yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

雨乞岳~御在所岳周回ハイク

2014年5月4日(日)
武平峠~雨乞岳~上水晶谷~御在所岳~武平峠
2014_0504_113.jpg

見所の多い周回コースでした。


5月4日(日)

GW後半は、土日にイブネでテン泊する予定が、前週同様、早立ち出来ずに計画を日曜日の日帰りに変更。せっかく調べたので雨乞岳~御在所岳を周回することに。ちょうどアカヤシオが綺麗なようなので、花も見れたらいいかなと。前日に山写友のke-nさんから参加の連絡を頂き、ご一緒させて頂くことになりました。3時30分に道の駅しらとりの郷で合流し武平峠へ向かいます。

武平峠無料駐車場(滋賀側)。しらとりの郷から東名阪経由で2時間弱でした。
2014_0504_1.jpg

コクイ谷からクラ谷分岐までの道迷いの注意喚起です。道迷いがかなり多発しているようです。
2014_0504_2.jpg

雰囲気のいい谷に朝の光が届き始めます。登山道は、序盤は尾根と巻きが続き、いつの間にか谷道に。
2014_0504_3.jpg

沢谷峠。ここからコクイ谷が迷いやすいようです。
2014_0504_4.jpg

ミツバツツジがちらほら咲いてました。
2014_0504_5.jpg

色づき始めた新緑
2014_0504_6.jpg

穏やかで綺麗な水の流れ
2014_0504_7.jpg

何の蕾?
2014_0504_8.jpg

ツヤやかでくっきりした葉。何の葉かな?
2014_0504_9.jpg

白いスミレ
2014_0504_10.jpg

ミツバツツジ
2014_0504_11.jpg

何度も渡渉させられます。
2014_0504_12.jpg

2時間ほど歩いてようやく七人山のコルに到着です。ここから東雨乞岳に向けて尾根を直登します。
2014_0504_13.jpg

昨日テン泊予定だったイブネが見えてます。テーブルランドみたいな台地です。
2014_0504_14.jpg

右奥に釈迦ヶ岳。手前斜面にヤマザクラがまだ咲いていました。
2014_0504_15.jpg

アセビ
2014_0504_16.jpg

流れる飛行機雲を撮影中のke-nさん
2014_0504_114.jpg

振り返ると笹原の向こうに七人山、御在所岳、鎌ヶ岳。いい眺めです。
2014_0504_18.jpg

正面はイブネ、奥に藤原岳、御池岳、霊仙山、伊吹山が見えます。藤原岳と御池岳の間には白山も薄っすら見えてます。
2014_0504_19.jpg

嫁さんは今日もスローです。無理せずにゆっくり行こう。
2014_0504_20.jpg

ハルリンドウ
2014_0504_21.jpg
2014_0504_22.jpg
2014_0504_23.jpg

何度も見てしまうイブネ、御池岳、伊吹山。イブネで一度はテン泊してみたい。
2014_0504_24.jpg

国見岳の斜面にアカヤシオがまばらにちりばめられてるのが見えます。北側斜面の方が多い感じです。
2014_0504_25.jpg

この後何度かお会いする方。コクイ谷出合でコクイ谷に入り武平峠駐車場へ向かわれました。
2014_0504_26.jpg

釈迦ヶ岳の後ろに薄っすら御嶽山。ということは右端の雪山は中央アルプスかな。
2014_0504_27.jpg

綿向山からテン泊縦走中の方たち。
2014_0504_28.jpg

雨乞岳への稜線
2014_0504_94.jpg
EOS M(嫁さん撮影)

イブネ方面と青空
2014_0504_95.jpg
EOS M(嫁さん撮影)

東雨乞岳。七人山のコルから30~40分でした。
2014_0504_29.jpg

いざ、雨乞岳へ!
2014_0504_30.jpg

笹の海と鈴鹿南部の山並み
2014_0504_31.jpg

来た道を振り返って、東雨乞岳と御在所岳と鎌ヶ岳
2014_0504_32.jpg

笹の海と青空とke-nさん
2014_0504_33.jpg

笹の海と鎌ヶ岳!
2014_0504_34.jpg

ほどなく雨乞岳。のんびり撮影しながら登って3時間ほどでした。笹原に囲まれた山頂で休憩します。
2014_0504_35.jpg
2014_0504_36.jpg

2月に歩いた綿向山~竜王山。
2014_0504_37.jpg

山頂の祠?も見えています。
2014_0504_38.jpg

ここから一旦杉峠へ下ります。序盤は快適に下れます。
2014_0504_39.jpg

谷沿いの山桜が綺麗です。
2014_0504_98.jpg

杉峠へのラストの下り。急坂です。
2014_0504_41.jpg

9時42分、杉峠に到着です。休憩にちょうどいいポイントです。正面を進むとイブネ方面ですが僕たちは右へ下ります。
2014_0504_42.jpg

昔の建物の跡らしき石垣がたくさん残っていました。
2014_0504_43.jpg

陽光受ける新緑
2014_0504_44.jpg

咲き始めたミツバツツジが色鮮やか。
2014_0504_99.jpg

スミレの群生
2014_0504_100.jpg

新緑
2014_0504_103.jpg

御池鉱山旧跡。こんな山奥に神社や小学校があったなんて。
2014_0504_46.jpg

新緑の森
2014_0504_102.jpg

槍のようなフォークのような木
2014_0504_105.jpg

ke-nさんも激写中。ちょっと離れただけで印象が変わります。
2014_0504_48.jpg

羽を広げた新緑
2014_0504_106.jpg

ちょっと迷った渡渉点。他の方も迷って崩壊地の方へ行きかけてました。
2014_0504_50.jpg
2014_0504_51.jpg
2014_0504_52.jpg
2014_0504_53.jpg
2014_0504_54.jpg

コクイ谷出合の手前、神崎川の水がハンパない透明度です。贅沢な景観を眺めながら昼休憩にします。昼前から暑くなってきたので足を川でクールダウンさせてから出発です。
2014_0504_55.jpg

上水晶谷分岐で間違えてまっすぐ進んでしまったところの新緑。このあたりの新緑は見頃です。
2014_0504_108.jpg

ルート復帰して上水晶谷沿いを登っていくと綺麗な滝が出てきました。ke-nさんもこの二又の滝を気に入られたようで熱心に撮影されてました。
2014_0504_57.jpg
2014_0504_110.jpg
2014_0504_59.jpg
2014_0504_60.jpg

先ほどの神崎川よりも透明度が高く驚くほど綺麗な沢です。上水晶谷は鈴鹿の上高地と呼ばれているらしく、その名に恥じない素晴らしい谷でした。秋にイブネテン泊と重ねて紅葉を見に再訪したいです。
2014_0504_61.jpg
2014_0504_62.jpg

アカヤシオと水の流れを激写中のke-nさん。この辺のアカヤシオは散り始めてました。
2014_0504_111.jpg

暑いのでダイブしたいところ。
2014_0504_64.jpg

標高も上がりようやく綺麗なアカヤシオが出始めます。
2014_0504_112.jpg
2014_0504_65.jpg
2014_0504_66.jpg

最後の休憩をとります。コルまでもう少しですがまだ水量が豊富です。上水晶谷の透明な水で頭と足をクールダウンして再出発します。
2014_0504_67.jpg

展望が開けてアカヤシオが一層綺麗に。
2014_0504_68.jpg
2014_0504_69.jpg
2014_0504_70.jpg
2014_0504_71.jpg

国見峠に到着です。なんやかんやとスローペースでしたが標準コースタイムとさほど変わらずでした。上水晶谷では2~3パーティくらいしか見なかったのに、ここで一気に人口密度が増えました。
2014_0504_72.jpg

ショウジョウバカマ
2014_0504_73.jpg
2014_0504_74.jpg
2014_0504_75.jpg
2014_0504_76.jpg

谷から上がってくるヘリ。救助活動でしょうか。
2014_0504_77.jpg

スキー場を登ると国見岳のアカヤシオが綺麗でした。
2014_0504_78.jpg

下界の様な御在所岳に到着。長めに休憩し、最後の下りに差し掛かります。
2014_0504_79.jpg
2014_0504_80.jpg
2014_0504_81.jpg
2014_0504_83.jpg
2014_0504_84.jpg
2014_0504_85.jpg

アカヤシオと鎌ヶ岳。下り序盤からこの辺りまでのアカヤシオが一番綺麗でした。
2014_0504_86.jpg

天指岩とアカヤシオと鎌ヶ岳
2014_0504_87.jpg

展望岩で嫁さんがポーズ
2014_0504_88.jpg

切れ落ちた崖道を慎重に通過するke-nさん。砂地になってるのでとても危険でした。
2014_0504_89.jpg

左右が切れ落ちた岩場と砂場が連続し、緊張が途切れません。
2014_0504_90.jpg

しかし展望だけは抜群。ここまでの展望は要らないからもうちょっと木に囲まれていたらいいのに。
2014_0504_91.jpg
2014_0504_92.jpg

最後はトンネルの上に出てきました。
2014_0504_93.jpg

温泉は、アクアイグニスの駐車場がえらいことになっていたので引返し、
湯の山温泉ホテルウェルネス鈴鹿路の温泉に浸かりました。
ここの湯は、想像以上にいいお湯でした。(大人680円/小学生340円/幼児・乳児無料)
http://www.hotel-wellness.jp/suzukaji/index.html

その後関ドライブインに寄り、3人で松阪牛カレーを食べて帰路に着きました。

歩いてみたかった雨乞岳、見たかったアカヤシオを堪能出来、GW後半は充実の鈴鹿ハイクとなりました。
鈴鹿の上高地と言われる上水晶谷も素晴らしく、こちらはまた訪れることになるでしょう。
ke-nさんとも久しぶりにご一緒出来、写真の話が尽きず楽しい時間を過ごせました。
どうもありがとうございました!

◆ログ(HOLUX m-241)


◆C.T.
5:49 武平峠登山口
6:40 沢谷峠
7:56 七人山のコル
8:34 東雨乞岳~休憩・撮影 8:51
9:04 雨乞岳
9:42 杉峠
10:14 御池鉱山旧跡
11:03 コクイ谷出合~昼食 11:38
11:52 上水晶谷分岐~ルートロスから復帰 12:05
13:40 国見峠
13:58 御在所山上公園
14:14 御在所岳~休憩 14:35
15:39 武平峠分岐
15:46 武平峠駐車場(滋賀側)


撮影機材
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ USM
EF50mm F1.4 USM
EF100mm F2.8L Macro IS USM
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 15:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤシオと新緑

COOPERさん、おはようございます。

アカヤシオやミツバツツジの花が咲き乱れ、
新緑の輝きとともに、美しい渓流まで見れると言う、
本当に素晴らしいコースをご一緒させていただき
ありがとうございました。

アクセスが少し遠いですが、鈴鹿も本当に良いところで、
そんな魅力の数々を激写されていましたね。
最後の急坂でアカヤシオと共に見る鎌ヶ岳の雄姿が
恐ろしくもあり、かっこよくもありましたが、
その雰囲気が見事に蘇ってきます。

雨乞岳近くの「笹の海」も良い感じに撮られてますね。
ここは暑くて、がんばって登るのが精いっぱいになっておりました(笑。

御在所山頂はもう良いですが、上水晶谷から東側をまた散策してみたいです。
また日程が合いましたら、色んな所へご一緒させて下さい。
夏には沢にも一度くらいは行きたいですね。

| ke-n | 2014/05/12 08:41 | URL |

COOPERさんこんにちは。
雨乞岳は一度行きましたが、雪と樹氷が綺麗だった、が印象に残っています。
私はコクイ谷経由で駐車地に帰りましたが、御在所経由も良いですね。
御池鉱山跡も歩いていません、いつもの通り道を間違え?全部谷沿いを歩きましたこのコースでこの時期(アカヤシオ狙い)歩いてみます。
夏はヒルが??出るのですか?鈴鹿だから出るでしょうか。
御在所は夏行きましたがヒルは見ませんでしたが。

| 段平 | 2014/05/12 09:07 | URL |

suzuka seven

COOPERさん、こんばんは。

鈴鹿セブンを2座攻略できるルートは良いですね。
いろいろと見どころがあり、歩いていて楽しそうなのが伝わってきます。

神崎川の水が綺麗なこと!!

イブネがまた魅力的ですね。
僕もそのうちに行ってきます。

| climb like | 2014/05/12 21:24 | URL |

Re: ヤシオと新緑

ke-nさん、こんばんは。

こちらこそ、新緑に花に透明感抜群の沢を堪能させて頂き
ありがとうございました。また宜しくお願いします。

鈴鹿は自然林が多く森の雰囲気はとても好きです。
地形が少々ややこしいところもあり、登山道の踏まれ具合も
普段歩いている大峰の方がしっかりしている感がありますね。
これからも鈴鹿は色々歩いてみたいと思います。
写真的にも結構楽しめましたね。
最後の急坂のアカヤシオも見頃だったので、ただ恐ろしいだけではなくて
よかったです。

笹の海、ありがとうございます。
14mmの醍醐味みたいな景色でしたね。
上水晶谷は僕も再訪したいと思っています。
こちらこそご都合あえば宜しくお願いします。

| COOPER | 2014/05/13 01:39 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

段平さんは冬に雨乞岳に行かれたのですね。
コクイ谷は道迷いが多いとのことですが皆さん結構歩かれてるようですね。
御池鉱山跡は杉峠から谷底よりも少し上を歩くルートにありました。
夏はこのあたりもヒルがいるのではないでしょうか。
躊躇してしまいますね。

このルートは段平さんも気に入られると思いますので是非歩かれて下さい。
(特に神崎川~上水晶谷)

| COOPER | 2014/05/13 01:49 | URL |

Re: suzuka seven

climb likeさん、こんばんは。

鈴鹿セブンマウンテンの2座攻略は嬉しいですね。
見所はいっぱいありましたので是非歩かれて下さい。
神崎川と上水晶谷も水の透明度は素晴らしかったです。
イブネも魅力的ですよね。
僕は出来れば秋にテン泊で行けたらと思っています。

| COOPER | 2014/05/13 02:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/319-2d75a652

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT