yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

油日岳、那須ヶ原山

2013年12月1日(日)
奥余野登山口~油日岳~那須ヶ原山~周回
2013_1201_TOP_1.jpg

念願の山を歩けた上に、奇跡的な出会いまでありました。


12月1日(日)、鈴鹿山地の最南端、油日岳~那須ヶ原山を歩いてきました。

いつも水口町(いなか)に向かう時に、上柘植I.C.から国道4号線に入って右手に見える山塊が気になっていました。冬には真っ白な雪をまとい、低山ながらも存在感のある山並みに毎回釘づけになっています。なんていう名前の山だろう、興味が徐々に湧いてきて、数年前にそれが鈴鹿最南端の油日岳だと分かったものの、これまで登り損ねてようやく今回実現しました。

油日岳から那須ヶ原山まではアップダウンが結構あるようなことがBlogやヤマレコで紹介されています。標高からするとそれほどじゃないんじゃないか、まぁ大丈夫だろう、とそんな感じで想像していましたが、結論を言うと、予想に反して急斜面が続く強烈なアップダウンでした。

今回は、なかなかのマイナーな山なので一人で行くつもりでしたが、結局、3月の山上ヶ岳メンバーであるアンニョンさんと会社のSくんにお付き合い頂けることになりました。

奥余野登山口。今年の紅葉はこれで見納め。
2013_1201_1.jpg

W.C.(水洗)が併設されてます。ここの登山口は、上柘植I.C.を降りて約10分と、アクセスは素晴らしい。
2013_1201_2.jpg

準備中のお二人。すっかり馴染みましたね。気温は2℃ほどですが無風だからかあまり寒くありません。
2013_1201_3.jpg

準備を終えまずは車道をそのまま詰めていきます。すぐに通行止め(台風18号の影響)のロープが張られていますが、そのまま越えて進みます。しばらくすると紅葉の残りがちらほら。
2013_1201_4.jpg

2013_1201_5.jpg

三馬谷小屋付近
2013_1201_6.jpg

2013_1201_7.jpg

アオモジ。森林公園だけあって、至る所に樹の説明板が掛かっています。凄く嬉しいサービスですがすぐには覚えられません。
2013_1201_8.jpg

どれが滝だか分からず。
2013_1201_9.jpg

梯子は確かここだけだったと思います。
2013_1201_10.jpg

イヌツゲ
2013_1201_11.jpg

ヒサカキ
2013_1201_12.jpg

シロダモ
2013_1201_13.jpg

2013_1201_14.jpg

2013_1201_15.jpg

途中、少し激登りが続いた後やっと展望ポイントが出てきました。基本的にこの先も展望場所は少ない感じです。
2013_1201_16.jpg

展望ポイントから10分ほどで油日岳の山頂に到着です。国土地理院地図693mと書き直されてます。
2013_1201_17.jpg

2013_1201_18.jpg

2013_1201_19.jpg

2013_1201_20.jpg

よく見る鈴鹿山系の山名板。黒字も白の縁取りも、独特の味がありますよね。
2013_1201_21.jpg

裏を覘くと、やっぱり名前が掘られてました。ちなみに名前にピントを合わせたはずが前ピンに。EF50mmF1.4で撮った写真は全体的に前ピンが多いので、今度サービスセンターで見てもらおう。
2013_1201_22.jpg

2時間「5分」って。
2013_1201_23.jpg

休憩していると前から登山者が一人やってきました。ここまで誰ともすれ違わない静けさぶりだったので少し話をしました。話題が、鈴鹿の山名板のクオリティは凄いという話になり、皆賛同して湧いてきたところで、「実はコレ全部私が設置したんです」と…。つまりこの方が鈴鹿近辺の緑の山名板を作られている宮脇さんでした!!なんとも凄い偶然!こんなことあるんかいな!
2013_1201_86.jpg

鈴鹿山地のみならず、今年は槍と剱にも名板を置いてきたとのことなので、今年8月の記憶をたどってみると…
2013_1201_25.jpg

ありました!!鈴鹿と同じ緑の宮脇さんクオリティ!!今年置いたらしいので今年行かれた方は要チェック!もう、ウソやろ!といった感じで盛り上がりました。
2013_1201_87.jpg
2013年8月の槍ヶ岳縦走時の写真


今日は奥余野登山口から油日岳を周回された後、また別の山へ向かわれるとのこと。名板が無事かどうか巡回されてるのでしょうか。過去にも落書きされて作り直したことがあったようですが、木の板から掘っていくので、1枚作るのに1ヶ月は掛かるそうです。大変な作業ですね。これからもこの独特な名板を楽しみにしています!
2013_1201_26.jpg

いきなりの凄い出来ごとに今日の目的は終了したかのような空気に包まれました。興奮冷めやらぬまま、ほどなくして加茂岳に到着です。この辺りから、あ~いよいよ始まったか!といった感じでアップダウンが続きます。
2013_1201_28.jpg

久しぶりの山歩きのSくん。しつこいアップダウンも頑張ってました。
2013_1201_29.jpg

下の「那須ヶ原山⇒」の右折矢印がかなり見えにくい看板のある分岐。ホンマに直進も右折も出来てしまう分岐だったので要注意です。
2013_1201_30.jpg

那須ヶ原山が見えてきました。なるほど、実際見ると存在感があります。
2013_1201_31.jpg

2013_1201_32.jpg

2013_1201_33.jpg

2013_1201_34.jpg

たまに展望が出てきます。
2013_1201_35.jpg

2013_1201_36.jpg

分岐をほんの少し右に登ったところに忍者岳がありました。そのまま那須ヶ原山方面へ行ってしまうと現れない山頂で、さすが忍者岳というだけあります。
2013_1201_37.jpg

激下り。の後に、
2013_1201_38.jpg

激登り!
2013_1201_40.jpg

2013_1201_41.jpg

三国岳で休憩です。ここを右に行けば周回で奥余野登山口に戻れます。今日はそのルートで戻る予定です。
2013_1201_42.jpg

展望がちょっとだけ開けてます。
2013_1201_43.jpg

積雪計もありました。メモリは1m80cmまでですが、そんなに積もるのですね。
2013_1201_45.jpg

そしてまた激下り。ここはちょっとした岩場で、かなり慎重に下る必要がありました。
2013_1201_46.jpg

基本的にこんな感じの痩せ尾根ばかりです。適度なスリルもあって全体的に楽しいコースだと思います。
2013_1201_47.jpg

2013_1201_48.jpg

またアップ。
2013_1201_49.jpg

帰りに通った時、ここは間違えてしまいそうな感じの道でした。
2013_1201_50.jpg

ここの展望はよかったです。
2013_1201_51.jpg

北西方面。方角的には甲南や甲賀の水口方面ですがよくわかりません。
2013_1201_52.jpg

ラストの激登りです。
2013_1201_53.jpg

最後の分岐を過ぎ、
2013_1201_54.jpg

山頂へ向かいます。
2013_1201_55.jpg

宮崎アニメに出てきそうな雰囲気の祠。
2013_1201_56.jpg

11時27分、山頂に到着です。とりあえず鈴鹿最南端の縦走を達成!
2013_1201_57.jpg

やっぱりクオリティ高いです。
2013_1201_59.jpg

山頂の地下?の避難小屋で昼飯にします。
2013_1201_60.jpg

天井から滴が落ちてきてましたので、敷物などあった方が無難です。
2013_1201_61.jpg

今日も究麺味噌味で温まります。右手の前ボケ気味なラ・フランスミックスは果汁と野菜が50:50!最近山でフルーツジュースにハマりつつありますが、そろそろ寒いのでまた春になったら飲もう。
2013_1201_62.jpg

綿向山。以前、段平さんが登られていた山ですね。今シーズンは行こうと思っています。
2013_1201_63.jpg

綿向山から西に甲賀~琵琶湖方面。
2013_1201_64.jpg

右から鎌ヶ岳、御在所、雨乞岳。避難小屋でご一緒した地元ハイカーが教えて下さいました。
2013_1201_65.jpg

アップダウンも頷ける凸凹の稜線。竜口尾根みたい。。。
2013_1201_66.jpg

2013_1201_67.jpg

2013_1201_68.jpg

2013_1201_69.jpg

ここも慎重に。
2013_1201_70.jpg

頑張って登り返し。
2013_1201_71.jpg

2013_1201_72.jpg

また登り返し。全体的に、登り返しの方が距離が短かったので意外と早く戻れました。
2013_1201_73.jpg

綿向山。綺麗な山容でした。
2013_1201_74.jpg

2013_1201_75.jpg

2013_1201_76.jpg

完全に終焉を迎えた紅葉。
2013_1201_77.jpg

那須ヶ原山、独特の山容でした。そのうち那須ヶ原山より北を歩こうと思います。
2013_1201_78.jpg

三国岳の分岐を周回コースへ入り倉部山に到着。こっちは全然アップダウンがなく緩やかな下り基調です。
2013_1201_79.jpg

2013_1201_80.jpg

2013_1201_81.jpg

ぞろぞろ峠。皆さんゾロ峠と略して書かれている方が多いです。
2013_1201_82.jpg

台風被害で崩落した案内板。
2013_1201_83.jpg

のんびり歩いて14時45分、登山口に無事下山完了。
2013_1201_84.jpg

野天もくもくの湯に寄り、今日歩いた山々を望みます。念願がかなって良かったです。写真はまだ完全に日没していない時間帯ですが、マジックアワーっぽくなってました。それはなぜか?答えは簡単、東方面を向いてるからですw これは写真撮影ではおいしいことだったりしますが、西ほどの色味は出ませんのでまあこんなもんでしょう。
2013_1201_85.jpg

アンニョンさん、Sくん、今回もお付き合い頂きどうもありがとうございました!



◆C.T.
8:10 奥余野登山口
9:11 油日岳
9:32 加茂岳
9:50 忍者岳
10:05 三国岳
11:27 那須ヶ原山~昼食休憩 12:25
13:29 三国岳
13:50 不鳥越峠
14:00 倉部山
14:15 ぞろぞろ峠
14:45 登山口着

◆CLOTHING&SHOES&BACKPACK
・Woolies 150 Crew Stripe /ibex
・ウィックロンクール ハーフスリーブジップシャツ/mont-bell
・ライトシェル アウタージャケット/mont-bell
・ジオラインM.W.タイツ/mont-bell
・サウスリムパンツ/mont-bell
・トレッキングフィンガーレスグローブ/mont-bell
・サウスリムハット/mont-bell
・レーシングラン5本指ソックス/Tabio
・LONE PEAK/ALTRA
・MINI25L/山と道

◆TEMP.
MAX: 7℃
MIN: 2℃
※登山中は2~5℃くらい

◆WEIGHT
Pack Weight 約3,800g


~撮影機材~
 EOS 6D
 EF14mm F2.8LⅡ USM
 EF50mm F1.4 USM
関連記事
スポンサーサイト

| 鈴鹿山系 | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

出会い、奇跡的でしたね

油日岳から那須ヶ原山、ご一緒させて頂きありがとうございました。
あちこち、未知の山に連れて行って貰って感謝しています。
COOPERさんの念願の山行きもかない、紅葉の見納めも出来て良かったです。
何と言っても、鈴鹿の宮脇さんとの出会いは感動ものでした。
山頂の銘板の話をしていて、そこに製作者のご当人が登ってこられたのですから、驚きました。まさしく奇跡的です。
しかし通り一遍の挨拶だけでは、分からなかったですね。
もう一歩、話を進めたからこそ、このような発見が出来たのだと思います。
出会いを大切にして行きたいですね。
私は鈴鹿の山々はほとんど知りません。
登ったのは御在所岳に鎌ヶ岳、そして伊吹山です。
尾根から北に裾野の美しい綿向山が見えていましたが、次はそこへ樹氷を見に行きたいです。
是非、連れて行って下さい。
あの時話していた、Nexus7、早々に買いました。
2回試しに使ってみましたが、7インチサイズに290gと山にはちょうど良い感じの大きさです。
カメラのポシェットに入って、すぐ取り出せて使い易いです。
電池も24時間は持ちそうです。GPSセンサの性能もsony製より良いです。
先に買って現在修理中の物(SONY Xperia Tablet)は、家内が使いたいと言っているので直ってきたら使い方を教えます。
タブレットは、山以外でも無料電話やメール、システム手帳、カメラ、地図検索、音楽プレイヤー等々、とても便利な道具ですね。

| annyon | 2013/12/09 09:48 | URL |

山名板

山名坂のくだり、偶然ってあるのですね!。
私も鈴鹿の山で良く見るので気になっていました。
裏に「鈴鹿M.M」と書いていたのは確認しましたが宮脇さんと言う方ですか。
鈴鹿以外でも倶留尊山、大洞山、その他の覚えきらないほど・・・
それから木曽御嶽山にもありました。

本題の山ですが(笑)気になる山で23.1.29(土)に行く予定でしたが
予定倒れでそのまま未踏です。今、昔の予定メモを引っ張り出して眺めています、それによるとアップダウンの連続するスリルあるコース、積雪は少ないが
天候次第では相当積もる時もある、また無い時もある、今の所不明と(笑)。

記事を読んで行きたくなりました。参考になりました。

| 段平 | 2013/12/09 16:51 | URL |

面白い!!

COOPERさん、こんばんは。

山名版のお話、素晴らしい出会いでしたね。
こんなこともあるから一期一会って言葉が好きです。

僕も槍ヶ岳の画像を見返してみたら、
ちゃんとありました。

鈴鹿の最南端のお山も面白そうですね。
激登り・下りも面白そう。

| climb like | 2013/12/09 21:48 | URL |

Re: 出会い、奇跡的でしたね

アンニョンさん、こんばんは。

最近また仕事が忙しくなりこれくらいの時間になってます(T_T)
こちらこそご一緒頂きありがとうございました!
歩きではだいぶ付いていけるようになりましたが、下りはまだまだ追いつきませんね。
宮脇さんとの出会いは、どんな奇跡的な絶景に出会うよりも低い確率でしょうね。
これからも素敵な名板を作られることを願ってます。
鈴鹿は僕も御池岳のみでした。
今回はいなかに近いことと、人気薄というのも惹かれました。
綿向山、是非行きましょう。御池岳も宜しくお願いしますね。

Nexus7こんなにすぐに買われるとは思ってませんでしたが、
気に入られたようでお薦めした甲斐がありました。
薦めておいて何ですが、僕はスマホがあるのでまだ踏みきれそうにないです。
軽くて画面もそこそこ、色々使えて便利そうなのでそのうち買うかもしれませんw

| COOPER | 2013/12/10 02:02 | URL |

Re: 山名板

段平さん、こんばんは。

山名板、有り得ない出来事ですよね。
ある意味事件ですね。
鈴鹿をよく歩かれる段平さんなら感動も大きかったことと思います。
木曽御嶽山にもありましたか。これからアルプスに行っても
要チェックですねw

さすがですね、油日岳はすでにチェックされてましたか。
お誘いすべきだったかなと後から思いましたが、
たぶん段平さんの好みの山だと思います。

冬は相当積もることがあるのですね。
でも次にここに来るのはいつになることやら、って思うほど、
あのアップダウンはもう当分いいですw

| COOPER | 2013/12/10 02:11 | URL |

Re: 面白い!!

climb likeさん、こんばんは。

宮脇さんとは素晴らしい出会いでした。
シマノの釣り用の長靴で登られていて、
これが一番いいんだよなんて仰ってました。
相当山好きな印象を受けました。

槍ヶ岳にもあったでしょ!
鈴鹿と同じなんて嬉しくなりますよね。

油日岳~那須ヶ原山の間は、あまり綺麗な展望はありませんが、
歩くことが楽しく感じるルートでしたw

| COOPER | 2013/12/10 02:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/296-7a7e975b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT