yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

下ノ廊下 DAY3

2014年10月25日(土)~2014年10月27日(月)DAY3
阿曽原温泉~欅平
keyakidaira_2.jpg
アンニョンさん提供

黒部峡谷、素晴らしい三日間でした。



三日目。

3時起床。星撮影後、朝食をやっつけ、撤収していると星が消えていき、ポツポツ雨が降り出しました。5時過ぎに出発する時には小雨になりほとんど止んでいました。予報がちょっと早まったのかもと、急いで歩き始めます。

序盤の急登を終え、傾斜が落ち着き始めた頃。日の出は過ぎているはずなのに、雲のせいでまだ薄暗い。
2014_1027_1.jpg

暗いながらもしっとりした紅葉に癒されます。
2014_1027_2.jpg

離島にいるような景色。
2014_1027_3.jpg

2014_1027_5.jpg

この日は木製梯子が多かったように思います。濡れてるので要注意。
2014_1027_6.jpg

折尾ノ大滝。落差約70mは迫力がありました。ここが唯一の給水ポイントになるので補給しておきます。
2014_1027_7.jpg

150mのトンネルかと思いきや、
2014_1027_9.jpg

短すぎたのでこれは違うやろと。
2014_1027_10.jpg

雲のお陰で、昨日とは違った優しい紅葉が谷を埋め尽くしていました。
2014_1027_11.jpg

2014_1027_12.jpg

登山道沿いにいつまでも続く紅葉。阿曽原を出て標高950mあたりの水平歩道を4~5時間歩くので、今回のようにタイミングがあえば、延々と紅葉を楽しめることになります。
2014_1027_13.jpg

2014_1027_14.jpg

中央付近、紅葉の隙間から欅平の屋根が見えました。あのあたりで終わってしまうのか、なんて思いながら寂しい気持ちが襲ってきました。
2014_1027_15.jpg

2014_1027_16.jpg

このあたりの紅葉もすごく綺麗でした。
2014_1027_17.jpg

黒部三大岩壁の一つ、「黒部の怪人、奥鐘山西壁」です。険しい岩壁に柔らかい紅葉、本当に素晴らしい景色を直に見ながら歩けてるんだなぁと実感出来ます。
2014_1027_18.jpg

コの字に掘られた水平歩道。
2014_1027_19.jpg

2014_1027_20.jpg

滑り易いので要・要・要注意!
2014_1027_21.jpg

こんなところなので、ちょっと滑ったでは済みません。見つけて頂くのも至難の業でしょう。
2014_1027_22.jpg

奥鐘山の西壁も紅葉で着飾ってます。
2014_1027_23.jpg

コの字は続きます。
2014_1027_24.jpg

有名な大太鼓。三日目のハイライトですね。高度感にゾクゾクします。
2014_1027_25.jpg

紅葉も素晴らしい。山高地図(スマホ版)では、大太鼓は実際の位置よりだいぶ南の位置に書かれていました。
2014_1027_26.jpg

落ち葉も撮っておかないと。
2014_1027_27.jpg

ホンマに水平です。
2014_1027_28.jpg

マツムシソウ。一輪だけ咲いてました。
2014_1027_29.jpg

この日はアンニョンさんがちょっとペースダウン。スキー時代の古傷の膝が痛むようです。
2014_1027_30.jpg

志合谷のトンネル。150mはココです。
2014_1027_31.jpg

中は思ったより広いですが、中腰になるところも少し出てきます。左側は浅い川になっています。150mがとても長く感じました。
2014_1027_32.jpg

アンニョンさんも「やっと出た~」
2014_1027_33.jpg

この景色も終わりが近付いてきました。
2014_1027_34.jpg

ワイヤーは最後まで延々と張られていて、本当に安心出来ました。
2014_1027_35.jpg

2014_1027_36.jpg

2014_1027_37.jpg

奥鐘山をだいぶ回り込みました。
2014_1027_38.jpg

これでもか!と、僕にとどめを刺した黄葉。
2014_1027_40.jpg

潜ります。
2014_1027_41.jpg

2014_1027_42.jpg

2014_1027_43.jpg

蜆谷(しじみたに)
2014_1027_44.jpg

2014_1027_45.jpg

唯一、光が射した瞬間。この後、再び雲に覆われ、二度と光は射しませんでした。
2014_1027_47.jpg

このルートを歩いているうちに、いつの間にか鉄塔がカッコよく見えてきました。鉄塔フェチになりそう。
2014_1027_48.jpg

色づいたタイミングで風にやられたのか、赤が印象的でした。
2014_1027_49.jpg

2014_1027_50.jpg

2014_1027_51.jpg

凄いところに張られたものです。
2014_1027_52.jpg

高度感抜群なところでちょっと雨が降り出しました。
2014_1027_53.jpg

水平歩道のラストは、見応えある紅葉で締めくくり。
2014_1027_54.jpg

雨脚が強まってきたのでレインウェアを着込み、ここから一気に400mほど下ります。
2014_1027_55.jpg

2014_1027_56.jpg

2014_1027_57.jpg

2014_1027_58.jpg

下が見えました。名剣温泉方面です。
2014_1027_59.jpg

2014_1027_60.jpg

駅が見えてひと安心。雨も止みました。
2014_1027_61.jpg

10時40分、無事に欅平まで歩き通しました。3日間で約45kmでした。
2014_1027_62.jpg

急いで切符売り場へ行き、11時4分発のオープン車両のチケットをゲット。月曜なので、次の便に乗れましたが、土日ならもっと待ちが出るようです。それでも今日はたくさんのアジア系の観光客がいました。
2014_1027_63.jpg

1時間30分かけて宇奈月温泉へ。
2014_1027_64.jpg

2014_1027_65.jpg

体の右半分を本降りの雨に打たれて冷え切った後は、宇奈月温泉グリーンホテル喜泉(日帰り800円)にて貸し切り状態でポカポカに温まりました。
2014_1027_67.jpg

最後は、「黒部 そば屋」でつなぎなしの100%蕎麦を食べて大満足。
2014_1027_70.jpg

憧れだった下ノ廊下。山から下っていく今回の贅沢なプランは、色んなことがうまく重なったお陰で、2014年の最も印象的な山行の一つとなりました。特に紅葉は本当に圧巻で、渓谷の紅葉の素晴らしさを改めて感じることが出来ました。日本一の素晴らしさと言っても過言ではないかもしれません。来年も出来れば再訪したいと思いますが、室堂から下るコースはたぶん省略するでしょう。(思ったより疲れた)

アンニョンさんは、お誘いした当初は渋っておられたものの、最終的にはお付き合い頂きまして、大変心強かったです。アンニョンさん、どうもありがとうございました。


◆ログ(アンニョンさんGPS)


◆C.T.
<1日目>
10:17 室堂
11:03 一の越山荘 11:18
12:05 東一ノ越~昼食 12:40
15:30 ロッジくろよん 16:05
16:38 黒部湖駅
16:45 黒部ダム
17:08 黒部湖駅
17:30 ロッジくろよん

<2日目>
5:30 ロッジくろよん
5:58 黒部ダム
7:44 内蔵助谷出合~休憩 8:00
10:30 黒部別山谷~休憩 10:40
11:00 白竜峡~途中で昼食
12:40 十字峡~撮影 13:10
14:00 半月峡
14:07 S字峡
14:50 東谷吊橋
15:09 レトロなトンネル
15:20 仙人谷ダム
16:28 阿曽原温泉小屋

<3日目>
5:23 阿曽原温泉小屋
6:49 折尾ノ大滝 7:00
7:07 オリオ谷
8:10 大太鼓
8:23 志合谷(トンネル150m)
9:27 蜆谷
10:04 水平歩道終点
10:43 欅平駅


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM

関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 01:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

最後の雨までもが良き思い出となったようですね。
圧倒的な岩壁に散りばめられた紅葉はさすがに黒部渓谷って印象がします。

「高熱隧道」読みはじめました。
小説とCOOPERさんのお写真がコラボしているようで、
美しい景色と同時に、この自然の厳しさも感じさせてもらえました。

来年、歩かれるのならば一緒に連れて行って下さいね。

| ke-n | 2014/11/30 08:20 | URL |

また行きたいですね

最後の日は天気がイマイチだったようですが
そんなの関係ない。の渓谷歩きでしたね。
天気が良ければ欅平に下る手前にあった展望台から
後立山の絶景がみれたのですが。

真っ暗なトンネルの中で頭を何回か岩にゴッンと・・・
ヘルメットは必須ですね、ほとんどの人がかぶっていましたね。
渓谷歩きでも何回か・・・次行く時はヘルメットを買って行こうか迷っています。
その後必要になるような所は行きそうにないので・・・。

あっ「高熱隧道」まだ読んでいません、次に行く時までは読んでみます。

| 段平 | 2014/11/30 10:16 | URL |

Re:

ke-nさん、こんにちは。

黒部峡谷の紅葉はなかなか他で見れないスケールでした。
三大岩壁も極めて目立った存在でした。

高熱隧道読み始めましたか。
あの世界にすぐに引き込まれると思います。
来年、是非ご一緒しましょう!
室道からの下りはどうなるか分かりませんが(^^;)

| COOPER | 2014/11/30 10:23 | URL | ≫ EDIT

Re: また行きたいですね

段平さん、こんにちは。

展望台からは僕も見たかったのですが、
雨で全く無理でした。
白馬岳を見たかったですね。
ヘルメットはやはりあった方が良いかと思いました。
落ちたら関係ないかもですが。
頭は僕も何度もぶつけました。。。
高熱隧道、是非!

| COOPER | 2014/11/30 10:35 | URL | ≫ EDIT

下ノ廊下

COOPERさん、こんにちは。

3日間約45㌔踏破お疲れ様です。

見事な紅葉下りですね。
COOPERさんの綿密な計画の賜物ですね。

行った人がまた訪れたいと思う様な所は、
それだけ惹きつけられるものがあるからですね。

| climb like | 2014/12/01 17:43 | URL |

Re: 下ノ廊下

climb likeさん、こんばんは。

紅葉は想像以上でした。
この山行以来、今年の紅葉は気が抜けてしまってます。

怖いと思う場所もいくつかありましたが、
やはりまた歩きたいと思いますね。
高熱隧道の見学会も応募してみたいです。

| COOPER | 2014/12/01 23:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/348-662ec497

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT