yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大峯南奥駈道縦走 後編

2013年5月3日(金)~2013年5月6日(月)後編
玉置辻~大森山~五大尊岳~大黒天神岳~七越峰~熊野本宮大社
2013_0503_2_87.jpg

priceless…


大峯南奥駈道もいよいよ最終日です。今日の行程は7~8時間なので、よっぽどのことがない限り、温泉に入ってから大阪に戻れるのは間違いありません。12時までに本宮大社に着くことを目指し、3時30分に出発することにしていました。


DAY4 5月6日(月)

星撮影を終了し、3時過ぎにはアンニョンさんもテントを仕舞われ、きっちり3時30分に出発です。東京から来た方が一緒に出発したいということで、僕たちに合わせて準備を済ませていました。3人でヘッデンを点けて大森山へ向かいます。

東京から来られたこの方は、吉野から5泊6日で来られたようで、ジャージ姿のなかなかのタフガイでした。以前に熊野古道の小辺路を2泊3日で歩いたようで、だいたい同じ感じだろうと今回大峰に来てえらい目に遭っていますとのこと。小辺路はいつか歩こうと思っていたので、それを聞いてちょっと安心しました。

4時42分、真っ暗な大森山への登り。山頂手前で三日月がくっきり見えていますが、先日、 Totsukawa photo Museumの中村さんがほぼ同じ時刻に玉置山麓かつえ坂登り口で撮られた一枚がFacebookでUPされていました。ニアミスでしたね。そして、そろそろドラマが始まりそうですが、
2013_0503_2_126.jpg

山頂は展望なし。夜明けを待つのも何なので先へ進みます。昨日の痙攣があったので、ゆっくり歩き水や行動食も多めに摂るようにします。足裏のマメが痛くなってますが、寝る前に絆創膏を貼ったので幾分かましでした。
2013_0503_2_75.jpg

ファイントラックのツエルトⅡ。最近よく見かけるので気になっています。テントに拘る必要もない気がしてますが、重量的にkfuhu Silと100gちょいしか変わらないのが意外です。今のところクロノスのタープ張りが成功しているのでテントはまだ迷い中です。(ペグ・ガイライン・スタッフサック込みで約1.45kgと重いですが)
2013_0503_2_76.jpg

2013_0503_2_77.jpg

ke-nさん好みの朝の光が入ってきました。今日も晴天、暑くなりそうです。。。
2013_0503_2_78.jpg

国旗。なぜ???
2013_0503_2_79.jpg

五大尊岳は6時25分に到着。
2013_0503_2_80.jpg

ここで初めて熊野川が見えましたが、まだ実感は薄かったです。
2013_0503_2_81.jpg

果無山脈系の森。
2013_0503_2_82.jpg

シダの雰囲気がめちゃくちゃ良かったです。
2013_0503_2_83.jpg

五大尊岳からの下りはほんとに長かったです。斜度も急だし、足場は砂っぽくて滑るし、岩場もあるし。最終日も一筋縄ではいきません。ゆっくり歩いたので六道ノ辻まで1時間30分も掛かりました。(CT55分)
2013_0503_2_84.jpg

金剛多和。ここも新緑がいい雰囲気でした。風が通って涼しかった。
2013_0503_2_85.jpg

大黒天神岳。登りはさほどしんどくはないですが、とにかく暑い。
2013_0503_2_86.jpg

鉄塔を過ぎたあたりで、突然眼下に熊野川が広がりました。奥駈道を逆峯で歩いたら、この景色に感動しない人はいないと思います。これまでの苦難が駆け巡り、あの小高い丘の向こう側に全ての想いを馳せます。長かった旅が終わろうとしている現実を認識させられる瞬間です。
2013_0503_2_87.jpg

宝筐印塔
2013_0503_2_88.jpg

山在峠。大阪の青年とはほぼ同じ行程でした。東京の方は、僕のペースが遅すぎたので途中で先に行ってもらいました。マメは潰れてませんが結構痛いです。大阪の青年もマメの痛みに耐え、頑張っていました。
2013_0503_2_89.jpg

立派な看板。
2013_0503_2_90.jpg

吹越宿跡のあたり。これから吹越峠、七越峰へと向かいます。ここの上のところでアミノバイタルとSOYJOYで充電します。
2013_0503_2_91.jpg

快適なトレイルです。
2013_0503_2_92.jpg

それにしても暑い!熊野扇子で涼みます。この扇子は3月に本宮大社でゲットした戦利品ですw 詳細はこちら。今日は風がほとんど吹いてくれなかったので、まさに大活躍でした。
2013_0503_2_93.jpg

2013_0503_2_94.jpg

広場手前で林道に出ます。
2013_0503_2_95.jpg

広場。何組か家族が遊びに来てました。
2013_0503_2_96.jpg

トイレの手洗いの水(飲めません)をセイシェルで浄水して給水しました。飲める水が他にあったのか分からんかったです。
2013_0503_2_97.jpg

10時58分、山高地図に載る最後の峰、七越峰に到着です。紅葉と新緑がコラボしてましたw
2013_0503_2_98.jpg

2013_0503_2_99.jpg

ここまでは下り基調で快調に歩けました。が、この後だったと思います。はっきり書きますが、もう登りはないと思ったら大間違い、七越峰が最後ではありません。最後にまだガッつり登り下りが3回ほど続きます。ちょっとの登りではなくしっかり登ります。僕は愕然としました。ここまで来てまだ登るかと、標高100mちょいやでと。もう下るだけだと思い込んでいたので、何度ここは巻こうゼと思ったことか。たぶんほとんどの方が同じように感じたと思います。この旅で最もショッキングな出来事でした。
2013_0503_2_100.jpg

2013_0503_2_133.jpg

備崎を過ぎて少しすると防波堤のようなところに出ます。この階段を下りて河原へ向かいます、いよいよです。
2013_0503_2_103.jpg

奥駈名物、熊野川渡渉。最後にこれをやるのが儀式です。橋を渡る予定だったアンニョンさんにも付き合ってもらいましたが、結構楽しまれていました。
2013_0503_2_104.jpg

大阪の青年は深いところを進んで行きました。二人とも無事クリア。
2013_0503_2_105.jpg

アンニョンさんがいとも簡単にクリアした後、最後に僕の番です。脱いだ靴を持ち、トレッキングパンツは膝上まで捲くり裸足で渡ります。水流が強くて何度か振られましたが無事クリアしました。水温は冷たかったですが、登山直後の足はいつも湯気が出るくらい火照るので、冷たい水がちょうど気持ち良かったです。久しぶりに川遊びを楽しめました。
2013_0503_2_106.jpg

東京の方。今日の夜行で東京に戻り、明日から仕事に行くそうです。タフガイですね~w
2013_0503_2_107.jpg

大斎原
2013_0503_2_108.jpg

2013_0503_2_109.jpg

熊野本宮大社
2013_0503_2_110.jpg

2013_0503_2_136.jpg

2013_0503_2_137.jpg

2013_0503_2_138.jpg

お参りを終え、大阪の青年に撮ってもらいました。記念にツーショット。
2013_0503_2_114.jpg

大阪の青年も一緒にタクシーで温泉に向かいました。
2013_0503_2_115.jpg

本宮大社からすぐの渡瀬温泉。地名どおり、わたぜと読むのが正解のようです。コーナン系列の㈱わたらせ温泉が経営する温泉があることから、わたらせと読まれるのが一般的になってるみたいです。この西日本最大の露天風呂は源泉掛け流し。泉質は、塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)で、好きな泉質です。そして、露天風呂に浸かりながら一緒に山談義を楽しんで分かりましたが、大阪の青年二人は兄弟でした。M兄弟、色々楽しかったです、ありがとうございました!またご一緒しましょう。マッキンリーだったかな?夢が叶うといいですねw 1月の弥山レポも見てくれててありがとう(^^)
2013_0503_2_117.jpg

昼食のざるそばの後はわたらせソフト。北海道の牛乳使用、らしいです。とってもミルキーでした。コーンはお馴染みのNISSEIでした。
2013_0503_2_116.jpg

14時51分、熊野古道エクスプレスなるバスで白浜へ向かいます。本当は龍神バスに2時間揺られて紀伊田辺を予定していましたが、熊野古道エクスプレスは停車が少なく1時間10分で着くというのでこちらにしました。途中で紀伊田辺への乗り継ぎがありましたが、到着は数分違いで、結局同じくろしおなのでそのまま白浜に向かいました。
2013_0503_2_118.jpg

こちらは龍神バス。15時16分発、17時08分紀伊田辺着の予定でした。古道エクスプレスなら1時間くらい短縮出来ます。
2013_0503_2_119.jpg

2013_0503_2_120.jpg

奈良交通バス。八木新宮特急バス開通50周年記念のプリント号。速玉大社や果無集落がプリントされてますね。こないだ見た果無集落の桜だったので嬉しくなりましたw
2013_0503_2_121.jpg

3分遅れで熊野古道エクスプレスがやってきました。まさに熊野古道そのもの!
2013_0503_2_122.jpg

16時25分発のくろしお(パノラマ型グリーンタイプ)で大阪へ帰りました。
2013_0503_2_123.jpg

今年は海かなw
2013_0503_2_125.jpg

アンニョンさん、今回も色々お世話になりありがとうございました!
いい旅でしたw




アンニョンさん提供



◆コースタイム

<LAST DAY>
03:30 出発
04:52 大森山
05:01 大森山三角点
05:38 篠尾辻
06:25 五大尊岳
07:53 六道ノ辻(金剛多和ノ宿跡)
08:13 大黒天神岳
09:16 山在峠(宝筐印塔)
09:38 吹越宿跡
10:42 広場~給水(セイシェルにて浄水)・休憩~10:53
10:58 七越峰
11:35 備崎
11:54 熊野川渡渉
12:14 大斎原
12:25 熊野本宮大社~お参り~12:48
12:51 渡瀬温泉~温泉・昼食~14:54(3分遅れ)
15:55 白浜駅~16:25発
19:18 高石駅


計8時間55分 (休憩込み)



最後に簡単ですが、水場やテン場、装備などの情報です。

◆水場
・初日のおじさん情報です。南奥駈道はどの水場もよく渇水するそうです。
 10日雨が降らなかったら確実に渇水とのことです。
・山高地図の水マーク、南奥駈道はどこも水場への往復に時間が掛かります。
 10分ほど余裕を見ておいた方がいいそうです。
・玉置神社の駐車場には売店が出ているとのこと。ドリンク、酒、食べ物、色々手に入るようで、
 有効活用出来ます。18時までです。
・各展望台にはトイレのあるところも。手洗いの水は飲めない水がほとんどなので、
 セイシェルなどの浄水器を使う必要があります。各展望台には自販機はありません。
・行動中は1.0~1.5Lくらい飲みました。最大2.5~3.0Lくらい持てるようにすればよかった。
 (僕は最大2.15Lでした)

◆テン場
・山高地図で宿跡と書いてるほとんどのところでテントを張れます。
・その他にもソロなら張れそうなところは何箇所もありました。
 (地蔵岳や五大尊岳のような激登り激下りのある山は無理っぽかったです)
・避難小屋はほとんどでテントを張れます。持経ノ宿はテン場がなかったですが、
 水場への林道か、平治方面に車道を少し進んだところから登山道に入る地点で張れそうでした。

◆気温
1日目:0~7℃
2日目:0~7℃
3日目:5~17℃
4日目:7~25℃

◆装備
移: 3,341g (ザック、ポーチ、ストック、ブーツ)
住: 3,136g (テント、マット、シュラフ、ピロー他)
食: 5,151g (ストーブ、コッヘル、食糧、水2L、行動食他)
衣: 2,284g (アンダー、中間着、パンツ、レインウェア、グローブ、温泉着替え他)
写: 2,072g (カメラ、レンズ2本、三脚、トップローディング、備品)
他: 1,370g
計:17,574g

※水は2Lで計算 (実際はほとんど約1.5L以下で歩いたので重めで計算してます)
※ブーツと衣類以外で13,929g。
※ガスは総使用量50g (出発前368g、帰宅後318g。缶込み実測)
 食事に使った水の量は4日間で計2,840ml。(全てインスタント)
 今回の条件下では、単純計算で56.8ml/gの燃費となりました。
※前週の果無縦走1泊2日の総重量は17,072gでした。

ご参考まで。



撮影機材
EOS M
EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM
EF-M 22mm F2 IS STM
マウントアダプター
関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 22:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

読んでいて感動しました。
熊野川が見えた時は何ともいえない感動でしょうね。
また最後のアンニョンさんとのツーショット最高の笑顔ですね。

| 段平 | 2013/05/16 06:43 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

ありがとうございます。
熊野川が見えた時はさすがに感動しましたね。
ツーショットは、終わってほっとしたのかもしれません。
よく考えれば今まであまり撮ってませんでしたw

| COOPER | 2013/05/16 23:01 | URL |

お疲れ様です!!

COOPERさん、おはようございます。

大峯南奥駈道縦走お疲れ様です。
それにしてもすごい距離ですね。
高低差もあるようなので達成感も大きかったことでしょう。

熊野川渡渉もいい経験ですね。

これで夏山も楽しみですね。

| climb like | 2013/05/17 05:50 | URL |

COOPEERさん、おはようございます。

本当にお疲れ様でした。
朝のその時間帯の空気と光がやっぱり大好物の僕です。

後は下るだけと思いきや、しっかりとした登りがあると、
これはいつまで続くねんと折れそうになりますね。
そんな苦労を乗り越えての最後の熊野川渡渉は気持ちよさそうです。
温泉も最高だったことでしょう。

重さでへろへろのアンニョンさんの姿を一目見たかったです(笑。

| ke-n | 2013/05/17 08:29 | URL |

 こんばんは。

 お疲れ様でした。よく歩きましたね。とどめに本宮大社の
階段は堪えたでしょう。疲れたでしょうが、それを吹き飛ばす
景色が見れたでしょうね。くろしおに乗ったの、羨ましいです。

| Ace | 2013/05/17 21:48 | URL |

Re: お疲れ様です!!

climb likeさん、こんばんは。

ありがとうございます。
距離は最初に数字を見たらダメですね、意気消沈してしまいます。。。
高低差は結構ありましたが意外と途中で慣れましたね。(半ば諦め)

熊野川渡渉は男のロマンです!w

夏山はまだどこに行くか決めてないんです。
まったり歩けるところに行こうと思ってますw

| COOPER | 2013/05/17 22:22 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

ありがとうございます。
朝の空気感は最高ですよね。

最後の登りを登ってる最中よりも、登りがあることに気付いた瞬間が一番辛かったですね。。。
ほんとに心が折れそうになりました。
熊野川渡渉はいい経験が出来ました。
絶対ロマンを感じますよw

へろへろのアンニョンさん…かなりレアですね(^^)
でも下りはめちゃくちゃ速かったです…(-_-;)

| COOPER | 2013/05/17 22:30 | URL |

Re: タイトルなし

Aceさん、こんばんは。

ありがとうございます。
結構歩きましたが、Aceさんなら問題なく歩けると思います。
本宮大社の階段は、色々想いながら登ったので、あまりしんどかった記憶がないんです。
最後にここにお参りするのがこのルートの締めくくりですが、なかなか粋なルートでしょw
くろしおは結構振動があり、チューハイがこぼれそうで、ずっと片手で支えてました(-_-;)

| COOPER | 2013/05/17 22:36 | URL |

COOPERさん、こんにちは

レコ、お疲れさんです。
大峯南奥駈道のレコ、充実した三部作にまとめられましたね。
私は、簡潔版でポイントをさらりとまとめたつもりです。
今一度読み返しましたが、撮った写真や想い出が多いので長くなってましたね。
私は、登りが遅いので下りで遅れを取り戻している感じです。
トレランのトップを行く女性と、弥山川や三峰山-高見山縦走を一緒しましたが、その方に下りは凄く早いと言われました。
要するに登りが遅いと言うことですわ。

| annyon・アンニョン | 2013/05/19 16:32 | URL |

Re: COOPERさん、こんにちは

アンニョンさん、こんばんは。

大峯南奥駈道は一つの目標だったので、いつもより丁寧にUPしました。
今回は人気のルートで4日もありいつもよりイベントが多かったですね。
アンニョンさんはヤマレコの検索性を考慮してうまくまとめられていますね。
下りはいつも速いなぁと思ってました。
本気を出したらトレランに付いていけるそうですねw

| COOPER | 2013/05/19 22:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/251-193dad79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT