yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

金剛山 第34回(42) ~寺谷~

2013年10月27日(日)
寺谷~文殊尾根
2013_1027_39.jpg

仕方ないか…。


10月27日(日)。
朝4時過ぎに自宅を出発。169号を南下し、上北山温泉の道の駅でWC休憩後、橡谷西ノ谷線を登っていきます。事前に通行出来ることを確認して行ったのですが、小処温泉との分岐を過ぎたところで「9km先路肩崩壊につき通り抜け不可」の看板が道路脇に立ててありました。目的の竜口尾根新登山口が何km先の地点か分からなかったので、とりあえず行ってみることに。

途中、10棟くらいの小さい犬小屋が川沿いに等間隔に並ぶ異様な光景を目にすると、そのうちの1頭が後ろから吠えながら走ってきます。しばらくすると諦めて戻って行きましたが、結構追いかけてきました。なんやったんやろう?

湧水?か何かが延々流れる小さいトンネルを過ぎると、やがて道路に落石が現れ始めます。最初は小さい石ばかりでしたが、進むにつれ石の大きさは大きくなっていきます。スピードを落としゆっくりと石を交わす場面を何度もクリアし、気が付くと結構な標高になっていました。深い谷の向こうには大峰山脈が堂々と聳え立っています。朝焼けが始まりそうな弥山、八経ヶ岳、行者還岳など見晴らしは最高です。

道路の落石は続くものの、何とか避けれる状態だったので、このまま登山口までいけるかもと思っていたら、目の前にアスファルトが隆起している区間が現れました。大きい落石も道路一面に転がっていて通行出来そうですが際どい感じです。車を停め、歩いて先の様子を見に行ったところ、この先でも道路の幅半分陥没したところに全て落石が埋まっていて、残りの幅半分も陥没はないものの石で覆われてます。これを見た瞬間、諦めて来た道を引返すことにしました。

新登山口へはサンギリトンネル側からも行けるのですが、さっきの落石が最近の雨でやられてしまったのなら、同じような場面がないとも限らないと思ったのでやめておきました。というか、ここまで落石を避けるのに疲れてもうサンギリまで回る気になれなかったのが本音かも。

この写真は、歩くはずだった竜口尾根。と思います。紅葉の色づきはこれくらいなのか、それともまだ緑が多いところを見ると来週あたりが見頃なのか。
2013_1027_1.jpg

上の写真を撮るのに停めました。嫁さんが「さっきのとこの証拠写真撮りにもっかい戻る?」なんて言います。戻るわけないし…。そしてここから小処温泉の分岐へ降りるまで、また気の抜けない落石ゾーンが待ってます。
2013_1027_2b.jpg

さて、169号沿いで代案となると、行ってみたかった伯母谷覗か白髭岳あたりが浮かびましたが、ちゃんとリサーチしてないし地図もないし。先ほどの時間ロスと現在時間も考えて、今日は大峰台高はやめておき、困った時の金剛山で軽く運動することにしました。169号を再び北上中、ふと思いました。小処温泉に通じる林道は通行止めの看板もなかったから、小処温泉から笙ノ峰~大岩~P1320あたりを歩くのもアリやったなと、大滝ダムまで戻ったところで気付きました。。。なんで最初に気付かんかったんやろう。


そして9時11分、場所が変わって金剛山、自宅を出発してからちょうど5時間!百ヶ辻を出発します。阪南大学の学生がアンケートか何かをしていました。
2013_1027_3.jpg

ルートは楽ちん寺谷です。
2013_1027_4.jpg

斜面が崩れて杉の木が登山道に倒れていました。
2013_1027_5.jpg

数日前の雨の影響かな。
2013_1027_6.jpg

何箇所か崩れていました。
2013_1027_7.jpg

ここは本来右側も歩けたんじゃなかったかな。
2013_1027_8.jpg

2013_1027_9.jpg

青空が!
2013_1027_10.jpg

遠目に見たらこの先が暗くなってて、核心部に入る雰囲気のところ。
2013_1027_11.jpg

2013_1027_12.jpg

最後の急登。平瀬道の急登を最近味わったせいか、ほとんど息が切れずに登れました。
2013_1027_13.jpg

登り切ったところで定番ショット。矢印の方へ行けば文珠さん。
2013_1027_14.jpg

遊歩道との合流点。いい光が入ってます。風が少し冷たく、僕の温度計は6℃です。
2013_1027_36.jpg

2013_1027_16.jpg

売店前の温度計は7℃でした。
2013_1027_17.jpg

売店前の紅葉。全体的に1週間ほど早かったですが、すでに痛んでる葉が多かったです。
2013_1027_19.jpg

2013_1027_20.jpg

山頂広場は結構人が居てました。
2013_1027_21.jpg

2013_1027_22.jpg

靴紐を締め直し中の嫁さん。バックパックのバンジーコードはとても便利で重宝してます。
2013_1027_23.jpg

葉が痛んでないところを探して撮りました。色んな色が混ざって綺麗です。
2013_1027_24.jpg

1℃下がってる。
2013_1027_25.jpg

2013_1027_26.jpg

2013_1027_27.jpg

下山は文殊尾根で。
2013_1027_28.jpg

2013_1027_38.jpg

ここの自然林も来週あたりが見頃かな。
2013_1027_30.jpg

2013_1027_31.jpg

2013_1027_32.jpg

11時、下山完了。2時間弱のいい運動が出来ました。
2013_1027_33.jpg

来週の3連休は、Aceさんと橋杭岩ライトアップ&熊野撮影を楽しんできます。連休最終日に、小処温泉起点で竜口尾根のリベンジをしてこようかな。


~撮影機材~
 EOS 6D
 EF14mm F2.8LⅡ USM
 EF24-70mm F4L IS USM
 EF50mm F1.4 USM

関連記事
スポンサーサイト

| 金剛山 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

気温がぐっと下がり、山の冷たい空気感が気持ちよさそうで、
山頂の紅葉も美しくなってきましたね。

それにしても台風と雨の多かった今年は、
残念なことに随分と色んなところを荒らしてしまいましたね。

竜口尾根は自然林と展望が素晴らしいコースらしく、
僕も興味津々のところです。
この日は残念でしたが、リベンジ期待しております(笑顔。

| ke-n | 2013/10/28 09:07 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

台風が過ぎて気温が一気に下がりましたね。
山を歩くにはちょうどいいくらいですが、
下界ではまだ寒さに体が対応できてないです(^^;)

今回の台風と雨の被害はこれからまだ報告されそうですが、
これ以上山を痛めるのは簡便してほしいですね。

竜口尾根はやはり気になっておられましたか。
小処温泉から又剣山まで途中でテン泊してピストンするのも面白そうです。
展望がよさそうなので、大峰・台高の星や朝がいい感じで撮れるかもですw

| COOPER | 2013/10/28 22:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/287-d9e80d2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT