yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

綿向山~竜王山周回

2014年2月1日(土)
御幸橋駐車場~表参道経由~綿向山~竜王山
2014_0201_54

綿向山は展望が素晴らしい山でした。


2月1日(土)
1/31(金)~2/3(月)までの3日間の気温は3月下旬並みとなる予報。あんまり上がり過ぎんといてやと思いながら、2月の予定上、もうここしかないということで、霧氷は期待せず、計画通り綿向山へ行ってきました。昨年か一昨年、段平さんの綿向山の記事を読んで以来ココはいつか行きたいと思っていましたが、昨年12月の那須ヶ原山からの遠望が決め手となり、ようやく歩くことが出来ました。

綿向山は、滋賀県蒲生郡日野町北畑にある標高1,110mの山で、古くから山岳信仰の対象として崇拝されており、山頂には馬見岡綿向神社の奥宮(大嵩神社)が祀られています。冬には三峰山や高見山に負けず劣らずの霧氷が楽しめる山でもあります。また、僕のいなかの水口からも近いので、油日岳や那須ヶ原山と同様に親近感が湧きます。

6時過ぎに道の駅しらとりの郷でアンニョンさんと合流し、7時40分頃、御幸橋駐車場に到着です。最大50台ほどの駐車場はすでに1/3ほどが埋まっていました。W.C.はこの駐車場にはなく、最終分岐の200mほど手前、182号から入ってすぐのW.C.が最寄となります。

駐車場には全く雪がなく地面は乾いています。前日も気温が上がったこともあり、残念ながらスノーシューは置いていくことに。名神蒲生スマートI.C.を降りた地点ではマイナス3℃でしたが、このあたりではすでに0℃まで上がっています。
2014_0201_1

もふもふと霧氷のどちらも諦めて8時に出発です。
2014_0201_2

初めは川沿いの林道を進んでいきます。予報どおり晴れてるので気温も上がりそうです。
2014_0201_3

綿向山麓の接触変質地帯。難しくて内容はよく分かりませんが天然記念物です。
2014_0201_4

これのことかな?
2014_0201_5

15分ほどでヒミズ谷出合小屋。登山届はここで提出します。
2014_0201_6

MTBとトレランは禁止です。MTBが登山道を走ったりするんですね。
2014_0201_7

小まめに合数や案内の標識が建ってます。
2014_0201_8

3~4合目の間、あざみ小舎。標識や小屋が多く親切な山ですね。
2014_0201_9

4合目あたりからようやく雪が出始めました。結構固まってます。
2014_0201_10

9時14分、5合目避難小屋に到着です。ヤマレコで見た時に「なんて綺麗な小屋なんだ」と思いましたが、実際見ても立派な小屋でした。
2014_0201_11

さほど広くありませんが、6~7人は休憩出来そうです。
2014_0201_12

周回コースの最終ピークの竜王山(826m)が見えます。
2014_0201_13

鐘を鳴らすのを忘れました。。。
2014_0201_14

「若い力」の下に、『日本初日付高度の山 11月10日標高1,110m「綿向山の日」』と書かれてます。綿向山の日ってそういう意味やったんや。
2014_0201_15

20分ほどで7合目、行者コバに到着。依然、積雪少なしです。
2014_0201_17

2014_0201_16

そして、冬期ルートの登場。夏道は危険につき通行止めになってます。
2014_0201_18

黄色の注意書きには以下内容が書かれています。改行含め原文ままです。

 表参道冬道は積雪期登山の安全
確保のために、綿向生産森林組合
にお願いして利用させて頂いている
ルートです。
 トレースを消したり、狭い所での衝
突事故や滑落事故などを防ぐために
「そり」などの使用はしないよう、ご協
力お願いします。
 お互いに気持ちの良い登山を心が
けましょう。

綿向山を愛する会
日野町山岳遭難連絡会


安全登山を心がけたいですね。
2014_0201_19

2014_0201_20

2014_0201_21

ところどころ雪面がガチガチに凍ってます。そういう雪面にはチェーンアイゼンがうまく刺さらず、爪の抵抗だけで止まってる感じです。凍結した斜面に対するチェーンアイゼンの弱さを露呈しました。今回のルートは直登だったのでまだましでしたが、トラバースだとチェーンアイゼンでは無理だと思いました。
2014_0201_22

2014_0201_23

縦走路が見えてきていよいよ山頂が近づいてきました。先に見えてるピークの右手に最後の登りがあります。
2014_0201_24

そこを登り切り、10時10分、山頂到着です。
2014_0201_25

快晴!しかも展望が最高です!想像以上の景色にいつもより長めの撮影時間を頂きました。
2014_0201_27

正面に座る雨乞岳は威圧感があり、最も存在感を示しています。今日は雨乞岳、鎌ヶ岳を撮る為に久しぶりに望遠レンズを持ってきました。晴れてくれてよかったです。
2014_0201_29

テレ側MAXの300mmでも登山者の姿は見えず。
2014_0201_28

急峻な尖峰の鎌ヶ岳。逆光と霞んだ空でくっきり見えません。
2014_0201_31

鎌ヶ岳と流れる雲。
2014_0201_32

くっ付いたり千切れたり。色んな模様の雲が流れていきます。
2014_0201_33

撮影を楽しまれるアンニョンさん。
2014_0201_34

イブネ、クラシ、チョウシ方面。難しそうですが一度歩いてみたい。
2014_0201_35

イブネ・クラシ~雨乞岳~鎌ヶ岳~鈴鹿山脈南部が一望出来ます。
2014_0201_36

2014_0201_37

2014_0201_38

一番右に薄っすら見えてる山塊が油日岳、那須ヶ原山あたりか。
2014_0201_39

30分ほど撮影し、周回コースを北へと向かいます。この先は少しリッジになっているので、スリルを味わいながら慎重に進みます。
2014_0201_40

幸福ブナ。とりあえずやっときます。
2014_0201_41

雪が少ないので難なくクリア。
2014_0201_42

2014_0201_44

分岐が見えてます。左が周回コース、右がイハイガ岳への稜線です。
2014_0201_45

振り返って綿向山。アルペンちっくな稜線です。雪が多かったら楽しそうです。
2014_0201_46

あの分岐をまずは右へ行きます。
2014_0201_47

イハイガ岳への稜線を下る手前ギリギリまで行くと更に展望が開けます。
2014_0201_48

イハイガ岳
2014_0201_49

北に目を向けると御池岳が!テーブルランドに白い塊が残っていますが、全体的に少ないように見えます。再来週に予定しているので、来週の寒気に大いに期待です!
2014_0201_50

さらに北には霊仙山、その右奥に伊吹山が薄っすらと見えています。※伊吹山は肉眼では分かりませんでした。
2014_0201_51

雨乞岳は画になり、何枚も撮ってしまいます。
2014_0201_52

山頂の緩やかな山容と起伏の激しい斜面が特徴的です。
2014_0201_53

分岐へ戻り、
2014_0201_56

周回コースへ進みます。
2014_0201_78.jpg

急な下りで凍結しているのでちょっと難儀しました。ロープも設置されていて唯一の危険個所です。
2014_0201_79.jpg

山頂から250mほど下り雪がないところも。この後、小刻みなアップダウンが続きます。
2014_0201_57

2014_0201_58

2014_0201_59

2014_0201_60

二本の鉄塔が近づいてきました。竜王山の目印です。
2014_0201_61

オンバノフトコロは「日が当たり暖かく、おばあさんの懐のようである」という意味のようです。(綿向生産森林組合HPより)
2014_0201_62

12時20分、鉄塔の下に到着。展望がいいのでここで昼食にします。
2014_0201_63

ラ王袋麺とコンビニおにぎりで雑炊を作り、仕上げはアンニョンさんから頂いた果物でリフレッシュします。今日はポカポカ陽気で風もなく、とても心地よい昼食タイムとなりました。マットとシュラフがあればそのまま寝れそうでした。
2014_0201_81.jpg

綿向山5合目の避難小屋。赤の屋根が目立ってますが、肉眼だと小さくてなかなか見つけ難いです。
2014_0201_64

雨乞岳とイハイガ岳と縦走路。見る角度が変わると印象が随分違って見えます。
2014_0201_65

鉄塔と御池岳。
2014_0201_66

日野町から八日市の街並み。1時間の休憩を終え、13時25分に出発です。
2014_0201_67

鉄塔から約10分、下り基調で進み最後に少しだけ登って竜王山に到着です。
2014_0201_68

鉄塔が走る山並みと御池岳。雨乞岳や綿向山の展望はありません。
2014_0201_69

ここも少し広いので休憩適地ですが、日野町方面の展望しかありません。
2014_0201_70

2014_0201_71

登山道はここで左に直角に折れ、西明寺の方へ階段を下りていきます。右上は日野町の街並み。
2014_0201_82.jpg

2014_0201_72

20分ほど下り、13時54分、竜王山登山口に到着。あとは林道をだらだら歩くだけです。
2014_0201_73

アンニョンさんから杉と桧の見分け方講座を受けました。アンニョンさん曰く、今年の花粉は例年の1/5とかなり少ないそうですが、着々と飛散の準備をしている茶葉の杉を見ると恐ろしくなります。
2014_0201_74

こちらは桧の葉。
2014_0201_75

今下りてきた竜王山を振り返って。
2014_0201_76

道路沿いの柚子のことや、今日の雪の状態のことなんかを民家の方と話しながら、のんびりと里を歩きました。
2014_0201_77

霧氷は残念でしたが、快晴の中素晴らしい展望が見れ、撮影と山歩きを存分に楽しめました。
雨乞岳への縦走や春の山野草など、また再訪したくなる魅力的な山でした。
アンニョンさん、今回も同行頂きありがとうございました。

途中で見たウチワカガミ?コイワカガミ?の葉。凄く艶々でした。春に撮影に来たいと思います。
2014_0201_84.jpg


◆ログ


◆C.T.
8:00 御幸橋駐車場
9:14 五合目小屋~休憩 9:26
10:10 綿向山~休憩 10:35
10:50 イハイガ岳方面尾根末端~撮影 11:03
11:05 綿向北尾根分岐
11:40 綿向北西P913
12:20 竜王山東P842(鉄塔下)~昼食 13:25
13:33 竜王山
13:56 竜王山登山口
14:26 御幸橋駐車場

◆TEMP.
0~11℃

◆HOT SPRING
大河原温泉かもしか荘(500円)
http://kamoshika-yado.com/


~撮影機材~
 EOS 6D
 EF14mm F2.8LⅡ USM
 EF24-70mm F4L IS USM
 TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 23:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、こんにちは。

雨乞岳の威風堂々って感じの姿が良い角度で見れたようですね。
残雪はあれど、山歩きにはポカポカ陽気の一日のようで、
厳しい冬の山の合間の息抜きになりましたでしょうか。

青空の下の雪の稜線コースの数枚に、
行きたいなぁ歩きたいなぁと、とても惹かれます。

| ke-n | 2014/02/03 09:58 | URL |

霧氷は無くても展望が素晴らしいですねぇ。

周りの山々・・・全部行きたい所です。

周回は楽しそうですね、御池岳はテン泊ですか?
記事を楽しみに待っています。気をつけて・・・。

| 段平 | 2014/02/03 10:25 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

雨乞岳のことはあまり存じてませんでしたが、
それが余計によかったのか新鮮な感動を味わえました。
ポカポカ陽気は一度味わうと雪山に戻るのに
また気合いを入れ直す必要がありますね。
もう花を追いかけようかなと思ったりしましたw

稜線の写真は僕も気に入っています。ありがとうございます。
もう少し雪があればかなり見応えがあったと思います。

| COOPER | 2014/02/04 00:05 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

霧氷は全然でしたが展望は素晴らしかったです。
昨年の段平さんの時とは全く逆ですね。
ここからの縦走はかなり面白そうでしたよ。
個人的には今年か来年に、ヒルがいなくなった時期に
テントを担いでのんびりイブネ・クラシまで歩こうかなと思いました。
想像しただけで最高です。

御池岳は15~16日を予定しています。
最近の雪の量だと日帰り出来そうですが、
テン泊して雪山を満喫してきます。
ありがとうございます。

| COOPER | 2014/02/04 00:16 | URL |

ぽかぽか

COOPERさん、こんばんは。

綿向山、僕も気になってました。
存在感のある雨乞岳がかっこいいですね。

鎌尾根のギザギザもしっかりわかるし、
来年の冬のリストに加えておきます。

イブネ・クラシは僕も気になってます。

テーブルランド楽しみにしてます♪ 

| climblike | 2014/02/04 21:45 | URL |

Re: ぽかぽか

climb likeさん、こんばんは。

綿向山はよかったですよ。
山頂からの展望の良さもちょっと意外でした。
イブネ・クラシもいいですよね。
是非リストに入れて下さい。

テーブルランドはこのまま寒気が続いてくれれば
楽しめそうですねw

| COOPER | 2014/02/05 00:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/307-04a88459

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT