yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北アルプス山行DAY1 ~立山~

2011年10月8日(土)~2011年10月10日(月) DAY1
室堂~雷鳥沢キャンプ場

IMG_9747.jpg

まったり極楽山行の始まり…





9月末の白馬岳では紅葉がまだ見頃ではなかったので、
もう少し綺麗な紅葉を見たいと思っていた。
ただ、今回は嫁さんが一緒に来てくれるというので、
山行方針は当然「まったり」になる。
その条件は、インフラがある程度整備されていて、
それほど長い歩きでなく、温泉が入れる場所、
ということで立山で贅沢2泊3日をプラン。
HPでチェックするが紅葉はあまり期待できそうもない。
今回もアルプスの紅葉は諦めることに…。
単独なら薬師岳に行くつもりだったのだが。。。

金曜日の20時30分に自宅を出発して、ゆっくり休憩しながら
2時頃に立山駅駐車場に着いた。


立山駅。
5時10分にケーブルカーのチケット販売を開始。
IMG_9457.jpg

6時の始発には間に合わず、6時10分のケーブルカーに乗車。
美女平でバスに乗り換える。
バスが途中停車中に撮影した3枚。
紅葉しているが色がいまいち。
IMG_9476.jpg

あぁゴーストが。。。
IMG_9480.jpg

剱岳。
室堂の少し手前でバスの中から撮影したが、
この場所からでも存在感が凄い!
IMG_9484.jpg

7時過ぎに室堂駅到着。
かなり大きなザックを持った人や、僕たちと同じくらいのザックを持った人など、
この時間帯は登山客がほとんど。
しかし思ったより雪があるな。
駅の掲示板では気温マイナス2℃らしく道がところどころ凍ってるし。
IMG_9498.jpg

みくりが池。
逆光なので少しバックの山が飛び気味。
ここの温泉は日本で一番標高の高い場所に位置する温泉らしい。
滞在中に一度は入浴したい。
硫黄の匂いが凄い。
IMG_9516.jpg

ここから地獄谷を通って雷鳥沢キャンプ場へ向かうことにした。
IMG_9527.jpg

IMG_9541.jpg

嫁さんは今回モンベルアルパインパック50ショートを新調し、頑張って担いでくれている。
IMG_9545.jpg

IMG_9560.jpg

IMG_9575.jpg

救助ヘリか?
IMG_9579.jpg

テン場も雪っぽい?
IMG_9591.jpg

9時30分ごろ雷鳥沢キャンプ場に到着。
管理所で受付を済ます。
一人2泊以上は1,000円なので二人分で2,000円。
水場はテン場に1か所とここの管理所に1か所、どちらも無料。
トイレは水洗?簡易水洗?なのでかなり快適。
IMG_9597.jpg

中央付近に登山者が見える。
剱御前小屋へ向かっているので恐らく剱岳だろう。
IMG_9599.jpg

今度は物資ヘリ?
IMG_9605.jpg

今日はどこにも行かずまったり過ごすことになったので
周辺を散策することに。
IMG_9609.jpg

IMG_9614.jpg

モンベルクロノスドーム2型(ブルー)が我が家。
IMG_9622.jpg

稜線のコルに剱御前小屋が小さく見える。
この写真は一応三段紅葉なんだろうか?二段かも。
白馬岳で出会った長谷川さんから、
『紅葉は雪で痛んでるだろうから山全体の一部、紅葉の山がいいと思います』
とのアドバイスを頂いた!
どの紅葉写真も結構意識しましたが、長谷川さん、こんな感じで合ってたんでしょうか?
IMG_9625.jpg

IMG_9630.jpg

撮影を適度に終えて、テントに戻ると、嫁さんが昼寝をすると言い出す。
うかつにも、つられてシュラフに潜ってしまい、目が覚めると13時半。
急いで雷鳥沢ヒュッテに行き、昼ごはんと温泉に入る。
IMG_9632.jpg

IMG_9637.jpg

14時までの昼食に滑り込みセーフで牛丼ゲット!
IMG_9638.jpg

温泉にも入り、テン場へ戻る。
ここのお湯は、それほど硫黄臭はなく透明でぬめりもあんまりなかった。
とても気持ち良いお湯だった。
IMG_9646.jpg

これは外湯。
IMG_9647.jpg

IMG_9652.jpg

戻る途中で段々ガスってきた。
IMG_9654.jpg

チングルマの綿毛。
もう少し夕方の光が当たってほしかった…。
IMG_9676.jpg

テン場に戻った後、一人で少し撮影に出かけることにした。
IMG_9695.jpg

IMG_9703.jpg

IMG_9710.jpg

ここから70-300mmを使用。
IMG_9715.jpg

IMG_9717.jpg

IMG_9719.jpg

IMG_9724.jpg

IMG_9735.jpg

ここからは10-22mmと17-70mmに戻す。
IMG_9744.jpg

IMG_9750.jpg

IMG_9758.jpg

IMG_9765.jpg

17時40分。撮影を終えてテン場に戻ると、嫁さんは先にカップヌードルリフィルを食べていた。
僕はどん兵衛リフィル。
IMG_9767.jpg

19時頃、明日のルートを再度イメトレして消灯。
過去にないほどのまったりな一日目を終えた。
IMG_9769.jpg

DAY2に続く。


撮影機材
CANON EOS 7D
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)


関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 02:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 やっぱり下界とは別世界ですね。一度行ってみたいのですが、
登山用の装備は何も持ってないので、ものすごいお金がかかり
そうですね。

| Ace | 2011/10/11 11:06 | URL |

秋を通りこして、もう冬ですね~
雪と草紅葉がなんとも綺麗ですね。

↑私も興味があります、この時期のテント泊
装備を知りたいです、ちなみに私の装備では
夏山が精いっぱいです(涙)。

| 段平 | 2011/10/11 11:45 | URL |

Ace様

うちは2人分なので最初はお金掛かりましたね。
この1年半でなんぼ使ったことか。。。
9割はモンベルなので安い方ですけど…(1割はユニクロ(笑))
でも下界に戻りたくなくなるくらい心が癒されますよ!

| COOPER | 2011/10/11 23:19 | URL |

段平様

分かっていましたがやっぱりもう初冬でした。
朝晩はめちゃくちゃ冷えますね。(-5℃くらい)
この時期のテント泊はまだ3シーズン用のフライ有りで
問題ないと思います。結露防止のため、フライはいつもより
テンションを張って本体との隙間を開けるようにしました。
あとはグラウンドシートを敷いてマットとシュラフ(ダウン#3)、
ライトアルパインダウンパーカ(上着だけ)もしくはレインウェア、
象足エレファントット(これは必須です)くらいあれば快適に寝れます。
3月に明神平で雪上テン泊した時もこれくらいの装備でOKでした。

| COOPER | 2011/10/11 23:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/33-1da09115

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT