yamaフォトライフ COOPER

金剛山・大峰山系の四季を EOS 6D / MでSHOT!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

大峯南奥駈道縦走 中編

2013年5月3日(金)~2013年5月6日(月)中編
平治ノ宿~笠捨山~地蔵岳~玉置神社~玉置辻
2013_0503_2_65.jpg

試練の玉置神社…


大峯南奥駈道縦走も半分を過ぎ、いよいよ核心の3日目を迎えました。昨日は、行仙宿山小屋まで行くところを平治ノ宿までとなりました。3時間のロスタイムです。今日はどこまで行けるか、最低でも玉置辻、最高で六道ノ辻ですが、恐らくそんなに歩けないでしょう。水のこともあるので、とりあえず玉置神社に着いてから決めることにしました。


DAY3 5月5日(日)

昨夜はテントだったので、いびきに邪魔されず8時間ほど熟睡出来ましたが、体のだるさは回復していませんでした。3時前に起床し、天川コンビニで買ったパンとマネケンのワッフルをスタバVIAで流し込みます。
2013_0503_2_1.jpg

パッキング完了後に一枚だけ撮り、4時50分に出発です。
2013_0503_2_2.jpg

5時05分頃に登りの途中で日の出を迎えました。
2013_0503_2_139.jpg

2013_0503_2_3.jpg

この日の出は綺麗でした。撮影している間に大阪の若いお二人が僕たちを抜いて行きました。
2013_0503_2_4.jpg

5時19分、転法輪岳。
2013_0503_2_5.jpg

2013_0503_2_6.jpg

朝からいきなり鎖場です。ここは使わなくてもいけました。
2013_0503_2_7.jpg

5時46分、倶利伽羅岳。
2013_0503_2_8.jpg

2013_0503_2_9.jpg

青空にツツジが映えます。今日は晴れの天気なので、日差しに注意が必要です。
2013_0503_2_10.jpg

熊野三山六百峰の朝景。峰々の重なりが美しく、とても素晴らしかったです。別の場所からでもいいのでまた見たいと思いました。
2013_0503_2_130.jpg

2013_0503_2_12.jpg

6時49分、怒田の宿跡。水場まで10分でテン泊適地でした。元気だったら昨日のうちにここまで歩きたかったところです。
2013_0503_2_13.jpg

行仙岳への登りが始まります。ここはなかなかキツイ登りでした。
2013_0503_2_14.jpg

2013_0503_2_15.jpg

2013_0503_2_16.jpg

電波塔があります。その向こうはテン泊適地です。
2013_0503_2_17.jpg

7時08分、行仙岳に到着です。朝からキツイ登りが続いたのでちょっと休憩です。電波が届いたので、ここで嫁さんに無事の連絡を入れました。
2013_0503_2_18.jpg

釈迦ヶ岳から歩いてきた長い道のりが見えます。縦走路がもっと綺麗に見えるポイントがあったのですが、そこでは撮影してませんでした。しかしよく歩いてきました。
2013_0503_2_19.jpg

このツツジはほんとに多かったです。
2013_0503_2_20.jpg

次のお山、笠捨山が見えてます。近く見えてたぶん遠いのでしょう。
2013_0503_2_21.jpg

7時45分、行仙宿山小屋に到着です。ここでボトルの水を分けて頂きました、ありがとうございました。山彦グループの会長さんがおられて色々と話しを伺いました。持経ノ宿、平治ノ宿、行仙宿山小屋の3つの避難小屋を管理されており、この3棟の小屋に泊まる場合は協力金として1泊1,000円が必要です。山彦グループの方たちはGWは駐在されているとのことでしたが、普段もおられるのかは確認しそびれました。
2013_0503_2_22.jpg

2013_0503_2_23.jpg

2013_0503_2_24.jpg

2013_0503_2_25.jpg

8時07分。いよいよ笠捨山へ向けて出発します。CTは1時間20分になっていますが、山彦グループの方からは2時間は見ておいた方がいいと言われました。
2013_0503_2_26.jpg

登り始めていきなりの急坂です。結構続きました。初日の宿で色々教えて頂いたおじさんから関電の巡視道で巻いた方がいいんちゃうと言われたとおり、なかなかキツイ登りでした。でもここまで来てさすがに巻くわけには行きませんよね。。。
2013_0503_2_140.jpg

8時57分、小ピークに着き笠捨山が近づきました。ここまで50分経過してます。山頂には反射板が2つ互い違いに配置されているのが見えます。ここからもなかなか粘られ、
2013_0503_2_27.jpg

9時31分、ようやく笠捨山に到着です。1時間24分、ほぼCTどおりで来れました。朝から倶利伽羅岳、行仙岳と続き、長い登りの笠捨山と、3連ちゃんで結構疲れました。中休憩しますが、やはり体のだるさは完全には回復しませんでした。
2013_0503_2_28.jpg

2013_0503_2_29.jpg

9時48分、出発です。南西方向に薄っすら見えてるのはたぶん先週歩いた果無山脈です。先週は向こう側を歩いていたと思うと感慨深い光景でした。
2013_0503_2_30.jpg

10時06分、葛川辻。水場まで10分のようです。後でお会いした方に伺うと、ロープがあってそれを使わないと降りれないほど急峻だったようです。
2013_0503_2_31.jpg

2013_0503_2_32.jpg

バイカオウレン。可愛い花でした。
2013_0503_2_33.jpg

槍ヶ岳の靡?
2013_0503_2_34.jpg

黄色いツツジ?石楠花?
2013_0503_2_35.jpg

槍ヶ岳。一応槍っぽいですね。適当に登れそうでしたが通常どおり巻きます。
2013_0503_2_36.jpg

一番遠くに薄っすら見えてますが、釈迦ヶ岳があんなに遠くに。さらに遠くから歩いて来たんですね。
2013_0503_2_37.jpg

10時54分、何箇所かの鎖場をクリアし、地蔵岳に到着です。鎖場は全身を使うので結構体力を奪われます。しかも天気が良すぎて暑いです。気温は20℃近く。
2013_0503_2_38.jpg

地蔵岳の下り。2ヶ所ほどこんな感じのところがありました。正直、苦手です。
2013_0503_2_141.jpg
アンニョンさん提供


また黄色いツツジ?
2013_0503_2_39.jpg

11時39分、四阿之宿に到着。昨日のように45分も休憩出来ません。コーヒーだけ沸かし、ササっと軽食を放り込みます。20分ほどで出発します。
2013_0503_2_40.jpg

2013_0503_2_41.jpg

2013_0503_2_42.jpg

12時32分、香精山。
2013_0503_2_43.jpg

香精山の下りは激下りでした。しかも長いです。足にきます。
2013_0503_2_44.jpg

2013_0503_2_45.jpg

13時01分、塔ノ谷峠。ここでも中休憩しました。アンニョンさんも僕もちょっと疲れが出始めました。ますます暑くなってきました。CTから考えると玉置辻かなぁと思い始めます。
2013_0503_2_46.jpg

そしてこの奥駈道の石碑ですが、丁寧に距離を書いてくれてます。疲れてる時はこれがよかったり悪かったりするわけで、時には励まされたり、時にはゲンナリしたり。知りたいけど知りたくないという感じになってきます。ちなみにこの地点は釈迦ヶ岳と本宮大社のほぼ中間地点でした。
2013_0503_2_131.jpg
トリミング


21世紀の森・森林植物公園が見えます。なんてキャッチーなネーミング。楽しくキャンプでも出来る施設があったりするんでしょうね。ここにはちょうど水場もあります。初日お会いした女性の方のザックが置いていましたので水場へ向かったのだと思います。初日以来でしたが、やっぱりみんなだいたい同じように歩くんだなとこの時思いました。
2013_0503_2_47.jpg

2013_0503_2_48.jpg

2013_0503_2_49.jpg

蜘蛛の口を過ぎるとなだらかな登りが続き、度々車道に出たり、山道に入ったりします。看板がありますので間違えることはないと思います。
2013_0503_2_50.jpg

15時32分、花折塚。
2013_0503_2_52.jpg

2013_0503_2_51.jpg

石楠花が綺麗に咲いてました。
2013_0503_2_53.jpg

15時53分、車道を長めに歩いて玉置山展望台。トイレがありました。自販機を期待しましたが、残念ながらありませんでした。コーラを一気飲みしようと頑張ってきたのでほんとにガックリきました。
2013_0503_2_54.jpg

15時57分、大峯奥駈道世界遺産碑。
2013_0503_2_55.jpg

世界遺産碑の横に展望台があり、山々が臨めます。
2013_0503_2_56.jpg

こんな感じの展望台です。
2013_0503_2_132.jpg

かつえ坂を上って今日の目的地の玉置神社へ向かいます。
2013_0503_2_57.jpg

しつこい坂をクリアすると電波塔が。
2013_0503_2_58.jpg

石楠花ロードはなかなか綺麗でした。ちょっとだけ早い感じでした。
2013_0503_2_59.jpg

16時22分、玉置山に到着です。隣の宝冠ノ森も気になるネーミングです。見事な森が迎えてくれそうです。
2013_0503_2_60.jpg

今日の終わりがほぼ見えてきました。残り2時間くらいでどこまで行けるかなぁ、なんて考えながら残り少しの神社への階段を下りていると、急に太股に力が入らなくなりました。気付いたら両足先と両手も大きく痙攣しています。意識が薄っすらし始めたので、これはヤバイと思い、意識のあるうちに自分から後ろに倒れ込みました。靴をゆるめ、ザックを降ろし、寝ころんだまま空を見上げて放心状態になりました。息がもの凄く上がってなかなか元に戻りません。水と行動食を無理やり詰め、回復を待ちます。観光客やさきほど水場へ向かっていた初日の女性が追いつき声を掛けてくれたような気がします。アンニョンさんもすぐ下で待っていてくれてます。

ぼーっとすること30分、ようやく痙攣がなくなりました。なくならなかったらどうしようか凄く不安になりました。意識はずっとはっきりしていましたので意外と冷静でした。息を整え、靴を締め、ザックを背負い、ゆっくりと小幅で下り始めます。原因は、恐らく行動食(糖質)が少なくてシャリバテを起こしたのだと思います。水は結構飲んでいたので脱水症状ではないと思います。行動食の摂り方が少しずつだったのがまずかったのか、メニューも含め考え直そうと思います。こんな経験は初めてでした。

この上のところで倒れてしまいました。変な意味での記念写真。
2013_0503_2_61.jpg

17時、玉置神社に到着です。ここで給水と大休憩をします。今日は玉置辻に決定です。これ以上無理は出来ません。
2013_0503_2_62.jpg

社務所。お土産を買いました。ここには宿泊施設があり、1週間以上前に奥駈の計画書を提出すれば泊まれるようです。
2013_0503_2_63.jpg

お心ざしを2杯ほど頂きました。めちゃ旨でしたw
2013_0503_2_64.jpg

立派な神社です。歴史を感じました。後から分かりましたが駐車場に売店が出ていたようです。お酒やドリンク、おでんなど色々あったようです。反則ですが、先にそっちに寄ってたら晩飯の買い足しも出来たし、コーラを飲めたかも…シャリバテにもなってなかったかも…と思ってしまった。。。
2013_0503_2_66.jpg

ヒメレンゲ
2013_0503_2_67.jpg

17時56分、玉置辻に到着です。5張りくらいは出来そうです。硬くてペグがちょっと打ちにくかったです。大阪の若いお二人も先にテントを張っていて、今日もパスタを食べていました。それを見ていると僕も久しぶりに山でパスタ(カルボナーラ)を食べたくなってしまいましたw
2013_0503_2_68.jpg

パスタがないので、今日もあまり好きではないアルファ米で中華丼を頂きます。
2013_0503_2_69.jpg

寝る前にトイレに外に出ると星がたくさん出ていたので、少しだけ撮影しました。北の空には北斗七星が見えていました。
2013_0503_2_145.jpg

その後、20時過ぎにテントに戻りすぐに就寝しました。


◆コースタイム

<DAY3>
04:50 出発
05:19 転法輪岳
05:46 倶利伽羅岳
06:49 怒田の宿跡
07:08 行仙岳
07:45 行仙宿山小屋
09:31 笠捨山
10:06 葛川辻
10:41 槍ヶ岳
10:54 地蔵岳
11:39 四阿宿跡
12:18 檜之宿跡
12:32 香精山
12:57 貝吹之野
13:01 塔ノ谷峠(貝吹金剛)
13:48 古屋の辻
14:10 蜘蛛の口
15:32 花折塚
15:53 玉置山展望台
15:57 大峯奥駈道世界遺産碑
16:22 玉置山
16:30 中休憩(痙攣の為)~16:55
17:00 玉置神社~給水・休憩~17:30
17:56 玉置辻、テン泊

計13時間06分 (休憩含む)

つづく


撮影機材
EOS M
EF-S10-22mm f3.5-4.5 USM
EF-M 22mm F2 IS STM
マウントアダプター
Velbon シェルパアクティブ2

関連記事
スポンサーサイト

| 大峰山系 | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

COOPERさん、おはようございます。

レポを読ませていただいていると、
初めから少し体調的に下降気味だったのかもしれませんね。
ともあれ、エスケープルートも少ないコースですし、ご無事でなによりでした。
でも奥駈縦走には大なり小なり、それぐらいのドラマがあるのかもしれませんね。

黄色のツツジはヒカゲツツジの種類かもしれませんね。

早朝の朝陽の色が最高です。
玉置神社は雲海狙いで、21世紀の森はその近くの滝を撮りに、
よく行ってました。
車でも果てしなく遠いところのように思えますのに、
ご自分の足で歩かれたことは凄い自信にもなるでしょうね。

| ke-n | 2013/05/14 08:20 | URL |

いつも思うんですが。物凄く詳しく記録してますが
時間はメモ?でもその他は記憶ですか?
私はいつもぼーとして歩いているので後で正確に思い出せません。

復活したら(ほんま元のようになるんかな~)御一緒させてください。

| 段平 | 2013/05/14 15:25 | URL |

COOPERさん、こんばんは

いつもながら、詳細なレポートですね。
何度も登っては下ってと、まさしく大峯奥駈修験道でしたね。
しかし、多くの方が大峯奥駈道を歩かれていますね。
大阪の青年達、兄弟で仲良かったですね。
3泊とも同じ場所で泊まったので、すっかり山友になりましたね。
20kg以上を背負った東京の青年、5泊6日で完走されていましたね。
同一ルートで抜きつ抜かれつソロの女性、最後は完全に離されましたね。
ヤマレコでも、この時期に多くの方が大峯奥駈道を歩いていますね。
GW時期に雪が無く、そこそこ険しく変化に富んだ長距離コースは他にはないのでしょうね。
水も避難小屋も適当にありと、それになんと言っても世界遺産ですからね。
帰りの特急電車、満員でしたが座席の後ろに狭いテーブルがあり、3人ともそこに腰掛けてあれこれしゃべっていました。
お陰で楽ちんでした。
とにかくお疲れさまでした。
最終編、楽しみですね。

| annyon・アンニョン | 2013/05/14 19:42 | URL |

がっつり!!

COOPERさん、こんばんは。

ガッツリ×2の山旅ですね。
大峯は僕のところからだと少し行きにくいですが、
たっぷりとハイクされて、たっぷりと修験道ですね。

やっぱり行動食は大事ですよね。
12時間もの行動時間だと消費するエネルギーも相当になりますから、
補給も大事ですよね。
痙攣などは塩分不足もあると思うので、塩分の補給も大事ですね。
トレランをやる人は塩を小袋に入れてこまめになめるみたいですよ。

大事に至らなくてよかったですね。

| climb like | 2013/05/14 21:03 | URL |

Re: タイトルなし

ke-nさん、こんばんは。

体調は2日目から少しずつ悪くなってましたが、寝れば70%くらいは回復してたと思います。
痙攣は初めてでしたが、意識もあり冷静だったのがまだよかったです。

黄色のツツジ、ヒカゲツツジのようですね、ググったらそっくりでしたw

朝の光はke-nさん好みの色味でしたよw
玉置神社や展望台の雲海は人気スポットですね。
21世紀の森近くの滝ですか、このあたりの新緑と滝は最高でしょうねw
自分の足でつないでいくトレイルはほんとに自信になりますね(^^)

| COOPER | 2013/05/14 21:20 | URL |

Re: タイトルなし

段平さん、こんばんは。

時間はカメラで、気温はメモ、他は記憶です。
印象に残ったことはなかなか忘れないですね。

こちらこそ、ご一緒宜しくお願いしますw
復活前でもご一緒できそうなところがありましたら是非!

| COOPER | 2013/05/14 21:23 | URL |

Re: COOPERさん、こんばんは

アンニョンさん、こんばんは。

詳細レポ、ありがとうございます。
登っては下りの繰り返しがやっぱり応えました。3日目がきつかったです。

GWの大峰はみなさん考えることが同じですね。
大阪の青年や東京の方、ソロの女性と、色々とドラマがありましたね。
長期になると知り合いが増えるのも楽しみですね。
5月6日からもう8日も経ちますが、また歩いてもいいかなと思えてきました(^^)
あれだけもういらんと思ってたのに、不思議です。

そういえば帰りは自由席でしたね。
僕は酒とつまみをしながらスマホで遊んでましたw
電車やバスもいいものですね、また行きましょう。

最終編、楽しみにしていて下さいw

| COOPER | 2013/05/14 21:29 | URL |

Re: がっつり!!

climb likeさん、こんばんは。

大峰縦走はほんとにガッツリでした。
ハイクというよりまさに行でした。

行動食はもうちょっと考えないといけませんね。
12時間や13時間は経験がなかったのですが、10時間を超えたあたりから
体に変化を感じ始めました。(毎日)

痙攣は突然やってきたので驚きました。
今朝、レポを読んで頂いた会社のトレランナーから、早速、マストな塩分サプリや
マルチサプリを教えて頂きました。みなさんそれらをつまみながら走るようです。
早速ゲットしたいと思いますw
お気遣いありがとうございます。

| COOPER | 2013/05/14 22:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiroodiary.blog111.fc2.com/tb.php/249-3cf9f46a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT