yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

北横岳 DAY2

2013_0622_2_12_POP3.jpg


北横岳2日目。

AM2時に起きると、あたりはガスに覆われて、星は全く見えませんでした。星撮影を諦め、再度眠りに就き、次はAM4時に起きると雲が開けて、地平線が赤く染まりつつあるのが見えました。AM2時の時点で外が真っ白だった為、またすぐに眠りに戻れると思いこんでいた頭は、撮影に登らないといけないという事実をすぐに受け入れることができませんでした。

数分間ぼーっとした後、ようやく受け入れることが出来、急いで山頂へ向かいました。山頂に到着した後、アンニョンさんと僕は至るところにレンズを向け、ひたすら撮影しました。その後少しすると嫁さんが、そしてさらに遅れて北横岳ヒュッテのオーナーが登って来られ、宿泊者全員でプチ撮影会が始まりました。

2013_0622_2_2.jpg
CanonEOS M EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 10mm F11 1/4秒 ISO200
Velbon シェルパアクティブ2

2013_0622_2_3.jpg
CanonEOS M EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM 10mm F11 0.3秒 ISO200
Velbon シェルパアクティブ2

2013_0622_2_4.jpg
CanonEOS M SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 70mm F11 1/40秒 ISO200
Velbon シェルパアクティブ2

南八ヶ岳
2013_0622_2_5.jpg
CanonEOS M SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM 50mm F16 0.3秒 ISO200
Velbon シェルパアクティブ2


槍穂高~常念・大天井ヶ岳・燕岳
2013_0622_2_6.jpg

蓼科山と槍穂高
2013_0622_2_7.jpg

中央アルプスと影北横岳
2013_0622_2_8.jpg

薄っすらと御嶽山
2013_0622_2_9.jpg

乗鞍岳
2013_0622_2_10.jpg

蓼科山と後立山。鹿島槍、五竜岳、唐松岳
2013_0622_2_11.jpg

2013_0622_2_13.jpg

2013_0622_2_14.jpg

真剣な表情で浅間山方面を切り取る北横岳ヒュッテのオーナー
2013_0622_2_44.jpg

こんな感じですか?
2013_0622_2_16.jpg

真剣なオーナー2
2013_0622_2_17.jpg

七ツ池。雲海の先に見えるのは甲武信ヶ岳、金峰山、瑞牆山。左にちょっと離れて見えてるのが雲取山かな。行きたいなぁ。
2013_0622_2_42.jpg

最高の撮影を楽しんだ後は、美味しい朝食です。アンニョンさんが、ご飯と鮭が最高に美味しいなと連発されてました。僕もご飯はお代りしましたw
2013_0622_2_19.jpg

出発前にコーヒーを頂き、北横岳ヒュッテの最後のひとときを楽しみました。オーナー、今回も色々話しが出来て楽しかったです。お世話になりましたw 夏に南八ヶ岳へ行くかもしれませんが、次にこちらにお世話になるのは来年の雪の時期になると思います。
2013_0622_2_20.jpg

山と道 MINI 25L。最大容量30L、287gです。デイハイクからU.L.装備のテント泊までいけます。今の僕の装備だと、1泊なら冬でもいけそうです。
2013_0622_2_22.jpg

付属の腰のベルトは使いませんでしたが、背負い心地は確かに軽くて気持ちいいです。ただ、胸のスターナムストラップを強めに締めると、脇あたりにショルダーハーネスの先っぽが当たり、少し痛い感覚があったので、今回はほとんど締めずにゆるいまま歩きました。

今回はあまり荷物を入れてなかったし歩く距離が短かったのもあって、2日とも疲れは全く感じませんでした。急登でもいつもほどしんどく感じず、気持ちよく歩けました。

荷物の推奨荷重は8kgくらいなので、あまり多い荷物を入れれませんが、本当に必要なギアをしっかり考えながらパッキングさせられるなぁと思いました。当面はこのザック(U.L.の世界では英語圏のようにバックパックっていうのが主流なのかな?)を使っていこうと思います。嫁さんもかなり気に入っているようで良かったです。


北横岳ヒュッテ、また来ますw
2013_0622_2_23.jpg

2013_0622_2_24.jpg

2013_0622_2_25.jpg

2013_0622_2_28.jpg

2013_0622_2_27.jpg

2013_0622_2_29.jpg

2013_0622_2_30.jpg

ボッカの方。オーナーによく似ておられましたが親族の方でしょうか、気のせいでしょうか。
2013_0622_2_31.jpg

2013_0622_2_32.jpg

2013_0622_2_33.jpg

2013_0622_2_34.jpg

2013_0622_2_35.jpg

これが何だかよく分からなかったです。ロープウェイの職員さんにも見せましたが、なんやろね~と仰ってました。
2013_0622_2_36.jpg

下山後は、場所を変えて霧ヶ峰へ。オーナーがレンゲツツジが綺麗だからと教えてくれました。気付いてましたがガードレールを思いっきり入れてしまいました。
2013_0622_2_37.jpg

白樺の新緑。結構お気に入りw
2013_0622_2_38.jpg

レンゲツツジと八ヶ岳全容。今頃アンニョンさんは白駒池あたりの山小屋で眠りに就いてるんでしょうか。
2013_0622_2_40.jpg

久しぶりにゆる山風
2013_0622_2_41.jpg

今回ものんびりと北八ヶ岳を満喫出来ました。歩きとしては物足りなかったけど、アイゼン持って来なかったし、花や朝のドラマや霧ヶ峰の気持ちいい高原の空気を味わえたので、結果的に盛り沢山な楽しい山行となりました。特に朝のドラマは、2時間前に諦めていたら悔やんでも悔やみきれないくらい貴重な朝景でした。

アンニョンさん、今回も色々どうもありがとうございました。
北横岳ヒュッテのオーナー、また遊びに来ますね。


アンニョンさん提供



撮影機材
EOS M
EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM
EF-M 22mm F2 IS STM
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM
Velbon シェルパアクティブ2

関連記事
スポンサーサイト

| 八ヶ岳 | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

日の出前の空一面に控えめに焼けた雲、そして下には雲海、
最高の瞬間ですね。

オーナーも写真を撮られるのですね。
カメラマンの気持ちが分かる山小屋って本当に良いでしょうね。

| ke-n | 2013/07/06 08:07 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

日の出前の朝焼け、ありがとうございます。
これでWBはAUTOなので、焼け具合が分かると思います。

オーナーの写真は素晴らしいですよ。
http://kitayoko.fine.to/
かなり刺激を受けると思います。

| COOPER | 2013/07/06 21:26 | URL |

おはようございます。

朝焼けがやっぱり良いですね。
その日しか見れない一期一会ですね。

珈琲が美味しそう!!

もう立派なULハイカーですね。

| climb like | 2013/07/07 05:58 | URL |

Re: タイトルなし

climb likeさん、おはようございます。

朝焼けありがとうございます。
2時間前が絶望的だったとは思えない焼けっぷりでした。
出発前の珈琲は落ち着きますね。

遂にULハイクの世界に足を踏み入れたって感じですw
このザック(バックパック?)はかなり使いやすいですよ。

| COOPER | 2013/07/07 10:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/260-44276a73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT