yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

白山 ~平瀬道~

2013年10月14日(月)
大白川登山口~大倉山避難小屋~白山室堂~白山御前峰
2013_1014_16.jpg

9月のリベンジを果たしてきました。


10/12(土)
タイから帰国したこの日は三連休の初日。この時期は毎年泉州地区では祭りが行われていて、ちょうどこの日が初日でした。高石駅を降りた20時頃、交差点で神輿の通過待ちをしました。出店の灯りに照らされた法被姿の老若男女の群れを押し分け、祭りとは無縁に足早にスーツケースを転がす僕の姿は、明らかに場違いだったことと思います。
この日の朝、タイのホテルを出発する前にWi-Fiで白山の天気予報を見ていました。13(日)は曇のち晴れで風がかなり強く、14(月)は一日穏やかな好天となる予報でした。遠征となると、当日の天気と翌日の仕事のことを毎回天秤にかけなくてはならず、今回の場合は、
「13(日)なら強風で危険に加え体力を奪われて視界も悪そうだけど、翌日にもう一日休みがある」という状況と、
「14日(月)だと翌日が仕事だから帰りの運転や疲れが気になるけどこの日の天気は最高」
という状況を想定出来ましたが、やはり安全且つ好天の期待できる14(月)を選びました。
※ヤマレコを見ると実際は13(日)も好天だったようです。

10/13(日)
21時頃、自宅を出発し渋滞もなく順調に名神~東海北陸道と進み、0時ちょうどにひるがの高原SAに到着しました。現地まで約1時間なのでそのまま行ってしまってもよかったのですが、今回は色々と便利なひるがのSAで車中泊することにしました。気温が低いのでシュラフに入り込むと、4時過ぎまでぐっすり眠れました。ひるがの高原SAは出口の荘川I.C.まで約8kmの位置にあるSAで、一般道に降りてからも残り約35km(約45分)とさほど気にするほどの距離ではないので助かりました。朝食を食べ4時30分にSAを出発し、5時半頃に白水湖畔ロッジ駐車場に到着しました。

駐車場は半分くらい埋まっており、9月に来た時よりもかなり多い台数です。やはり紅葉の時期はここも人が多いことが分かりましたが、別当出合ルートに比べると少ないようです。

6時前、日が昇る前から出発します。この一枚はISO AUTOで撮りましたが、ISOは12,800になっていました。拡大すると描写は甘くノイズも少し出ていますが、このサイズなら何とか誤魔化せてるかな。。。
2013_1014_1.jpg

少し登ると白水湖が見えました。気温は4℃と少し寒いです。
2013_1014_2.jpg

このあたりは登り易いのですが、ところどころに段差が高くなっていて序盤から息が上がりっぱなし。
2013_1014_3.jpg

朝焼けの色が山肌に転写されていきます。
2013_1014_5.jpg

前回の敗退ポイントを通過した頃、平瀬道にも光が届き始めました。
2013_1014_4.jpg

清々しい朝陽を浴びながら急坂を進みます。
2013_1014_6.jpg

木々と登山道に広がる朝陽。
2013_1014_7.jpg

この辺りから徐々に紅葉の色づきが増してきます。
2013_1014_8.jpg

カエデ系ももう少しで見頃。
2013_1014_9.jpg

南側の展望が開け、地獄谷~ヤケ谷の斜面が見えました。ここも見頃はもうすぐかな。
2013_1014_10.jpg

ナナカマドとダケカンバ。ナナカマドは痛んでるのが多く、まともなのは少しだけでした。
2013_1014_80.jpg

2013_1014_12.jpg

2013_1014_13.jpg

ダケカンバの黄葉が至るところで見頃を迎えています。ダケカンバやナナカマドが入ると、一層、高山の雰囲気に。
2013_1014_14.jpg

急登が続き、これがなかなかしつこくてしんどいのですが、見頃を迎えた紅葉に激励されて気合いを入れ直します。それでも少し登るとまたしんどくなり、大倉山避難小屋はまだかと一人で愚痴をこぼしながらひたすら登ります。
2013_1014_15.jpg

1時間30分ほど歩くと、ようやく御前峰と剣ヶ峰が。上部の山肌は深い色づきで紅葉の終焉を物語っていますが、裾野へ広がる鮮やかな色へのグラデーションを演出しているよう。少し霞んではいるものの、バックの青空も一役買ってくれた。
2013_1014_16.jpg

お花松原、北弥陀ヶ原方面。
2013_1014_17.jpg

2013_1014_18.jpg

南側の尾根。奥の尾根は南白山から延びる尾根。
2013_1014_19.jpg

そうこうしていると、ようやく大倉山山頂の標識が。しかも登山道脇に。。。
2013_1014_20.jpg

2013_1014_21.jpg

2013_1014_22.jpg

7時58分、大倉山避難小屋に到着。
2013_1014_23.jpg

昨日泊まられた二人組の方たちが寝床の掃除をされていました。大きい三脚をお持ちだったので中判でしょうか。僕たちは少し休憩させて頂いて出発します。僕はここまでのコースタイムをどうやら2時間と勘違いしていたようで、山高地図を見直すと2時間30分になっていました。そりゃなかなか着かないわけです。実際は1時間58分で登れましたが、急登が続いたにも関わらず途中休憩を減らしてひたすら登った為、ふくらはぎが少し疲れ始めていました。
2013_1014_24.jpg

気を取り直して出発します。ここから白山室堂まで1時間40分です。
2013_1014_25.jpg

ダケカンバが多い山です。
2013_1014_26.jpg

振り返って大倉山。このあたりはまだまだ急登が続きます。どこかのblogかヤマレコの記事で、大倉山を過ぎたら傾斜はかなりましになると書かれていましたが、全然そんなことはありませんでした。これまでと同じような急登が続き、岩場やガレが増えて足場も悪くなっていきました。
2013_1014_27.jpg

あと1.9km
2013_1014_28.jpg

雲海が出てました。
2013_1014_29.jpg

紅葉はすでに折り返したのか、少し鮮やかさに欠けるけど十分綺麗。
2013_1014_30.jpg

風にやられたのかほとんど落葉してしまったダケカンバ。
2013_1014_31.jpg

カンクラ雪渓。このあたりから傾斜は少しましになり始めます。
2013_1014_32.jpg

北アルプスが見えるらしい展望地。霞んで全く見えず。そしてここがラストの急坂。気合い入れて登ろうと思ったら、「南竜ヶ馬場への分岐はこの先にありますか?」と上から下ってきたご夫婦に聞かれました。僕たちが歩いてきた道にそんな分岐はなかったので、HOLUX M-241とスマホの地図ロイドで現在地と分岐点をチェック。すると20分ほど登ったところにその分岐があることが分かり、そこまで一緒に歩くことに。
2013_1014_33.jpg

5分ほど登ると最後の急坂が終わり緩やかな台地に出ました。お二人は一度下った道の登り返しに苦戦しておられ、5分ほどするとやって来られました。もうそこに分岐がありますと教えると、そそくさと先を急がれました。
2013_1014_83.jpg

南竜ヶ馬場への分岐です。左折すると南竜ヶ馬場で、正面に見えてる登山道が室堂に続く道です。お二人は室堂からこちら側に直進してしまったようですが、こんなにしっかりとした標識なのになんで間違えたんだろう。
2013_1014_82.jpg

お話を伺う暇もなく、お二人はこの分岐を左折して行かれました。何の言葉もなく、何事もなかったかのように素通りされたのでちょっとアレと思いましたが、それよりも気になったのは、お二人から最初に声を掛けられた時に見せられたあのパンフレット。あれはたぶん観光センターのようなところでもらえる簡易な地図が書かれたパンフレットです。普通地図といったら1/25000か山高だと思ったのでちょっと焦りました。見た目は登山経験者に見えましたがもしかしたら入門者だったのかな。無事に下山されたことを祈ります。
2013_1014_34.jpg

先ほどの分岐を直進すると、すぐに白山室堂ビジターセンターが見えました。
2013_1014_35.jpg

9時43分、白山室堂ビジターセンターに到着しました。かなりの大型施設です。想像以上に立派な建物で驚きました。
2013_1014_36.jpg

10分ほど休憩し、風除けにライトシェルを羽織って山頂に向かいます。太陽が出て暑いけど風は冷たくて寒いといった中途半端な感じです。
2013_1014_38.jpg

山頂は正面に見えているところです。偽ピークではありません。登り30~40分、下り20~30分ほどです。さぁ気合いを入れ直して行きます。
2013_1014_39.jpg

程よい段差に整えられた石段を息を切らして登ります。ハイマツの向こうには別山が存在感を示しています。
2013_1014_41.jpg

ここまでの疲れが出始め、40分ほどで山頂に到着です。
2013_1014_42.jpg

2013_1014_43.jpg

剣ヶ峰。一人登られている人が見えます。
2013_1014_84.jpg

大汝峰と紺屋ヶ池
2013_1014_44.jpg

白山御前峰2,702m。
2013_1014_45.jpg

2013_1014_81.jpg

今日はアルプスは見えません。
2013_1014_47.jpg

風が寒いのでほどほどに下山します。
2013_1014_48.jpg

高天ヶ原。山頂とビジターセンターのほぼ中間地点です。高天ヶ原というとあの高天ヶ原を思い出してしまいます…。
2013_1014_49.jpg

2013_1014_50.jpg

ビジターセンターで昼食にします。バッジとC.C.レモンをゲット。
2013_1014_51.jpg

綺麗な食堂です。
2013_1014_52.jpg

カレーのあの味は…。たぶん某メーカーのレトルトだと思います。
2013_1014_53.jpg

W.C.と給水後、12時12分に下山開始です。
2013_1014_54.jpg

分かり易い標識だと思うんですけどね。。。
2013_1014_55.jpg

2013_1014_56.jpg

2013_1014_57.jpg

白山の見納めです。
2013_1014_58.jpg

少しだけ雪渓が残っていました。
2013_1014_59.jpg

崖になっている危険地帯。100mほど注意して歩いて下さいとの看板があります。山高地図に危険マークのあった唯一の箇所。
2013_1014_60.jpg

珍しい感じのカルストっぽい岩と草地を発見。ヒキウス平みたいでついついパチリ。
2013_1014_61.jpg

2013_1014_62.jpg

2013_1014_63.jpg

大倉山付近まで下ると、朝にはあまり見えなかった紅葉が光線の違いで浮き出ていました。午後からの雲と霞みにより鮮やかとまではいかないまでも、見頃であることは分かりました。
2013_1014_64.jpg

予想外の紅葉の綺麗さに、下るごとに見える角度や光の当たり方が変わって足を止めさせられます。それは僕たちが例外というわけではなく、下って来る登山者は皆同じところで立ち止まり、いい意味で裏切られた大倉山の紅葉をカメラに収めていました。
2013_1014_65.jpg

霞んでいるからか、光の加減か、くっきり見えないのが非常に惜しいけど、自然が造る秋色の絨毯に溜息が連発。少しのんびり眺めていたいけどそういう訳にもいきません。
2013_1014_66.jpg

あの谷の方まで降りたらもう少し鮮やかに見えるのかな。
2013_1014_67.jpg

同じような写真を何枚も撮り、時間だけが過ぎていきます。これだけの紅葉が見れるのはまた一年後、そう思うと、帰りの時間も気にならなくなってきます。
2013_1014_68.jpg

2013_1014_69.jpg

最後の紅葉を楽しみながら、正面の大倉山まで進みます。
2013_1014_70.jpg

2013_1014_71.jpg

白水湖
2013_1014_72.jpg

2013_1014_73.jpg

2013_1014_74.jpg

大倉山避難小屋で10分ほど休憩し、あとはひたすら下るだけ。
2013_1014_75.jpg

三方崩山は終始威圧感を放っていました。いつか登りたいな。
2013_1014_76.jpg

15時30分、膝をかばいながら下山完了です。
2013_1014_77.jpg

平瀬道は、1段ごとの段差が地味に高くそれがしつこく続くので、結構疲れました。景色は途中から白山が見えて迫力を味わいながら歩けました。紅葉は2,000mくらいの標高が綺麗で、このルートが隠れ紅葉の名ルートと言われているのも分かった気がします。総じて、結構ハードなルートでしたがこの時期にしか見れない素晴らしい紅葉も楽しめ、無事にリベンジも出来て良かったと思います。次は花の時期に別山から縦走し、南竜ヶ馬場でテントを張るのもいいな。


◆LOG


◆CT
6:00 平瀬道登山口
7:58 大倉山避難小屋 8:13
8:58 カンクラ雪渓
9:32 南竜ヶ馬場分岐
9:43 白山室堂ビジターセンター 9:54
10:33 白山山頂 10:46
11:19 白山室堂ビジターセンター~昼食 12:12
12:26 南竜ヶ馬場分岐
13:05 カンクラ雪渓
13:46 大倉山避難小屋 13:55
15:30 平瀬道登山口

◆CLOTHING&SHOES&BACKPACK
・Woolies 150 Crew Stripe /ibex
・ウィックロンクール ハーフスリーブジップシャツ/mont-bell
・ライトシェル アウタージャケット/mont-bell
・サウスリムパンツ/mont-bell
・レインダンサーパンツ/mont-bell
・サウスリムハット/mont-bell
・レーシングラン5本指ソックス/Tabio
・LONE PEAK/ALTRA
・MINI25L/山と道
※グローブは着用せず
※レインダンサーパンツは冷え防止の為着用
※ライトシェルは室堂~山頂のみで着用

◆TEMP.
登山口スタート 4℃
大倉山避難小屋 6℃
白山室堂 10℃
山頂 6℃

◆WEIGHT
Pack Weight 約6,500g

◆PHOTO BY
EOS 6D
EF14mm F2.8LⅡ USM
EF24-70mm F4L IS USM
EF50mm F1.4 USM
TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD (A005)
※下2つは担いだけど使わず

関連記事
スポンサーサイト

| 白山、北陸の山 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

日帰りとは流石ですね。
朝早くからスタートして、朝日が届いてくる気持ち良さは
やはりお写真でも味わうことができますね。

紅葉はピーカンすぎて撮影が難しかったでしょうか(笑顔。
それでも色の多彩さはやはり高い山ならではですね。

出張から帰られてすぐの山行ということで、
本当にお疲れさまでございました。

| ke-n | 2013/10/21 08:52 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

今回は、ヤマレコでほとんどが日帰りだったので同じように歩きました。
早い人は3時間半くらいで山頂まで登られてますね。僕にはとても無理ですが。
朝の色はやはり画になりますね~。
撮らされてる感をしっかり味わいながら撮りましたよw

紅葉は空気が霞んでいてちょっと残念でした。
澄んだ空とまではいかなかったです。
ダケカンバやナナカマドが入ると高山の独特の雰囲気になって見応えがありますね。

タイから12日の夜に戻って本当はそのまま翌日に登るつもりでしたが、
あの坂を思うと1日開けて正解でしたw

| COOPER | 2013/10/21 23:58 | URL |

リベンジ!!

COOPERさん、こんにちは。

リベンジお疲れ様です!!

平瀬道良い登山道ですね。
僕も候補に挙がっていますが、
なかなか行けません。

大倉山周辺の紅葉が素晴らしいですね。
今年は紅葉を見に行けそうにないので、
目の保養になります。

| climb like | 2013/10/22 14:19 | URL |

お疲れ様でした。

う〜ん、平瀬道という手がありましたか。
まだまだ綺麗な紅葉が残ってていい感じですね。
わが家は、立山の裾野を狙いましたが、天気は良かったものの紅葉は終わってしまってました。

| パンダ | 2013/10/22 22:26 | URL | ≫ EDIT

Re: リベンジ!!

climb likeさん、こんばんは。

平瀬道は淡々と登る感じでした。
likeさんなら楽勝と思います。
登山道の雰囲気や景色はよかったですよ。

大倉山の紅葉はなかなかよかったです。
今週末もまた台風ですし、今年は山で見れる紅葉は
この時が最後になるのかな、なんて思います。。。

| COOPER | 2013/10/23 00:21 | URL |

Re: タイトルなし

パンダさん、こんばんは。

紅葉は予想してたよりも綺麗なのが見れてよかったです。
毎年のことなのに、いつ見ても感動してしまいますね。
立山の裾野の紅葉は終わっていましたか。
しかし気持ちいいハイクが出来さそうなルートですね、レポ楽しみにしていますw

| COOPER | 2013/10/23 00:55 | URL |

美しい紅葉ですね

美しい紅葉が撮れ、9月のリベンジも出来て良かったですね。
それにしても長距離の運転の後に仮眠したとはいえ白山への登山は凄いパワーですね。
今度は、下の廊下と遠方が多いですね。
でも台風で雨が心配です、無理されないように。
大峯や大台ヶ原と比べるのが間違っていますね。
今年の紅葉シーズンは引越でバタバタして立山や白山へは行けなかったです。
近場の明神平や大峰、金剛山辺りで鮮やかなプチ紅葉を見つけに行きます。
白山などは来シーズンの楽しみです。

| annyon | 2013/10/24 15:29 | URL |

Re: 美しい紅葉ですね

アンニョンさん、こんばんは。

紅葉とリベンジを果たせてよかったです。ありがとうございます。
長距離ドライブの後の登山はさすがに応えますが、
仮眠出来たのでだいぶましでした。
薬師岳の時は行きも帰りも運転が最悪でした。
この状況だと下ノ廊下は来年ですね(T_T)

明神平や大峯のプチ紅葉、楽しみにしてますね。
来年白山は、別山からの縦走を是非ご一緒しましょうw

| COOPER | 2013/10/25 00:04 | URL |

紅葉

紅葉の期間は少ないのでいかに天候と都合をうまく
あわせてゆくか難しいですよね。
それだけにリベンジを果たされたのは良いことだと思いました。
白山の紅葉もやはり高山だけあって鮮やかで美しいです。
ちょっと遠いですが遠出する価値も十分にありそうです。

| Ikajyu | 2013/10/26 16:51 | URL | ≫ EDIT

Re: 紅葉

Ikajyuさん、こんばんは。

訪問とコメントをありがとうございます。
おっしゃるように紅葉と天候、そして休みが合うことは
なかなか難しく、今年は天候にかなり泣かされてます。
そんな中でのリベンジはやはり嬉しいものですね。

白山の紅葉はさすが高山だなと感じました。
ルートも多いですし、付近の山も面白そうでした。

| COOPER | 2013/10/26 19:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/285-2af86c96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT