yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

弥山・八経ヶ岳 ~DAY1~

2014年1月11日(土)~2014年1月12日(日)DAY1
熊渡~カナビキ尾根分岐~高崎横手~弥山辻~八経ヶ岳~弥山
2014_0111_2_46.jpg

憧れの森を抜けて八経ヶ岳を目指しました。


今年の厳冬期弥山詣は1月か2月どちらにしようか迷っていましたが、晴天が見込めそうな1/12(日)の朝が狙いと踏み、1/11(土)からテン泊で行くことにしました。昨年同様、アンニョンさんもお誘いし二人で弥山へ向かいます。

今シーズンは雪が多く、昨年末の山上ヶ岳、小秀山と敗退続きでしたが、年末に比べると締まってきてるのではと、登頂を期待してしまいます。ルートは、パンダさんお薦めの高崎横手を直進するルートです。モニターでいつも見ていたあの景色に出会えるかもと思うと楽しみでなりません。計画では、1日目に明星ヶ岳あたりで夕景撮影後テン泊、2日目に八経ヶ岳~弥山~狼平と下る予定です。

7時過ぎ、熊渡に到着するとすでに3台停まっており、何名かの方はちょうど出発されるところでした。追うように僕たちも準備をし、アイゼンを着けて7時40分頃に出発です。
2014_0111_1

昨年の台風18号の影響で陥没していた林道も修復されたのかな、雪で分かりませんでした。
2014_0111_2

3時間ほど掛かりカナビキ尾根分岐に到着。ここからスノーシューでいきます。予想どおり年末ほどの柔らかさはないものの、上層はやはりソフトな雪質で、積雪量も昨年1月とは比較にならない多さです。トレースがあったにも関わらず夏時間の1.5倍掛かってしまいました。
2014_0111_3

先行されたうちの一名の方も休憩中です。ワカンもスノーシューもないとのことで、この先の直登途中で断念して引き返されました。今日の雪の量だと、つぼ足ではちょっとキツイですね。
2014_0111_4

金曜の寒気の後の厳しい冷え込みで霧氷も発達してます。
2014_0111_5

アンニョンさんは今日のタイミングに合わせて、数日前にスノーシューをゲットされました。ATLASのスピンドリフト24。重量はMSRより少し重たいですがビンディングの操作がかなり楽そうでした。
2014_0111_6

分岐すぐのナメリ坂を直登し、早速スノーシューの浮力を試されてます。僕もそうでしたが、ワカンとの違いには驚きますね。
2014_0111_7

トレースに沿ってP1598~頂仙岳と直登ルートを進みますが、頂仙岳の直登ルートは巻きでも行けそうだったので、ノートレースの巻き道を進みます。
2014_0111_8

巻きの斜面は雪質が緩く苦戦しましたが、先行の方も直登ルートから途中で巻きに切り替えたようで、頂仙岳山頂付近から巻きへ下るトレースに合流しました。
2014_0111_9

巻きが終わり、高崎横手付近の美しい森に突入。
2014_0111_10

12時42分、高崎横手で昼休憩にします。頂仙岳のところで結構疲れたのでしっかり休憩を取ります。パッキングは、今日も山と道MINI25L+Stuff Pack XLで何とか納まりましたが、正直パッキングは苦手です。ショベルももっとうまくパッキング出来ないものか。25Lだからこんなもんかな。
2014_0111_11

明星方面は当然のようにトレースはありません。やはりこの時期は少ないようです。それでも僕たちはパンダさんお薦めの森に迷わず突入します。
2014_0111_12

間もなくすると光が入り、少しですが青空も出始めます。まるで僕たちを祝福してくれてるかのような絶妙のタイミングでこの森を美しく映し出してくれました。
2014_0111_13>

2014_0111_14

2014_0111_15


ここまでとは違うレベルの樹氷に光と青空が入った瞬間、二人とも夢中でシャッターを切りまくり。表現しにくいのですが、豪快な中に繊細さも兼ね備えた樹氷の森を歩けることが楽し過ぎて終わりがきてほしくない、そんな感じの素晴らしい森です。その森はまだ続きます。
2014_0111_16

対岸の斜面にシカ除けネットが見えています。
2014_0111_17

地肌に沿った滑らかな雪面が何とも言えません。
2014_0111_18

またまた青空が出て忙しくなります。とにかく素晴らしいです。
2014_0111_19

日裏山山頂でも青空が。絶好の展望地ですが、弥山、八経ヶ岳、明星ヶ岳は雲のさらに向こう側。
2014_0111_20

2014_0111_21

2014_0111_22

2014_0111_23

2014_0111_24


GPSを見ながら間違わないように慎重に進みます。雪質は上層がやはり柔らかく、ふくらはぎくらいまでズボリますが、下層が硬めなので年末の山上ヶ岳や小秀山のように腰までズボることはありません。あれを経験しているので今日はまだ歩きやすく感じました。
2014_0111_25

弥山辻手前の開けた地点に到着。弥山辻はすぐそこです。
2014_0111_26

15時40分、予想より早めに弥山辻に到着です。だんだん曇が多くなってきてるように思い、八経ヶ岳のアーベンは諦めて、今日の内に弥山まで行くことにしました。最後のひと踏ん張りです。
2014_0111_27

2014_0111_28

2014_0111_30


弥山辻からもほぼ尾根伝いにいきます。最後の辺りは風が強く、歩いていても寒さを感じるほどです。吹き溜まりも多くて膝までズボる箇所が出てきました。そして、山頂の看板が見えた瞬間、よっしゃ~!と雄たけびを上げました。
2014_0111_32

16時15分、八経ヶ岳に到着です。山頂にトレースがないことを確認し、再びよっしゃ~!と雄たけびを上げて二人で達成感に浸りました。
2014_0111_33

2014_0111_2_48.jpg
アンニョンさん提供


錫杖は次に寒波が来たら隠れてしまいそう。
2014_0111_34

ガスってる分暗くなるのも早いので先にヘッデンを頭に装着。あの尾根伝いに国見八方覗を目指します。右側が切れ落ちているところもあるので、雪屁に乗らないよう出来るだけ左斜面付近を歩きます。
2014_0111_35

直前にGPSで確認したにも関わらず、コル手前の南東の尾根に間違えて入ってしまいましたが、すぐにおかしいことに気付きトラバース気味に尾根に登り返して修正しました。小秀山での徘徊が役に立ったような立ってないような。。。ガスってる時は今回のように小まめなGPS確認が必要ですね。ルート復帰地点にはドンピシャで穴開きネットが。
2014_0111_36

その後は夏道に近いルートで難なく弥山に到着。時刻は17時24分。今日はぎりぎりヘッデンのお世話にならずに済みました。
2014_0111_37

2014_0111_38

2014_0111_39

2014_0111_2_49.jpg

トレースはなし。今日は二人で貸し切り状態です。
2014_0111_40

テント設営後、雪で水を作ってから晩飯はいつもの鍋キューブ。野菜、餅、コンビニの豚角煮と煮卵を適当にIN!疲れてるから何でも美味い、梅酒も進みます!
2014_0111_41

昨年に続き、今シーズンも厳冬期の八経ヶ岳を無事アンニョンさんと一緒に踏めて良かったです。本当にお疲れ様でした、ありがとうございました!パンダさんお薦めの明星経由の素晴らしい森も堪能できて感無量です。あとは明日の狼平までの下山を慎重にクリアするだけ。そして明日こそは晴天に期待します。

つづく
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

モンスターと青空 GOODです

厳冬期の八経ヶ岳登頂おめでとうございます。
今年の大峰は雪が多いようで、写真から伺う光景も迫力があります。
なんといってもモンスターと青空のコントラストが最高にいいですね。

私もこの冬、なんとか行ってみたいのですが、なかなか東京出張が終わりそうに
ありません・・・・

大峰が恋しい~

| tekapo | 2014/01/14 21:37 | URL | ≫ EDIT

Re: モンスターと青空 GOODです

tekapoさん

ありがとうございます!
今年は雪が多く、年末から2連敗中だったので登頂出来た時は嬉しかったです。
モンスターに青空も見れて最高でした。
今回の高崎横手直進ルートは狼平経由よりも断然面白かったです。

東京出張お疲れ様です!
先日歩かれていた鷹ノ巣山や、他にも雲取山、甲武信ヶ岳あたりも面白そうですが、
やっぱり大峰が恋しくなりますよねw

| COOPER | 2014/01/15 02:03 | URL |

周到な山行き計画で良かったです

COOPERさん、今回は早いアップですね。
一日目、曇りの状況がよく出ていますね。
mypaceさんが、昨年の12月24日に同じルートをスノーシューで行かれてますが、深雪とガス、単独にノートレースと言うことで、カナビキ尾根まで行かれて撤退されてます。
その頃、COOPERさんも山上ヶ岳で同様に撤退されていましたね。

我々の今回の山行きは、結構な積雪でしたが気象条件、装備品、山行きの日取り、スタート時間など山行き計画が全てがうまくかみ合いましたね。
私がスノーシューを持っていなく、ワカンで付いて行っていたら、弥山辻あたりが限界でしたね。
この時であった方達が、意外にもアイゼンの方ばかりでスノーシューが少なかったのは驚きです。
これからも周到な計画で行きたいですね。
私が写っている何枚かの写真、頂いても良いですか。

| annyon | 2014/01/15 05:48 | URL |

青空がやっぱり良い!!

COOPERさん、おはようございます。

厳冬期・八経ヶ岳お疲れ様です。

お二人の山頂での表情は嬉しさがあふれてますね。
見ていて気持ちいいです。

青空とモンスターはここまで来た人にしか見れない光景ですね。

それにしても雪が深そう!!

| climb like | 2014/01/15 05:50 | URL |

大峰のモンスター

圧倒的な美しさですね。
この時期、弥山でテン泊凄いですねぇ。

私はブログの写真で楽しみます。。

| 段平 | 2014/01/15 10:27 | URL |

Re: 周到な山行き計画で良かったです

アンニョンさん

先日はお疲れ様でした!
mypaceさんの12/24と同じ柔らかさだったら
かなり苦戦したと思います。
スノーシューは凄いですね。
今回の雪質だと歩くのが楽しかったですね。
ワカンだと弥山辻も微妙かもしれませんね。
色んなタイミングが合ったお陰で無事に
登頂出来て良かったです。
出発時間は前日まで毎日仕事が夜中になってたので
数時間でも睡眠時間が欲しかったからです。
早く終われていたらノートレースでも日の出頃には
歩き始めるつもりでした。

写真、了解しました。
この間メールしたサイズで送りますね。
今八王子なので明日夜になります。

| COOPER | 2014/01/15 20:13 | URL | ≫ EDIT

Re: 青空がやっぱり良い!!

climb likeさん

ありがとうございます!
この雪で登頂出来たのでとても嬉しかったです。
小秀山の時は兎に角ズボってしんどかったですが、
今回はまだましでした。
でもあれはあれで楽しかったですね。
都合合えば来年大峰をご一緒しましょう(^^)

| COOPER | 2014/01/15 20:18 | URL | ≫ EDIT

Re: 大峰のモンスター

段平さん

素晴らしい景色でした!
この時期のテン泊は、最初は勇気が要りました。
回数を重ねると自分の気温への耐性みたいなのが
分かってきて気持ちに少し余裕が出てきました。
しかし、気温が気温なだけに今後も気を抜かずに
楽しめたらと思います。

| COOPER | 2014/01/15 22:54 | URL | ≫ EDIT

COOPERさん、アンニョンさん
多分、ナベの耳辺りでお会いしましたでしょうか:-)
勝手に挑戦だけ山頂までトレースつ付けてすみません。
二日目の登校を期待してます(^o^*)/

| nikkor14d | 2014/01/16 10:29 | URL |

お疲れさまです!

さすがにすごい雪ですね。ぼくは日曜日に大峰行こうかなと思ったのですが道路状況がやばそうなので伊吹山にしました。スタッドレスはいてるけどFFのセレナだと走行性能に不安がありますのであのあたりは怖いですね。翌日のレポも楽しみにしてます♪

| あるパパ | 2014/01/16 16:30 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

nikkor14dさん

そうだったのですね!
お顔を存じていなかったのでご挨拶し損ねましたね。
あの雪なので日帰りですと頂仙岳ピストンで正解でしたね。
今後とも宜しくお願いしますw

| COOPER | 2014/01/16 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

あるパパさん

そうですね期待どおり凄い雪でした!
アクセスは洞川方面ではなかったので僕たちは大丈夫でしたが、
川合手前から雪道でしたね。
伊吹山も結構な積雪だったことと思います、お疲れ様でした!

| COOPER | 2014/01/16 22:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/305-4fa83ae2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT