yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

下ノ廊下 DAY2

2014年10月25日(土)~2014年10月27日(月)DAY2
ロッジくろよん~仙人谷ダム~阿曽原温泉
2014_1026_89.jpg

とにかく圧倒的なスケールでした。




この度の長野県北部の震災におきまして、心よりお見舞いを申し上げますとともに、
皆様のご無事と一日も早いご復興をお祈り申し上げます。




二日目は、3時過ぎに起床。少し星を撮影してから朝食を食べ、いよいよ下ノ廊下へ向かいます。時間はちょうど5時30分。周りの方々や小屋泊の方々は、4時頃からぞろぞろと出発して行かれ、この時間だと僕たちが最後の方でした。今日の行程が長いので皆さんかなり早くに出られたようです。

日の出直前の黒部湖。対岸の灯りは黒部ダム駅。
2014_1026_97.jpg

昨日自販機をチェックした黒部湖駅。ドアは開いていたので出発時でも飲み物を買い足せたようです。
2014_1026_2.jpg

黒部ダム駅に着くころには太陽も昇り、立山方面のモルゲンロートが綺麗でした。
2014_1026_4.jpg

トロリーバスの黒部ダム駅。日電歩道の看板あり。この後、水洗W.C.があります。
2014_1026_5.jpg

駅を抜けると右手遠方に聳え立つ岩峰が目立ちます。黒部三大岩壁の一つ、「黒部の魔神、大タテガビン」です。ここから序盤はずっとこれを見ながら歩きます。
2014_1026_114.jpg

まずは駅の裏から100mほど下り、黒部川へ降ります。
2014_1026_6.jpg

観光放水は2週間ほど前に終わってました。ここから左岸の道を行きます。
2014_1026_7.jpg

大タテガビン
2014_1026_115.jpg

シナノナデシコ
2014_1026_8.jpg

2014_1026_10.jpg

高度を上げたり下げたりしながら、川沿いの道を進みます。紅葉がちらほらと出始めました。
2014_1026_9.jpg

50分ほどで最初のポイント、内蔵助谷出合に到着。ここまでは歩きやすい登山道で順調に進みました。内蔵助谷の奥に見えるのは、黒部三大岩壁の一つ、「黒部の巨人、丸山東壁」です。昨日捻挫した足首に少し痛みがありましたが、昨日寝る前にシップとテーピングをしておいたおかげでだいぶましでした。
2014_1026_116.jpg

内蔵助谷出合は標高1,360mですが、まだ綺麗な紅葉が残っていました。後続の方が次々到着され、皆ここで休憩して紅葉を楽しまれていかれます。
2014_1026_117.jpg

花が終わっても楽しませてくれる高山植物。
2014_1026_12.jpg

ようやく山肌に光が当たり始めましたが、谷全体に届くのはもう少し先でしょう。
2014_1026_13.jpg

微小なアップダウンを繰り返しながら緩やかに標高を下げていくと、紅葉が少しずつ綺麗になっていきます。
2014_1026_14.jpg

2014_1026_118.jpg

2014_1026_119.jpg

2014_1026_15.jpg

2014_1026_120.jpg

岩間を縫う黒部川。
2014_1026_16.jpg

対向者とのすれ違いはこの後何度もありました。難儀する場所もあれば、すっと交わせる場所もありましたが、どちらにしても気を使います。土曜日だったらもっと大変だったことでしょう。
2014_1026_17.jpg

黒部川沿いの紅葉も映えます。
2014_1026_18.jpg

太陽に焦らされて、なかなか全容を見せてくれません。
2014_1026_19.jpg

紅葉のトンネル
2014_1026_20.jpg

大タテガビン沢
2014_1026_22.jpg

大岩壁の下部にはドデカイ雪渓も残っていました。
2014_1026_21.jpg

バックの青空に映える紅葉。タイミングよく陽が当たって輝いてます。
2014_1026_23.jpg

2014_1026_24.jpg

徐々に崖道になってきました。
2014_1026_25.jpg

3mmほどのワイヤーが延々と張られているので安心です。毎年点検して傷んでいる箇所は交換しているようです。
2014_1026_26.jpg

2014_1026_27.jpg

このあたりは高度差がなくてましですが、それでも神経をすり減らされます。
2014_1026_122.jpg

狭いへつり部。ここではすれ違いたくない。
2014_1026_28.jpg

谷の広い部分では、山肌全面に陽が当たり始めました。
2014_1026_29.jpg

2014_1026_124.jpg

大へつりの高巻きは、毎年阿曽原小屋のスタッフにて作り替えておられるようです。とても有難いことです。
2014_1026_30.jpg

上から見下ろす。
2014_1026_127.jpg

高巻きのプチ渋滞。
2014_1026_31.jpg

黒部別山谷出合が見えてきました。
2014_1026_125.jpg

2014_1026_126.jpg

黒部別山谷出合。いよいよ崖道も本格化してきたのでここで休憩します。対岸への登り返しはちょっと嫌らしい感じでした。
2014_1026_32.jpg

ここからは崖と紅葉が続きます。
2014_1026_33.jpg

2014_1026_34.jpg

2014_1026_35.jpg

白竜峡。川幅が狭くなって水流が激しくなってます。
2014_1026_131.jpg

2014_1026_128.jpg

激流に磨かれて、岩がつるつるに丸まってます。
2014_1026_134.jpg

2014_1026_36.jpg

タル沢。
2014_1026_135.jpg

2014_1026_136.jpg

オーバーハングしてここは要注意です。
2014_1026_37.jpg

谷全体に陽が射すと、青空と素晴らしい紅葉が現れました。
2014_1026_38.jpg

2014_1026_138.jpg

2014_1026_39.jpg

この後、広くなった場所で昼食にします。十字峡で食べる予定でしたが、いい時間だったので先に摂ることにしました。
2014_1026_40.jpg

2014_1026_41.jpg

2014_1026_42.jpg

2年前に崩落のあった場所。
2014_1026_139.jpg

絶景はまだまだ続くよ。
2014_1026_45.jpg

唯一避けようのない場所。
2014_1026_141.jpg

2014_1026_47.jpg

12時40分、十字峡広場に到着しました。広場の紅葉が見頃でした。
2014_1026_99.jpg

十字峡では3つの沢が集まっています。
2014_1026_49.jpg

棒小屋沢から流れる水は、途中でダムに抜かれているらしく、水流は穏やか。
2014_1026_100.jpg

剱沢からは轟音を響かせています。
2014_1026_51.jpg

釜は綺麗なエメラルドグリーン。
2014_1026_143.jpg

水流の激しいクロスポイント。
2014_1026_54.jpg

黒部川上流。
2014_1026_50.jpg

こちらは下流。
2014_1026_101.jpg

十字がはっきり分かります。前の岩場は濡れてとても滑り易かったので要注意です。
2014_1026_102.jpg

吊り橋を渡るアンニョンさん。
2014_1026_144.jpg

吊り橋から望む十字峡。
2014_1026_56.jpg

このあたりから川との距離が広がっていきます。ここは人が通ってほしいところでした。
2014_1026_145.jpg

これほどの規模の紅葉は初めてです。二人とも興奮が収まりません。
2014_1026_59.jpg

2014_1026_60.jpg

2014_1026_61.jpg

2014_1026_62.jpg

2014_1026_63.jpg

予定より時間がかなりオーバーしているので、撮影もほどほどに進もうとしますが、なかなかやめられません。
2014_1026_64.jpg

2014_1026_65.jpg

2014_1026_66.jpg

2014_1026_67.jpg

対岸に見える横筋が水平歩道。道は水平でよく整備されて素晴らしいですが、崖に神経が擦り減らされるので疲れが溜まってきます。
2014_1026_68.jpg

2014_1026_69.jpg

半月峡
2014_1026_111.jpg

S字峡。字の如く、綺麗なカーブを描いています。
2014_1026_72.jpg

2014_1026_73.jpg

2014_1026_103.jpg

2014_1026_74.jpg

黒四発電所。
2014_1026_75.jpg

関西地区へ送り込まれている送電線。
2014_1026_76.jpg

激下りを終えて、東谷吊り橋に到着。ここも紅葉が綺麗でした。
2014_1026_77.jpg

2014_1026_78.jpg

一人ずつ渡ります。
2014_1026_79.jpg

結構な高度感です。
2014_1026_147.jpg

2014_1026_80.jpg

レトロなアーチ状の窓が開いたトンネル。
2014_1026_81.jpg

2014_1026_153.jpg

仙人谷ダム。水が青いです。
2014_1026_107.jpg

遂に高熱隧道が。
2014_1026_83.jpg

反対側に滝が見えました。地図で確認したら落ち口の先で雲切谷に出合う滝のようです。
2014_1026_84.jpg

ここから中に入ります。入口手前のところで水が取れました。
2014_1026_85.jpg

親切な看板。
2014_1026_86.jpg

薄暗い通路。
2014_1026_87.jpg

高熱隧道。戦時中、多くの犠牲者が出た難工事の末に完成されました。高熱帯の岩盤から発せられる凄まじい熱気に、熱くてじっとしてられません。
2014_1026_88.jpg

昨年小説を読み、見たかった高熱隧道ですが、実際に目の前にすると何とも複雑な気分でした。ただただ凄いの一言ですが、実際に見れて良かったです。
2014_1026_89.jpg

2014_1026_90.jpg

高熱隧道の奥に出てきました。
2014_1026_154.jpg

ここから一旦150mほど標高を上げますが、ここにきて登りかと思うと精神的にツライです。
2014_1026_148.jpg

そして水平歩道の再開です。人見平宿舎から阿曽原まで1時間ほどあります。もうちょいなので気を抜かずにいきます。
2014_1026_149.jpg

2014_1026_150.jpg

あの谷の下あたりかな、なんて思いながら。
2014_1026_151.jpg

黒部ダムから終始ご一緒した福岡の一行さん。
2014_1026_92.jpg

最後は180mほど下って阿曽原温泉に到着です。
2014_1026_93.jpg

今日は日曜なのでガラガラです。奥の方に張りました。
e6c82c4aa5de133000feb0e3513737d5_2.jpg
アンニョンさん提供

阿曽原温泉。男女1時間交代制で20時からはフリーです。スノコで着替えて湯船にINすると、二日間の疲れが一気に開放されていきます。こういう温泉は初めてでしたが、本当に最高でした。
2014_1026_94.jpg

二日目の夕食は軽量化のため小屋食です。カレー食べ放題+惣菜少々で2,000円。2杯食べましたが、過去最高は5杯だそうです。
2014_1026_152.jpg

夕食も時間交代制です。TVでは阪神-SB戦がやってました。
2014_1026_95.jpg

今日も星景撮影はほどほどにしてシュラフに潜り込みました。
2014_1026_96.jpg

憧れの下ノ廊下は、快晴と登山道の素晴らしい整備に助けられ、無事に阿曽原まで歩き通せました。緊張しっぱなしだったので精神的には疲れましたが、普段の登山とは一味違った見どころ満載の水平歩道ハイクを楽しめました。

明日はいよいよ最終日、この旅の締めくくりです。

DAY2 C.T.
5:30 ロッジくろよん発
5:58 黒部ダム
7:44 内蔵助谷出合~休憩 8:00
10:30 黒部別山谷~休憩 10:40
11:00 白竜峡~途中で昼食
12:40 十字峡~撮影 13:10
14:00 半月峡
14:07 S字峡
14:50 東谷吊橋
15:09 レトロなトンネル
15:20 仙人谷ダム
16:28 阿曽原温泉小屋

つづく。


関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 19:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。
昨日はありがとうございました&お疲れ様でした。

さすがに黒部下の廊下の紅葉最盛期、
もう美し過ぎて言葉も出ないくらいですね。
僕は渓谷の光景が一番好きなジャンルなので、
日本一の紅葉と言っても良いと感じました。

圧倒的な岸壁と黒部の水も美しいですね。
ここを歩ける日まで、体を衰えさせるわけにはいかないなと
元気をいただけたような気がします。

| ke-n | 2014/11/25 08:58 | URL |

こんばんは。渓谷の紅葉、何度みても素晴らしい。
阿曽原温泉は最高でしたねぇ。あの解放感は初めての経験でした。
次に行く時は写真のような夜間に入り星空を眺めたいものです。

最初の写真どこか分かりませんでしたが、説明を聞きあぁあのレールの
有った所で、高熱隧道って所ですか、勉強不足でチラッとみて通りすぎたので
トップの写真が・・・なに??でした。勉強になりました。。

| 段平 | 2014/11/25 19:29 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

こちらこそ昨日はありがとうございました。楽しかったですね。

下ノ廊下の紅葉は素晴らし過ぎて言葉が見つからないですね。
あの全山紅葉は日本一と評されても疑わないです。
じっくり撮影出来ないのが残念ですが、ここを歩かせてもらえるだけでも有難いことですね。

紅葉以外にも、崖道、沢、ダム、高熱隧道、温泉と、見どころ満載で、
延々水平歩道でも飽きることが無かったです。
ke-nさんにはまず高熱隧道と黒部の太陽を読まれて是非歩いて欲しい場所です。
僕は来年また歩きたいと思ってます。

| COOPER | 2014/11/25 23:31 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

ここの紅葉は良かったですね。
あれだけの規模の紅葉は初めてで感動しました。
阿曽原温泉は最高でした。星を眺めながらも良かったですよ。
次に行った時は2回くらい入ろうかなと思います。

高熱隧道はご存じなかったですか。
是非小説を読まれてから再訪してみて下さい。全然違うと思います。
僕は仕事次第ですが来年また同じ時期に歩きたいと思ってます。

| COOPER | 2014/11/25 23:37 | URL |

紅葉ドンピシャ♫

COOPERさん、こんにちは。

昨日はお疲れ様でした&楽しかったですね。

下の廊下、すばらしぃですね~。
紅葉もドンピシャで青空の下楽しく記憶に残るハイクになりましたね。

撮りたい場所が次々と出てきて忙しかったのが想像できます。


僕も時間を作ってぜひ下の廊下を歩いてみたくなりました。

今度お会いするときに高熱隧道の小説を貸してください♪

| climb like | 2014/11/26 11:32 | URL |

Re: 紅葉ドンピシャ♫

climb likeさん、、こんばんは。

昨日はお疲れ様でした。
楽しかったですね、ありがとうございました。

下ノ廊下よかったですよ~。
紅葉のタイミングがバッチリでした。
昨年の計画時点で、ヤマレコで過去3~4年のレコを全て読んで研究しましたからね。
でもここまで凄いとは・・・。想像以上でした。

高熱隧道は年末のリベンジの時に貸しますので、
来年の山行リストに是非入れて下さい。

| COOPER | 2014/11/26 23:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/347-c1b9e12c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。