yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

針ノ木岳

2014年9月13日(土)~2014年9月14日(日)
扇沢~針ノ木雪渓ルート
2014_0913_109.jpg

針の先は、北アルプスの大展望台でした。




この度は、御嶽山の噴火により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。



9月の3連休は3日とも天気が良さそうなので、2泊3日でclimb likeさんが歩いた裏銀座~読売新道~黒部ダムを歩く予定でしたが、3日目は早めに帰る必要があったのでこのルートは諦めました。代案として、このエリアで以前から歩きたかった針ノ木岳に登ることにしました。ここなら扇沢から周回も出来ますし、晴れれば正面には剱岳・立山を間近に見れ、眼下には雄大な黒部ダムを見下ろせます。この絶景を見てみたいと前から思っていました。

いつもどおり金曜の仕事終わりで21時30分頃に自宅を出発。3時前に扇沢に到着し、第二無料駐車場が辛うじて1台空いていて滑り込みセーフ。今日の行程は針ノ木小屋までなので7時過ぎまでしっかり寝ました。寝る時はかなり冷え込みましたが、この時間になると日が出てきて温かくなってきます。ちなみに、後で分かりましたが第二駐車場は前日にオープンしたばかりのようです。

予報どおり快晴です。
2014_0913_1.jpg

扇沢駅。針ノ木岳~種池までの縦走路が見えてます。
2014_0913_93.jpg

左奥は爺ヶ岳かな。
2014_0913_92.jpg

2014_0913_2.jpg

針ノ木岳登山口は扇沢駅の左手にあります。8時45分頃スタート。
2014_0913_3.jpg

序盤は終始縦走路が正面に出てきます。
2014_0913_4.jpg

2014_0913_5.jpg

針ノ木岳
2014_0913_6.jpg

枯れた沢を間違えて登られたカップルが下られてきました。左へ渡るのが正解でした。この方たちとはテン場で同じになりました。
2014_0913_7.jpg

ブナが綺麗な森です。
2014_0913_8.jpg

ke-nさんやmakosurfさんが好きそうな苔ゾーン。
2014_0913_9.jpg

ブナがとにかく綺麗でした。
2014_0913_10.jpg

2014_0913_11.jpg

白樺も綺麗。
2014_0913_12.jpg

景色が開けて、正面の沢に木橋と先ほどのお二人が見えてます。針ノ木岳は遥か奥で、見えてるけどまだ遠い典型です。
2014_0913_13.jpg

キオン
2014_0913_14.jpg

縦走路は雲が湧いてきました。
2014_0913_15.jpg

1時間ほどで大沢小屋に到着。小屋は先週で閉じてしまっていて、狭い入口付近に3パーティが休憩しています。次々と登山者がやってきたので、僕たちは水と行動食を軽く摂り、先に進みます。
2014_0913_16.jpg

この先で、なんとブロ友の段平とすれ違っていました。顔出しされていないので、僕は全然気付きませんでした。段平さんはほぼ間違いないと思われていたようですが、それでも半信半疑で声を掛けられずとのことで、そのまま先を行かれました。大阪からこんなに離れたところでピンポイントにすれ違うなんて凄いことです。次回は是非お声掛けくださいね。
段平さんのレポはこちら→http://cosmos728.blog90.fc2.com/blog-entry-473.html
2014_0913_17.jpg

2014_0913_18.jpg

要所には有難い梯子が整備されています。
2014_0913_19.jpg

森を抜けると開けた谷が見えてきました。その谷は針ノ木岳に向かっていて、ところどころ雪渓が見えます。日本三大雪渓の一つ、針ノ木雪渓です。
2014_0913_20.jpg

沢でセイシェルに水を補給します。今日は日差しが暑く、久しぶりに体力が奪われそうだったので、ちょっとだけ足をクールダウン。冷たくて10秒も浸けていられませんでした。
2014_0913_21.jpg

ピンクのシシウド。ちょっと枯れかけです。
2014_0913_22.jpg

ここからは足場がよくない区間が続きます。
2014_0913_23.jpg

整備された木橋が助かります。
2014_0913_24.jpg

2014_0913_25.jpg

雪渓は通行止めで歩けませんでした。雪融けが進んで大変危険な状態です。落石も結構ありました。
2014_0913_26.jpg

この山域は比較的静かな山歩きが出来ることで有名ですが、今日はこの遅い時間でも続々とやってきます。3連休なのもありますが、久しぶりのすっきりした晴れ予報に、皆さん夏のうっ憤晴らしのようです。テン場でご一緒した方も同じことを言われてました。
2014_0913_27.jpg

このあたりまでは、足場が緩くて足に負担が掛かりました。雪渓をそのまま登れたら楽だろうなと思いました。ここから対岸に渡り、岩登りが少しあります。雪渓を通れないので何度も高巻きを強いられます。
2014_0913_28.jpg

2014_0913_29.jpg

トリカブト
2014_0913_30.jpg

ミヤマママコナ
2014_0913_31.jpg

2014_0913_32.jpg

ミヤマダイモンジソウ
2014_0913_33.jpg

ミヤマキンポウゲ
2014_0913_34.jpg

2014_0913_35.jpg

コウメバチソウ
2014_0913_36.jpg

ヨツバシオガマ
2014_0913_37.jpg

野苺。すれ違った方が食べれると教えてくれましたが、少し渋かったです。
2014_0913_38.jpg

稜線が近づいて来たら最後の九十九折に入ります。ジグザグで傾斜が緩くて歩きやすいのですが、ここまでキツイ登りが続いたので少々疲れてきました。
2014_0913_39.jpg

ここのテン場はサイトが小さいので、途中からペースを上げてテント装備のパーティを3パーティくらい抜きました。それでも時刻が13時頃とお昼を回ってるので焦ります。
2014_0913_40.jpg

ラストスパート!
2014_0913_41.jpg

イワギキョウ
2014_0913_42.jpg

ようやく針ノ木峠です。
2014_0913_43.jpg

13時20分、針ノ木小屋に到着しました。テントの受付に行くと、先に場所を確保してきてと言われ、慌てて場所を見に行きます。しかし20ほどのサイトは全て埋まっており、張れそうな場所はありません。小屋番に伝えると、10分ほど登ったハイマツ帯の脇に緊急用の広いスペースがあるので、そこに張って下さいと紹介頂きました。どうやら僕たちが一番乗りのようですが、後続が気になったので急いでコーラ、バッジ、針ノ木岳Tシャツなどを買い、緊急用サイトへ向かいます。
2014_0913_44.jpg

W.Cや水場はありませんが、先ほどのサイトに比べて広くて展望もいいので、全然こっちの方が快適だと思いました。
2014_0913_45.jpg

後から来られたKhufuキューベンのソロの方と、後ろのエアライズ?が枯れ沢を間違えて登られたカップルです。キューベンの方は明日船窪まで歩かれるそうです。針ノ木岳も望めるし、稜線に剥き出しというわけでもないので、いいサイトです。
2014_0913_46.jpg

北葛岳、七倉岳の稜線。
2014_0913_47.jpg

蓮華岳と針ノ木小屋。時間もあるので蓮華岳に向かいます。蓮華岳は、一旦針ノ木小屋まで降りてからまた登り返します。
2014_0913_48.jpg

2014_0913_49.jpg

小屋まで降りて蓮華岳に少し登り返したところで振り返ると、今度は針ノ木岳が見えました。写真中央の少し上あたりが僕たちが張った緊急用のスペースです。
2014_0913_94.jpg

針ノ木小屋とテン場。このテン場はサイトが区切られていて番号が付けられていました。Khufuにはちょっと狭い感じでした。小屋の奥の斜面にWCとテントサイトが隠れています。
2014_0913_50.jpg

最初の急坂を登り切ったところで蓮華岳方面が開けます。
2014_0913_51.jpg

北アルプスの奥深く、裏銀座方面に光が射し込むと神秘的な光景に。
2014_0913_52.jpg

来た道を振り返るとガスが覆ってきました。
2014_0913_53.jpg

ピークに着き、ここが蓮華岳かと思ったらまだ続きがありました。ここで小雨がパラつき始めます。
2014_0913_54.jpg

早くも色づいてる草黄葉。コマクサの葉も黄葉してます。(中央付近)
2014_0913_55.jpg

若一王子神社奥社
2014_0913_56.jpg

蓮華岳に到着です。
2014_0913_57.jpg

三角点もあります。正面の尾根は東尾根です。
2014_0913_58.jpg

振り返ったところ。左が縦走路です。嫁さんがどうも調子が優れないというので、明日は縦走せずにピストンすることにしました。
2014_0913_59.jpg

2014_0913_60.jpg

オヤマソバの草黄葉が綺麗。
2014_0913_61.jpg

2014_0913_62.jpg

2014_0913_63.jpg

凄いガスが湧いてきました。
2014_0913_64.jpg

写真中央に、khufuキューベンの方がテントの傍におられるのが辛うじて見えます。
2014_0913_95.jpg

このまま夕景は見れず、裏銀座はガスに包まれていきました。小屋で水を2L購入し、テン場へ戻ります。
2014_0913_65.jpg

夕食はカップヌードルリフィル、アルファ米で牛丼(アマノフーズ)、ウインナー、スープ、などを作りました。夕食後、1時間ほど撮影しましたが、雲が多かったので早々に切り上げました。
2014_0913_66.jpg

2014_0913_67.jpg

翌朝、5時過ぎに目が覚めると朝のドラマがちょうど始まっていました。昨夜の雲が嘘のように快晴で、夜中3時に目が覚めた時に迷った末に寝てしまったことを後悔しました。正直、縦走しないことになったので油断してました。。。キューベンの方は出発の準備をされてます。
2014_0913_68.jpg

2014_0913_97.jpg

2014_0913_69.jpg

槍ヶ岳と裏銀座。水晶岳も見えます。
2014_0913_70.jpg

八ヶ岳、先日登った富士山、南アルプスもくっきり。
2014_0913_71.jpg

北葛岳、七倉岳の稜線。右奥には燕岳、大天井岳も。
2014_0913_96.jpg

そして反対側には、種池への縦走路、鹿島槍ヶ岳~白馬岳までの後立山の山々。鹿島槍はちょっと抜き出た存在。
2014_0913_98.jpg

さて、僕たちも針ノ木岳に向かいます。
2014_0913_73.jpg

2014_0913_99.jpg

少し登ると展望が開けます。赤牛岳、薬師岳。
2014_0913_100.jpg

高瀬ダム、槍穂高、表銀座、常念岳もチラッと顔を出してます。右奥は乗鞍岳。
2014_0913_101.jpg

後立山と新潟の山々。
2014_0913_74.jpg

30分ほどで針ノ木岳に到着。アレ、もう着いたと思ったら、テン場がすでに小屋からだいぶ上にあったからでした。
2014_0913_75.jpg

立山と剱岳、黒部ダム。この景色が見たかったんですが、実際立ってみるともの凄い絶景です。黒部ダムにまだ光が届いていないのは残念でした。縦走したら確実に計算どおりに光が届いたハズですが・・・。
2014_0913_76.jpg

立山
2014_0913_77.jpg

剱岳。カッコ良過ぎです。ただ、唐松から見た時の方が角度的にイカツかったです。
2014_0913_78.jpg

裏銀座と薬師岳。
2014_0913_79.jpg

裏銀座~水晶岳~赤牛岳~読売新道。当初歩く予定だった縦走路です。climb likeさんが先日歩かれたルートでもあります。晴れたらこんなに絶景です。
2014_0913_80.jpg

種池への縦走路、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬三山。贅沢極まりない景色。このまま下っていきたい・・・。
2014_0913_81.jpg

縦走路を歩けばこの景色をずっと見れるでしょう。スバリ岳か赤沢岳あたりからがちょうどよさそう。来年種池から歩きたいです。
2014_0913_82.jpg

五色ヶ原
2014_0913_83.jpg

薬師岳、北薬師岳。金作谷カールは北薬師岳から見た方が迫力あります。
2014_0913_84.jpg

高瀬ダム、槍ヶ岳、裏銀座。乗鞍岳と鷲羽岳も。
2014_0913_85_20140927231458795.jpg

これだけの絶景、記念に撮って頂きました。20分ほど景色を楽しみ、名残惜しくテン場へ戻ります。
2014_0913_86_201409272315343d9.jpg

2014_0913_87_20140927231535c4a.jpg

何してるんだ早く来いよ、と言っているかのように剱岳がこちらを見ていました。
2014_0913_88_20140927231537def.jpg

朝陽を受けるKhufu Sil。この佇まいがたまりません。
2014_0913_89_2014092723153951c.jpg

朝5時の室内気温は2℃で、ガッツリ結露してましたが、戻ってきたら水滴はほとんどなくなってました。外の空気が気持ちいいので、散らかってますが全開にして朝食を食べます。今回のスリーピングシステムは、Z lite Sol(90cm)、シュラフ#3、クロージングは歩く時と同じ長アンダーと半Tシャツの重ね着(ダウンや中間着、レインも着ず)、テント内で足元が寒かったのでフリースソックスを重ね履きしシュラフでもそのままで寝ました。枕はモンベルのU.L.コンフォートシステムピローです。
2014_0913_90.jpg

裏銀座方面の山々。来年か再来年か分かりませんが、こんな快晴でいつか歩きたいです。
2014_0913_91.jpg

北アルプスを全部望める針ノ木岳。ドが付くほどの快晴で登ることが出来、予想以上の素晴らしい展望が広がっていました。色々考えてみると、これだけ贅沢な景色はココからしか見られないのではないかと思います。縦走は出来ず残念でしたが、これだけの景色が見れたので十分でした。段平さんとはまたどこかでお会いしたいですね。その時はお声掛け宜しくお願いいたします。

比較的静かに歩ける山、そんな売り文句はどこへやら、8月の悪天のうっ憤が溜まった登山者が詰めかけ針ノ木小屋は250%の盛況ぶりだったとか。この日、お気に入りの山が一つ増えた登山者は僕以外にもたくさんおられたことでしょう。


◆ログ(HOLUX M-241)



◆C.T.
<9/13(土)>
8:45 扇沢
9:55 大沢小屋~休憩 10:03
13:20 針ノ木小屋~テント設営・休憩 15:40
16:47 蓮華岳
17:46 針ノ木小屋

<9/14(日)>
6:00 テン場出発
6:35 針ノ木岳~撮影・休憩 6:55
7:34 テン場~朝食・撤収 8:45
8:53 針ノ木小屋
11:13 大沢小屋
12:06 扇沢


◆温泉
大町温泉郷 薬師の湯
http://www2.plala.or.jp/yakushino-yu/index.htm
営業時間)7:00~21:00(2014/7/1~10/31)


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 22:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

アルプスと言えば、森林限界の風景に憧れますが、
道中のブナの森や苔むしたところなんかにも注目されているのも
たっぷりと自然を楽しまれているようで良いですね。

テントが妖しく光る夜から朝の山景色が、実にCOOPERさんらしさがよく
出ているお写真の連続で、ああ、やっぱり山で泊まりたいなぁと
思わせてくれます。
早朝の柔らかな光に染まった山並みと雲海が実に美しいです。

| ke-n | 2014/10/06 08:21 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

稜線に出るまではアルプスでも綺麗な森を楽しめますね。
森林限界を越えた景色もいいですが、やっぱり森は美しいですね。

写真、ありがとうございます。
khufuは張った時のピラミダルな姿が綺麗なので画になりますね。
朝は完全に寝坊ですが、何とかギリギリいい光で撮れたので
よかったです。この山は展望が抜群なのでお薦めです。

| COOPER | 2014/10/07 01:50 | URL |

COOPERさんこんにちは。
カメラと腕が違うので同じ景色でも全然ちがいますねぇ。素晴らしい。
針ノ木岳からの絶景は想像以上でした。もちろん私もお気に入りの山になりました。

1日前の針ノ木小屋は10人ほどの客で静かでした、
テン場はそこそこでしたが。

もしかして・・・またお逢いしそうな・・・その時は宜しく。。

遠征は延期しました台風には勝てません。次の予定日も微妙そうです。
後2回順延になるとCOOPERさんの予定日付近になりそうです。

| 段平 | 2014/10/07 16:27 | URL | ≫ EDIT

すご~い!!

COOPERさん、こんばんは。

いつみてもCOOPERさんのお写真は気持ち良い♪

2日目は絶景でしたね~。
星空は残念でしたが、あの景色が見れれば十分だと思います。

こんな天気な時に裏銀座~読売新道を縦走したかったです。(泣)

針ノ木岳からはいろんなところが見えますね。さすが扇沢エリア。
リストに入りました~~~。

| climb like | 2014/10/07 20:53 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

写真いつもありがとうございます、励みになります。
針ノ木は絶景でしたね。あれはお気に入りになりますよね。

前日は静かな山歩きが出来たようでよかったですね。
土日は結構な人で、縦走路もかなりの人が列を作ってましたので、
本で書いてることとえらい違うな~なんて思ってましたが、
この連休が異常だったようですね。

遠征、あと2回順延になったら是非ご連絡下さいね。

| COOPER | 2014/10/08 01:43 | URL |

Re: すご~い!!

climb likeさん、こんばんは。

写真ありがとうございます!
2日目の朝は最高でした。
8月のうっ憤を晴らしてくれました。

今年は十分な星撮影ができてませんが、
あの景色を見れたので満足です。

この天気で読売新道は素晴らしいでしょうね。

針ノ木岳の展望は凄かったです。
来年是非!

| COOPER | 2014/10/08 02:15 | URL |

いい山行きですね

こんにちは、遅ればせながらコメントしました。
針ノ木岳、どこにあるのか北アルプス総図で確認しました。
黒部ダム湖を挟んで立山の東ですね。
この付近、裏銀座に読売新道の地名や烏帽子岳、野口五郎岳など
を聞いたことあります。
いい天気て良かったですね。
本当に素晴らしい展望が広がり北アルプスの贅沢な景色です。
大勢の登山者が詰めかけるのがわかります。
いつもビッグな山行きには感心です。

| annyon | 2014/10/13 07:03 | URL |

Re: いい山行きですね

アンニョンさん、こんにちは。

針ノ木岳は目立った山で、色んな山から見ることができますね。
裏銀座や読売新道も来年あたりゆっくり歩いてみたいですね。
またプランしたらお誘いします。

今年の北ア遠征は後立山に特化して歩きましたが、
その締めくくりもうまく天気が合ってくれたらいいですね。
昨年から待ちに待った10月なので、台風に痛められずに
快晴で歩きたいです。宜しくお願いします。

| COOPER | 2014/10/13 10:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/339-b3411aba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT