yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北アルプス山行DAY1 ~白馬大池~

2011年9月23日(土)~2011年9月25日(月)DAY1
蓮華温泉~白馬大池

IMG_2798.jpg

秋色の情景を求めて…


金曜日の仕事は打ち合わせやら何やらで22時前まで掛かってしまった。
22時半ごろに帰宅し、急いで晩御飯と風呂を済ませ、出発の準備をする。
嫁さんも今回は付いてくると行っていたが、急遽やめると言い出し、
今回もソロで行くことになった。
今回は写真をゆっくりやりたかったので、そういう意味では良かったのかも。


時期的に紅葉の状況がよくわからなかったので、とりあえず北アルプスの中でも
より北の山を目指し、100円高速に乗り込んだ。

ナビ通りに、北陸道糸魚川IC経由で行くことにしたが、
米原付近の道路交通情報で、朝日~糸魚川区間が豪雨による通行止めの案内が入った。
豪雨で通行止めって!!
明日の天気と登山道は大丈夫だろうか。
仕方なくルートを中央道-豊科ICに変更したが、豊科からの148号が長いので少し気合いを入れ直した。

3時半ごろ、屏風山PAにて吉野家の並盛でエネルギーを補給し、5時半ごろ豊科ICを通過。
148号を北上し7時ごろに分岐点の平岩を右折し林道へ入る。
森の中にある幻想的な白池を通過し、8時半に蓮華温泉駐車場に到着。
途中で2時間半ほど仮眠をとったのもあるが、出発から正味8時間半も掛かった。
やっぱり北は遠い。

白池では少しだけ散策した。
IMG_2609.jpg

いつかゆっくり滞在して撮影してみたい。
IMG_2615.jpg

蓮華温泉駐車場。
約70台駐車可能な無料駐車場。
トイレ有り(無料。写真左下赤い屋根)。
登山口までは、車道をそのまま進み坂を下るとすぐに登りになり、
白馬岳蓮華温泉ロッジが前方左手に見える。
その裏に登山道がある。

出発の準備をしていると、車道を挟んだ向かい側に若いカップル2組も出発の準備をしていた。
4人とも夏山用の華やかな装いで、楽しそうに話をしている。
こういうのを見るとソロは孤独感を感じてしまう。
この日は結構冷えていたので、夏用の着こなしは寒そうに見えた。
IMG_2619.jpg

このあたりの紅葉はまだまだ。全く色づいていない。
IMG_2622.jpg

IMG_2625.jpg

最初、登山口が分からなかったが、よく見たら本当にロッジの裏庭に入口があった。
IMG_2626.jpg

蓮華温泉には、内湯(ロッジ内)と秘境感漂う野天風呂(山登り10~20分)がある。
野天風呂は、脱衣所もない湯船だけの自然の中の温泉で、混浴、他人から丸見え、
といった開放感抜群なロケーションなので、ちょうどソロの今回のうちに、
時間と体力があれば行ってみたい。
しかも4つの野天風呂のうち2つは源泉が異なるので非常に楽しみだ。
http://w2.avis.ne.jp/~renge/noten.html
IMG_2629.jpg

野天風呂への登り口の右隣に、白馬大池へ向かう登山口がある。
今日はここから白馬大池を目指す。
それにしても硫黄の匂いが今から温泉欲をソソられる。
IMG_2633.jpg

IMG_2641.jpg

IMG_2645.jpg

IMG_2647.jpg

登り始めて10分ほどすると、湯気が見えてきた。源泉だろうか。
IMG_2651.jpg

更に15分ほど登ると蓮華の森に到着。
ここで少しだけ立ち休憩する。
IMG_2656.jpg

IMG_2661.jpg

ダケカンバがいい雰囲気の登山道。
標高の高いところに生息するので、これを見るといつも北アルプスに来たことを実感できる。
アルプスの代表的な樹木だ。
IMG_2666.jpg

IMG_2667.jpg

IMG_2678.jpg

大峰ちっくな雰囲気の場所。
ところどころにある。
IMG_2680.jpg

雪倉岳かな。ようやく展望が開けてきた。
山容がたおやかで心が落ち着く山域だな。
IMG_2682.jpg

IMG_2687.jpg

IMG_2697.jpg

IMG_2701.jpg

IMG_2710.jpg

11時20分。
登り始めて2時間ちょいで天狗の庭に到着。
標高2,000mちょっと。
残念ながらガスに覆われて雪倉岳の展望は望めなかった。
IMG_2714.jpg

IMG_2719.jpg

IMG_2724.jpg

IMG_2730.jpg

IMG_2736.jpg

先へ進むとまた大峰ちっくな感じに。
IMG_2739.jpg

IMG_2744.jpg

残念だがナナカマドはまだ色づいていない。
ここの標高でこの色ならこの先はあまり期待できないだろう。
IMG_2747.jpg

IMG_2748.jpg

IMG_2758.jpg

ガスがひどくなってきて、時折、霰(あられ)?が降った。
冷たくて痛い感じがしたので何かと思ったら霰だった。
レインウェアをすぐに着る。
空がだいぶ近くなり、登山道の感じからもそろそろ目的地だろうという頃に、
ハイマツと鹿の角のような枯れ木地帯に出た。
森林限界付近か。
IMG_2760.jpg

チングルマの綿毛とガスの先に小屋が見えた。
IMG_2766.jpg

IMG_2767.jpg

13時15分。
白馬大池に到着。
テントの受付をして昼食の時間を聞くと14時までとのこと。
テン場はまだ半分ほど空いていたので、先に昼食を取ることにした。
天幕料は500円/日。
今回は2泊3日なので1,000円。
あわせて白馬大池バッヂも購入。
IMG_2772.jpg

IMG_2773.jpg

IMG_2774.jpg

食堂から大池が見える。
霰は相変わらず降ったりやんだりしている。
だいぶ気温が下がってきた。
IMG_2778.jpg

今日の昼食は『エビピラフ』と『ホットレモン』
IMG_2781.jpg

14時前に食堂を出て、テントの設営に取り掛かる。
最近、ようやく設営に慣れてきて、設営・撤収・帰宅後のメンテが苦じゃなくなっている。
15時ごろ、珈琲でホッとした後、少しだけ撮影に出掛けた。
IMG_2787.jpg

IMG_2807.jpg

IMG_2812.jpg

IMG_2821.jpg

IMG_2831.jpg

IMG_2839.jpg

IMG_2840.jpg

IMG_2842.jpg

IMG_2849.jpg

IMG_2854.jpg

IMG_2855.jpg

IMG_2862.jpg

IMG_2864.jpg

IMG_2868.jpg

天気はすっかり回復し、まったりと撮影を楽しめた。
池が綺麗過ぎたためか撮影が難しかったので、敢えて池を外し気味に撮影してみた。
高台からの撮影や、時間帯を変えるとまた違った撮影ができると思う。
終始風があったので、池の写りこみも狙えそうになかった。
被写体が多くかなり楽しめそうな場所だと感じた。


今日の晩御飯は『明治 銀座カリー(中辛)』
ヤマケイ7月号の記事「こだわり!山の小物インプレッション 第31回 カレー」
で第1位に紹介されていたので、ジャパンでゲットしてそのうち試そうと思っていた。
記事どおり、肉の存在感があり、辛さも丁度よく、ルーの旨みも出ていて、
他のレトルトより確実に美味しい。
アマノフーズのカレーシリーズに匹敵するかもしれない。
IMG_2870.jpg

そして、この山小屋には『氷結レモン』がおいていた!!
グレフル味がないのは残念だったが、レモンもなかなかなチョイスだと思う!!
おつまみには、『じゃがりこバター味』と『亀田の柿ピーわさび味』のミックス。(行動食)
レモンの香りに満たされた初日の夜は静かにふけていった。
IMG_2873.jpg


紅葉はやっぱり早かったようで残念だった。
小屋の方も今年はかなり遅めで色づきも微妙かもしれないと言っていた。
温かい日が続いたし、台風が何度も通過したのが影響したのか。
明日は気持ちを切り替えて、ゆっくりと3,000m級の山岳撮影を楽しもう。

DAY2へ続く。



撮影機材
CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
SIGMA 17-70mm F2.8-4 MACRO HSM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 14:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 紅葉は時期が早くて残念でしたが、やはり景色は綺麗ですね。一人で信州まで走って行って登山して撮影する行動力に拍手です。

| Ace | 2011/10/01 17:08 | URL |

以前猿倉から白馬岳~白馬大池~栂池公園と回りました
本当は蓮華温泉から登りたかったのですが
遠いので諦めました、下山後の温泉楽しみですね
2日目は白馬岳ピストンですか?。
小蓮華山の紅葉は??続きが楽しみです。

| 段平 | 2011/10/01 21:16 | URL | ≫ EDIT

Ace様

今年は紅葉が遅れてるみたいで残念でしたが、
白馬大池の景色は良かったですよ。
信州は平湯方面なら楽なんですが、長野県北部方面は何度行っても
やっぱり遠いですね。

| COOPER | 2011/10/01 22:21 | URL |

段平様

栂池自然園とどっちにするかギリギリまで悩みました。
結局金欠だったのでロープウェイ代が理由で却下となりました(笑)。
栂池も紅葉で有名なのでいつか撮影にいきたいです。
猿倉からの大雪渓は長時間の歩きがしんどそうですね。
次の夏にぜひチャレンジしたいところです。
でも今回の山行で雪倉岳や朝日岳も気になってきました。

| COOPER | 2011/10/01 22:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/30-d7e86388

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT