆で撮影タイム。
2015_0124_10.jpg

2015_0124_11.jpg

2015_0124_12.jpg

2015_0124_13.jpg

2015_0124_14.jpg

撮影を終了し、ここからはスノーシューで直登していきます。
2015_0124_15.jpg

2015_0124_16.jpg

2015_0124_17.jpg

直登を抜けてP1598手前のコルあたりで、青空と強烈な霧氷に、またまた撮影タイム。振り返ると、パンダさん夫妻も撮影を楽しまれています。アンニョンさん曰く、「我々(ほとんど僕起因・・・)も撮影ペースは大概遅いけど、同じペースの人たちは初めてやなぁ」と、感心されていました。
2015_0124_18.jpg

めちゃくちゃ密集して、霧氷祭な状態。どう撮ったらいいのか。
2015_0124_19.jpg

まこサーフさんも今日は当たりやなぁと満足気。
2015_0124_20.jpg

2015_0124_21.jpg

遠くに真っ白な大普賢岳。今季はタイミングが合うかなぁ・・・。
2015_0124_22.jpg

稲村ヶ岳と大日山もいい感じの凍てつきを見せてます。
2015_0124_23.jpg

上層が緩めで、スノーシューではちょっと嫌らしかった頂仙岳の巻き。
2015_0124_24.jpg

2015_0124_25.jpg

巻きを抜けると、独特の甘い香りに誘われるように、お気に入りのシラビソエリアへ。そして、高崎横手出合で昼食とします。今回は昨年より1時間ほど早めにスタートしていますが、ほぼ計画どおりに進みました。
2015_0124_26.jpg

昼食後、高崎横手から直進し、明星ヶ岳へ向かいます。最初の開けたところで、いきなりの素晴らしい景色に、アンニョンさんも今だけやで~と撮影開始。
2015_0124_27.jpg

2015_0124_28.jpg

2015_0124_29.jpg

2015_0124_30.jpg

2015_0124_31.jpg

2015_0124_32.jpg

2015_0124_33.jpg

チャペルちっくなシラビソモンスターの間から、近畿最高峰の頂が。あの白くピラミダルな山容には、やはり惹かれてしまいます。
2015_0124_34.jpg

さぁ、霧氷の森を抜けてその頂を目指します。
2015_0124_35.jpg

振り返ると稲村ヶ岳と大日山。朝の凍てつき状態とは明らかに違っています。この春の陽気とこの青空、たった数時間と思いますが恐るべしです。
2015_0124_36.jpg

シラビソモンスターに囲まれた日裏山山頂。小さい看板がつけられてました。
2015_0124_37.jpg

明星ヶ岳から八経ヶ岳の素晴らしい稜線。この青空でこれから歩いていけるなんて楽し過ぎ。
2015_0124_38.jpg

2015_0124_39.jpg

2015_0124_40.jpg

シラビソとトウヒの違いの看板のところだったかな。ここは展望が良くて最高です。
2015_0124_41.jpg

ほんとに真っ蒼です。
2015_0124_42.jpg

2015_0124_43.jpg

明星ヶ岳手前のコル。パンダさんとは抜きつ抜かれつのほぼ同じペース。
2015_0124_44.jpg

七面山から釈迦ヶ岳。
2015_0124_45.jpg

2015_0124_46.jpg

2015_0124_47.jpg

2015_0124_48.jpg

徐々にモンスターの雪の量がアップしてきました。
2015_0124_49.jpg

高野龍神から南へと続く和歌山の山並み。正直、どれがどの山かは分かりませんが、山並みがとても綺麗でした。
2015_0124_50.jpg

八経ヶ岳。だいぶ近付きました。
2015_0124_51.jpg

弥山小屋も見えてます。
2015_0124_52.jpg

2015_0124_53.jpg

さぁ行こう、まずは明星の頂へ。
2015_0124_54.jpg

2015_0124_55.jpg

2015_0124_56.jpg

14時50分、明星ヶ岳に到着です。
2015_0124_57.jpg

2015_0124_58.jpg

先に到着され休憩中のパンダさんご夫妻。いつもblogで拝見するポーズで応えて下さいました。
2015_0124_59.jpg

大台ケ原はちょっと雪が少なそうに見えるけど、中はしっかり積もってるでしょう。
2015_0124_60.jpg

2015_0124_61.jpg

明星ヶ岳から見る冬の八経ヶ岳はちょっとアルペンちっく。
2015_0124_62.jpg

明星の下りで振り返って。
2015_0124_63.jpg

この先はいよいよ強風の稜線。温度調整で脱いだアウターを再び着ます。
2015_0124_64.jpg

まこサーフさんも嬉しそう。楽しんでますね~。
2015_0124_65.jpg

釈迦ヶ岳が綺麗です。何度も撮ってしまいます。
2015_0124_66.jpg

ここは凄いアルペンちっくでした。
2015_0124_67.jpg

看板が見えてあと少し。
2015_0124_68.jpg

2015_0124_69.jpg

2015_0124_70.jpg

15時30分、八経ヶ岳登頂です。パンダさんに撮って頂きました。
八経ヶ岳_2015_0124_3
パンダさん撮影 (アンニョンさんのNEX-5N)

そして、パンダさんとの念願のツーショット!ご出演ありがとうございます!
2015_0124_71.jpg

今日はやっぱり釈迦が気になる。
2015_0124_72.jpg

これから正面の弥山へ向かいます。右の大普賢岳は明治アポロチョコの先みたい。
2015_0124_73.jpg

序盤はこんな感じ。左手にネットを見ながら進みます。
2015_0124_74.jpg

そのネットも最後はこのとおり。動物の足跡がたまに見られたので、これでは鹿も入り放題ですね。
2015_0124_75.jpg

シュカブラと大台・竜口尾根方面。
2015_0124_76.jpg

2015_0124_78.jpg

2015_0124_79.jpg

国見八方覗に到着です。色々場所を探しましたが、樹の間に何とか3張り出来ました。
2015_0124_80.jpg

整地の最中に夕景が始まりました。どっち付かずだったのでテン場からの撮影となりました。
2015_0124_81.jpg

Khufu SilとCTF3。今日はLocus Gearの展示会みたいになって楽しかったです。今回、イーストン ゴールド24"を試しました。さすがにこの長さなのでしっかり刺さってくれました。1本だけ場所的にうまく斜めに刺せなかった為、夕食中に風で抜けてしまいましたが、別のペグをカマして朝まで大丈夫でした。
2015_0124_82.jpg

今日はいい夕景だったのに、整地を優先してごめんね、また来年撮りに来ますので。
2015_0124_83.jpg

2015_0124_84.jpg

張り終わってからマジックアワーくらいだったか、まだ綺麗だったので、パンダさんのテントのあたりで一緒にこの夕景を眺めました。
2015_0124_85.jpg

2015_0124_86.jpg

テントに戻り、お湯作り(2~3Lほど)に1時間半ほど掛かった後、夕食を食べて外を見るとさっきまでの快晴はどこへやら、完全に雲が覆ってしまい強風が吹き始めています。仕方なく?ホッとして?撮影を諦め、シュラフに入ると5分くらいで寝入ってしまったようです。(アンニョンさん談)

つづく
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 20:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすが晴れ男

COOPERさん、こんにちは。

弥山の晴れはやっぱり最高ですね。
周りの眺めがどこを見ても素晴らしく、
そりゃなかなか足が進みませんよね(笑。

憧れのパンダさんとの出会いもあって、
絶対満足の一泊二日でしたね。

青空と霧氷群はさすがに見ごたえ十分ですし、
「今日はやっぱり釈迦が気になる。」と、
「シュカブラと大台・竜口尾根方面。」が
個人的にはググッときました。

| ke-n | 2015/02/08 14:49 | URL |

Re: さすが晴れ男

ke-nさん、こんにちは。

今日は天気が悪く残念でしたね、再来週頑張って来て下さい。

24~25日はどこもいい天気で登山日和でしたね。
弥山も最高の青空で、春の陽気でした。
パンダさんとはようやくといった感じですね。

釈迦の一枚と、シュカブラの一枚、ありがとうございます。
釈迦へと続く奥駈道が半逆光で綺麗でした。
本当に大満足の一日目でした。

| COOPER | 2015/02/08 17:48 | URL |

ありがとうございました。

ようやくお会いできましたね。
それが、良い条件に恵まれた弥山、八経であったことは、何かの導きかもですね。

アンニョンさんの「我々も撮影ペースは大概遅いけど、同じペースの人たちは初めてやなぁ」には、笑ってしまいました。ちょうど嫁さんが、「COOPERさん達、撮影に忙しくて全然進まれへんみいやで〜」なんて言ってました。

昨シーズンは、行くことができませんでしたので、とても感慨深かったですし、同じようなペースで歩くことができ、最高の一日でした。
またご一緒できる機会を楽しみにしております。

| パンダ | 2015/02/08 23:54 | URL | ≫ EDIT

Re: ありがとうございました。

パンダさん、こんばんは。

先日はこちらこそどうもありがとうございました。
ようやくお会い出来て嬉しく思います。

撮影で進まないのは仕方ないですよね。
いいのが撮れる撮れないに関わらず、素通りするのがもったいないと
思ってしまいますよね。パンダさんのレポ、楽しみにしています。

僕は沢はほとんどやらないのでお会い出来るとしたら冬しかないかなと、
しかも遠方からのお越しですので、今回は本当に廻り合わせといいますか、
何かの導きではないかと思いますね。

次回、ご一緒できることを楽しみにしています。

| COOPER | 2015/02/10 00:07 | URL |

一期一会♪

COOPERさん、こんばんは。

まさに一期一会でステキです♪
それが最高な天気のもとなら思い出の山行になりましたね。

COOPERさん達と同じペースで撮影される方はなかなかいませんもんね(笑)

合流地点で撮影タイムのあたりが最高ですね~。
僕も撮影したい・・・。

近々、お会いできるのを楽しみにしております。

| climb like | 2015/02/10 20:37 | URL |

Re: 一期一会♪

climb likeさん、こんにちは。

一期一会ですね~!
天気も最高!言うことなしの山行でした。

撮影ペース・・・確かにいつもご迷惑をおかけしております。。。
いつの間にかしんがりを務めてますね。

合流地点の霧氷は陽が当たって素晴らしかったです。
先日の稲村とはまた違う良さがあるので、いつかこの景色を見て頂きたいです。

こちらこそ、次回お会い出来るのを楽しみにしています。

| COOPER | 2015/02/11 11:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/360-485d6edd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT