yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

山上ヶ岳 ~敗退~

2013年12月22日(日)~2013年12月23日(月)
ごろごろ茶屋~洞辻茶屋~陀羅尼助茶屋~テン泊~下山
2013_1222_38.jpg

久しぶりにソロで大峰の深雪を堪能してきました。


12/20(金)~12/21(土)にかけて入った寒気が結構強かったので、色々テストを兼ねて大峰に行くことにしました。山上ヶ岳か、熊渡からの弥山・八経を検討した結果、嫁さんがやめとくというので、こういう時しか来れない山上ヶ岳にしました。

12/22(日)、二度寝により6時45分に起床。急いで準備し7時過ぎに出発です。少しでも時間を取り戻そうと、大峰の時は滅多に使わない南阪奈に乗り洞川へ向かいます。大和高田までの無料エリアで、上半分真っ白になった金剛山がサイドミラー越しに目に入り、見たことのない立体感に思わず振り返ってしまいました。大峰の積雪に期待が高まります。

天川川合からは完全な雪道で、除雪車もまだ入っていない為、完全凍結で気が抜けません。洞川温泉街を抜けごろごろ茶屋をクリアした後、母公堂手前の坂でスタックしてしまいました。ディプロイ7で周りの雪を除雪し何とか脱出。この対応に30分ほどロスしてしまい、もう帰ろうかと心が折れそうになりましたが、今日は色々とテストをしたかったので気持ちを入れ直します。ごろごろ茶屋に戻り、係員の方に1泊する可能性があることを告げると、もし1泊せずに下山した時の為に、18時で閉まる茶屋の駐車場ではなく、向かいの路肩に停めたらえーよと除雪頂きました(1泊1,000円)。どうもありがとうございました。

準備が出来た時点で時刻は9時50分。寝坊やらスタックやらで大幅に遅れをとってしまいました。係員の方も「この二日でかなり降ったから俺ら地元のもんでも無理なレベルやで~、無理せんと勇気出して下りてきぃや~」とアドバイスを頂きましたが、積雪量的にも時間的にもこの時点で登頂は諦めていました。行けるとこまで行き、テストを楽しむことにします。

今日のスタート地点(左の車です)。母公堂まで行けると思ったけど、FF車はツライ。
2013_1222_1.jpg

スタックした現場。抜けだせないんじゃないかと焦りました。。。
2013_1222_2.jpg

2台ともレガシィかな、ここまで入れるなんて4駆が羨ましい。
2013_1222_3.jpg

結構な雪の量になってきました。3シーズン前に来た時と同じくらい。
2013_1222_4.jpg

いざ出陣!って気持ちになる結界門。
2013_1222_5.jpg

今日のテストの一つ、チェーンアイゼン(オクトス)。
2013_1222_6.jpg

爪は全部で14本(前9、後5)。長さは前の2本が14mm、他はだいたい10~12mm。一般的な軽アイゼンや10本爪アイゼンなんかと比べてかなり短いですが、Kahtoola、mont-bell、HILLSOUND、その他メーカーのものと比べ、爪が長くて多いので、より安定して歩けるのではと思います。また、チェーンアイゼンなので、今日はコバのないテナヤブーツ(Boaシステム)をチョイス。このブーツの耐寒性や、厳冬でのBoaシステムの使い勝手なんかも確認しようと思います。
2013_1222_7.jpg

狼平や高崎横手あたりで見た登山者数計測器。山上ヶ岳にも設置されていました。
2013_1222_8.jpg

11時16分、一本松茶屋に到着です。スタート地点から約1時間30分なので思った以上にいいペースです。
2013_1222_9.jpg

2013_1222_11.jpg

「大峯山はみんなのもの」の錆びた看板はいつ見ても印象的。
2013_1222_12.jpg

ここはやっぱり凍ってました。
2013_1222_13.jpg

お助け水。今日は先行パーティが2組いましたが、1パーティはここで引返され、もう1パーティは洞辻茶屋で引返されました。皆、口を揃えて今年は深いと言われてました。その中に女性が1名おられたような…。
2013_1222_70.jpg

遭難碑の手前。だいぶ雪が深くなってきました。
2013_1222_15.jpg

2013_1222_16.jpg

12時55分、洞辻茶屋に到着です。徐々にペースが遅れてきてますが、先行者のトレースがだいぶ助かりました。気温も-10℃といい感じで下がってきてます。
2013_1222_17.jpg

2013_1222_18.jpg

ここからは真っ白なキャンパスに踏み跡を付けていきます。
2013_1222_19.jpg

ようやくゲットしましたLIGHTENING AXIS 22!これもテストの一つですが、今日はNEW GEARのフィールドテスト5つ、新たな試みを2つ、計7つのテストを行い概ね全てうまくいきました。
2013_1222_20.jpg

いけそうだったので夏ルートを選択。道はありませんが…。
2013_1222_67.jpg

このあたりから厳冬の様相に。
2013_1222_22.jpg

2013_1222_23.jpg

2013_1222_24.jpg

2013_1222_25.jpg

陀羅尼助茶屋が見えてきました。それにしても深いです。スノーシューでも少々ズボリます。
2013_1222_26.jpg

2013_1222_27.jpg

最初の分岐。お亀石に直行します。このあたりからスノーシューでも膝上までズボリ始め、太股も少々疲れてきました。
2013_1222_28.jpg

ここも右に行きます。
2013_1222_29.jpg

ちょっと嫌らしかった巻き。
2013_1222_68.jpg

2013_1222_31.jpg

2013_1222_69.jpg

少し先に進むと、ついにスノーシューでも腰あたりまでズボリ出します。踏みしめたらそのまま沈む感じで、踏む角度やら色々やるも変わらず、とにかく雪が柔らか過ぎ、多過ぎ、そして一人ではツライ状況になりました。時刻は14時40分、太股も疲れてきたし、ここでタイム&パワーアウト。
2013_1222_33.jpg

とりあえず陀羅尼助茶屋まで戻り、ちょうど15時。さてどうしようか。
2013_1222_34.jpg

このまま急いで下山というのもアリだったけど、厳冬用軽量マットのテスト、雪上Khufu Silテスト等々をしたくて、当初の予定どおりテン泊することにしました。
2013_1222_35.jpg

翌朝。ラ王袋麺とんこつ味のスープ残りで雑炊、美味です。テント内気温-12℃、外気温度-15℃、結構冷えました。
2013_1222_36.jpg

今回トライしたSLEEPING SYSTEMです。
・Multi Sheet Tyvek
・アルミシート(約1~1.5mm厚)
・マットはZ Lite Solスモール(1mにカット) + Minimalist Pad
・シュラフはS.S.ダウンハガー#3
※就寝時のCLOTHINGは最後のギア紹介で記載しています。

Z Lite Solスモールは1mにカットしてる関係で足元にはバックパックを敷きました。足先が冷えたり暖かくなったりを繰り返しましたが、終始寒いままということはなかったです。上半身はずっと暖かくて、背中や腰の冷えはありませんでした。ただ、寝たり起きたりを繰り返していたので、熟睡は出来ませんでした。快眠は出来なかったけど寝ることは出来た、というのが今回のシステムの結果と思います。マットの重量は2つ足しても約270gと、厳冬期としては軽量な部類に入ると思いますが、睡眠レベルを考えるとあまり積極的にはお薦めはできないかな。今シーズン、もう少しこのシステムを試したいと思ってます。

朝のKhufu Sil。テント内に光がうまく回らんかったけど雰囲気は出たかな。雲が出てモルゲンはなし。
2013_1222_37.jpg

山と道のStuff Pack XL。これのおかげで雪山テン泊装備でもMINI25Lで歩けました。
2013_1222_39.jpg

2013_1222_40.jpg

昨日の太股の疲れが残ってるので潔く下山します。
2013_1222_41.jpg

ちょっとだけモルゲン。
2013_1222_42.jpg

2013_1222_43.jpg

徐々に光が。
2013_1222_44.jpg

2013_1222_45.jpg

ウサギのトレース?
2013_1222_46.jpg

こういう景色が好きです。
2013_1222_47.jpg
2013_1222_48.jpg
2013_1222_49.jpg

昨日付けたトレースがギリギリ残ってました。
2013_1222_50.jpg

厳冬大峯、また来るよ。
2013_1222_51.jpg

2013_1222_53.jpg

ここでチェーンアイゼンに履き替えます。前9本、後5本にそれぞれプレートが付いていて足裏にピッタリ付くので、Kahtoolaやmont-bellのチェーンアイゼンのような鎖に爪が付いている構造と比べて、爪が均等に掛かり易い構造のようです。6本爪軽アイゼンや12本爪アイゼンと比べると引っ掛かり感は劣りますが、それでもちゃんと掛かっているのは分かるといった印象でした。
2013_1222_54.jpg

こんなところに、何の足跡?
2013_1222_55.jpg

2013_1222_56.jpg

2013_1222_57.jpg

2013_1222_58.jpg

2013_1222_59.jpg

2013_1222_60.jpg

下山後になんちゃらっていうお約束w
2013_1222_61.jpg

2013_1222_62.jpg

2013_1222_71.jpg

無事戻ってきました。
2013_1222_65.jpg

約3年履いたけど厳冬の大峰で使ったのは初めて。チェーンアイゼンのおかげ。耐寒性は特に問題なく、この気温でBoaシステムも普通に機能してくれたので、厳冬の大峰でも問題なく使えそう。
2013_1222_66.jpg

今回は山頂まで辿り着けませんでしたが、深い雪と戯れることも出来、色々とテストも出来たので収穫のある山行でした。下りでは4組の方々が登っていかれ、うち2名はスノーシューを持たれていたので、この条件なら登頂出来てるかも。この積雪量でいつかリベンジしたいと思います。



◆C.T.
12/22(日)
9:50 ごろごろ茶屋
10:18 清浄大橋
11:16 一本松茶屋
12:55 洞辻茶屋~休憩 13:27
13:57 陀羅尼助茶屋(下)
14:08 陀羅尼助茶屋(上)
14:39 鐘掛岩付近撤退ポイント
15:00 陀羅尼助茶屋(上)~テン泊

12/23(月)
7:10 陀羅尼助茶屋(上)
7:47 洞辻茶屋~休憩 8:10
9:12 一本松茶屋
9:45 清浄大橋
10:21 ごろごろ茶屋

◆TEST RESULTS
・チェーンアイゼン   ←厳冬の大峰で使えることが分かり大満足。
・スノーシュー     ←今回のような雪では必須かな。でも重い。
・クリマエアジャケット ←思ったより暖かくインナー・アウターとして良好。
・雪上Khufu Sil    ←風が強かったので雪で非自立式はちょっと難しかったけど画的にはいい感じ!
・ブリザードステイク  ←もうちょっとしっかり掛かると思ったけどいい感じかな。
・山と道Stuff Pack XL ←大満足。もうこれなしでは考えられない。
・厳冬用軽量マット   ←今回の気温が限界。シュラフ#3も考える必要有りか。
※マットとシュラフ詳細は「SLEEPING SYSTEM」にて。

◆CLOTHING&SHOES&BACKPACK
・ジオラインEXP.ラウンドネックシャツ /mont-bell
・クリマエアジャケット/mont-bell
・アルパインサーマシェルジャケット/mont-bell ※洞辻茶屋より上で着用
・ライトアルパインダウンパーカ/mont-bell ※就寝時のみ

・フラッドラッシュアクティブスキンタイツ/finetrack ※汗抜けを試してみた
・ジオラインEXP.タイツ/mont-bell
・Verb Pant/THE NORTH FACE
・インシュレーテッドアルパインパンツ/mont-bell
・U.L.ダウンパンツ/mont-bell ※就寝時のみ
・エレファントット/マジックマウンテン ※就寝時のみ

・ストームトラッカーグローブ/OUTDOOR RESEARCH
・グリセード/Black Diamond ※2日目で使用
・ウールビーニー/mont-bell
・ストレッチクリマプラス200ネックゲーター/mont-bell

・トレッキングヘビークルー/スマートウール
・テナヤブーツ(Boaシステム)/mont-bell
・GORE-TEXロングスパッツ/mont-bell
・チェーンアイゼン/オクトス
・LIGHTENING AXIS 22/MSR ※洞辻茶屋より上で着用
・MINI25L/山と道
・Stuff Pack XL/山と道

◆SLEEPING SYSTEM
Khufu Sil/LOCUS GEAR
Multi Sheet Tyvek/LOCUS GEAR
アルミシート/DAISO
Z Lite Solスモール(1mにカット)/THERM-A-REST
Minimalist Pad/山と道&S.H.M.W.
スーパースパイラルダウンハガー #3/mont-bell
U.L.コンフォートシステムピロー/mont-bell

◆TEMP.
12/22(日)
ごろごろ茶屋 -3℃
一本松茶屋 -8℃
洞辻茶屋 -10℃
陀羅尼助茶屋 -11℃
テント内(22時) -10℃

12/23(月)
テント内(4時) -12℃
陀羅尼助茶屋(6時30分) -15℃

◆WEIGHT
Pack Weight 約9,200g
Skinout Weight 約16,400g


~撮影機材~
 EOS 6D
 EF14mm F2.8LⅡ USM
 EF24-70mm F4L IS USM
 Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大峰で

下山されるときにすれ違った者です.
(たぶん二人目)
その節は情報ありがとうございました.

やはりスノーシューなしでは難しく,洞辻茶屋で撤退しました.
準備不足,大いに反省しております.
スノーシューでお1人先に行かれましたが,どこまで行かれたかは不明.

またどこかでお会いするかもしれません.よろしくお願いします.

| たつお@奈良 | 2013/12/28 09:26 | URL | ≫ EDIT

Re: 大峰で

たつお@奈良さん、こんにちは。

下山中の二人目の方ですね、ハイ、覚えております!
一人目のスノーシューの方は顔が真っ黒に焼けてガツガツ登られてたので
かなりのツワモノぶりでしたね。登頂されたかもですね。

今年は雪が多いのでこれからが楽しみです。
お互い安全に雪山を楽しみたいものですね。

こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

| COOPER | 2013/12/28 12:57 | URL |

がっつり!!

COOPERさん、こんにちは。

がっつり、雪と戯れて来れましたね。
いろいろテストされてるのもCOOPERさんらしい!!

今度いろいろ教えてくださいね。

チェーンスパイク、タイベックシートが気になります。

| climb like | 2013/12/28 15:54 | URL |

あらためて、凄い雪でしたね

この時期に凄い積雪ですね。それも降った直後ですね。
日曜日の金剛山は朝は白くなかったです。それが午後には、800m付近まで白くなっていました。
こんなに白くなった金剛山は初めてでした。
なので、大峰や台髙は凄い雪だったんですね。
今日も、今16:00現在、自宅から見える金剛山は1週間前のように白くなってきています。
それ以上かもしれませんね。
山上ヶ岳のリベンジはご一緒しますが、いい天気の土日に行きたいですね。
あと、スノーシュー、選ぶポイントを教えてください。

| annyon | 2013/12/28 16:29 | URL |

Re: がっつり!!

climb likeさん、こんにちは。

がっつり雪と戯れてきました。
今回のようにちゃんと寒気が入った比較的寒い時に
テストしてみないと本当の実力が分からないと思ったので、
あれこれ試してしまいました。
チェーンスパイクとタイベックシートですね、
今度ギア談義しましょうw

| COOPER | 2013/12/28 16:58 | URL |

Re: あらためて、凄い雪でしたね

アンニョンさん、こんにちは。

12/22(日)の金剛山は朝からガッツリ積もってましたよ。
他の方のブログや写真でも確認ができました。
ただ、僕も100円高速~南阪奈の大阪側を走ってる時は、
7時過ぎでしたが日の出の逆光と大きい雲が邪魔して、
山の上部や雪の白色がはっきり見えませんでした。
奈良側に入り順光で見た時は、7時30分頃でしたが驚くほど真っ白で
他の山より明らかに異質な雰囲気でした。
僕と同じように光の加減や雲のせいで見えにくかったということはないでしょうか?

今日も日本に寒気が入ってますね。順調に白くなってますか、いいですね~w
去年は雪が少なかったので、今年の大峰は期待しています。
今回はその手応えを得られました。
山上ヶ岳のリベンジ、テン泊になると思いますが宜しくお願いします!

来年ですが、年明けの1/3~4あたりに明神平か桧塚奥峰でもどうですか?
その時にスノーシュー談義しましょうw 他のNEWギアもお見せしますね。
またメールします(^^)

| COOPER | 2013/12/28 17:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/299-86b2708e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT