yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

石楠花岳 DAY2

2013年5月24日(金)~2013年5月25日(土)DAY2
石楠花岳~太古ノ辻~前鬼車止めゲート
2013_0524_2_7.jpg

本当の石楠花岳…


石楠花岳2日目。

朝方は4℃くらいまで冷えましたが、全く寒くなくぐっすり寝れました。嫁さんはいつもどおり僕より先に眠りにつき、夜中に、鹿たちが横を通ってるといって目を覚ましていて、その時だけ僕もちょっと起きました。

3時過ぎに起き、パンとコーヒーをお腹に入れてから撮影に出ましたが、満月でとにかく明るい夜でした。この時に嫁さんも起きてしまい、テント内でヘッデンをナイトモードで点けていたようで、テントが赤くなってしまいました。
2013_0524_2_1.jpg

4時30分過ぎ、日の出の時間に合わせて石楠花岳の石楠花を撮りに向かいます。GWに歩いた記憶だと、ここから10分掛からないはずです。
2013_0524_2_2.jpg

2013_0524_2_4.jpg

2013_0524_2_5.jpg

日の出と同じ時間に石楠花岳に到着しましたが、石楠花は全く咲いておらず蕾が出てるのもそんなに多くない。1週間ほど外してしまったのか、それとも今年は石楠花は裏年なのか。期待していただけにさすがにショックです。
2013_0524_2_6.jpg

そして、GWの時にも見た、山名が消えてしまった名板の上のところに、GWにはなかったA5くらいの山彦グループの案内版が新設されていました(写真取り忘れ)。なんとそこには、「ここは石楠花岳ではありません」と書かれています。そういえば今回下山に使おうと思っていた派生の尾根がGWの時になかったような気がしていましたが、そういうことやったんか。。。じゃ、石楠花岳ってどこやねんと、この案内版の地図を見るともっと手前に石楠花岳が書かれていて、よく見るとテン場のすぐ隣、さっき巻いて来た小ピークのところです。ということで再び戻り、石楠花岳を探します。


途中、綺麗に咲いている石楠花を発見し、今回の目的である日の出と石楠花を何とか撮れました。石楠花岳の件はショッキングでしたが、とりあえず写真は間に合って良かった。
2013_0524_2_7.jpg

2013_0524_2_8.jpg

2013_0524_2_9.jpg

綺麗な山並みの隙間に小さな雲海が見え、朝の光も演出してくれます。
2013_0524_2_10.jpg

朝の釈迦ヶ岳
2013_0524_2_11.jpg

2013_0524_2_12.jpg

満開のシロヤシオ!小振りの樹ですが、存在感は十分でした。
2013_0524_2_13.jpg

2013_0524_2_14.jpg

2013_0524_2_15.jpg

2013_0524_2_16.jpg

そして、幅広でしっかりした巻き道ではなく、薄っすら途切れ途切れの尾根道を登ると石楠花岳1,472mに到着しました。はぁ~これはないわ~(-_-;) 下山に使う予定の南東に派生する尾根もはっきり確認出来、踏み跡も分かりました。
2013_0524_2_17.jpg

さて、僕とアンニョンさんはあれだけの石楠花が群生していたので、てっきり先の山頂が石楠花岳だとGWの時は思っていました。地図では奥駈道は石楠花岳1,472も踏むことになっているように見えますが、巻き道は山頂のすぐ下を通っているし明らかに幅広でしっかりした登山道なので、巻き道でも奥駈道を歩いたことには変わりないと思います。(たぶん) 僕は偶然今日クリアしたのでいいんですけど…。

大峯南奥駈道 前編の石楠花岳は小ピークに修正しました。


山頂の景色です。直進方向がテント方向、右が派生尾根です。石楠花は山頂にはなく、派生尾根にあるようです。それが石楠花岳の由来なのでしょうか。
2013_0524_2_18.jpg

2013_0524_2_19.jpg

2013_0524_2_20.jpg

2013_0524_2_21.jpg

石楠花岳から下ってきたら、テン場はホンマにすぐ横のコルでした。
2013_0524_2_22.jpg

石楠花岳の余韻に浸ってます。
2013_0524_2_23.jpg

テン場から石楠花岳を望む。
2013_0524_2_24.jpg

鮭茶漬けを食べて、テント撤収です。
2013_0524_2_25.jpg

2013_0524_2_26.jpg

ザックはこんな感じです。U.L.装備でなくても28Lでテン泊出来ました!嫁さんのザックにおいては真ん中の深いシワがスカスカぶりを物語っています。ちなみにザックに付けてる健脚お守りはGWの戦利品ですw(玉置神社でゲット)
2013_0524_2_27.jpg

今日も最高の天気!でも今日は下山するだけです。下りは石楠花岳の派生尾根(地図に載ってない)を使うでと嫁さんに言うとあっさり却下。ちゃんと地図ロイドにポイントをいっぱい登録してきたのに、、、地形図にもマーカー塗ってきたのに…。仕方なく来た道で前鬼へ戻ります。。。
2013_0524_2_28.jpg

蘇莫岳の巻き途中の石楠花。ここも見頃でした。
2013_0524_2_29.jpg

2013_0524_2_30.jpg

2013_0524_2_43.jpg

石楠花と大日岳・釈迦ヶ岳ダブル!(重なってます)
2013_0524_2_32.jpg

石楠花の透過光が最高!
2013_0524_2_33.jpg

嫁さんもたまらずスマホショット!
2013_0524_2_34.jpg

アケボノツツジと大日岳・釈迦ヶ岳ダブル!
2013_0524_2_35.jpg

太古の辻のすぐ手前、ここが気持ちよくて20分ほど二人でボーっとしてました。帰りたくないですが仕方ないので帰ります。
2013_0524_2_36.jpg

もちろん持参!今日も熊野の風を感じますw
2013_0524_2_37.jpg

のんびり下り10時25分頃に小仲坊着。
2013_0524_2_38.jpg

また柴犬に吠えられ、しばし休憩。
2013_0524_2_39.jpg

10時55分、無事駐車地に到着しました。すっかり夏っぽい雰囲気です。
2013_0524_2_40.jpg

不動七重の滝はツーリングの方や車の方が続々とやってきました。7D+17-70mmを車に持ってきてましたがPLとNDを忘れたので、7D+17-70mm+Sherpa Active2で雰囲気だけ撮りました。
2013_0524_2_41.jpg

2013_0524_2_42.jpg

きなりの湯でさっぱりし、そば定食(ざる)を食べて帰路につきました。
今回、前鬼の森が最高でした。南奥駈道はまだまだ遊べるなと感じました。


初日のログは深仙ノ宿からです。



撮影機材
EOS 7D
EOS M
SIGMA17-70mmF2.8-4MACRO・HSM
EF-S 10-22mm f3.5-4.5 USM
EF-M 22mm F2 IS STM
EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM
マウントアダプター
Velbon シェルパアクティブ2
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 00:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

『ここは〇〇〇ではありません』って鈴鹿の方でも見ました(笑)
正確な所に立派な山名板を設置していますね。流石、山彦グループ?。

石楠花も写真に写っているのは綺麗です、シロヤシオも。。
扇子もお気に入りですね。。

| 段平 | 2013/06/02 14:25 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

鈴鹿にもありましたか。
石楠花岳の名板は特徴ある山名板でした。
設置されたのは山彦グループですね。

石楠花とシロヤシオの写真、ありがとうございます。
この扇子はかなりお気に入りですw

| COOPER | 2013/06/02 18:12 | URL |

COOPERさん、こんばんは

石楠花岳の件、全く分かりませんでしたね。
私は、特に悔しい感じなどありません。
それよりこの時期に咲いていないとは花期が早かったと言う事ですかね。
シャクナゲの透過の写真やシャクナゲの向こうに釈迦ヶ岳や大日岳映っているのが良いですね。
2日間とも晴天で良い写真ばかりですね。
日の出や釈迦ヶ岳の写真は特に良い感じですね。
12kgのザック重量とはえらい軽量化ですね。
同じ時期に行った大峯奥駈道・北部縦走はやはり17kgでしたね。
水だけで3kgはありましたね。

| annyon・アンニョン | 2013/06/02 19:17 | URL |

朝焼け

COOPERさん、こんばんは。

快晴のテント泊は気持ちがいいですね。
日の出のお写真・月なんかも泊まりだから撮れる景色で、
これこそ醍醐味ですね~。

縦構図の1本木も素敵です!!

| climb like | 2013/06/02 19:40 | URL |

Re: COOPERさん、こんばんは

アンニョンさん、こんばんは。

石楠花岳ですが、あれだけ木があったのであの場所と思いましたね。
地図で確認しませんでしたしね。
少しくらい咲いてると思ったんですが全くでした。
このピークを登る途中(数m下った地点)では咲いてたので、
時期が早かっただけではないかもしれません。
透過の写真と釈迦・大日の写真、ありがとうございます。
太古の辻からすぐ登ったところですので、また来年気が向けば行ってみて下さい。

荷物はいい感じで軽くなってきました。色々試行錯誤してますw
アンニョンさんは17kgでしたか。
今回水は1.5Lスタートで千丈平で満タン(2.5L)にしました。
これからの季節は満タンを3~4Lくらいにしないとですねw

| COOPER | 2013/06/02 21:13 | URL |

Re: 朝焼け

climb likeさん、こんばんは。

1日目は風がなくて、稜線に出てからは暑かったですが、
朝夕は涼しくて気持ちいいですね。
日の出と月の写真、ありがとうございます。
テン泊の醍醐味ですねw
縦構図の1本木も、ふと惹かれてパチリしました。

| COOPER | 2013/06/02 21:20 | URL |

COOPERさん、おはようございます。

朝日に透過されたシャクナゲ、美し過ぎますね。
この色はこの瞬間しか見れない、そんな羨ましい思いになります。

稲村のたくさんの石楠花も花が付きそうにないものが多かったです。
あの葉っぱの先すべてに花が咲くというものでもないのかもしれませんね。

| ke-n | 2013/06/03 08:53 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

朝日が透過した石楠花、ありがとうございます。
小屋にせよテントにせよ、泊山行の楽しみの一つですね。
稲村のたくさんの石楠花も付きが悪かったですか。
僕も思いましたが、そういうものなのかもしれないですね。
でも、もしあの数が一斉に咲くようなことがあったら…と思うとまた来てしまうかもしれませんw

| COOPER | 2013/06/03 22:48 | URL |

石楠花岳の派生ルート一度下った事がありますょ。
登りも車止めの先から派生ルートで地蔵岳でした。

| kosizi | 2013/06/04 20:22 | URL |

Re: タイトルなし

kosiziさん、こんばんは。

さすがですね。
派生ルートはそのうち行くと思います。
帰ってからも気になって仕方ないんですw

派生で地蔵岳ですか、地図を見ましたが小池宿跡あたりを通るルートでしょうか?
これまた道なき道な感じですねw

| COOPER | 2013/06/04 22:01 | URL |

地蔵岳

2009年5月10日登ってました。杉の湯の近くで前夜泊し朝早く移動して車止めから20分程歩いて左側に8時過ぎの入山でした。黒谷の頭「1333m」三角点があります。此処から激下りで池郷川を渡渉し登り帰して地蔵岳には13時頃でした。此処で昼食にして嫁腰峠、奥守岳、天狗山岳が15時10分頃で石楠花岳と辿りバリルートで小中坊の近くに出たような気がします?10時間20分程の歩きでした。僕の友達が台高や大峰のバリルートを良く知ってましたのでただ着いてゆく感じの山行でした。

| kosizi | 2013/06/05 20:08 | URL |

Re: 地蔵岳

kosiziさん、こんばんは。

石楠花岳の派生尾根のレポを探した時に、どなたかのblogで地蔵岳への派生ルートの
レポがあったので(ちゃんと読んでません)、もしかしたらそうかもしれませんねw
黒谷の頭1,333m→池郷川→地蔵岳、のルートでしたか。
地図を見た時にP1152→小池宿跡→池郷川経由とどっちだろうと思ってました。
どちらにしても、よく分かった上でのこういう歩き方は憧れますw

| COOPER | 2013/06/05 23:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/254-cde265c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT