yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

五竜岳~唐松岳縦走 DAY1

2014年8月13日(水)~2014年8月14日(木)DAY1
アルプス平~小遠見山~五竜山荘
2014_0813_195.jpg

久々のソロ縦走は、男前な五竜岳へ。


8月13日(土)

今年の夏は、後立山、南八ヶ岳、南アルプスあたりを歩きたいと思っていましたが、梅雨に戻ったような変な天気で長く日程を取れそうにない感じ。ヤマテンでは13(木)~14(金)が唯一狙い目だったので、1泊で五竜岳、唐松岳を縦走することにしました。

五竜岳は冬の撮影の下見を兼ね遠見尾根から登り、翌週の下見がてら唐松岳経由で、登山道、C.T.、花の状況などのチェックのため八方尾根を下山します。遠見尾根はアップダウンや急坂があり、なかなかしんどいコースと聞いていたので、久々のソロということもあり少々不安も。アルプスの稜線でKhufuを張るのも初めての試みなので、これも楽しみの一つでした。

朝の八方尾根第二駐車場。隣の第1郷の湯は改修工事中でしたが、足湯があったので出発前に少しだけ浸かりました。白馬三山がくっきり見えています。
2014_0813_1.jpg

五竜岳。もうすぐ行くよ。
2014_0813_2.jpg

第二駐車場真向かいの八方インフォメーションセンターで8:15発の花三昧号に乗ります。(白馬会場1日フリー500円)
http://www.vill.hakuba.nagano.jp/privilege/hanazanmai/
2014_0813_3.jpg

エスカルプラザでは、地元の野菜やスイカが売っていてそそられました。
2014_0813_4.jpg

遠見尾根を撮り続けておられる写真家重金さんの写真展が2階で開催されていました。迫力あるお写真にテンションが上がります。
2014_0813_5.jpg

ゴンドラテレキャビンに乗り、アルプス平駅で展望リフトに乗り換えます。(通しの登山チケット片道1,300円) アルプス平はシモツケソウのお花畑が綺麗でした。
2014_0813_6.jpg

リフト終点までの斜面一帯は「白馬五竜高山植物園」になっていて、2000年頃から、スキー以外の観光業として㈱五竜と地域の方々で高山植物の植栽を始められたようです。現在では、日本植物園協会加盟の植物園になり、白馬村をあげての企画「白馬Alps花三昧」のメイン会場にもなっています。
http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/about/#history
2014_0813_198.jpg

9時30分。お花畑を満喫し、ゆるゆるな気分でスタートです。
2014_0813_197.jpg

シロバナクモマニガナ
2014_0813_7.jpg

ミヤマコウゾリナ
2014_0813_8.jpg

タマガワホトトギス
2014_0813_9.jpg

ブナの枝ぶりも綺麗です。
2014_0813_10.jpg

30分ほどで見返り坂。
2014_0813_11.jpg

振り返ると、案内板のとおりアルプス平の眺めが最高です。スタート地点が随分小さく見えます。
2014_0813_12.jpg

2014_0813_199.jpg

10時17分、一ノ背 髪。息が上がりっぱなしで小休憩します。
2014_0813_13.jpg

ミヤマママコナ。初めて見ましたが面白い形です。
2014_0813_14.jpg

八方池山荘が見えてます。
2014_0813_15.jpg

登山者や観光客が続々やってきます。装備からして、9割が小遠見山トレッキングかな。
2014_0813_16.jpg

10時40分、二ノ背 髪に到着。小遠見山はもうすぐです。
2014_0813_17.jpg

パラグライダーが気持ちよさそう。アルプス平からインストラクターとタンデムフライトを体験出来るようです。一度体験してみたい。
2014_0813_18.jpg

10時50分、小遠見山に到着。なかなかの急坂に休憩しもって80分掛かりました。
2014_0813_20.jpg

狭い山頂にはベンチがいくつもあったので、ここで昼食にします。今日もコンビニのミニおにぎり弁当です。
2014_0813_200.jpg

昼食後、目の前のアップダウンに突入します。
2014_0813_19.jpg

ゴゼンタチバナは終焉。
2014_0813_21.jpg

次のピークへの登り返し。
2014_0813_22.jpg

登山道はよく整備されて、とても歩きやすいです。下りは滑り易かったので、ゆっくり注意しながら歩きました。そしてこの先のあたりで、少しの区間ですが強烈な獣の匂いがしました。最近出没情報があったのでそういうことかもしれません。
2014_0813_23.jpg

2014_0813_203.jpg

11時35分、中遠見。
2014_0813_24.jpg

大遠見はあの奥のピークかな。また下るんや。。。
2014_0813_25.jpg

ホツツジ。雌しべの先がくるっと曲がるのがミヤマホツツジ。
2014_0813_26.jpg

八方尾根の第三ケルンから下ノ樺、上ノ樺あたり。3月に張った場所を明日確認しよう。
2014_0813_27.jpg

たまに日が射すと途端に暑くなります。あのピークの先はどうなってるのか、また下りやとちょっとツライ。
2014_0813_204.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
2014_0813_205.jpg

晴れてたら向こうに鹿島槍か爺ヶ岳が見えるのかな。
2014_0813_28.jpg

12時21分、大遠見。
2014_0813_29.jpg

ミヤマコゴメグサ
2014_0813_30.jpg

12時52分、西遠見。ここでも10分ほど休憩します。
2014_0813_31.jpg

2014_0813_32.jpg

2014_0813_33.jpg

ザレの細尾根が続きます。
2014_0813_34.jpg

2014_0813_35.jpg

ようやく最後の稜線。まだ奥の白岳を超えないといけませんが、先のコルには小屋が見えてホッと一安心。追いついたテン泊装備のソロハイカーと励まし合いながら登りました。
2014_0813_36.jpg

ガスが抜けるとゴツゴツした五竜岳が姿を見せてくれました。
2014_0813_37.jpg

2014_0813_38.jpg

五竜山荘と五竜岳への稜線。
2014_0813_39.jpg

牛首方面から縦走してきた外人カップル。
2014_0813_40.jpg

14時35分、武田菱が男前な五竜山荘に到着です。9時30分発なので正味5時間掛かりました。(標準C.T.5時間20分)
2014_0813_41.jpg

天幕料700円/一人を払い、案内されたサイトは山荘の真ん前。ラッキーなような恥ずかしいような。地面は少々固めでしたが、MSRカーボンコアステイク、クロスペグ、ピンペグも刺さりました。周りには大き目の岩もあるので、最悪は岩で張ることも出来ます。地面もフラットだったし、張り易いテン場だと思いました。また、Khufuの張り方についてLocus Gearの吉田さんから教えて頂いた方法を試すと、いつもより綺麗に張れました。ちょっとしたことですが、とても参考になりました。
2014_0813_42.jpg

五竜岳は男性的なゴツゴツした印象を受けました。時間もまだ早いので今日の内に登っておこうと思いましたが、疲れからかどうも水平感覚がおかしいことに気付き、明日の朝に登ることにしました。ちなみに、ヤマテンの五竜岳の予報では明日の朝は登れそうな天気。果たしてどうなるか。
2014_0813_43.jpg

下のテン場にもカラフルなテントが並びます。
2014_0813_44.jpg

モンベル、ダンロップ、アライあたりが人気のようです。
2014_0813_47.jpg

Khufuの前に置いてるミニチェアは最近よく持ってきます。200gあるのでいつも悩みますが、便利さには負けてしまいます。無くても過ごせるんですけどね。
2014_0813_45.jpg

カール状のアルペンちっくな斜面。正面に見えるのが登って来た遠見尾根です。夕食まで時間があるので、少し散策することにします。
2014_0813_46.jpg

クルマユリ
2014_0813_48.jpg

タカネニガナ
2014_0813_49.jpg

チシマギキョウ
2014_0813_50.jpg

エゾシオガマ
2014_0813_51.jpg

ヤマハハコ
2014_0813_52.jpg

ハクサンフウロ
2014_0813_53.jpg

コマクサ
2014_0813_54.jpg

イワツメクサ
2014_0813_55.jpg

ようやく出た太陽はまだ高い位置に。
2014_0813_56.jpg

2014_0813_57.jpg

17時過ぎ、晩飯にします。チキンラーメンにソーセージステーキでちょっとだけ豪華に。
2014_0813_58.jpg

シュラフは冒険せずに#3を持ってきました。マットもZ Lite Sol 90cmと、今日は快適仕様です。さすがに小屋前でKhufuは目立ったようで、複数のグループから床なしシェルターについて色々と質問を受けました。軽量化に興味があるのは皆さん同じのようです。
2014_0813_193.jpg

17時45分、夕食を終えてそろそろ夕景撮影に出ます。
2014_0813_60.jpg

2014_0813_63.jpg

2014_0813_64.jpg

2014_0813_62.jpg

唐松の方向には青空と特徴的な雲が。
2014_0813_61.jpg

2014_0813_66.jpg

五竜岳夕景。残念ですが、今日の天気ではこれを見れただけましでしょう。
2014_0813_67.jpg

五竜岳へ少し登り、そのまま夜景撮影に。
2014_0813_69.jpg

と思ったら一気にガスが辺りを包み、抜ける気配がありません。こうなったら気持ちを切り替えて、こういう時にしか撮れない画を撮ります。
2014_0813_70.jpg

2014_0813_71.jpg

2014_0813_72.jpg

1時間後、ガスが流れると街の夜景が綺麗に見えました。花火が上がっているので調べてみたら、安曇野市の高瀬川納涼大花火大会でした(たぶん)。そして、花火を撮ってるのですか?と寝酒中?の山ガールから質問され、これを撮ってましたと見せたのが次の一枚。
2014_0813_73.jpg


2014_0813_208.jpg

この後、小雨がぱらつき撮影終了。テントに戻り快適寝具に包まれると、あっさり落ちてしまいました。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クフのはりかた

はじめまして。いつも楽しくブログ拝見させていただいております。
私もクフを使いはじめたのですが、なかなかうまく張れません。
COOPERさんがご存じのコツ、ご教示いただけませんでしょうか?

| richima | 2014/08/17 07:39 | URL | ≫ EDIT

ガスも良い♪

COOPERさん、こんばんは。

白馬五竜遠征お疲れ様です。
毎回機動力には脱帽します。

男前の五竜岳がかっこいいですね~。

ガスが掛かって幻想的な小屋のお写真がとても気に入りました。

「こういう時にしか取れない画」を物にする技術にも拍手♪

| climb like | 2014/08/17 20:37 | URL |

Re: クフのはりかた

richimaさん、こんばんは。

いつも訪問頂きありがとうございます。

クフで気をつけている点としては、
・4隅で形成される幕体の周囲が綺麗に長方形を描くようにする
・幕の底面が水平になるように4隅のペグダウンの高さを調節する
・テンションは極力4隅均一にする

この3点です。

参考になるか分かりませんが、一度チャレンジしてみて下さい。
今後とも宜しくお願いします。

| COOPER | 2014/08/17 22:19 | URL |

Re: ガスも良い♪

climb likeさん、こんばんは。

白馬エリアはやっぱりソロで行くものではないですね。
正直遠いですね。でもこのエリアはいつ行っても楽しいです。

五竜岳は間近で見ると、益々好きになりました。
牛首辺りから見る五竜へ続く稜線もたまりませんよ。

ガスの写真ありがとうございます。
他にどう撮ったらいいか思いつかなかっただけなんですけどね。

| COOPER | 2014/08/17 22:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/333-2066f75e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT