yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山・八経ヶ岳 ~DAY2~

2014年1月11日(土)~2014年1月12日(日)DAY2
弥山~狼平~カナビキ尾根分岐~熊渡
2014_0111_2_55.jpg
EOS6D / EF24-70mm F4L・IS・USM / 44mm F10 1/125sec ISO200 WB太陽光

二日目は最高の雪山ハイク日和となりました。


厳冬期弥山詣二日目。

夜中に2度ほど目が覚めると、上空でゴォゴォと風の鳴る音が聞こえてましたが、木々に囲まれていた為か、幸いにもテントが叩きつけられることはほとんどなく穏やかに過ごせました。朝5時前に目が覚めて、朝食の前に少しだけ撮影しようと外に出ました。空を見上げると満天の星が広がっています。今回はうっかりしてタイマーを忘れてしまいマニュアルで30secだけ撮影しましたが、星の写りが弱過ぎた為BULBでやろうと思ったけどカウントが面倒だったので星は諦めてしまいました。結局、いつものようにテントを撮ったものの、何とも中途半端な感じで、下山時は一人で反省しきっていました。(14mmも家に置いてきてしまった)

場所を変えて色々試してみるも、木々に囲まれてなかなかいい感じにならず。これはまだましな一枚。
2014_0111_2_1.jpg

朝食は、昨晩の鍋スープの残りでいつもの雑炊を作りました。ちょっと塩辛かった。
2014_0111_2_2.jpg

アンニョンさんが活発に撮影に動かれている中、僕はさっきの撮影で中途半端に時間を使ってしまい、朝食中に朝焼け1時間前のドラマが始まっていました。その後、一気にガスってきて、結局ご来光は出なかったので撤収を進めていました。
2014_0111_2_3.jpg

すると、急にすごい速度でガスが流れ出し、みるみるうちに明るくなります。そして遂に青空が現れ、次々と朝陽がモンスターを照らしていきます!これはイカン!ということで急いでカメラを取り出します。
2014_0111_2_4.jpg

2014_0111_2_58.jpg

2014_0111_2_6.jpg

国見八方覗の雪原も朝陽を浴びてます。
2014_0111_2_7.jpg

一気に雲がなくなり、有り得へんほどのピーカンに!滅多にないチャンスなので、撮れる時に撮りまくります。
2014_0111_2_52.jpg

2014_0111_2_9.jpg

大普賢ファミリーや大峯奥駈道、台高方面の山々も素晴らしい景色。
2014_0111_2_10.jpg

大台ケ原方面。
2014_0111_2_53.jpg

2014_0111_2_56.jpg

八経ヶ岳が強烈な存在感!!見れて良かったと心から思いました。来年は夕景か星景にチャレンジしたいと思います。
2014_0111_2_12.jpg

熊野灘も見えました。ちょうどAceさんが海霧撮影を満喫している頃でしょうか、僕もいつか撮りに行きますよ~。弥山から熊野灘を見たのは初めてかも。
2014_0111_2_13.jpg

仏生嶽~釈迦ヶ岳もカッコいい。釈迦ヶ岳は、まさに見て良し!登って良し!泊まってよし!の山だと思います。
2014_0111_2_14.jpg

最後はモンスター!今日は本当に素晴らしい景色に出会えました。
2014_0111_2_15.jpg

小屋付近は去年より雪が深く、一部吹き溜まってるところもありました。
2014_0111_2_62.jpg

2014_0111_2_63.jpg

2014_0111_2_16.jpg

鳥居はこんな感じ。次の寒波でもまだ埋まらないかな。下山前に弥山神社にお参りしていきます。
2014_0111_2_17.jpg

樹氷の密集した参道を抜け、振り返るとまたまた八経ヶ岳がお出迎え。
2014_0111_2_18.jpg

今年も安全に登山が楽しめますように。
2014_0111_2_59.jpg

ここから見る八経ヶ岳はさらに凄い威圧感。来年のカレンダー1月&年賀状はコレで決まり!
2014_0111_2_21.jpg

厳冬期八経ヶ岳も見納めです。
2014_0111_2_22.jpg

2014_0111_2_23.jpg

2014_0111_2_24.jpg

今日は晴れで展望が効いていたので、尾根伝いのルーファイはめちゃくちゃ楽でした。
2014_0111_2_25.jpg

2014_0111_2_26.jpg

2014_0111_2_27.jpg

2014_0111_2_28.jpg

登山者一名がちょうどコルで休憩されてました。狼平で泊まられた方で、4人グループのうちの一人です。他の3人は谷をそのまま詰めて弥山~八経と行き、狼平でもう一泊されるようですが、この方は翌日用事があるとのことで、ここで下山されるようです。車は僕たちと同じ熊渡でしたので、下山をご一緒することにしました。
2014_0111_2_29.jpg

地図ロイドのログどおり若干巻き気味に進むと、一つ目のフェンス扉にドンピシャ!すかさずアンニョンさんにブックマーク(地点登録)をお願いしました。
2014_0111_2_50.jpg

狼平手前の二つ目もこれまたドンピシャ!こちらもブックマーク。
2014_0111_2_51.jpg

9時53分、無事狼平に到着です。
2014_0111_2_30.jpg

対岸をぼーっと眺めながら休憩します。ご一緒した方から白あんの饅頭を頂いたり、余っていたチョコを頬張ったり、サーモスのお湯でホッとしたり。あぁ、なんて贅沢な時間!
2014_0111_2_31.jpg

2014_0111_2_68.jpg

2014_0111_2_69.jpg

2014_0111_2_67.jpg

10時17分。さぁ、十分楽しめたのでそろそろ帰ります。
2014_0111_2_32.jpg

高崎横手に戻る途中でプチハプニングもありましたが、頂仙岳の巻きあたりでは繊細な霧氷が待っていました。
2014_0111_2_33.jpg

2014_0111_2_34.jpg

2014_0111_2_35.jpg

2014_0111_2_74.jpg

2014_0111_2_36.jpg

2014_0111_2_72.jpg

2014_0111_2_37.jpg

大天井ヶ岳、大日山、稲村ヶ岳は、真っ白とまではいかないけど見応えは十分。
2014_0111_2_38.jpg

12時18分、カナビキ尾根分岐に到着です。ここの雪景色は好きで、いつも同じアングルで撮ってしまいます。
2014_0111_2_75.jpg

小休憩後、一気に下山します。
2014_0111_2_39.jpg

2014_0111_2_40.jpg

2014_0111_2_41.jpg

今年の厳冬期弥山詣は天気に恵まれ最高の雪山歩きとなりました。アンニョンさん、今回もどうもありがとうございました!


◆ログ



◆C.T.
1月11日(土)
7:48 熊渡
10:40 カナビキ尾根分岐
12:42 高崎横手出会
15:42 弥山辻
16:18 八経ヶ岳
17:27 弥山~テン泊

1月12日(日)
8:15 テント撤収
8:25 弥山神社参拝
9:55 狼平避難小屋
11:00 高崎横手出会
12:21 カナビキ尾根分岐
14:23 熊渡


◆CLOTHING&SHOES&BACKPACK
・ジオラインEXP.ラウンドネックシャツ /mont-bell
・クリマエアジャケット/mont-bell
・アルパインサーマシェルジャケット/mont-bell
・ライトアルパインダウンパーカ/mont-bell ※就寝時のみ

・フラッドラッシュアクティブスキンタイツ/finetrack
・ジオラインEXP.タイツ/mont-bell
・Verb Pant/THE NORTH FACE
・インシュレーテッドアルパインパンツ/mont-bell
・U.L.ダウンパンツ/mont-bell ※就寝時のみ
・エレファントット/マジックマウンテン ※就寝時のみ

・グリセード/Black Diamond
・ウールビーニー/mont-bell
・ストレッチクリマプラス200ネックゲーター/mont-bell ※二日目のみ

・トレッキングヘビークルー/スマートウール
・クリマプラス100 プリント ソックスフィット/mont-bell ※就寝時のみ
・テナヤブーツ(Boaシステム)/mont-bell
・GORE-TEXロングスパッツ/mont-bell
・チェーンアイゼン/オクトス
・LIGHTENING AXIS 22/MSR ※カナビキ尾根分岐より上で着用
・MINI25L/山と道
・Stuff Pack XL/山と道


◆SLEEPING SYSTEM
Khufu Sil/LOCUS GEAR
Multi Sheet Tyvek/LOCUS GEAR
アルミシート/DAISO
Z Lite Solスモール(1mにカット)/THERM-A-REST
Minimalist Pad/山と道&S.H.M.W.
スーパースパイラルダウンハガー #3/mont-bell
U.L.コンフォートシステムピロー/mont-bell

今回、2度ほど夜中に目が覚めましたが、そのたび少々肌寒い感覚がありました。地面からの冷えではなく、大気の冷えがシュラフを通して伝わってくる感覚です。#3が力不足であること以外にも、フロアレステントであること、四面の底をいつもより少し開け気味で張ったこと、なども関係していると思います。しかし、数分でまた眠ってしまいましたので、辛いというところまではいきませんでした。僕は、シュラフ#3の性能を十分理解した上で使っていますが、今回改めて僕の体では#3はこの辺が限界だと感じました。
※体感には個人差がありますので、参考にされる方はその点を十分注意し自己責任でお願いします。


◆TEMP.
1/11(土)
熊渡 -4℃
カナビキ尾根分岐 -6℃
高崎横手 -9℃
八経ヶ岳 -12℃
テント内(AM1時) -15℃

1/12(日)
テント内(AM5時) -15℃
弥山神社 -15℃
狼平 -9℃
熊渡 -1℃


◆WEIGHT
Pack Weight 約10,000g


~撮影機材~
 EOS 6D
 EF24-70mm F4L IS USM
 Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

DAY1~DAY2にかけて、存分に堪能させていただきました。
青空の下で光に照らされる樹氷群は何度見ても感動ものですね。
山頂あたりのモンスターや、道中での細かな霧氷など、
まさに羨ましい限りの光景です。

八経は登るより、弥山から見る威容が好きです。
そんな気持ちまでも満足させていただくことができました。

| ke-n | 2014/01/19 08:18 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、おはようございます。

八経ヶ岳手前(明星寄り)の立ち枯れの樹氷や
弥山のモンスターは迫力がありましたし、
頂仙岳付近の繊細な霧氷も見応えがありました。
時間があればもっとじっくりと撮影したかったです。

八経ヶ岳は僕も見るのが好きですね。
特にこの厳冬期は画になりますねw

いつか避難小屋で一泊して一緒に撮影したいですね。

| COOPER | 2014/01/19 10:45 | URL |

当たり日!!

COOPERさん、こんばんは。

2日目はガスが抜けて素晴らしい景色になりましたね。
冬はなかなかすっきりする日が少ないですが、
すっきりと澄んだ当たり日になりましたね。

青い空とモンスター達、見ていて気持ちがいいです!!

| climb like | 2014/01/20 22:10 | URL |

Re: 当たり日!!

climb likeさん、こんばんは。

2日目は素晴らしかったです!
ただ夜明け前のドラマを朝食でもたついたところが悔やまれます。
今冬シーズン、夕景と星景狙いでもう一回行こうかと思っていますが
来年にとっておこうかまだ悩み中です。

モンスターですが、このスケールの景色は近畿ではここしか見れないような
気がしますが、どうなんでしょうかね。

| COOPER | 2014/01/21 00:02 | URL |

素晴らしい山行でしたね!

とても素晴らしい二日間だったようで、うらやましいかぎりです。
一日目のガスの景色ももちろん素晴らしいですが、二日目のガスが晴れて輝いてくる瞬間が、まさに山の醍醐味といった感じで、その爽快感や高揚感が伝わってきます。

霧氷のごつさや美しさだけでなく、上も横も下も真っ白、360度白に包まれた素晴らしい世界は、ここしかないのではと今でも思っています。

| パンダ | 2014/01/21 01:05 | URL | ≫ EDIT

Re: 素晴らしい山行でしたね!

パンダさん、こんばんは。

二日目の晴れ間も一日目の不安定さも全て受け止めて
全身で弥山・八経を感じてきました。
いつかの記事でここは特別な場所と書かれていたと思いますが
少しだけ分かったような気がしました。
二日間楽しくて仕方なかったですw

上も横も下も真っ白、その通りですね!
いつもモニターで拝見していた景色を、山の醍醐味を直に見れて幸せです。
明星経由の景色は想像以上でした。
お薦めなのがよく分かりました。

シュラフはいい加減ワンランク上が必要ですね。
来シーズンになりますがUL系のキルトも視野に入れて検討しようと思います。

| COOPER | 2014/01/22 01:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/306-d76587a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT