yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

鉄山~弥山~八経ヶ岳

2014年6月29日(日)
大川口~鉄山~弥山~八経ヶ岳~行者還トンネル西口
2014_0629_105.jpg

力強い生命力を感じる木々たち。どストライクの森でした。


6月29日(日)

この春はずっと天候に恵まれてきたので、そろそろガスの森を撮りたいと思っていたところ。そんな時、アンニョンさんたちの鉄山行きの計画を知り、一度登ってみたく雨上がりの日曜日にご一緒させて頂くことにしました。4時に道の駅かなんでアンニョンさんと合流し大川口へ向かいます。

待ち合わせの6時より20分ほど早く大川口に着きましたが、まこサーフさんは既に到着されていました。まこサーフさんとは1ヶ月前の竜口尾根以来です。山1年生とのことですが、すっかり山屋な雰囲気を醸し出してます。1台をトンネル西口にデポして大川口から出発です。

これから向かう方向はいい感じでガスってます。
2014_0629_1.jpg

雨が降った割には水が綺麗でした。
2014_0629_2.jpg
2014_0629_3.jpg

登山道に入ると、雨上がりで葉が瑞々しく色が濃くなっています。期待通りですが、今日も撮影が長くなりそうです。
2014_0629_4.jpg
2014_0629_5.jpg

序盤からそこそこの急登が始まります。葉っぱの色が本当に濃いです。(レタッチなし)
2014_0629_6.jpg
2014_0629_7.jpg
2014_0629_8.jpg

急登を1時間ほど登ると初めて看板らしきものが現れました。(テープは途中かなりあります)
2014_0629_9.jpg

コアジサイ
2014_0629_10.jpg

倒木とそれを支えるヒメシャラ
2014_0629_11.jpg

裏側に回り込みむとその生命力を感じられます。
2014_0629_12.jpg

特徴的な根っこにガスが似合います。このあたりから幻想的な景色が続きます。
2014_0629_15.jpg
2014_0629_16.jpg
2014_0629_17.jpg

緑を着飾った樹幹
2014_0629_18.jpg

ヒメシャラと新緑
2014_0629_19.jpg

短い一生の始まり
2014_0629_20.jpg
2014_0629_21.jpg

8時24分、開けた展望地に到着です。ここで休憩にしますが、止まると虫の群れが襲ってくるので動きながら行動食を食べます。
2014_0629_22.jpg

川迫川
2014_0629_23.jpg

色鮮やかな草地と幻想的な森
2014_0629_24.jpg

見えるはずの次のピークもガスの中。
2014_0629_25.jpg

ここから楽しい根っこ地帯が始まります。段平さんが好まれるようなアスレチックなエリアやなと思っていたら、この二日後に早速登られたようです。→ http://cosmos728.blog90.fc2.com/blog-entry-458.html ガスもいい感じで残ってくれて、素晴らしい原生林をより幻想的に演出してくれます。
2014_0629_26.jpg
2014_0629_27.jpg
2014_0629_28.jpg
2014_0629_29.jpg
2014_0629_30.jpg
2014_0629_31.jpg
2014_0629_32.jpg

9時02分、鉄山(1,563m)に到着です。このエリアは歩きも写真も楽しめました。しかし、止まると虫というのがネックで、片手で叩いてすぐ撮影、といった感じでストレスが溜まりまくりです。虫よけスプレーもほとんど効きません。
2014_0629_33.jpg

しばらく歩くと笹原が現れます。鉄山平かな。
2014_0629_34.jpg

まこサーフさんも要所要所で撮影を楽しまれてました。
2014_0629_35.jpg

ここで休憩にしますが、例のとおりじっとはしていられません。動きながら休憩です。
2014_0629_36.jpg

すると、ガスの中から香精山と鉄山が姿を現し、
2014_0629_37.jpg

青空が出てきました。ここで、昨日弥山川コースを登り弥山で泊まられたというカップルが下ってきました。帰りは熊渡まで歩くそうです。
2014_0629_38.jpg

と思ったらまた幻想的になっては、
2014_0629_39.jpg

またすぐに晴れ間が出たり、徐々に回復には向かってるようで、ここからはまた違う画が楽しめました。
2014_0629_40.jpg
2014_0629_41.jpg
2014_0629_42.jpg
2014_0629_43.jpg
2014_0629_44.jpg

相変わらず虫と格闘しながら修覆山に到着。高崎横手から明星ヶ岳までの森に似た雰囲気でした。急登は鉄山平で終わりと思っていましたが、実際は修覆山までもそこそこの登りが続きました。
2014_0629_45.jpg

八経ヶ岳が見えました。近そうなのでもう少しかな。
2014_0629_46.jpg

大川口からここまでは至る所にテープが貼られていましたが、ガスったりした時の対策でしょうか。遭難することを考えるとこれくらいやり過ぎでちょうどいいのかもしれません。
2014_0629_47.jpg

ここのシダの海はなかなか凄かったです。
2014_0629_48.jpg
2014_0629_49.jpg

いいところで再び青空が。
2014_0629_95.jpg

元気いっぱいのまこサーフさん。
2014_0629_51.jpg

祠がちらっと見えました。鹿除けフェンスを右へ進み弥山神社の裏に出ます。
2014_0629_104.jpg

回り込んで弥山神社に到着です。修覆山から40分ほどで着きました。
2014_0629_52.jpg
2014_0629_53.jpg

マイヅルソウ
2014_0629_102.jpg

また青空が。
2014_0629_55.jpg

今日のお昼はチキンラーメンとおにぎり。まこサーフさんが山専ボトルに氷を入れてこられたので、少し分けて頂き小屋でコーラを買いました。山で冷たい炭酸は最高ですね。今度真似してみようと思います、ありがとうございました。
2014_0629_56.jpg
2014_0629_57.jpg

今日はもういいかなと思ってましたが、せっかくなので3人で八経ヶ岳へ向かいます。
2014_0629_58.jpg
2014_0629_59.jpg

オオヤマレンゲはまだ蕾固しです。例年見頃は7月15日前後でしょうか。
2014_0629_60.jpg
2014_0629_61.jpg

開きかけてます。これが一番せっかちな蕾でした。
2014_0629_96.jpg
2014_0629_63.jpg
2014_0629_64.jpg

13時15分、八経ヶ岳に到着です。人気なのでさすがに多いです。ツアーもいくつか来ていました。まこサーフさんが、人多くて酔う、しんどい、と連発されてました。
2014_0629_65.jpg
2014_0629_66.jpg
2014_0629_67.jpg

弥山から八経までは虫が少なかったです。なんでかな?人も多いのでほどほどに下山します。
2014_0629_68.jpg
2014_0629_69.jpg

カラマツソウ
2014_0629_70.jpg

マイヅルソウ群生地
2014_0629_103.jpg

まこサーフさんにテント購入を薦めるため、ツェルト代わりに担いでるKhufuを少しだけ張りました。短時間の展示会となりましたが、さすがにいきなりフロアレスはないなとのことで、アンニョンさんのツェルトⅡロングを検討されていました。
2014_0629_71.jpg

ツェルトⅡロングは、340gでオールシーズン使えるので、一人使いで寝るだけならこれで十分でしょうね。広さと見た目なら僕は間違いなくKhufuがいいと思いますが、フロアレスはなかなかとっつき難いのも確かなので、まこサーフさんの選択も頷けます。これらの非自立タイプは、強烈な風を受ける稜線上では設営が難しい点に注意が必要ですが、まずは近場の低山で一緒にテン泊して慣れてもらえればと思います。

ツェルトⅡロングを売り込むアンニョンさん
2014_0629_100.jpg
2014_0629_99.jpg
2014_0629_98.jpg

遠くに釈迦ヶ岳を眺めながら、久しぶりにまたここで張りたくなってきましたが、
2014_0629_72.jpg

時間もそろそろ15時になるので下山します。
2014_0629_74.jpg

途中の展望地から大台ケ原が見えました。手前に薄っすらと見えてるのが竜口尾根。
2014_0629_75.jpg
2014_0629_76.jpg
2014_0629_77.jpg
2014_0629_78.jpg

弥山から40分ほどで理源大師像(聖宝ノ宿跡)に到着。このルートは4年ぶりですが意外と長く感じました。
2014_0629_79.jpg

ヒメレンゲ
2014_0629_80.jpg
2014_0629_81.jpg

さぁ、ここからも見所のある森が続きます。
2014_0629_82.jpg
2014_0629_83.jpg
2014_0629_84.jpg
2014_0629_85.jpg
2014_0629_86.jpg
2014_0629_87.jpg
2014_0629_88.jpg
2014_0629_89.jpg

のんびり撮り歩いて50分ほどで奥駈道出合に到着。まこサーフさんはさらにゆっくり撮り歩かれて5~10分遅れで到着しました。
2014_0629_90.jpg

4年前はここからの下りで膝痛に苦戦し、それ以来僕は熊渡派になってしまいましたが、今日下ってみると思ったより短い時間で下れました。
2014_0629_92.jpg

靴を洗って、
2014_0629_93.jpg

ここから大川口へ戻り下山完了です。
2014_0629_94.jpg

鉄山は、もっと根っこを掴んでよじ登る急登が延々続くイメージがあり避けていましたが、普通の登山道やアスレチックな根っこ地帯、草原地帯もあり、バリエーション豊かな楽しいルートでした。鉄山から先はシダ、トウヒ、シラビソも出てきて、標高ごとに違った景色を楽しめました。今回は、緑の綺麗な梅雨時期に、雨上がりのガスが入ってくれたことで、草木が瑞々しく原生の森の魅力を味わうことが出来ました。唯一虫だけは難点でしたが…。カエデ系も多かったので秋も楽しめそうに思いましたが、来シーズンの冬にここから霧氷に輝く大峰の山々を望み、可能なら修覆山を超えて弥山・八経ヶ岳を踏んでみたいなぁと、倒木地帯で八経を見た時浮かんだ次の目標に今からワクワクしています。(キツそうですがアンニョンさん、まこサーフさんよろしくです)

アンニョンさん、まこサーフさん、楽しいハイクをどうもありがとうございました!


今回、CanonのDPP4が公開されましたので、現像に使ってみました。
・色調整追加
・ハイライト・シャドウ調整領域拡大
・RAWヒストグラムのホワイトポイント拡張とミッドポイントコントロール追加
などが注目した点ですが、ざっと使った感想としては、階調のコントロール、色の調整はDPP3よりもしやすく、DPP3より目的の画に仕上げることが出来るようになったと感じます。ハイライトとシャドウは、DPP3でのべったりした感じはあまりないので十分使えるように思いました。強いレタッチはやらない方なのであまり恩恵は受けないかもですが、出来る幅が広がったことで今後の画作りで助かる場面が出てくると思います。

画面構成はLightroom4に似た印象を受け、画像表示速度はDPP3よりかなり速くなってるので、感覚的に使い易くなったのかなと思います。ただ、EPP Proがまだ連携対象外なのがちょっと疑問です。なんで?早くUpdateしてほしいですね。

さて、梅雨に入ってそろそろ後半戦といったところですが、ぼちぼち夏山プランを考えようかなと思っています。事前にリサーチし、無理のない計画を立てて、慌てることなく夏山に入りたいですね。今年は南八ヶ岳、白馬エリア、黒部あたりを歩きたいと思っていますが、どうなることか。


◆ログ(アンニョンさんGPS)


◆C.T.
5:45 大川口着
6:00 行者還トンネル西口(車デポ)
6:25 大川口出発
9:02 鉄山
11:05 修覆山
11:46 弥山神社~昼食 12:45
13:15 八経ヶ岳~休憩 13:25
13:50 国見八方覗~テント展示会 14:50
15:28 聖宝ノ宿跡
16:02 弁天の森
16:20 奥駈道出合~休憩 16:45
17:33 行者還トンネル西口
18:00 大川口

◆TEMP.
12~20℃


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ・USM
EF24-70mm F4L・IS・USM
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 17:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

幻想的

COOPERさん、おはようございます。

鉄山お疲れ様でした。
急登&アスレチックさらに生命力あふれる樹林達と
満喫できましたね。

ガスに包まれた樹林帯もとてもいい感じですね。
そこから晴れ間が出るのもまたドラマチック♪

展示会もまこサーフさんにとって、
とても良い時間になったことでしょう!!
ツェルト2ロングは本当にお勧めです♪

| climb like | 2014/07/07 06:42 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

やっぱり良いところですね。
鉄山平から紅葉の鉄山を撮りたいと毎年思っているままで行けないでいます。

マイヅルソウの群生地も今年はたくさん咲き、
ガスった森も羨ましい限りで、お三方による素晴らしい山行となりましたね。

| ke-n | 2014/07/07 08:12 | URL |

Re: 幻想的

climb likeさん、こんばんは。

鉄山は自然の景観が素晴らしく歩き応えもありました。
最初の急登はlikeさん好みだと思います。
ガスも出てくれていい景色が見れました。

山で実際にテントを触ったりする機会はあまりないと思うので
こういう展示会イベントがもっとあってもいいと思いますよね。
特にUL系だと関西ではほとんどないですね。
ツェルトⅡロングはいいですね、頑張れば二人寝れますしねw

| COOPER | 2014/07/07 23:33 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

やっぱり良いところでしたw
紅葉もかなり良さそうなオーラが漂ってましたよ。
この時期は虫がアカンでした。

マイヅルソウもあれだけ群生すると見応えがありましたし、
ようやくガスにも当たったしで、この梅雨の山行はとりあえず満足しました。
台風が気になりつつ、もう気分は夏山です。

| COOPER | 2014/07/07 23:38 | URL |

最近どこの山に行くか迷ってばかりでした。
ヤマレコで拝見し早速行ってきました。
登山道は中々面白くお気に入りになりました。
虫は凄かったです、特に耳が最悪です今はカサブタで完治まじかですが(笑。


| 段平 | 2014/07/08 07:48 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

鉄山はやっぱり段平さん好みでしたか。
アスレチックなルートや、森の剥き出しな感じが気に入りました。
虫はかなりダメでしたね。
僕も耳や腕をたくさんやられて、もう少しで治まりそうです。

| COOPER | 2014/07/09 00:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/328-ae4b5524

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT