yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

稲村ヶ岳

2014年2月11日(火)
母公堂~山上辻~稲村ヶ岳
2014_0211_35

今回は素晴らしい景色に当たりました。


2月11(火)

2/8(土)の新雪と11(火)の晴れを期待して、大峰に行くことにしました。当初、ソロで天女の舞から白い稲村ヶ岳を撮りに行くつもりでしたが、色々考えてるうちに山頂からの展望も楽しみたくなり、稲村ヶ岳にしました。2/9(月)の18:00頃、仕事の休憩中に行くことを決めたのですが、最高の好天になることが予想されたので声をかけずにソロで行くのも気が引け、急遽ではありましたがアンニョンさんもお誘いしました。前日の綿向山からの連投でしたが、心よく快諾頂き二人で厳冬期の稲村ヶ岳にチャレンジすることになりました。

当日、川合から母公堂までの雪道が心配されましたが、虻トンネルまでの坂はほとんど除雪されており、洞川内の路面は真っ白ながらも嵩はなく、ごろごろ茶屋の先も轍が出来て固まっているものの年末ほどの雪ではなかったので、用意したディプロイ7の出番はありませんでした。

7時30分頃に母公堂に到着。アンニョンさんが隣の車の方(まこサーフさん)に話しかけ、いつの間にか意気投合して一緒に稲村ヶ岳に向かうことになりました。先週も稲村ヶ岳に到着されたようで何とも心強いです。
2014_0211_1_b.jpg

法力峠までは雪質も硬く、ノーアイゼンで1時間弱で到着。後続が8名の団体さんでしたが、途中で抜いてもらうポイントがなかなかなく、法力峠までペースを落とさず頑張りました。吹き抜ける風が寒い中、ここで12本爪アイゼンを装着します。
2014_0211_2

晴れ間はまだまだ出ない感じ。ガスが動くのが見えていたので、じきに流れてくれるかな。
2014_0211_3

マンモスとキラリ。マンモスがか細く見える撮り方をしてしまった(-_-;)
2014_0211_4

稲村ヶ岳はこの延々トラバースが単調でどうも気が向かず、3年前に歩いたっきりでした。3年前の時は山上ヶ岳から縦走して下山で使いました。
2014_0211_5

まこサーフさんはチェーンアイゼンから12本爪に交換されてます。僕たちもここからピッケルにします。アンニョンさんには嫁さんのピッケルをお貸したので、ちょっと短かったかもしれません。
2014_0211_6

どんどんガスが流れ、ついに青空が出始めます!
2014_0211_7

光を受けて白く輝く霧氷がバックの青から浮き出てきます。
2014_0211_8

2014_0211_9

2014_0211_10

2014_0211_11

2014_0211_12

2014_0211_13

想像以上の青空と霧氷、年に数回あるかないかの大当たり日です。1日違うだけで休みと合わなくなったりします。
2014_0211_14

後ろを離れて歩いていたアンニョンさんがパンツにアイゼンを引っ掛けて躓き、声を上げたので振り向いたら、滑落しそうな態勢になっています。両足が斜面に伸びてアイゼンも雪に刺せない態勢になり、ピッケルも登山道に辛うじて引っ掛かってる程度。これはマズイと急いで戻って手を取ります。何でもないトラバースでしたが、滑落したら大怪我間違いなしの場面に、3人とも心を落ちつかせてから再出発です。
2014_0211_15

トンネル構図の大日山は真っ白です。今日は観音峰や天女の舞あたりから、この白さを望んだ方がたくさんおられたでしょうね。
2014_0211_16

さあ来いと言っているみたいに白が輝いてます。
2014_0211_17

ちょっと際どい鎖場のトラバース。歩きやすい硬めの雪質としっかりしたトレースでここは難なくクリア。
2014_0211_18

例の崩壊現場も硬いトレースがありますが、慎重に進みます。
2014_0211_19

先ほどの躓き以降、より慎重になったアンニョンさん。
2014_0211_20

まこサーフさんもゆっくり通過します。急いでもいいことはありませんね。
2014_0211_21

崩壊現場を曲がると、夢のような青と白が待っていました。「よく来たね」と祝福されているかのような、言葉のいらない世界が広がります。
2014_0211_22

2014_0211_23

最後は夏道を外れて尾根に上がります。
2014_0211_24

2014_0211_25

2014_0211_26

2014_0211_27

2014_0211_28

うそやろ~!と叫びまくるまこサーフさんにアンニョンさんも同調します。
2014_0211_29

尾根を進み、大日山とキラリ。
2014_0211_30

10時35分、ほどなく稲村小屋の山上辻に到着。行動食をしっかり摂って30分の大休憩。
2014_0211_31

観音峰方面の展望が開けます。
2014_0211_32

PL効きすぎて深海のサンゴ礁みたい。(潜ったことないけど)
2014_0211_33

真っ蒼です!
2014_0211_34

最高!ここで十分過ぎる景色です。
2014_0211_35

この時期は小屋もWCも閉鎖しています。
2014_0211_36

11時、いよいよ稲村ヶ岳に向かいます。ここから大日山までは尾根沿いに行きます。
2014_0211_37

威嚇するように聳え立つ大日山。
2014_0211_38

風の通り道なのか、霧氷はクロモジ尾分岐から大日山手前のピーク辺りが最も見応えがありました。
2014_0211_39

2014_0211_40

2014_0211_41

素晴らしい天川村の山並み。
2014_0211_42

おっ!東側には大普賢岳が。
2014_0211_43

お二人もご満悦の様子。
2014_0211_44

2014_0211_45

2014_0211_46

2014_0211_47

先行者が雪壁に張り付いてます。
2014_0211_48

いよいよ大日のトラバースです。こんなとこから巻くのかいなと思うところからドロップインする気持ちで突入です。
2014_0211_95.jpg

雪は依然硬めですが、張り出した木の枝が非常に邪魔で、バランスを崩さないようにピッケルで確保しながらゆっくりと進みます。
2014_0211_50

初めてピッケルを使うアンニョンさん。ここの通過は確保・滑落停止ともにピッケルじゃないと無理ですね。
2014_0211_51

岩場の巻きの後、少し直登するトレースに従い登っていきます。アンニョンさんは先ほどのトラバースとこの登りで危険を感じ、ここで撤退されるようです。前日の綿向山からの連投でなければと思うととても残念です。
2014_0211_52

小屋で待ってると体が冷えてしまうので僕らも一緒に戻るべきか少し葛藤しましたが、僕たちは先へ進みアンニョンさんは小屋でしばしお待ち頂くことにしました。
2014_0211_53

トレースが少し緩んでいたので、部分的に外しながら登ります。
2014_0211_54

登り終えてすぐの巻き。
2014_0211_55

ゆっくり慎重に木の枝を避けて通るまこサーフさん。
2014_0211_56

こんなプチリッジも。ガスと風雪があったらちょっと怖そう。
2014_0211_57

2014_0211_58

2014_0211_59

キレットに到着。
2014_0211_60

山上ヶ岳が綺麗に見えます。なんて快晴なんでしょう、まだ山頂じゃないけど来てよかったと思う瞬間でした。
2014_0211_61

大日山を振り返ります。3年前の薄い記憶を辿り山頂はもうそこと思ってましたが、尾根伝いに25分ほど掛かりました。
2014_0211_62

12時35分、ようやく稲村ヶ岳山頂に到着です。先行の8名パーティの方たちが休憩されている中、まこサーフさんが喜びに吠えます。僕は早く戻る為にそそくさと撮影に取り掛かります。
2014_0211_63

竜ヶ岳。
2014_0211_65

大普賢岳。
2014_0211_66

山上ヶ岳。
2014_0211_67

バリゴヤノ頭、鉄山、大峯奥駈道~弥山、仏生ヶ嶽・孔雀岳。なんとも贅沢な一枚。
2014_0211_68

頂仙岳はここからでも存在感ありでした。
2014_0211_69

西方面の山並みが素晴らしいです。
2014_0211_70

こちらも。
2014_0211_71

ここで望遠レンズに交換し、再び山上ヶ岳。お花畑に10数名ほどの登山者が見えてます。分かるかな?
2014_0211_72

表情が優しい側の大普賢岳。
2014_0211_73

ガス掛かる鉄山から弥山への稜線。
2014_0211_74

厳しい冬の大峰を象徴するような光景。
2014_0211_75

2014_0211_76

頂仙岳。
2014_0211_77

鉄山から弥山へ。
2014_0211_78

大普賢岳。
2014_0211_79

弥山方面はガスが湧いてきてなかなかいい雰囲気。そして、この後弥山は姿を隠してしまいました。時刻は13時ちょうど。25分ほどの撮影を終え小屋に戻ります。どこが急いで撮影したやねんとアンニョンさんに突っ込まれそうですが、これでもかなり短くした方なのでお許下さいw
2014_0211_96.jpg

尾根伝いに戻ると宝剣?鉄剣?に辿り着きました。一応この地点をブックマーク。
2014_0211_80

そして記念撮影。
2014_0211_81

見下ろす大日山はやっぱりカッコいい。
2014_0211_82

2014_0211_83

2014_0211_84

2014_0211_85

13時50分、小屋に到着しアンニョンさんと合流。僕たちは昼食にします。
2014_0211_87

blogで拝見したことのあるルネオバさんoyajiさんに遭遇。またもやアンニョンさんが打ち解けてくれてたので色々お話をさせて頂きました。楽しい時間をありがとうございました!
2014_0211_97.jpg
<oyajiさん提供>

14時50分、ゆっくり休憩出来たのでそろそろ下山します。
2014_0211_88

帰りは尾根伝いに行き、高橋横手?を通過します。
2014_0211_89

密林地帯に突入。
2014_0211_90

スノーシューとピッケルが引っ掛かって鬱陶しいです。
2014_0211_91

密林地帯を抜けるとパラダイス。
2014_0211_92

今日は全体的に少しクラスト気味で、もふもふがとても恋しくなりました。
2014_0211_93

登山道に合流。手を振る元気なまこサーフさん。一日お疲れ様でした!
2014_0211_94

アンニョンさんは、前日に綿向山を歩いてお疲れのところお付き合い頂きどうもありがとうございました。まこサーフさんは、知り合ったばかりでしたが最後まで僕たちのスローな撮影のペースにお付き合い頂きありがとうございました。真っ青な空と綺麗な霧氷をお二人と見ることができ、とても楽しい休日を過ごせました。

さて、大峰の雪山もそろそろ後半戦といったところでしょうか。ここからはさらに雪が硬くなりますので、引き続き慎重に楽しみたいと思います。


◆ログ(HOLUX M-241)



◆C.T.
7:25 母公堂
8:25 法力峠、1217m
10:35 稲村小屋~休憩 11:00
11:50 大日山トラバース
12:35 稲村ヶ岳~休憩
13:50 稲村小屋~昼食 14:50
16:15 法力峠~休憩 
17:15 母公堂

◆TEMP.
-6~-11℃


撮影機材
EOS 6D
EF24-70mm F4L IS USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 23:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!
やっぱり機材が違うので、写りが全然違いますね~
ほれぼれする写真ばかりです
でも、よく似たアングルもあったりして、嬉しくなったりします

また山でお会いした時はよろしくお願いします(^^)v

| oyaji | 2014/02/16 00:18 | URL | ≫ EDIT

怖いが・・・綺麗

流石ですねぇ。素晴らしい写真を見てるとため息がでます。
山の先輩に頂いたピッケルと12本爪のアイゼンも未だ出番がありません。
怖くてピッケルが必至の山には行けません、これからも(笑)。

お疲れ様でした。。。

| 段平 | 2014/02/16 13:49 | URL |

小屋前では失礼しました!
山頂からの眺めは、こ~んなのだったんですね~・・・・(>_<;)
自分の目で見ることはできませんでしたが、
もうもう、素晴らしい写真に、十分満足させていただきました!

・・
・・・
ウソです・・
行けばよかったーーー!! (>Д<)

これからもちょくちょく覗かせていただきまーす!ъ(^ー^)

| ルネオバ | 2014/02/16 21:12 | URL | ≫ EDIT

COOPERさん、おはようございます。

青空の霧氷の素晴らしさももちろんですが、
うっすらとガスのかかった大峰の山々、迫力がありますね。

PLの効いた霧氷は海底の珊瑚みたいと、
場所は違えど同じことを思ってたんですね(笑。

| ke-n | 2014/02/17 07:47 | URL |

海底のサンゴ!!

昨日はお疲れ様でした!!

羨ましいほどの青い空と白い世界ですね。

僕はまだ冬の当たりにはめぐってないので羨ましいです。
そのうちに当たりますように!!

(潜ったことないけど)って、うけました♪

良いもの見せていただきました。

| climb like | 2014/02/17 21:10 | URL |

Re: タイトルなし

oyajiさん、こんばんは。

この日は最高の天気でしたね!
小屋前では色々とお話が出来て楽しかったです。

写真、ありがとうございます!
カメラは昨年9月にEOS 7Dから6Dに乗り換えたばかりで、
カメラを触るのが楽しくて仕方ありません(^^)
blogを拝見しましたがいいお写真ばかりですね~。
リンクさせて頂きますね。

今後もどこかの山でお会いすることを楽しみにしていますw

| COOPER | 2014/02/17 23:40 | URL |

Re: 怖いが・・・綺麗

段平さん、こんばんは。

写真、いつもありがとうございます!
励みになります。

この日はトレースもあり硬めの雪質だったのでまだましな方だと思います。
アドベンチャーなコースが得意な段平さんなら楽勝だったでしょう。
今週末あたりは、新雪が乗って難しくも楽しい雪山遊びが出来そうですね。

来年あたり、ピッケルと12本爪を使う際はご一緒したいですねw

| COOPER | 2014/02/17 23:46 | URL |

Re: タイトルなし

ルネオバさん、こんばんは。

小屋前では楽しい時間をありがとうございました!
いつかお会い出来ればと思っていたので、
勇気を出してお伺いして良かったです。

山頂からの展望は素晴らしかったですよ~。
ガスが掛かり始める光景も見応えがありましたし、
逆光に輝く青白い弥山も雰囲気があってよかったです。
あと1時間早ければと思うと残念でしたねw

またどこかの山でお会いしたいですね、今後とも宜しくお願いします。

blogリンクさせて頂きますね。

| COOPER | 2014/02/17 23:57 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

この日は三峰山も大当たりだったようですね!
稲村ヶ岳も稀にみる大当たりでした(^^)
山頂から見る展望は贅沢な山並みで、
厳しい大峰の表情は撮っていてワクワクしますね。

深海のサンゴ礁は、55さん好みの有り得ない濃紺でした!
GANREFで去年の山上ヶ岳の青空と霧氷の一枚にタイトルを付けた時から
ちょっと気に入ってる表現でしたが、ke-nさんも同じ表現を
されたのですね。やはり写風が似ているみたいですねw

| COOPER | 2014/02/18 00:07 | URL |

Re: 海底のサンゴ!!

climb likeさん、こんばんは。

昨日はお疲れ様でした!!
楽しかったですね。

この日の天気はほんとに最高でしたよ。
likeさんほどのキャリアでもなかなか当たるものではないようですね。
深海は・・・潜ったことがあればこの表現を使っていたか分かりませんね(^^)
まぁ怖いので潜ることはないと思いますがw

| COOPER | 2014/02/18 00:17 | URL |

最高の一日でしたね。

この日の大峰台高は、どこも今シーズン一の霧氷だったようで、稲村も素晴らしいですね。
新雪時の深雪の時は、とても困難な山になりますから、足下の感じが今一でも、そのおかげで容易に霧氷の森へと辿り着けるので、このような状態の時が狙い目だと個人的には思っています。

大雪や仕事の関係で、この日を逃してしまいましたが、またチャンスが訪れないかと密かに願っています。

| パンダ | 2014/02/18 22:33 | URL | ≫ EDIT

Re: 最高の一日でしたね。

パンダさん、こんばんは。

この日は1月の弥山の時のように素晴らしい条件に恵まれました。
雪質も硬めだったので、最高の景色を安全に楽しめたように思います。
僕もこのような状態の時が狙い目のように感じました。

今回の関東甲信の大雪につきまして、一日も早く普段の状態に戻ることを祈っています。

| COOPER | 2014/02/19 03:31 | URL |

凄い山行きでした

あの感動の稲村ヶ岳から10日経ちましたが、あの美しさは印象に残ってそう簡単には忘れませんね。。
こうして写真を拝見すると、再び感激が蘇っていきます。
COOPERさんは、稲村ヶ岳山頂まで行かれた甲斐がありましたね。
美しい厳冬期の大峰の山々をたくさん撮れて最高でしたね。
こんな真っ青な天気と真っ白な霧氷に出会えるのは、そうそうありません。
1月の弥山や昨年の北横岳と実にいい時期に登れていますね。
COOPERさんの天候の読みが素晴らしいです。
ただ、これからもピッケルは買いませんから。

| annyon | 2014/02/20 21:34 | URL |

Re: 凄い山行きでした

アンニョンさん、こんばんは。

僕も先日の山行もよかったですが稲村ヶ岳で見た景色の余韻がまだ残っています。
山頂はご一緒したかったですが、安全第一ですからこれは仕方ないですね。
昨年の北横岳や今年の弥山、今回の稲村ヶ岳は確かに天候を読みましたね。
気象予報士の猪熊さんの本で勉強中のど素人ですが、当たってくれてよかったです(^^)
そうですか、ピッケルは買いませんか…。ではまた貸しますねw

| COOPER | 2014/02/21 02:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/308-302b4a05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT