yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

槍ヶ岳縦走 DAY2

2013年8月10日(土)~2013年8月12日(月)DAY2
槍ヶ岳山荘~西鎌尾根~双六池キャンプ場
2013_0810_2_10.jpg

感じるままに…


8月11日(日)

20:00に布団に入るも、胃が気持ち悪く体も熱い。呼吸も少々苦しくなかなか寝付けませんでした。高山病の兆候か、3,000mの強烈な日差しにやられたか。過去の経験からすると軽い熱中症かな。ようやく寝たのが23時過ぎですが、2時30分に起床。三脚とカメラを持って小屋の外に出ます。体調と体温はましになっていました。

昨日は比較的穏やかだったのに、今日は強風が吹いています。少し風除けになっている場所を見つけて撮影を始めましたが、あまりに風が強すぎて、カメラが倒れないか心配だったので数枚で撮影を終わりました。星は凄く綺麗でした。

槍ヶ岳と常念山脈とオリオン座
2013_0810_2_1.jpg
CanonEOS M EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM 10mm F3.5 15秒 ISO3200
Velbon シェルパアクティブ2

槍ヶ岳山荘と穂先
2013_0810_2_2.jpg
CanonEOS M EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM 11mm F3.5 20秒 ISO3200
Velbon シェルパアクティブ2

朝食の弁当を食べた後、相変わらずの強風の中、日の出を期待しましたがご覧の通り。弁当は、あれはたぶん飛騨牛飯だったと思います。凄く美味しかったです。
2013_0810_2_3.jpg

超高速でガスが流れる中、夜が明けました。それにしても凄い光景です。
2013_0810_2_4.jpg

2013_0810_2_5.jpg

5時25分。いよいよ憧れていた西鎌尾根に突入です。
2013_0810_2_6.jpg

序盤はガレた急斜面の九十九折れを下っていきます。これから歩く尾根が一望出来るのが縦走の醍醐味です。
2013_0810_2_7.jpg

朝陽に照らされた硫黄尾根。
2013_0810_2_9.jpg

笠ヶ岳には笠雲と影槍も。このガレ場は結構滑るので注意が必要です。
2013_0810_2_11.jpg

チシマギキョウ
2013_0810_2_12.jpg

豪快な景色が続きます。
2013_0810_2_13.jpg

6時10分、千丈乗越に到着です。ここで小休憩しました。ここを左に折れると昨日昼休憩した分岐に合流します。
2013_0810_2_14.jpg

ちょっとしたカールとお花畑でもアルペンムードが漂います。
2013_0810_2_15.jpg

滑り易いトラバースは慎重に。
2013_0810_2_16.jpg

2013_0810_2_17.jpg

要所に鎖が設置されているので助かります。
2013_0810_2_18.jpg

先はまだまだ長いです。
2013_0810_2_19.jpg

オンタデ
2013_0810_2_20.jpg

ここも滑り易かったので要注意です。
2013_0810_2_21.jpg

2013_0810_2_22.jpg

2013_0810_2_23.jpg

朝陽に輝くコバイケイソウ
2013_0810_2_24.jpg

チングルマと槍ヶ岳
2013_0810_2_25.jpg

今回の縦走では大人数の学生グループをよく見かけました。
2013_0810_2_26.jpg

穂高連峰
2013_0810_2_27.jpg

8時00分。日差しが強くなってきて体力を奪われます。明け方の強風が嘘みたいに止んで結構キツイです。
2013_0810_2_28.jpg

この辺りから写真を撮り過ぎでなかなか前に進みません。C.T.を大幅に超え始めます。
2013_0810_2_29.jpg

ミネウスユキソウ
2013_0810_2_30.jpg

タカネナデシコ
2013_0810_2_31.jpg

イワオトギリ
2013_0810_2_32.jpg

ミヤマコウゾリナ
2013_0810_2_33.jpg

キオン
2013_0810_2_34.jpg

真ん中あたりに見えるのは鏡平
2013_0810_2_35.jpg

振り返って槍穂高、焼岳、乗鞍岳。高山植物も楽しめ最高の景色です。足早に通り過ぎるのがもったいないように思い、嫁さんと相談し、今日は行き先に拘らず景色をゆっくり楽しむことに決めました。
2013_0810_2_36.jpg

イブキジャコウソウ
2013_0810_2_37.jpg

2013_0810_2_38.jpg

コバイケイソウと硫黄岳、竹村新道。硫黄乗越付近にて。
2013_0810_2_39.jpg

ここからの眺めは、左俣谷から西鎌尾根、槍穂高と続く山と谷の広大な景色が圧巻でした。穂高の手前は奥丸山2439.5m。槍穂高と滝谷の展望が素晴らしいと言われる山で一度は登ってみたい山。
2013_0810_2_40.jpg

ミネウスユキソウの群落。
2013_0810_2_41.jpg

イワギキョウ
2013_0810_2_42.jpg

9時55分、ようやく樅沢岳の手前のコルに到着しました。スタートから4時間半掛かってます。
2013_0810_2_43.jpg

鷲羽岳の左コルに三俣山荘が見えてます。あそこまで行きたいな。
2013_0810_2_44.jpg

2013_0810_2_45.jpg

ミヤマトリカブト
2013_0810_2_78.jpg

オニアザミの開花前?
2013_0810_2_47.jpg

エゾシオガマ
2013_0810_2_48.jpg

オニシモツケ、オンタデ、ミヤマトリカブト
2013_0810_2_49.jpg

10時15分、樅沢岳に到着。鷲羽岳の両側に祖父ヶ岳と真砂岳。
2013_0810_2_50.jpg

双六小屋が見えてきました。西鎌尾根は思ったより長かったです。
2013_0810_2_79.jpg

10時45分、双六小屋に到着です。槍ヶ岳山荘から5時間20分、ちょっと掛かり過ぎでしたが、広大な北アルプスの景色と高山植物を存分に楽しめました。時間的にちょうどよかったので小屋の前で昼食にします。今日は荷物を減らすため日清の天ぷらそばリフィルと行動食少々。小屋で買ったCCレモンを一気に飲み干した後は、とうがらし梅茶を飲みました。ここは風が通るのでじっとしているとすぐに体が冷えてきます。

さて、これからどうするか。頑張れば雲ノ平まで行けそうだけど、昨日の槍ヶ岳と今日の西鎌尾根があまりに良過ぎたので、雲ノ平の感動が薄れてしまわないかちょっと心配でした。三俣山荘に張って、明日、雲ノ平ピストンもしくは鷲羽岳と水晶岳を踏んで双六に戻るか。それとも今日双六に張って、明日鷲羽岳と水晶岳ピストンか。色々考えましたが、嫁さんから、もう結構満喫したから今日はここに張って明日下山しよう、と。僕も結構満足していたし、鏡平のかき氷とわさび平のそうめんと新穂高温泉が頭をよぎっていたのも事実。まだまだ歩けるけど嫁さんの意見を尊重し、今日は双六にテントを張って明日下山することにしました。
2013_0810_2_52.jpg


そういうわけで、Khufu Silのデビューは双六池キャンプ場となりました。テント代は500円/人・泊×2人・1泊=1,000円でした。この時間だと、まだ張る場所を自由に選べます。ゆっくりキャンプ場で過ごすのは久しぶりですが、たまにはいいものですね。ペグは刺さりましたが土が細かく砂っぽいので石も使いました。
2013_0810_2_53.jpg

やっぱり黄色じゃなくてこの色にして良かった。
2013_0810_2_54.jpg

ストックのグリップを覆うこのカバーは、Aフレームで設営する為のDPTEアタッチメントの部品の一つです。ドローコードで両方が接続されています。本当は写真のガイライン(黄)だけでなくラインロック(樹脂パーツ)もループに通すのですが、居住性を少しでも上げる為、シェルターを数cmですが上げ気味に設営してみました。DPTEを使ったAフレームなので、「思ったより広いなぁ全然いけるで」と嫁さんもご満悦でした。
2013_0810_2_55.jpg

昼過ぎの日差しが強烈で、テント内は蒸し風呂状態、かといって外に出ると日差しがどうにもな感じ。ここは風が通るのでましですが、じっとしてるだけでも焼けた腕と膝下を日差しが襲います。やることもないし、せっかくなので双六岳に登ることにしました。今年は中道のコバイケイソウが綺麗との情報をゲットしていたので、中道から周回することに。嫁さんはもうすっかりお休みモードに入ってしまい、テントでゴロゴロしているので行ってらっしゃいと。500mlの水をNanosに入れ、カメラバッグを持って一人で向かいました。
2013_0810_2_80.jpg

巻き道分岐の手前にて。結構テントが多いです。
2013_0810_2_56.jpg

中道分岐、右に行きます。
2013_0810_2_57.jpg

さっそくお花畑です。
2013_0810_2_58.jpg

雪渓と青空をバックに、輝くコバイケイソウが綺麗です。匂いまでは伝わらないのが写真のいいところでもあります。
2013_0810_2_59.jpg

双六小屋の水が豊富なわけです。
2013_0810_2_60.jpg

振り返って樅沢岳と槍ヶ岳と夏雲。
2013_0810_2_61.jpg

大き目の雪渓。
2013_0810_2_62.jpg

まだまだコバイケイソウ。
2013_0810_2_63.jpg

どこまで続くのか。
2013_0810_2_64.jpg

のんびりと花畑を満喫し、三俣蓮華岳からの尾根に合流しました。ここから双六岳山頂までは25分。
2013_0810_2_65.jpg

先に見えてるのが双六岳です。
2013_0810_2_66.jpg

双六岳直下にて。黒部五郎岳と薬師岳が見えてます。次はそっち方面かな。
2013_0810_2_67.jpg

1年ぶりの双六岳登頂です。
2013_0810_2_68.jpg

双六岳からのこの景色が好きです。去年は秋だったので草紅葉が綺麗でした。やっぱり秋の方がいいかな。
2013_0810_2_69.jpg

昨日も今日も、積乱雲がどんどん成長する感じではなく、出来ては流れ、また出来ては流れといった感じで雷雲まで成長しませんでした。ほんとにいいコンディションの時に来れて良かったと思います。
2013_0810_2_70.jpg

2013_0810_2_71.jpg

左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳、鷲羽岳。
2013_0810_2_72.jpg

ここの台地が凄く好き。秋の夕景か月夜の時に撮影してみたいです。
2013_0810_2_73.jpg

テントがえらい増えてます。僕のテントは右から3列目の一番上。最初はなかった大きな赤いテントが隣に立ってます。
2013_0810_2_74.jpg

双六池キャンプ場はなかなかの賑わいです。
2013_0810_2_75.jpg

Khufu Silは、クロノスドームのタープ張りに比べると当然狭いけど、僕たち二人なら問題ない広さでした。ただ、クロノスドームのタープ張りなら二人でも前室が作れるので重宝しますが、Khufu Silは二人だと前室を作れないのがちょっと痛いかな。ソロなら空いたスペースを前室として使えそうです。
2013_0810_2_76.jpg

DPTEの先端は、連結した2本のカーボンパイプにストックの先を挿入して自立させる構造になってます。DPTEの総重量は、このパイプとストックのグリップを覆うカバーも含め84g。よく出来ていると思います。
2013_0810_2_77.jpg

双六岳から戻り、少し疲れて寝てしまったので、夕景は見ることが出来ませんでした。20時頃に目が覚め、夕食にお茶漬けと行動食を食べて、一人、夜の撮影に出かけました。

C.T.
05:25 槍ヶ岳山荘
06:10 千丈乗越
08:20 左俣岳(巻き)
09:05 硫黄乗越
10:15 樅沢岳
10:45 双六小屋
14:05 昼食~テント設営~休息~出発
14:23 巻道分岐
14:26 中道分岐
15:09 三俣蓮華岳側中道分岐
15:30 双六岳
15:45 休憩~出発
16:22 双六小屋



つづく


撮影機材
EOS M
EF-M 22mm F2 IS STM
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
マウントアダプター
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 北アルプス、飛騨山脈 | 15:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

星空が~いいですねぇ~

槍の穂先の星景写真  一度撮ってみたい写真です。
夏のこの時期ならオリオン座も昇ってきて、被写体にちょうどいいですね。

>今日は行き先に拘らず景色をゆっくり楽しむことに決めました。

こんなのんびりした縦走、いいなぁ~。
じっくりと景色を楽しみ、写真を撮って・・・・

西鎌尾根の縦走、色んな景色が楽しめて、一度歩いてみたいコース。
日程があればそのまま雲の平から薬師岳、立山まで歩くことを
妄想したりします。

| tekapo | 2013/08/17 19:02 | URL | ≫ EDIT

Re: 星空が~いいですねぇ~

tekapoさん、こんばんは。

穂先の星景写真は少し下った殺生ヒュッテからの方がよさそうでした。
魚眼か超広角でいいのが撮れると思いますよw

今回の縦走は、2日目は雲ノ平まで行く予定でしたが、
歩いてみるとのんびり景色を楽しみたい気持ちが勝ってしまいました。
いつもあまりゆとりのない行程を組んでしまいますが、
その時々で色々な歩き方があってもいいのかなと思いました。

上高地~立山の縦走、いいですね。憧れますねw

| COOPER | 2013/08/17 21:16 | URL |

素晴らしい景色です

天気に恵まれて最高でしたね。
7月末の1週間は、ほとんど晴れ間がなく、雨も多かったです。
素晴らしい景色や高山植物など、じっくり撮れ、のんびり双六でテン泊でしたか、実に羨ましい限りです。
双六のテン場は人気がありますね。
雲ノ平や水晶まで延ばしたら往復、1日では大変だったと思います。
鏡平からわさび平へと2泊3日のコース取りもなかなです。
短期集中型がいいですね。

| annyon・アンニョン | 2013/08/17 22:16 | URL |

アンニョンさん、こんばんは。

天候で色んなことが違ってきますよね。
今回の快晴は、先を急ぐよりもじっくり楽しみたい気持ちにさせてくれました。
このルートは高山植物が多いですね。
他にもいっぱいありましたが全ては撮影出来ずです。
アンニョンさんなら全部撮られるやろうなぁなんて嫁さんと話していました(^^)

本当は雲ノ平まで行き、翌日に水晶岳~鷲羽岳~双六と戻る予定でしたが、
そうしたらこんなに満喫出来なかったでしょうし、槍ヶ岳の感動が勝ってしまい
もったいないと思ってしまいました。
写真がメインなので、短期集中の方が僕には合っているかもしれませんねw

| COOPER | 2013/08/17 22:26 | URL |

天気に恵まれよかったですね。
景色も最高ですね。

双六小屋の水源の雪渓綺麗ですねぇ
こんな綺麗な雪渓初めてみました。

| 段平 | 2013/08/18 07:58 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

ありがとうございます。
今回はかなり天気に恵まれて、素晴らしい景色を見れました。
雪渓は綺麗でしたし、思ったより大きかったです。
中道を通らないと分からなかったです。

| COOPER | 2013/08/18 22:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/270-cd16bce3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT